演奏

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:矢沢隆則

2019年に結成10周年を迎えた全力エンターテイメントガールズバンド・Gacharic Spinの全国ツアーを締めくくるワンマンライブが2019年10月14日(月祝)に東京・中野サンプラザにて行われた。
 
「十年一昔」とは言うが、Gacharic Spinの10年間の歩み…というか走りは、あまりにも濃厚すぎて簡単に言い表すことはできないだろう。その10年の集大成をギュッと1日にまとめ、さらには日々自己ベスト更新中の今とこれからのガチャピンも披露される、まさに「最高最強伝説」。そんな伝説の一夜を目撃すべく、中野サンプラザには多くのファンが集結した。
 
Gacharic Spin メンバー:
はな(Vocal & Guitar)、F チョッパー KOGA(Bass)、TOMO-ZO(Guitar)、オレオレオナ(Keyboards)、yuri(Drums)、アンジェリーナ1/3(Mic performer)
 

午後5時を回り、スクリーンにはこれまでの活動の様々な写真とともに、10年間の歴史を振り返る映像が映し出される。「10年間のGacharic Spin、そしてこれからのGacharic Spinを届けます」…そしてステージには10年目の新メンバー、アンジェリーナ1/3を筆頭にメンバー6人が登場。ガチャピン結成当初は小学1年生だったとは思えないアンジーの力強い煽りに、中野サンプラザ全体が胎動を起こす。
 
前列に下手からF チョッパー KOGAはなアンジェリーナ1/3TOMO-ZOの4人。後列中央にyuri、後列上手にオレオレオナという布陣。「守りたいものがあるから」「傷ついても1人じゃない」…そんな歌詞が象徴的な、6人の今の思いを体現した「Stay gold…」からライブはスタート。間奏のツインギター豪華競演に、yuriのパワフルなドラミングに、序盤から見どころ盛りだくさん。続く「最後のピース」ではTOMO-ZOのギターにはなのエモーショナルなボーカルが重なる。その力強い一本線の周辺で存在感を見せるのがアンジェリーナ1/3だ。ステージを縦横して煽りつつ、コーラスを挟みつつ、リードボーカルを執るパートもありつつ…と、自由に伸び伸び、それでいて違和感なくGacharic Spinの音楽に溶け込む。いや溶け込むという言い方自体がもう古いかもしれない。これが5期Gacharic Spinの姿そのものだからだ。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

3曲目「LosT AngeL」でも6人の力強さは健在。拳を高らか挙げたくなる演奏の最後には、アンジェリーナ1/3のけん玉チャレンジも成功!ここぞというところでの「持ってる」感、それがいっそう観客の熱量を高める。
 
「10周年だぞー!」F チョッパー KOGAによる最初のMCは既に感情爆発!「どんなバンドより遠回りしてきたバンド」と笑顔で語るその様に観客も笑顔で応えている。ちょっとでも気を抜いたら涙が溢れてしまいそうな、そんな感情を笑顔で吹き飛ばし突き進む。Gacharic Spinらしい幸せな空気感だ。
 
4曲目はオレオの流麗なピアノから、「今を生きてる」。KOGAのベースが強く脈打ち、サビに向けて観客の心拍数を高めていく。その勢いのまま5曲目「Don’t Let Me Down」!『ドラゴンボール改』のエンディングに起用されたこの曲、ドレミの音階を駆け上ぼる気持ち良さがたまらない。波しぶきを吹きかけるようなドラムに、ギターの速弾き…大手を振って乗れるアップテンポナンバーだが、間奏後の一息つくサビ部分に挟む上品なピアノが良いアクセントになっている。全力疾走が持ち味のガチャピンらしさを表すとともに、全力疾走だけでない進化したガチャピンも堪能できる、秀逸なナンバーだ。
 
ダンサブルな6曲目「your place」、KOGAはなTOMO-ZOがステップを踏む。さらに7曲目「JUICY BEATS」ではボコーダーも駆使してのアンジーらしい多国籍なボーカル。ジャジーなピアノ。カラフルなLEDが光る手袋によるハンドダンス。…この曲も1曲の中に要素が盛りだくさん詰め込まれている。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

その勢いのままアンジーがMC。「ありがとーう!」全身全霊で喜びを絶叫すると、「オーディションを受けて1年後にはまさか中野サンプラザにメンバーとして立ってるとは……思ってたー!」おどけてみせ、メンバーの愛あるツッコミが入る。続く8曲目「KAKUHEN」はダンサー在籍時代の代表曲の一つということもあって、サポートダンサーをステージに招き、アンジーと2人で華麗にダンス!フラッグを大きく振り回し、中野サンプラザに見合うスケール感大きいパフォーマンスを披露。このホールの空間だからこそ味わえる、yuriによるバスドラの心地よさもたまらない。小柄でキュートな小動物のようないで立ちの、一体どこからそのパワーが発せられているのか。
 
KOGAの邪悪なスラップから、踊りたい欲・叫びたい欲はさらに刺激される!9曲目は「赤裸ライアー」。サポートダンサー2人が登場し、アンジーと3人で紅白の獅子頭を振り乱す!
 
と、興奮も束の間、ステージ後方のドラムとキーボードが下手に向かって移動していく。と、上手の袖からもう一台のドラムセットが姿を現す!なんとここでフロントマンとなったはながドラマーとして登場!中野サンプラザだからこその贅沢な楽しみだ。yuriとのツインドラムで、しかも今ツアー中一度も披露されていない「NEXT STAGE」がサプライズ披露され、大歓声が上がる!yuriは手数多く元気いっぱいに、はなは歌うようにダイナミックに、それぞれのドラムで魅せる。
 
さらに、オレオのボーカルがエモーショナルな11曲目「TAMASHII」、久々のドラムボーカルはなと新加入アンジーとの掛け合いが魅力の12曲目「逆境ヒーロー」。計3曲をツインドラムで披露。インディーズ1stアルバム『Delicious』(2013年)収録の「NEXT STAGE」、メジャー2ndシングル「Don’t Let Me Down」(2015年)のカップリングとしてリリースされた「TAMASHII」、そして2018年リリース『ガチャっ10BEST』に収録された最新曲「逆境ヒーロー」。「夢を掴もう 夢は逃げない」…バンドの歩みそのものを2台のドラムで表現。贅沢としか言いようがない。
 
そんなツインドラムに挟まれたオレオ、「ツインドラムさぁ…うるさい!ほんとに(笑)でもめちゃくちゃかっこいいよね!」「そして何より、私がセンター!」キーボーディストである自身が中野サンプラザのど真ん中に立つことに大興奮の様子。と言え今回、オレオはハンバーガー衣装の奇抜さではなく、全力エンターテイメントの”向こう側”というのだろうか、主役からアクセントまで多岐にわたりバンドの中で存在感を見せている。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

ここでyuriアンジーステージを降り、2.5期…つまり、ボーカル不在の大ピンチを新加入のオレオ含めた楽器隊4人で乗り越えた、ガチャピン史上屈指の”逆境”体制に。久々の4人だけのステージに、感極まるファンも多数。演奏するのは「ヌーディリズム」。「オレオがいなければ今のGacharic Spinはない」としみじみ振り返るKOGA。さらに「(逆境を乗り越えたら)何でもありになって、TOMO-ZOのボーカルも解禁した」という話からTOMO-ZOメドレーへ。
 
ダンサー2名を両脇に従えて、TOMO-ZOがセンターへ。”かわいいキャラ”全開のキュートな歌声と、超絶なギターテク。これぞギャップ萌え。「ドレミファンタジック」、「年齢不詳の魔女になりたい」などをメドレー形式で披露。野太い歓声が上がる。
 
そして「TOMO-ZOおしゃべりコーナー」なるスリリング?ほのぼの?なコーナーを挟み、TOMO-ZOによる愛溢れるメンバー紹介。小休憩を挟んで後半、曲名通り目を覚ます「シャキシャキして!」。観客によるコーラスが心地よい。16曲目「ハンティングサマー」ではオレオが熱唱!yuriのメリハリあるドラムが夏の明るさを表現。間奏ではKOGAのベース、TOMO-ZOのギター、オレオのキーボードがそれぞれソロで見せ場を作ると、はなのエアロフォンが曲の疾走感を増す。
 
“パパパン、パパパン、パパパン、パン!”勢いをさらに加速させて17曲目「More Power」は序盤からエアロフォン炸裂!とめどない、止まらないこの勢い!アンジーはステージ縦横目いっぱい走り回り跳ね回り、ガチャピンの格好良さをさらにグレードアップさせる。KOGAのクールな表情とは対照的に、漲るベースはどこまでも熱く、ヒリヒリさせる。
 
もっともっと暴れまくれ!はなはボーカルに徹し、18曲目「Redline」。6人が一人ひとり、全員スターで、ヒーローだ。なんてクールで、頼もしく、凛としているのだろう。パン!と祝福のテープが中野サンプラザを覆う。「壊すつもりなら怖くはないさ これが最後だろ 飛び込んでけ」そんな歌詞に乗せて、勇気溢れる6人の演奏に顔で笑って心で泣いて…あっという間に最後の曲。19曲目「ゴー!ライバー」。Gacharic Spinのライブ、すなわちGacharic Spinという生き方そのものを表現したこの曲で、ライブ本編を締め括る。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

激烈なアンコールの声に応えてメンバー再登場。「この10年やってこなかったらこの景色は見れなかったし、この景色は最高、最強」「Gacharic Spinという道だけをひたすら歩いてきた。まっすぐな道なんてなくて、大変な十年。一人で歩くことはできない。心強いメンバー、応援してくれる方がいてこそ、この10年止まらずにやってこれた。これからも頑張っていくので、Gacharic Spinという道を一緒に歩んでほしい。応援よろしくお願いします」はなが語ると、温かい拍手が起こる。
 
オレオが静かに鍵盤を揺らす。はなが声を震わせながら歌い上げる。至極のバラード曲「宝物」。汚れを洗い流すように、スーッと心地よい涙を流させてくれる。
 
これまでの歩みを振り返り、大切な思い出にそっとブランケットをかけてあげることも大事だが、前を向いて歩み続けることも大事。2020年のGacharic Spinは、パラスポーツ普及のプログラム”Para Plus Project”を立ち上げた。その応援曲「超えてゆけ」を集まったファンの前で初披露!菅波栄純THE BACK HORN)が手掛けた骨太ロックナンバー。スポーツの迫力との相性は抜群だ。
 
WアンコールではGacharic Spinがインディーズ時代に初めてCDリリースした曲「Lock On!!」でライブ完成!リーダーKOGAが「まだまだ突っ走っていくんで、これからもよろしく!」明るく宣言すると、最後にアンジー、「Gacharic Spinが最高最強だ!」と付け足し。17歳の新メンバーアンジー、その度胸に感服する。

「どんな時も 一緒がいい いつでも集合! みんな1人じゃない」…Gacharic Spinというバンドの魅力を一語で表すならば、それはdiversity(ダイバーシティ)だ。老若男女問わず、長いファンも初見の観客もみんなが楽しめて、盛り上がれて、勇気をもらえる。…こうして文字にして表すと、そういうバンドは世の中にごまんとありそうな気がするが、diversityを突き詰めたバンドは案外少ないのではないか。Gacharic Spinはあくまでロックを軸に、卓越した演奏技術を骨格とした上で、何でもアリを是とし、どんな音楽ファンも排除せず受け入れる。それは彼女たちの生き様そのものが全力で、エンターテイナーだからこそできることではないだろうか。磁石の如き吸引力を持ってファンを増やし続けるGacharic Spinの11年目は、いったいどんな景色が見られるのだろう。
 

◆セットリスト
M01. Stay gold…
M02. 最後のピース
M03. LosT AngeL
M04. 今を生きてる
M05. Don’t Let Me Down
M06. your place
M07. JUICY BEATS
M08. KAKUHEN
M09. 赤裸ライアー
M10. NEXT STAGE
M11. TAMASHII
M12. 逆境ヒーロー
M13. ヌーディリズム
M14. TOMO-ZO メドレー
M15. シャキシャキして!
M16. ハンティングサマー
M17. More Power
M18. Redline
M19. ゴー!ライバー
-encore-
M20. 宝物
M21. 超えてゆけ
-double encore-
M22. Lock ON!!
 
◆Gacharic Spin 公式サイト
http://www.gacharicspin.com/
 
 
◆インフォメーション
佐野はなメジャーデビュー20周年記念公演
・2019年11月04日(祝)【大阪】RUIDO
・2019年11月10日(日)【東京】目黒鹿鳴館
・2019年11月16日(土)【愛知】名古屋 ell.FITS ALL
 
・2019年11月29日(金)【埼玉】HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
・2019年12月07日(土)【東京】目黒鹿鳴館
・2019年12月20日(金)【愛知】名古屋 ell.FITS ALL
・2019年12月22日(日)【愛知】名古屋 Electric Lady Land
・2019年12月26日(木)【東京】渋谷 TSUTAYA O-WEST
・2019年12月29日(日)【大阪】BIGCAT(ワンマン)
・2020年01月04日(土)【東京】渋谷 Veats Shibuya(ワンマン)
・2020年01月11日(土)【千葉】柏 PALOOZA

 
◆関連記事
【特集】rock girly parfait Gacharic Spin(part4)6人インタビュー
http://www.beeast69.com/feature/181573
【特集】rock girly parfait Gacharic Spin(part3)「TOMO-ZO × オレオレオナ」
http://www.beeast69.com/feature/180640
【特集】rock girly parfait Gacharic Spin(part2)「はな × アンジェリーナ1/3」
http://www.beeast69.com/feature/179552
【特集】rock girly parfait Gacharic Spin(part1)「F チョッパー KOGA × yuri」
http://www.beeast69.com/feature/179051
【PHOTOレポ】ROXYPARTY vol.3
http://www.beeast69.com/report/145069
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.40 『ASIA Girl’s Rock Fes-KOREA VS JAPAN』
http://www.beeast69.com/feature/146323
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.36 NAONのYAON 2015~SUMMER~
http://www.beeast69.com/feature/137962
http://www.beeast69.com/feature/137963
【PHOTOレポ】Gacharic Spin 4th Anniversary ガチ4~ピースの向こう側に在るもの~
http://www.beeast69.com/report/95227
【レポート】Gacharic Spin レコ発“Delicious”TOUR FINAL
http://www.beeast69.com/report/75257
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第21弾アーティスト『Gacharic Spin』
http://www.beeast69.com/feature/58857
【特集】密着レポート第9弾 Gacharic Spin 「Superガチャピ~ンチ!! ~サポートボーカル大集合~」
http://www.beeast69.com/feature/23467


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話