特集

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:矢沢隆則

今波に乗るガールズロックバンドにスポットを当てる特集「rock girly parfait」。2019年に結成10周年を迎え、全国ツアー真っ只中のGacharic Spinの2回目をお届けします。(第1弾「F チョッパー KOGA × yuri」はこちら
 
Gacharic Spinは2009年6月にF チョッパー KOGA(Bass)と高校の同級生であるはな(Vocal & Guitar)を中心に結成。その後TOMO-ZO(Guitar)、オレオレオナ(Keyboard)の加入を経て2014年10月にメジャーデビュー。フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」のエンディングテーマや、ハウスウェルネスフーズ“メガシャキ”CMに楽曲が起用。渋谷公会堂をはじめ国内外でのライブ活動は年間100本ペースを記録。その後メンバー脱退などを経て2019年2月に17歳の現役女子高生、アンジェリーナ1/3がマイクパフォーマーとして加入。さらに2019年3月、新メンバーとしてドラマーのyuriの加入と、結成以来ドラムを叩き続けてきたはながボーカル&ギターに転向することを発表し、話題となりました。
 
結成10周年を迎える2019年は3月27日に入門編・中級編・上級編の3タイプからなる『ガチャっ10BEST』をリリースしたほか、ほとんど毎週末にかけて全国を回るワンマンおよび対バンのツアーを開催。その集大成として10月14日(月・祝)に東京・中野サンプラザでのワンマンライブを控えています。
 
そんな結成10年を迎えてもなお攻め続けるロックバンド・Gacharic Spinを本誌BEEASTでは大特集!3回にわたりメンバー対談を通じてバンドの軌跡と奇跡に迫ります。第2弾は、2019年に突如ボーカル&ギターに転向したはなと、パフォーマーとして2019年に新加入したアンジェリーナ1/3による対談をお届けします。
 

Gacharic Spin プロフィール
リーダーのF チョッパー KOGAをはじめ、はなTOMO-ZOオレオレオナyuriアンジェリーナ1/3、6人からなる全力エンターテイメントガールズバンド。
 
2019年3月に発売のベストアルバムのジャケットには、手塚プロダクションとのコラボレーションが実現!!ピンチをチャンスに変えて来たGacharic Spinのイメージにぴったりの不死鳥と一緒に10周年に挑む!!
 
年間100本以上のライブをこなすライブバンド。2015年にはフジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」のエンディングテーマを担当。2016年~2017年にハウスウェルネスフーズ“メガシャキ”CM曲としてオンエアされた、メジャー3rdシングル「シャキシャキして!!」がスマッシュヒット。2018年4月サードアルバム『G-litter』をリリース。国内のみならず海外のフェスやイベントにも出演。

 

アンジーは”毒” 新メンバー加入で「10年目にして味わえる贅沢」
— 新体制でフロントを務める二人の対談ですが、まずはアンジェリーナ1/3さんの加入経緯を詳しく教えてください。

 
アンジー:今年の1月に加入しました。リーダーのKOGAさんがいろんなイベントに新しい血を探しに行っていたというのは後で聞いたんですけど、たまたま私がイベントで歌っていたのを見て声をかけてくれたんですよ!「理由がわからないけど気になる」と言ってくれて(笑)、そこからオーディションを経てメンバーになりました。
 
はな:元々音楽活動してたんだっけ?
 
アンジー:ガチャピンが初めてです。それまで自分で好きで歌っていたことはあります。
 

— とすると、KOGAさんが歌っている姿を見たというのは?

 
アンジー:学園祭です。そこで私が趣味で歌っているところを見てくれて。
 
はな:定期的に音楽活動をやっていたとかではなく、たまたま歌っていたのを見たんだよね。
 
アンジー:元々歌を歌うのは好きだったんですけど、習うきっかけもなくて。でもお風呂で歌うのは好きでずっとやってました。
 
はな:部活は何やってたの?
 
アンジー:バスケ部でした。でも、以前から「アーティストになりたい」という夢があって…音楽だけでなく何かを作ってみんなに見てもらえるようなお仕事をしたいと思っていました。音楽はその中の一つで、音楽のアーティストになりたいと思っていたので、部活は体を動かしてましたけど、その一方でライブによく行ったりしていました。ラウド系も好きだし、歌詞を重視しているバンドも好きだし…幅広く何でも好きです。
 

— はなさんは最初にアンジーさんに出会ったときどんな印象でした?

 
はな:KOGAさんから「すごいやつ見つけた!みんないいって思うと思う!」って言われてたので、会う前から期待値は高かったですね。Gacharic Spinがボーカル探しをしたのは今回が初めてじゃなくて。
 

— そうですね。

 
はな:元々最初のボーカルが脱退した(2012年)ときもボーカル探しをしたし、新しい血を探すってなった今回もボーカルを探して…メンバーを探すことの大変さは身に染みてわかっているつもりです。なかなかいい子なんていないってわかってるから、「いい子いたんだ?そんなラッキーあるんだ」って。それで何かのゲネプロのときに1回来てもらったんですが、そのときのアンジーの”スッとやってのける感”はびっくりしましたね。
 
アンジー:(笑)
 
はな:その日はゲネだったのでメンバー以外にたくさんのスタッフもいたし、メンバーも集中して取り組んでいる中で、じゃあ歌います、はい!って普通は出来ないと思うんです。年齢的にもまだ経験も少ないだろうし、まして周りが知らない人だらけで。それをできてしまうパワーと勢いとやる気は、すごい子来たな!って思わせてくれましたね。それはまだオーディションをやる前だったんですが、おもしろい子だなって思ってました。
 
アンジー:とにかく見てもらえるんだったら何でもやらなきゃ!って思って必死だったんです(笑)。自分がずっとライブでガチャピンを見ていたので、その練習している場所に行ける!っていうのも刺激だったし、そこで自分のことを見てもらえると思ったら、何かしら記憶に残してもらわなきゃ!って、そのときは何も考えず我武者羅にやることしか頭になかったです!
 
はな:緊張が全く見えなかったから、それがすごい。
 
アンジー:ちなみにそのとき歌ったのは「Lock On!!」です。
 
はな:その後オーディションがあって…オーディションは今年に入ってからだよね。
 
アンジー:そうですね。
 

— そこでもう、即決で?

 
はな:もう1、2人同時にオーディションを受けていて、迷ってはいたんですが…即決?すごいやる気と努力家なんですけど、不器用なんですね。でもそういうところも含めて面白いかなって。即決…ではなかったかな(笑)
 
アンジー:考えないとリスクがあるから(笑)
 
はな:でもなかなかこういう人はいないですからね。行動力や勢いがないと、チャンスはいつも転がってるわけじゃないから。それはお互いに。元々いたメンバーにとっても「こんなにいい人に出会えた」っていうチャンスはそうそうないし。
 

— メインボーカルになる人が直前で辞退するというハプニングも裏ではあったと伺いました。アンジーさんをどうバンドの中で生かしていくか。当初考えていたイメージと変わったのでは?

 
はな:アンジーは最初からこんな感じ?はちゃめちゃ?
 
アンジー:(メインボーカルと)差は付けたいって言ってましたね。
 
はな:アンジーは正統派ではないので、爆弾的な…良くも悪くも”毒”って感じで入ってきてるから、それを生かせるフォーメーションができたらいいなって。
 

— ライブをやっていく中ですごいなって感じた瞬間は?

 
はな:やっぱり爆発力?何に対しても。ライブでの抑えられない衝動みたいなのもすごく良いことだと思うし。色んなことを経験すると「間違っちゃいけない」って守りに入ると思うんです。よけられるものはよけていこうって。でもアンジーはそうじゃなくて、まっすぐズドーンと行く、失敗しようがやれることを全力でやるというのを見せつけられるからいい。Gacharic Spinは全力エンターテイメントガールズバンドとして、みんな全力でやってきているけど、改めて全力の大切さを感じましたね。心機一転、バンドが180度変わったので、新メンバーの気合いに引っ張られて元々いたメンバーも全力感が増したかなと思います。
 

— 新しい血が入ることによって得られた刺激が大きいわけですね。

 
はな:本当に再スタートしたという感じです。クリーニング?漂白された?いや、前が汚かったわけではないけど(笑)、良い意味で白紙に戻して絵を描き直すというか。それは決して「あーまた書き直さなきゃいけないんだー」っていうマイナスじゃなくて、作る楽しさを10年目にして味わえる贅沢な感じが、本当に有難いですね。これだけバンドを長くやっていて、普通だったら馴れ合いというか…
 

— 前と同じでいいやって?そこはでもGacharic Spinはずっとないですよね。

 
はな:そうですね。元々何年やろうが全力で新しいものをという精神があったけど、新メンバーが入ることによってそれが加速している感じがあります。
 

「何か気になる」 17歳の新メンバー・アンジェリーナ1/3

はな:バンドに入って新たに感じたこととか、びっくりしたことってある?
 
アンジー:私はずっとライブを見ている側だったので、ステージを作る側に立ってみて「そんなところまで考えるんだ?」ってことには驚きました。一個一個すごく大切に作るから、ステージが完成するんだなってことは、バンドに入らなかったら気づけなかったはず。だからこそ他のアーティストさんのライブに行ったときも「こういう風に考えてるんだろうな」と見られるようになったり、「わたしもこういうステージングにしたい」って考えるようになりました。
 
はな:人のライブを観に行くときの見方が変わるよね。
 
アンジー:はい。作ってるところを間近で見て、自分もその場所にいるからこそ余計感動するというか。物の見方や考え方、視点がすごく変わったかも。
 

— バンドメンバーへの印象はどうですか?

 
はな:意地悪になった?
 
アンジー:そうですね、意地悪になったかな(笑)。お客さんとして観ていたときは「次元が違う」というか、とにかく熱いんですよ。ただただ本当にすごい人たちだなって思ってたんですけど、実際にメンバーとして加入してみると、いい意味でギャップがなくて驚きました。練習している姿を見ても、とにかく熱い。だからこのステージができるわけだなって思う。ギャップがあったといえばはなさんくらい。ステージ上はクールなので普段も喋らない人なのかなと思ったらフレンドリーで色々教えてくれたり。
 
はな:ふーん(笑)。アンジー自身、ライブを続けていく中で変わったなって思うことはある?
 
アンジー:動きは変われたかなと思う。ライブを重ねるごとに感じてて。でも本当に一本一本、毎回課題があって、一個一個自分の中でどうやっていくかを考えながらライブをするから、昨日やったライブと今日やったライブだと全然違うし、その日の反省点は全然違うなって思う。
 
はな:真面目だね。
 
アンジー:全然真面目じゃない!
 
はな:アンジーはどういうアーティストになりたいの?
 
アンジー:唯一無二になりたい!今までたくさんのアーティストさんを見てきて、その人たちみたいになりたいっていうのも意識の中にはあるけど、アンジェリーナ1/3だからできることを作りたいって思って、それをメンバーのみんなもすごく考えてくれてこの立ち位置をもらえたし、今までのガチャピンを知ってくれている人にもこれから知ってもらえる人、まだガチャピンに出会ってない人にも、マイクパフォーマーとして私にしかできないことをして、認めてもらいたい。
 
はな:メンバーとして対等に接しているから、「ここダメだったから次までにちゃんとやらなきゃ」って厳しくダメ出しを話すこともあるんですけど、よくよく考えるとアンジーはライブに立つのが人生でまだ数回なんですよね。ガチャピンのステージが初めてだから。そう考えると本当に頑張ってるんだなと思います。うちらが10年やってきてもう1回作り直そうって新たにやっているのともわけが違うし、今まで人前で大きいステージに立ってこなかったのに次々大きなステージに立って、しかもフロントで大役なわけじゃないですか。それをこなして成長して頑張っている姿を見ると、自分も頑張らないとなと思います。
 
アンジー:嬉しいです。1回1回さらに成長していきたいです!
 
はな:新メンバーだから、新人だからっていうのはなく、対等に。ダメなところはダメ、良いところは良い、というのはこれからも変わらずやっていこうと思います。
 

新メンバーは互いに成長すべきライバル 10.14中野サンプラザに向けて
— Gacharic Spinというバンドを語る上で「逆境」というイメージがどうしてもついて回るところがあります。2人にとっての逆境とは?

 
はな:ガチャピンは逆境がありすぎて(笑)。うーん、ただ、今回新しく変わる前が一番つらかったかな。10年目にしてパフォーマーが抜けるというところからどうやって進化させていくのかが大変でした。アンジーyuriに出会うまではメンバー探しも全然うまくいかなくて、でもここまで10年やって、ここでさらに変わらないと落ちていくだけだとわかっていたので、その時期が一番つらかったですね。作り直せばいいやって希望。そこに至るまでが逆境でした。進化できないと、続けていても右肩下がりで終わるのは嫌だし。
 

— 新たなパフォーマーを入れるというような、前と同じフォーメーションは考えていなかったのですか?

 
はな:そうですね。何かしらガラッと変えなきゃいけない、だったらボーカル変えようってことに最初はなりました。
 

— 改めて、はなさんのボーカル&ギター転向はびっくりしました。決まるまでの経緯を教えてください。

 
はな:去年ギターのTOMO-ZOが入院したときにサポートギターを探したんですけど良い人が見つからなくて、ライブに穴を開けないためにドラムを探して私がギターボーカルをやることにしました。で、その形もなんか面白いねってメンバーとも話してたしお客さんの評価も良かったので、こういう形も面白いかなと頭の隅にありました。それより結構前にも「新メンバーにドラムを入れてはなのポジションを変えたら面白いよね」と話してたことはあったので。
 

— そうだったんですね。そして、yuriさんとは以前から面識があったんですよね。

 
はな:yuriは昔(LAGOONと)対バンしたときに出会って、かわいいしパワフルなドラムを叩くのでいいなぁっていうのが第一印象でしたね。でもその時は連絡先を交換することもなく別れて。その後たまたまyuriと再会した直後くらいに内定していた新ボーカル候補が辞退することになって、これを機にドラムオーディションとかやってみるのも良いかなって考えるようになりました。
 

— 時系列的には、はなさんのボーカル&ギター転向の後にyuriさんのオーディション実施ですか?

 
はな:そうですね。私のギター&ボーカルが先に決まって、その後オーディションを行いました。決まっていた新ボーカル候補がいなくなるんだったら、じゃあ私がセンター行く?みたいに。
 
アンジー:ドラムを9年ずっとやっていて、ポジションチェンジは抵抗なかったんですか?
 
はな:ワンマンでは曲によって私がドラムを叩くこともあるし、DOLL$BOXXでもドラムを叩くので、ドラマーを辞めたわけではないし、ドラマーはなは死んだわけではないからね!そういう意味では抵抗はないけど、ただTOMO-ZOの代打で1回ギターを弾いたというのと、「Gacharic Spinのボーカル&ギターです」と名乗るのとでは重さが全然違うから、何とか間に合わせましたというレベルでステージに立っちゃいけないなというプレッシャーはあるよね。この6人での初ライブを踏むまでに自分がボーカル&ギターとしての技術をどれくらい上げられるかということはかなり意識しました。
 
アンジー:なるほど!
 
はな:新メンバーがめっちゃ頑張ってるから、自分が足引っぱっちゃいけないって思う。努力の面では絶対負けない。
 

— ボーカル&ギター転向からライブ披露まで、相当短い期間ですよね?

 
はな:アンジーの初ステージが3月だったから、半月くらい?(笑)。決まったのはもう少し前ですが、それまではボーカル&ドラムのリハもあったし。色んなピンチがこういう風にしてくれたんだなって思うと、ありがたいと思います。
 
アンジー:ポジションチェンジって普通に考えてすごい決断ですよね!
 
はな:ボーカル&ギターはまだ浅いので、こうするとこうなるんだ!って発見が、新人なので…ふてぶてしいですけど、新人な分いっぱいあって、ちょっとずつでも絶対に前に進むし、それが楽しい。いかに硬くならずに柔軟に吸収して前に進めるかだと思います!アンジーは逆境って感じることはある?
 
アンジー:えー?逆境っていう言葉に見合うほどまだ経験をしてないから…
 
はな:逆境というか、つらかった経験とか…
 
アンジー:中学生のころ、自分がアーティストになりたいという夢を抱ける理由になった人が亡くなってしまったことがあって、これからどうしようって色々考えさせられたんですけど、その時は音楽に助けられました。音楽は一人で聴けるじゃないですか。寄り添ってくれてるっていう意識を音楽に感じて。
 
はな:そうなんだね。
 
アンジー:そういうことがあってからアーティスト活動の中でも特に音楽をやりたいって思えるようになったし、それから今、高校生という大事な時期にGacharic Spinに入れたこととか、自分の好きな音楽ができることとか、ずっと夢を持っていてよかったなって思うし、つらいときに背中を押してもらえた音楽と一緒にお仕事して、夢を追いかけられるってすごいなって。…これは逆境になるのかな?
 

— アンジーさんがライブで特にこだわってることって何ですか?

 
アンジー:動きを止めない!
 
はな:止まったら死ぬ!
 
アンジー:結構はな兄さんにたくさん動きも教えてもらってますが、「止まったら死ぬって思え」って結構言われるんですよ!それってすごいことだなって(笑)
 
はな:日に日にかっこよくなってるので、私も負けないようにかっこよく自分を見せないといけない。ライバルだね?
 
アンジー:ライバルです!
 
はな:一緒に成長しなきゃいけない。どっちかだけがかっこよくてもだめだし、どっちも急成長しなきゃいけないので。
 

— ライバルっていいですね!はなさんにとってライブでのこだわりとは?

 
はな:音楽面ではギター2本になったのと、もともとGacharic Spinってスタートしたときからデジタルサウンドをメインにおいて楽曲を作っていたので、同期も必要なんですけど、必要ないところは同期をカットして生音で勝負しようっていう楽曲も増えています。オレオの手弾きが増えたり、2019年になってこの6人バージョンでアレンジしている曲も増えているし、違う楽器が入っていたり違うフレーズにしたり。そういう音の面の違いもライブで楽しんでほしいですね。同期にしか出せない良さもあると思うんですが、生の人間の心地よいズレだったり、息を合わせているキメだったり、そういうライブ感が今までよりも上がったと思います。
 
アンジー:ワンマンでははな兄さんもドラムを叩くので、新旧ドラム対決も見どころです!
 
はな:yuriのグルーヴは私は元々好きで、最初に音を合わせた時からいいグルーヴでかっこよくなるだろうなと思いました。私とは全然タイプの違うドラマーなので、観ている方も楽しいと思うし、ワンマンでは私との違いを楽しんでほしいです。
 

— ドラム競演も楽しみです。改めて、Gacharic Spinは常に進化を続けていますね。

 
はな:今までのような「ボーカリストがドラマーだったりキーボーディストだったりして動けないからパフォーマーを入れよう」ということではなく、メンバーそれぞれ、竿隊も含めて変わりました。今までは楽器陣とパフォーマーっていうくくりだったけど、今はメンバー全員でパフォーマンスをするというところに重きを置いているので、そこもバンド全体としてのパフォーマンス力は上がっていると思います。
 
アンジー:毎回同じライブはないし、成長しかしてないです。そこをずっと観てくれてないとその成長も変化もわからないと思うから、できるだけたくさんたくさんライブを観てほしいです!
 
はな:一つ一つのライブを大切に…は当たり前なんですけど、この6人は新人バンドなので、さらにそこを大切にしていないとだめですね。普通のバンド以上に、同じものは二度と見られない。同じアレンジは2度と聴けないとか、ライブで何をしでかすかわからないのがGacharic Spinだから、ツアーの本数が多くても一本一本を見逃せないのが私たちのライブの良さだと思います。
 

— 10月14日には中野サンプラザでのワンマンが控えています。中野サンプラザへの意気込みをお願いします。

 
はな:中野サンプラザは、この6人での…通過点でもあるけど、ファイナルなので、一旦のゴールでもあります。だから今できるこの6人での最高の進化を中野サンプラザには持っていかないといけない。前に進むことを絶対に止めずに、かなり大きくなった状態で中野サンプラザに立ちたいと思っています。その大きくなった私たちを一人でも多くの人に観てもらいたいなと思います。不安というよりは進化したいというプラスな気持ちをメンバー全員持っているから、いいライブになることは間違いないですね。
 
アンジー:自分でも想像のできないことが中野サンプラザでは起こると思っています。今の自分ではできないことが中野サンプラザではできるようになってたり…
 
はな:すごく大人っぽくなってるかもしれないもんね。
 
アンジー:そうですね…垢抜けてるかな?今の自分は今のライブに全力なので、中野サンプラザまでにどうなるか想像は尽きませんが、最高な時間と最高な空間になるのは間違いないと今の時点で確信しているので、中野サンプラザはみんな来るべきです!
 

<予告>

次回の対談は、ギターTOMO-ZOと、キーボードオレオレオナが登場します。お楽しみに!
 

◆ライブ情報
全国ツアー”ガチャっ10LIVE 2019”
・2019年08月17日(土)【静 岡】Sunash
・2019年08月18日(日)【群 馬】高崎club FLEEZ <MARKET SHOP STORE>
・2019年08月24日(土)【神奈川】Thunder Snake ATSUGI
・2019年08月25日(日)【岐 阜】中津川DJANGO <鳴ル銅鑼>
・2019年08月31日(土)【岡 山】IMAGE <ЯeaL>
・2019年09月01日(日)【徳 島】club GRINDHOUSE
・2019年09月07日(土)【山 梨】甲府CONVICTION <the peggies>
・2019年09月21日(土)【北海道】札幌PENNY LANE 24 <THE冠>
・2019年09月22日(日)【北海道】札幌 PENNY LANE 24 <METALLIC SPIN>
・2019年09月28日(土)【福 島】HIPSHOT JAPAN <LEGO BIG MORL>
・2019年09月29日(日)【宮 城】仙台darwin <LEGO BIG MORL>
 
・2019年10月05日(土)【大 阪】松下IMPホール -TOUR SEMI FINAL-
・2019年10月14日(祝)【東 京】中野サンプラザ ~10周年特別ワンマン~ -TOUR FINAL-
 
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019
・2019年08月10日(土)【茨 城】国営ひたち海浜公園
 
Gacharic Spin Presents ~五番勝負~ Vol.5
Gacharic Spin × PENICILLIN

・2019年08月27日(火)【東 京】渋谷 TSUTAYA O-WEST

◆Gacharic Spin 公式サイト
http://www.gacharicspin.com/
 

 

 
◆関連記事
【特集】rock girly parfait Gacharic Spin(part1)
http://www.beeast69.com/feature/179051
【PHOTOレポ】ROXYPARTY vol.3
http://www.beeast69.com/report/145069
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.40 『ASIA Girl’s Rock Fes-KOREA VS JAPAN』
http://www.beeast69.com/feature/146323
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.36 NAONのYAON 2015~SUMMER~
http://www.beeast69.com/feature/137962
http://www.beeast69.com/feature/137963
【PHOTOレポ】Gacharic Spin 4th Anniversary ガチ4~ピースの向こう側に在るもの~
http://www.beeast69.com/report/95227
【レポート】Gacharic Spin レコ発“Delicious”TOUR FINAL
http://www.beeast69.com/report/75257
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第21弾アーティスト『Gacharic Spin』
http://www.beeast69.com/feature/58857
【特集】密着レポート第9弾 Gacharic Spin 「Superガチャピ~ンチ!! ~サポートボーカル大集合~」
http://www.beeast69.com/feature/23467


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話