特集

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:三橋コータ、矢沢隆則

 
元祖ガールズバンド・SHOW-YAがプロデュースし、世代やジャンルを超えて幅広い女性ミュージシャンが一堂に会する「NAONのYAON」の通算10回目「NAONのYAON 2015~SUMMER~」の2本立て特集。引き続き、後半戦のレポートをお届けしたい。
 

◆前半のレポートはこちら!
http://www.beeast69.com/feature/137962

 
Photo  Photo

Photo  Photo


 

【08】渡瀬マキ
ステージには安達久美(Guitar)、魚住有希(Guitar/LoVendoЯ)、仙波さとみ(Bass/SHOW-YA)、小林香織(Drums)、オレオレオナ(Keyboard/Gacharic Spin)の姿が。この布陣で迎えるのは、「NAONのYAON」初登場となる渡瀬マキ(Vocal/LINDBERG)だ!1曲目はフジテレビの人気番組『夢で逢えたら』のオープニングテーマに起用された「BELIEVE IN LOVE」。渡瀬マキの”陽”のボーカルが、突き抜ける。
 
90年代にタイムスリップした野音。皆が笑顔になる中、続いての曲は「Over The Top」。アウトロのギターがまた超絶にクールだ。そして3曲目…ここにいる誰もが待ち望んだ「今すぐKiss Me」だ!渡瀬マキがゲストボーカルを呼び込む。現れたのは、親子ほど?歳の離れた、Silent Sirenすぅ(Vocal)だ。「今すぐKiss Me」がシングルリリースされたのは1990年。なんと、すぅが生まれる前!「歌い継がれるってすごいことですね」と緊張気味に話すすぅに、渡瀬マキは「一緒にがんばろう。娘よ…」と応じ、客席の笑いを誘う。
 
魚住有希がイントロのフレーズを爪弾く。小林香織の叩くドラムには泰然自若とした安心感があり、観客は皆、大合唱!渡瀬マキの元気あふれる歌声は健在。そして、すぅSilent Sirenの楽曲とは歌い方を変え、渡瀬マキオマージュの歌声で魅せる。元気あふれるステージが展開された。

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

【09】JILL
続いてステージに登場したのは、PERSONZのボーカリスト・JILL(Vocal)だ!ステージには杏子(Vocal)も現れ、1曲目「DEAR FRIENDS」をともに熱唱。バックも、安達久美(Guitar)、五十嵐☆sun-go☆美貴(Guitar/SHOW-YA)、山田直子(Bass)、角田”mittan”美喜(Drums/SHOW-YA)、AYANO(Keyboard/Cyntia)という豪華メンバーで、煌びやかな演奏で盛り立てる。
 
紫のミニスカ衣装に、同色のアイシャドウ。パンチが効きまくりなのはそのルックスだけではない。JILLは圧倒的な歌声で、大迫力のステージを作り上げる。2曲目は「MAYBE CRAZEE」。1990年にリリースされた5thアルバムの収録曲だ。普段は男性メンバーとともにステージに立つJILLだが、この日は一夜限りのレディースバンド。SHOW-YAメンバー2人を筆頭に、キャリアの長いメンバーに支えられて、ベテランの貫禄あるステージを展開。JILLの歌声は力の緩急の出しどころを弁えていて、軽やかでありながらもズシリとくる。
 
MCでは24年ぶりの日本武道館公演を成功裏に終わらせたことに触れ「何の後ろ盾もなくできた。でも、もっとクレイジーになります」とさらなる野望を語り、観客から喝采を浴びた。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

【10】八神純子
天候が心配された今夏の「NAONのYAON」だが、幸いにして”みずいろの雨”は降らずに、熱いステージは続く。続く10組目の登場はレジェンド・八神純子(Vocal)だ!サポートシンガーに石田ミホコ(Vocal)と稚菜(わかな/Vocal)を率いて、1曲目はまさに「NAONのYAON」を象徴するような表題の、「I’m a woman」。サラッと爽やかな歌のハーモニーを響かせる。
 
演奏は渡辺敦子(Bass)、富田京子(Drums)、小林香織(Drums)、YUI(Guitar)、AYANO(Keyboard)、そしてSHOW-YA五十嵐☆sun-go☆美貴というメンバー。世代を超えた共演を楽しめるのも「NAONのYAON」というイベントの特性だが、それを象徴するようなこのステージに、観客の皆が熱視線を送る。
 
八神純子の歌声は、序盤の軽やかさから、2曲目「Rising」では重厚さを増していく。そして3曲目は1980年にリリースした60万枚の大ヒットソング「パープルタウン」!大盛り上がりの観客と見事な一体感を見せた。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

【11】SHOW-YA
ステージに残った渡辺敦子富田京子から、次の出演者の呼び込みが行われた。誰もが待ち望んだ、その出演者名は、「SHOW-YA~!」
 
五十嵐☆sun-go☆美貴(Guitar)が泣く!仙波さとみ(Bass)が吼える中村”captain”美紀(Keyboard)が切り裂く!角田”mittan”美喜(Drums)が荒ぶる!そして、寺田恵子(Vocal)が叫ぶ!待ちに待った、SHOW-YAの1曲目は「私は嵐」!

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

「30周年、記念すべき10回目。ここからはSHOW-YAとゆかいな仲間たちで」と寺田恵子が話すと、ステージにはSAKI(Guitar/Mary’s blood)と森若香織(Vocal)が登場!続く2曲目は「LOOK AT ME」を寺田森若豪華ユニゾン!間奏では五十嵐☆sun-go☆美貴SAKIによる豪華早弾き共演も。そして森若香織は華麗にダンス!
 
豪華、楽しい、熱狂。――そういう形容だけでなく、どことなく緊張感のあるステージになってきた。そう、森若香織寺田恵子たちSHOW-YAにガチンコでぶつかりに行っているのだ。少しでも気を抜こうものなら(そんなことは決してないのだが)優劣がはっきりと露わになる。本気と本気、プライドとプライドがぶつかり合う、タイマン勝負。そんな様相を呈してきた。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

続いてSHOW-YAリングに立ったのは、中川翔子(Vocal)だ。Gacharic Spinメンバーも全員集結。さらにはSATOKO(Drums/FUZZY CONTROL)も加わって、トリプルドラム、ツインベース、ツインキーボードという、なんというかもう、野音でしか絶対に見られない超豪華ステージだ。寺田恵子中川翔子が歌うのは、SHOW-YAのヒットナンバー「流星少女~Shooting Star 196×~」!激しく煽るダンサーとオルガン、気づけば鳥肌が立っている。寺田恵子が叫ぶ。「若い者には負けたくない!」

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

「NAONのYAON」は確実に進化を遂げている。ただ”共演します”だけではない。日本を代表する女性ミュージシャンたちの集結した場で、何を、どう、魅せつけるか。一つ言えることは、出演者のメンツを見て「今年盛り上がるかな」と考えるのはナンセンスだということだ。そんな次元にはもう「NAONのYAON」はいない。
 
さて続く4曲目は歌姫が大集合!杏子(Vocal)、中村あゆみ(Vocal)、相川七瀬(Vocal)、石田ミホコ(Vocal)、稚菜(わかな/Vocal)、そしてGacharic Spinの楽器隊メンバーもハンドマイクを握って、歌うのは「NAONのYAON」のテーマソングだという。これまでの人との出会いへの感謝、これからの歴史を作るという思いを歌詞にしたためたのはなんと、秋元康!そんな豪華なテーマソングが、ロック愛に満ちあふれたボーカリストたちにより、高らか歌い上げられる。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

さらにステージは続く。YUI(Guitar)がリードのフレーズをクールに弾く。続いては相川七瀬の「BOMBER GIRL」を杏子中村あゆみも加わりハードに熱唱。さらに「満月にSHOUT」では満月のシリアス&ミステリアスな雰囲気をギター、ベース、ドラムで表現する。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

さらに、安達久美(Guitar)、山田直子(Bass)、SATOKO(Drums)も加わり、杏子の「Flamingo Rose」。ベースと鍵盤の競演が印象的な、大人のシティロックだ。そして、中村あゆみは「みんなで一緒に歌える歌」ということで、「BROTHER」。こぶしを突き上げたくなるシンプルなロックナンバーで、寺田恵子と、真っ向勝負。バチバチ、ガチガチなステージにシビれる。
 
開演当初、寺田恵子が「8時半前には終わらないと、始末書が…」とわざわざ繰り返していた意味がわかった。SHOW-YAのステージがこれほどまでロングロング、ヘビーステージになるとは。ワンマンライブを2公演連続で観ているくらいの贅沢さだ。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

手元の時計は19時を回っている。いよいよ終盤か。ステージには八神純子(Vocal)とJILL(Vocal)の姿が。アン・ルイスの「あぁ無情」を情熱的にカバー!小林香織(Drums)、AYANO(Keyboard)、そして前半のステージでは別々に登場していたLoVendoЯのギタリスト、魚住有希(Guitar)と宮澤茉凜(Guitar)が揃い、さらに渡辺敦子(Bass)も加わる師弟競演!女性ファンからの歓声も多く飛び交う。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

最後はステージにSHOW-YAメンバー5人だけが残る。今年新たにアルバムをリリースするということで、レコーディングし直した「限界LOVERS 2015」をライブにて初披露!この曲、レコーディングにあたってはゲストボーカルを招いたということなのだが、そのゲストボーカルが安室奈美恵であることが明かされ、大歓声が起こる。
 
そして、「限界LOVERS 2015」の演奏がスタート。ツーバスにいざなわれて、拳を挙げる観客。寺田恵子は最後に、ファイティングポーズをとり、パンチ!ガールズロックの未来へ立ちはだかる壁を、突き破るその拳には、明日への希望がたっぷりと詰まっているに違いない。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

アンコール セッション
「たくさんの人のお陰で成り立っている。どうしていいか分からないくらい感謝している」と寺田恵子。別れの名残惜しさからか、しんみりする会場。最後は「大先輩の歌を歌いたい」ということで、天国のシーナに向けて「LEMON TEA」を全員で熱唱。凄腕ギタリストたちのソロ回しも毎度ながら圧巻!
 
「これからも続けたいし、もっともっと仲間を増やしていきたい。また必ず女性ロッカーに会いにきてください!」ステージに一人残った寺田恵子は深々と頭を下げ、ガールズロックを支えるもう一人の主役たる、集まった観客たちへ謝辞を送った。最後はマイクを通さずに、叫ぶ。「みんな、愛してるよ!!」
 
次回・11回目の「NAONのYAON 2016」は2016年6月12日(日)の開催。愛にあふれる野音の舞台が、永遠に続きますように。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

Photo
 

 

◆SHOW-YA 公式サイト
http://show-ya.jp/
 
◆Silent Siren 公式サイト
http://silent-siren.com/
◆相川七瀬 公式サイト
http://www.nanase.jp/
◆Chelsy 公式サイト
http://www.chelsy-official.com/
◆Mary’s Blood 公式サイト
https://marysblood.futureartist.net/
◆森若香織(GO-BANG’S) 公式サイト
http://www.moriwaka-kaori.com/
◆Gacharic Spin 公式サイト
http://gacharicspin.com/
◆杏子 公式サイト
http://www.office-augusta.com/kyoko/
◆中村あゆみ 公式サイト
http://ayumi-nakamura.com/
◆安達久美 公式サイト
https://www.ragnet.co.jp/artist/adachi_kumi/
◆渡辺敦子 公式サイト
http://ameblo.jp/atsuko-watanabe/
◆富田京子 公式サイト
http://tomitakyoko.jp/
◆中川翔子 公式サイト
http://www.shokotan.jp/
◆SATOKO(FUZZY CONTROL) 公式サイト
http://satoko-drum.com
◆LoVendoЯ 公式サイト(宮澤茉凜、魚住有希)
http://lovendor.jp/
◆Cyntia 公式サイト(YUI、AYANO)
http://cyntia.jp/
◆ERY 公式ブログ
http://ameblo.jp/bass-ery/
◆渡瀬マキ 公式ブログ
http://ameblo.jp/tatsu-maki-blog/
◆小林香織 公式ブログ
http://ameblo.jp/kao-kao-rhythm/
◆PERSONZ 公式サイト
http://www.personz.net/
◆山田直子 公式ブログ
http://blog.goo.ne.jp/naoko-on-bass
◆八神純子 公式サイト
http://junkoyagami.com/
◆石田ミホコ 公式サイト
http://ishida-09.com/
◆稚菜(わかな) 公式サイト
http://wakana-uta.jp/
 
◆ヒラガナ路線 公式サイト
http://www.hiraganarosen.com/
◆DARARA Twitterアカウント
https://twitter.com/darara_____
◆SEKIRARA 公式サイト
http://sekirara-official.aremond.net/


◆NAONのYAON 公式ホームページ
http://naonnoyaon.net/
 
◆SHOW-YA インフォメーション
SHOW-YA 30th Anniversary Original Album『PROGRESS』
・2015年9月30日(水)発売
UICZ-4334 3,000円+税
 
SHOW-YA 30th Anniversary CLUB CIRCUIT 『PROGRESS』Release Tour
・2015年12月27日(日)【東京】東京国際フォーラム ホールA

◆関連記事
【連載】目指せYAON!Cute Girls Live最前線
http://www.beeast69.com/category/serial/yaon
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.24 NAONのYAON 2015
http://www.beeast69.com/feature/128455
http://www.beeast69.com/feature/128457
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.12 NAONのYAON 2014
http://www.beeast69.com/feature/103720
http://www.beeast69.com/feature/103719
【特集】大盛りレポ!ロック増量Vol.4 NAONのYAON 2013
http://www.beeast69.com/feature/68447

 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話