特集

WOMEN'S POWER SP 2012

TEXT:桂伸也 PHOTO:遠藤真樹

開催20周年を越え、新たな展開を進めるべく始まった2012年のWOMEN’S POWERも一区切りを迎えた。歴史を積み重ねた成果が如実に表れ、回を増すごとに参加バンド数も拡大し、ここ数年はその規模を増している。ガールズという存在価値を改めて訴え続けるこのイベントの来年を占うべく、1年の総決算『WOMEN’S POWER SPECIAL 2012』が開催、昨年ロック界に新風を巻き起こすべく活躍した精鋭が揃った。今回もその模様を、2013年の躍進を誓ったコメント動画とともにお届けしよう。
 
hana
1.CREA
 
◆メンバーリスト:
Naki(Vocal)、Aiko(Guitar)、Anna(Bass)、Miku(Drums)
 


Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

この日のトップバッターとなったのは、CREA。昨年に引き続いての登場だ。この日は彼女らが昨年リリースしたアルバムのリリースツアーファイナル。その道のりにいかに真剣に取り組み、そして成長してきたががはっきりとわかるパフォーマンスを示してくれた。この日登場したバンドの中で正統派ロックサウンドを響かせた彼女ら。ティーンズファッション誌に載るようなキュートさをメンバーのだれもが持っている彼女らだが、反してサウンドには硬派なイメージすら感じられる。歌メロの一音にまでその神経を研ぎ澄ます気迫を感じさせる彼女らは、決して可愛さ、愛らしさだけのバンドではない。体の中から何かを吐き出すように叫び続けるNakiを中心に、音が彼女らを含め会場にいる人の気持ちを揺り動かしていく。一年の活動でワンステップ先に進んだCREA。そのスタイルとサウンドに今後どのような信念を込め、楽しく気合の入ったステージを見せてくれるか?とても楽しみだ。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo
◆CREA 公式サイト
http://www.crea-music.com/
◆セットリスト
M01. LINK
M02. 悪女なあの子
M03. BY MY SIDE
M04. デドリー
M05. Last Dance
M06. Windy

2.Mary’s Blood
 
◆メンバーリスト:
EYE(Vocal)、SAKI(Guitar)、RIO(Bass)、MARI(Drums)
 


Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

二番手として登場したのは、Mary’s Blood。先日アメリカのアニメフェス出演決定が報じられ、さらに大きなフィールドでの活躍が期待されている彼女ら。実はWOMEN’S POWER SPECIALのステージには以前にも登場したことのある彼女らだが、まるで全く違う新しいバンドが登場したという印象すらある。勢いたっぷりに登場した中で、印象的だったのはEYEのシャウト。きれいなメロディをまるでなぞるように滑らかな印象のあったEYEが、普段は聴かれたことのなかったメタルのシャウトを発し、メタルバンドらしいところを強調した。テクニックに覚えのあるメンバーそれぞれがまるで火花を散らして争うようなパフォーマンスを繰り広げる一方で、互いに影響し合い迫力を倍増させていく。ロックたる激しさを一番強く表したへヴィメタルのスタイルを獲得したようにも見える彼女らは、クールかつワイルド、バラエティという一見相反する性質を見事に合致させ披露した。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo
◆Mary’s Blood 公式サイト
http://marysblood.syncl.jp/
◆セットリスト
M01. Blood
M02. Ms.Carrie
M03. Ambicious
M04. Tragic Flaw
M05. Shout The Truth
M06. Burning Blaze

3.FullMooN
 
◆メンバーリスト:
ねね(Vocal)、えれん(Guitar)、さかえ(Bass)、みつの(Keyboards)、えどがわるる(Drums)
 


Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

三番手として登場したのはFullMooN。今年WOMEN’S POWER初出演ながら完成されたサウンド、演奏力と聴くもの、見るものを引き付けるパフォーマンスですでに多くのファンを獲得、ガールズバンドとしては無視できない存在としてその頭角を現した。この日もヴォーカルのねねを中心に彼女らの持ち味である「秋葉系美少女戦士」的なキュートでポップなパフォーマンスを展開。事前にフロアの観衆の名前を不特定でたずね、皆でその名前を曲のブリッジで連呼するという趣向のナンバー「ドキドキ夏休み」もすっかりWOMEN’S POWERの中で恒例となっている彼女らは、ステージ全般でモッシュすら飛び出しそうな勢いを振りまいた。また、おりしもこの日はえれんの誕生日で、そんな彼女にねねがバースデーケーキで油断させ仕舞には顔面にケーキをぶつけるという考えられないパフォーマンスでインパクトを猛烈にアピールしたFullMooN。単にパフォーマンス力だけでなく、個々のプロ意識も相当高くみられる彼女らは、さらに表舞台への登場も増え飛躍を遂げることは間違いないだろう。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo
◆FullMoonN 公式サイト
http://fullmoonofficial.web.fc2.com/
◆セットリスト
M01. 光
M02. フラッシュバック
M03. イズカイザーのテーマ
M04. ステージ
M05. しゃむちゃら

4.DESTROSE
 
◆メンバーリスト:
Marina(Vocal)、Mina隊長(Guitar)、成美(Guitar)、miho(Bass)、Haruna(Drums)
 


Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

イベントも後半にさしかかり登場したのは、WOMEN’S POWERでは代表格のDESTROSE。昨年、メンバーを一新し新たなスタートを切ったのがこのWOMEN’S POWER SPECIALの舞台で、この日はちょうど一年が過ぎたことになる。MINA隊長Marinaを中心にメンバー間の結束を深めた彼女らは一年の活躍の成果を十分発揮し、コンビネーションを充実させながらメタルの伝統を踏襲した珠玉のステージを見せた。バンドの一番のアピールはやはりヴォーカルのMarinaだが、それはギターのMina隊長成美のツインギター、そしてmihoHarunaのリズム隊のコンビネーションこそが強力にバックアップしているからこそだということを知らしめてくれた。先日、いよいよニューアルバムのリリースを発表したDESTROSE。ガールズで正統派ヘヴィメタルというスタイルを踏襲することに飽くなきこだわりを見せる彼女らは、そのスタイルをどのように進化させて行くのだろうか?彼女らへの興味は尽きない。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo
◆DESTROSE 公式サイト
http://destrose.net/
◆セットリスト
M01. Sword of Avenger
M02. Destination
M03. Nostphilia
M04. Skykiller
M05. Fenixx

5.Cyntia
 
メンバーリスト:
SAKI(Vocal)、YUI(Guitar &Chorus)、AYANO(Keyboards &Chorus)、KANOKO(Drums &Chorus)、AZU(Bass &Chorus)
 


Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

続いてこのイベントのゲストが登場。昨年初頭にデビューしたCyntiaだ。ステージ直前から「ステージを楽しむよ!」と明るく活気にあふれた表情を見せた彼女ら。昨年発表したポップなナンバー「The Endless World」でしっとりとスタートした彼女らのステージは、それまでのロック然とした活きの良いステージとはまた違う雰囲気を生み出したが、最後にはパワー感十分の「Through the Fire and the Desire」でしっかりと会場を熱くしたあたりは、さすがに昨年大きな注目を浴びたバンドの一つだというポテンシャルをうかがわせた。また、この日はメジャーレーベルへの移籍を発表し、新たな躍進をファンたちに誓った。実力十分のメンバーだけに器は十分、あとは中身を入れるだけ。自身の目標として「アリーナ」「ホール」でのライブを掲げるCyntia。その目標とともに、彼女らの中身は今後どのようなカラーを見せてくれるだろうか?新たな展開に期待は膨らむ。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo
◆Cyntia 公式サイト
http://cyntia.jp/
◆セットリスト
M01. The Endless World
M02. 黎明
M03. Voice
M04. Meteor Calling
M05. Through the Fire and the Desire
M06. Run to the Future

6.exist†trace
 
◆メンバーリスト:
ジョウ(Vocal)、miko(Guitar &Vocal)、乙魅(Guitar)、猶人(Bass)、Mally(Drums)
 


Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

いよいよイベントもクライマックス。この日のトリを務めたのは昨年に続き登場したexist†trace。昨年は自身の固定概念を打ち砕く大胆な挑戦を繰り広げてきた。この日も新たな試みとしてジョウmikoが立ち並ぶ新たなツインヴォーカルスタイルの立ち位置でステージが展開した。たった30分強のステージが全く短く感じられない、様々なカラーを展開しながら、ジョウの懸命なホイッスルが印象的な「シグナル」でステージをしっかり締めたexist†trace。演奏力は無論のこと、自己の世界観を存分に表したそのパフォーマンスで絶対的な存在感を表わした彼女らは、昨年はメジャーで初のフルアルバムをリリースした。広がる表現と可能性の中で、exist†traceとして今後どのような個性を確立していくだろうか?大きな課題ではあるがその道程は興味深い。また、その大きな課題に立ち向かえるだけの力量があることも、一目瞭然、当分彼女らには注目せざるを得まい。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo
◆exist†trace 公式サイト
http://www.exist-trace.com/
◆セットリスト
M01. GINGER
M02. Daybreak~13月の色彩~
M03. シャボンの手紙
M04. HONEY
M05. RAZE
M06. シグナル

hana
 
それぞれのステージはほんのわずかな時間だったが、どのバンドもそれぞれのカラーを生かした見応えのあるステージを展開してくれた。また一段とレベルアップしたこのこの日のイベント。それとともにフロアの観衆たちの反応にも変化が見られたように感じられる。みな真剣にロックするガールズ達の思いを真剣に受け止め、声を張り上げながら楽しいひと時を満喫していた。ガールズロックという存在はロック界の一部、そして音楽の一部と考えればまだ取るにたらないほんの小さな存在だが、その歩みは確実に広がっている。その様子はこの場所、この場所でもまた凝縮され展開している。今年はさらなる盛り上がりを期待していきたい。その歩みを確かに感じられる場所、それこそがこのWOMEN’S POWERイベントだからだ。
 

『WOMEN’S POWER Vol.54 ~東京・大阪ひなまつりLIVE!!~』
 
[タイトル] WOMEN’S POWER Vol.54 ~東京・大阪ひなまつりLIVE!!~東京編~
[会 場] 目黒 ライブステーション
[主 催] フライングキャット
[料 金] 前売り2000円 当日2500円(共にドリンク代別)
[公演日] 2013年3月1日(金)
時 間 開場18時00分 開演18時30分
出 演: CREA / 七彩☆GLITTER / HEART THROB / CherryHearts ~順不同~
[公演日] 2013年3月2日(土)
時 間 開場17時00分 開演17時30分
出 演: FullMooN / HurlyBurly / メノグラン / Alstro Merry(from大阪) / HERe:NE(from仙台) / Runonays(from北海道) ~順不同~
[公演日] 2013年3月3日(日)
時 間 開場17時00分 開演17時30分
出 演: DESTROSE / Ragzis / Ms.Red THEATER / コイノオトシゴ / IKEMEN / GoDeath(from大阪) ~順不同~
[予約・問い合わせ] 目黒 ライブステーション 03-3444-3864
 
[タイトル] WOMEN’S POWER Vol.54 ~東京・大阪ひなまつりLIVE!!~大阪編~
[会 場] 心斎橋 ALIVE!
[主 催] フライングキャット
[公演日] 2013年3月9日(土)
時 間 開場17時00分 開演17時20分
料 金 前売り2000円 当日2500円(共にドリンク代別)
出 演: GoDeath / ぶっと美Byrds / Alstro Merry / BRIDEAR(from福岡) / DESTROSE(from東京) / CREA(from東京) / FullMooN(from東京)
~順不同~
[予約・問い合わせ] 心斎橋 ALIVE! 06-6213-8585

 



◆関連記事
WOMEN’S POWER LABEL 発足記念 EVENT
http://www.beeast69.com/report/48970
WOMEN’S POWER Vol.53
http://www.beeast69.com/feature/47552
Editor’s Note…PASSION Mind3(桂伸也)
http://www.beeast69.com/feature/41500
WOMEN’S POWER Vol.52~東京・大阪ひなまつりLIVE~
http://www.beeast69.com/feature/14563
WOMEN’S POWER 20th Sp. 2012/1/9@渋谷O-WEST
http://www.beeast69.com/feature/9087
WOMEN’S POWER 2011 2011.12.12@渋谷O-WEST
http://www.beeast69.com/feature/2727
WOMEN’S POWER SPECIAL 2010
http://www.beeast69.com/feature/129
WOMEN’S POWER Vol.49
http://www.beeast69.com/feature/2528
WOMEN’S POWER Vol.48~東京・大阪 ひなまつりLIVE~
http://www.beeast69.com/feature/2525

 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話