演奏

Banner

TEXT &PHOTO:桂伸也


先日の『Editor’s Note Mind.3』でも取り上げたWOMEN’S POWER LABEL。女性、ガールズの活躍できる新しい拠点として、これからの動向に注目されるところだが、そのレーベル発足記念イベントが開催された。勢いを拡大しつつあるガールズ・ロック・シーンでは、次の女王の座を争うべく競争も激化しており、常にニュー・カマー登場の動向が注目されているところだ。この日もWOMEN’S POWER LABELリリース第一弾となったCREAを中心に、WOMEN’S POWERイベントの常連から新人とバラエティに富んだ布陣となり、またWOMEN’S POWERの勢力構図に新たな変化が見られるのではないか?という期待を起こさせるイベントとなった。今回はその一部始終をレポートしよう。
 
1.キサキエミ
 
◆メンバーリスト:
キサキエミ(Vocal)、JIN(Guitar)
 
Photo Photo Photo Photo

オープニング・アクトとして登場したのは、キサキエミ。今までのWOMEN’S POWERに登場したバンドとも違うクラブ風のダンスをいきなり披露し、歌って踊れるセクシーなシンガー振りをアピールした。ロック然としたWOMEN’S POWERの雰囲気とはまたひと味違った雰囲気だが、明るくにぎやかなラテンナンバーでもしっかり会場を盛り上げるなど、バラエティに富んだ雰囲気も振りまいて盛り上げ、オープニングからしっかりと会場を暖めてくれた。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
http://ameblo.jp/kisakiemi001/
◆セットリスト
M01. LOVE GAME
M02. 真夏のboogie
M03. honey~
M04. mousou☆HEAVEN

2.Hurly Burly
 
◆メンバーリスト:
yumi(Vocal)、shin(Guitar)、らい(Guitar)、響輝(Bass)、(Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

2番手として登場したのは、新鋭Hurly Burly。バンドとしての経歴は意外と長いものの、現在のスタイルとなったのはまだ1年程度というフレッシュな雰囲気あふれるバンドだ。いわゆるexist†trace等のヴィジュアル系スタイルとして新たな方向性を打ち出すことができるかが楽しみな彼女ら。洗練された雰囲気を見せるヴィジュアルとは対照的にサウンドはなかなか骨太なロックを聴かせ、いい意味で期待を裏切る爽快さを持っている。確かなビート感もあり、yumiを中心としたパフォーマンスでもしっかりとしたステージ度胸を見せ、フロアを沸かせる術をいくつも連発して、いきなりフロアの観衆に大きな歓声を吹き上げさせた。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
なし
◆セットリスト
M01. Unforgiven
M02. Ever eye
M03. Phrase
M04. FALLEN
M05. (新曲:タイトル未定)

3.IKEMEN
◆メンバーリスト:
のら(Vocal)、空也(Guitar)、悠禅(Bass)、Mayo(Support Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

イベント中盤には、スタイルからして骨太な雰囲気を持ったガールズ4人組、IKEMENが登場。余計な飾りはいっさい無用とばかりにスタイルもサウンドもシンプルながら骨太。皆まさに男よりイケメンな感じのハンサム・ガール達。ロックというフィールドで、ガールズながら男共と対等に勝負しようとするような潔さすら感じられる。ドコドコと響いてくるドラムのリズムが腰から観衆に伝わる中、空也の尖った感じのギターがまた気持ちを高揚させる。そしてメロディよりもメッセージ性をアピールするようなのらのパフォーマンスは、単にサウンドだけではないスペシャルな印象を観衆に与え、フロアをぐっとステージに引き寄せる。女らしさよりは男らしさに対する挑戦、これもWOMENたちの勝負に向けた一つの道であることを改めて感じさせられた。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
なし
◆セットリスト
M01. Greedy
M02. COSMOS
M03. LOSER
M04. Mass of oil
M05. 黒い雨

4.FullMooN
 
◆メンバーリスト:
ねね(Vocal)、えれん(Guitar)、さかえ(Bass)、みつの(Keyboards)、えどがわるる(Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

先日のWOMEN’S POWER Vol.53にも登場し、その強いアピール性を示したFullMooN。会場が暗転しただけで大きな歓声があがるあたりは、すでに多くのファンを獲得している模様だ。彼女ら特有のポップで明るく、そして元気なサウンドがフロアに送られると、再前列はモッシュ状態。ねねを中心としたキャッチーな感性を表しつつ、ロックなフィーリングを存分に披露する。そのサウンドには盛り上がらずにはいられない必然性すら感じられ、最後にはサークルピットまで飛び出す始末。WOMEN’S POWERの新たなヒロイン候補としての期待感はますます広がった。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
http://fullmoonofficial.web.fc2.com/
◆セットリスト
M01. めるへん
M02. フラッシュバック
M03. 光
M04. ドキドキ夏休み
M05. しゃむちゃら

5.DESTROSE
 
◆メンバーリスト:
Marina(Vocal)、Mina隊長(Guitar)、成美(Guitar)、miho(Bass)、Haruna(Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

この日、彼女たちを目当てとしていたファンも多かったのではないだろうか?イベント終盤間近で登場したガールズ・メタル・バンドDESTROSE。登場のSEが鳴り響くと、力強い観衆の雄叫びがいくつも上がる。誰かが何をした、というのではなく、そこで「DESTROSEがプレイしているからこそ」という存在感が見えた。何の迷いもなく声をあげるMarina、そしてその一挙一動に力強く反応するファン。Mina隊長を中心としたその演奏力はほぼ完璧、フロアの観衆が波打つように体を揺らすのも、当然とうなづける。とにかくどのメンバーも演奏に対しての集中力がすばらしく、「WOMENもここまでやれるんだ」というアピールを強く示した。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
http://destrose.net/
◆セットリスト
M01. Headless Godess
M02. Destination
M03. Lifer
M04. Sword of Avenger
M05. Fenixx

6.CREA
 
◆メンバーリスト:
Naki(Vocal)、Aiko(Guitar)、Anna(Bass)、Miku(Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

この日のトリを務めたのは、WOMEN’S POWERレーベル発足第一段のアルバムをリリースしたという意味でこのイベントの主賓ともいえる正統派ロック・バンド、CREA。堂々としたプレイとパフォーマンスはガールズを代表できるほどの力感にあふれこのレーベル第一弾アーティストとしてのふさわしさを表しているようにも見えた。Nakiの自信にあふれた表情で聴かせるヴォーカルには迷いのかけらすら見えず、彼女のヴォーカルを中心に結束の堅いバンドのプレイが映える。ベースのAnna、ギターのAiko、ドラムのMikuそれぞれにもしかり、キュートなルックスとはうらはらのシャープなサウンドで、しっかりとアピール性のあるサウンドを鳴らし切り、この日のイベントをしっかりと締めた。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
http://www.crea-music.com/
◆セットリスト
M01. Last Dance
M02. BY MY SIDE
M03. 悪女なあの子
M04. AR
M05. LINK
M06. Windy

この日、WOMEN’S POWERでは従来あまり見られなかったスタイルや、今やWOMEN’S POWERの顔、そしてガールズ・ロックの顔ともいえるような存在を目指す常連の実力派まで、様々な形態のバンドが登場したが、どのバンドもそれぞれのスタイルでファンを魅了し楽しませてくれた。また、常連バンドとニュー・カマーの組み合わせということで、WOMEN’S POWERの常連ファンにとってみれば、また新たな風がイベントに吹き抜けるような、新鮮な雰囲気を味わえたのではないだろうか。
 
先日レポートしたWOMEN’S POWER Vol.53では、報告の通り3日で計21ステージという規模でのイベントとなったが、来年はさらに規模拡大の向きもあるとの噂もある。ますます目が離せないガールズ・ロック・シーン、このレーベルとともに、引き続きその動向を追っていきたい。
 



◆関連記事
WOMEN’S POWER Vol.53
http://www.beeast69.com/feature/47552
Editor’s Note…PASSION Mind3(桂伸也)
http://www.beeast69.com/feature/41500
WOMEN’S POWER Vol.52~東京・大阪ひなまつりLIVE~
http://www.beeast69.com/feature/14563
WOMEN’S POWER 20th Sp. 2012/1/9@渋谷O-WEST
http://www.beeast69.com/feature/9087
WOMEN’S POWER 2011 2011.12.12@渋谷O-WEST
http://www.beeast69.com/feature/2727
WOMEN’S POWER SPECIAL 2010
http://www.beeast69.com/feature/129
WOMEN’S POWER Vol.49
http://www.beeast69.com/feature/2528
WOMEN’S POWER Vol.48 〜東京・大阪 ひなまつりLIVE〜
http://www.beeast69.com/feature/2525

 
 
  コラムニスト
The HIGH
2017年7月19日更新
第1回「初陣」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年7月2日更新
第14回「MIKI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話