特集

lead_O40

TEXT:藤田麗子 PHOTO:Lee Jun Yong

Z

A2015年11月8日、韓国・ソウルの弘大 DIDIM HALLで日韓のガールズロックバンドが競演する『ASIA Girl’s Rock Fes-KOREA VS JAPAN』が開催された。
 
日本からはGacharic SpinHysteric Lolitaの2組。韓国からは StorySellerWaking After UA-FATI (Amor Fati)の3組が参加。
 
さらに、スペシャルゲストとして、唯一の男性バンドMonkeyBeatzがオープニング・アクトを務める豪華イベントとなった。
 
 

 
KR
MonkeyBeatz
1-11-2
1-31-4
1-51-6
 
1-71-8
1-91-10
1-111-13

16:30を過ぎた頃、スペシャルゲストのMonkeyBeatzが登場。彼らは、1999年の第1回目の『FUJI ROCK FESTIVAL』にも出演したDr.Core911のラッパー、ジルを中心に結成された5人組だ。エレクトロニクスとバンドサウンドを融合したハイブリッド・ロックで会場を温め、MCでは日本バンドのGacharic SpinHysteric Lolitaについて、「若いのに、とても礼儀正しくて演奏も上手な方々です。どうぞご期待ください!」と韓国人のオーディエンスに向けて紹介した。
◆MonkeyBeatz
ジル(Rap & Vocals)
チョリ(Guitar)
HYM(Bass)
キュビクス(DJ)
JD(Drums)
◆Facebook Page
https://www.facebook.com/bandmonkeybeatz/

◆Setlist
M01. Here comes
M02. Bring up
M03. GoGo
M04. 놀병(Party Animal)
M05. Like a star

 


 
KR
A-FATI (Amor Fati)

2-12-2
2-32-4
2-52-6
 

2-72-8
2-112-10
2-92-12
 

2-132-14
2-152-18
2-192-20

 
2-172-21
2-222-23
2-242-26

ガールズバンドのトップバッターは、2014年にデビューした韓国のA-FATI (Amor Fati)。セクシーなミニスカートやホットパンツの衣装から、一見するとK-POPアイドルグループのような印象を受けるが、歌唱力はもちろん楽器演奏もかなりの実力を誇る本格派ロックバンド。韓国でもバンド形式のガールズグループが注目を浴びるようになってきた中、今後が期待される4人組だ。この日は、インターネット・ドラマ『最高の未来』の挿入歌となった「I’ll Be On Your Side」などを披露。“クールビューティー”のジユンは、「ハジメマシテ~!」と日本語で明るく挨拶をするキュートな一面も見せてくれた。
◆A-FATI (Amor Fati)
ジユン(Vocals)
マクシ(Guitar)
ヒョイ(Bass)
イェジン(Drums)
◆Facebook Page
https://www.facebook.com/bandAFAF/

◆Setlist
M01. Say The Word
M02. Y
M03. I’ll Be On Your Side
M04. STFU
M05. Another Chance

 


 
KR
Waking After U

3-13-2
3-33-4
3-53-6
 

3-73-8
3-93-10
3-113-12
 

3-133-14
3-153-16
3-173-18
 

3-223-21
3-203-19
3-233-24

2番目に登場したのは、日本でも2015年9月にCDデビューを果たし、アジア各国でライブを行っている注目のカリスマ・ガールズロックバンド、Walking After U。幕が上がると、ペットボトルを持ったペク・ヘインが口から水しぶきを飛ばしながら振り返り、会場を一気に熱くした。3曲を熱唱した後、「Eye(Can’t Stop Staring/자꾸 눈이가)」のイントロでアッチャンのドラムに合わせてフェイクを入れながら、「まだまだ声が小さいですね……! モウイッカイ!」とフロアを煽るヘイン。「遊びに来たんでしょ? 家に帰ってから後悔しないように、最後まで遊んでくれますよね?」と呼びかけ、ステージをフルに使ったパワフルなパフォーマンスで観客を圧倒した。
◆Walking After U
ペク・ヘイン(Vocals & Bass)
ソン・ジア(Guitar)
キム・ソニ(Keyboards)
アッチャン(Drums)
◆Official Japanese Website
http://www.bandwalkingafteru.com/

◆Setlist
M01. Burn
M02. Runaway
M03. P.O.T(Potion Of Time)
M04. Eye(Can’t Stop Staring/자꾸 눈이가)
M05. Blind

 


 
KR
■Hysteric Lolita

4-14-2
4-34-4
4-54-6
 

4-74-8
4-94-10
4-114-12
 

4-134-14
4-164-15
4-184-17
 

4-194-20
4-234-22
4-214-24

続いては、フランスやイギリス、台湾でもライヴを成功させたHysteric Lolitaが登場。「日本から来たHysteric Lolitaです~!」というRaniの韓国語の挨拶とともに、1曲目の「Dual Anima」がスタートすると、ヒスロリTシャツを着たファンたちが一気にステージへと押し寄せる。その後もRaniが「韓国公演を楽しみにしていました。最後までベストを尽くしてがんばります!」と再び韓国語で長いMCに挑戦し、大きな歓声を浴びた。この日、Hysteric Lolitaは2014年にリリースされたデビュー曲「絶望のスパイラル」他、全6曲を披露。日本のファッションリーダー5人が髪をなびかせ、拳を突き上げながら繰り広げる華麗なステージに、会場中が魅了された。
◆Hysteric Lolita
Rani(Vocals)
Noa(Guitar)
Basil(Bass)
Layra(Keyboards)
misaT(Drums)
◆Official Website
http://www.hystericlolita.jp/

◆Setlist
M01. Dual Anima
M02. HYSTERIC
M03. 誓
M04. 絶望のスパイラル
M05. DISTRESS
M06. REAL

 


 
KR
■StorySeller

5-15-2
5-35-4
5-55-6
 

5-75-8
5-95-10
5-115-12
 

5-135-14
5-155-16
5-175-18
 

5-195-20
5-215-22
5-235-24

次に登場したStory Sellerは、2004年から活動している4人編成のガールズロックバンド。パワフルな演奏とビンナの伸びやかで憂いある歌声が魅力だ。Bloody Cookieという名でデビューし、幾度かのメンバーチェンジを経て2008年にグループ名を改称。この日はヴォーカルのビンナが新加入のギタリスト、ソフィアを改めて紹介した。23歳のソフィアはあどけなさの残る外見とは裏腹に安定したギターテクニックを披露し、観客を驚かせた。代表曲「18区域」他、全5曲を熱唱したビンナは「最後まで楽しんでください。私も楽しみます!」と宣言し、トリを務めるGacharic Spinへと熱気のバトンをつないだ。
◆StorySeller
ビンナ(Vocals)
ソフィア(Guitar)
ホバク(Bass)
ジヘ(Drums)
◆Official Website
http://www.storyseller.co.kr/

◆Setlist
M01. 몬스터(Monster)
M02. 절대적 착시(絶対的錯視)
M03. 슈퍼걸(Super Girl)
M04. 뱉어(吐き出せ)
M05. 어젯밤 그냥(昨晩は別に)
M06. 18구역(18区域)

 


 
KR
Gacharic Spin

6-16-2
6-36-4
6-56-6
 

6-96-7
6-86-12
6-106-11
 

6-136-14
6-156-17
6-166-18

 

6-196-20
6-216-22
6-236-24
 

6-256-29
6-266-30
6-316-32

前日に同じ会場でワンマン・ライヴ『2015 Gacharic Spin Live in KOREA Vol.2』を行ったGacharic Spin。貴重な韓国公演を見逃すまいと2夜連続で参戦したファンも少なくなかったようだ。ガチャガチャダンサーズの2人を筆頭に次々とメンバーが現れると、観客の期待は最高潮を迎えた。「MUSIC BATTLER」「爆弾娘(ボンバーガール)」を披露した後、はなは「今日はこのような素敵なイベントに出演できて、本当にうれしいです。みなさん、楽しんでいってください!」と日本語と流暢な韓国語を織り交ぜて挨拶。続いて、「雪泣く~setsunaku~メロディー」を韓国語ヴァージョンで歌うことが明かされると、大歓声が巻き起こった。
 
おそろいのTシャツを着てペンライトを振り、一糸乱れぬダンスをする日本人ファンに最初は驚いた様子の韓国オーディエンスも見られたが、しだいにノリノリで振付をマネる人が続出。アンコールの「WINNER」では、一曲を通して休まず腿上げを続けるガチャガチャダンサーズとファンにならい、Waking After UのメンバーやStory Sellerビンナもフロアで全力疾走!まいねんねがステージ上のゴールテープを切った瞬間、会場中が大きな歓声と達成感に包まれた。日韓6バンドとファンたちがひとつになり、国境を越えて盛り上がる熱い一夜となった『ASIA Girl’s Rock Fes-KOREA VS JAPAN』。約4時間にわたる長丁場のイベントは大盛況で幕を閉じ、物販コーナーではCDやグッズを買い求めるファンたちが長蛇の列を作っていた。
◆Gacharic Spin
はな(Vocals & Drums)
TOMO-ZO(Guitar)
F チョッパー KOGA(Bass)
オレオレオナ(Keyboards)
1号 まい(Performer)
3号 ねんね(Performer)
◆Official Website
http://gacharicspin.com/

◆Setlist
M01. MUSIC BATTLER
M02. 爆弾娘(ボンバーガール)
M03. 雪泣く~setsunaku~メロディー
M04. 夢喰いザメ
M05. 赤裸ライアー
M06. ダンガンビート
M07. WINNER(encore)

 


 
KR
 

◆関連記事
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第32弾アーティスト『Walking After U』
http://www.beeast69.com/feature/123586
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第21弾『Gacharic Spin』
http://www.beeast69.com/feature/58857

 
 
 


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話