特集

TEXT:桂伸也 PHOTO:万年平男

BEEASTでも度々取り上げてきたが、「女性のロックが輝く場所」として、今やメッカとも言える存在となったガールズロックの祭典『WOMEN’S POWER』。昨年ついに誕生20周年という大きな節目を迎えた。
今回は、そんな歴史あるイベント『WOMEN’S POWER』について、1月9日に渋谷O-WESTで開催され、大御所・SHOW-YAとブレイク真っただ中のAldiousDESTROSEらの競演で話題となった「20th Anniversary」の模様をたっぷりレポートしたい。
さらに、20年の歴史を紐解く特別企画として、このイベントの歴史に隠された秘密と、ここから見えてくる「女性のロック」の目指すべき姿について考察してみたいと思う。
 

hana

 
20周年記念★特集1 『WOMEN’S POWER 20th Anniversary』レポート
 
今回はこの日の模様を、ライブ前(一部ライブ後)の、各バンドのコメントと共にお送りしよう。今回は20周年アニバーサリーということもあり、年始早々にもかかわらず多くのガールズロックファンがオープンより集まり、会場は大きく賑わう。そして、時はやって来た。

1.DESTROSE
 

 
Photo Photo Photo Photo 
昨年のWOMEN’S POWER SPECIAL 2011で新メンバーをお披露目し、新たなステップアップに向けて意気込みも十分なDESTROSE。メンバーは、Marina(Vocal)・Mina(Guitar)・華子(Guitar)・miho(Bass)・Haruna(Support Drums※後に正式メンバーとして加入)。すっかりお馴染みとなった「パイレーツ オブ カリビアン」のテーマによるSEから颯爽と登場したMina、その後に続くメンバー達。オープニングとともに「O-WEST!!頭振れ!!」とMarinaが上げた掛け声で、幸先のよいスタートを切った。改めてその伸びやかで厚みのあるヴォイスと、硬質にメロディを追従していくセンスは、まさにメタルを歌うためのものと感じる。オープニングというプレッシャーなど微塵も感じさせない堂々としたプレーに、彼女らを待っていた観衆も大喜び。フロア前列はギュウギュウのすし詰め状態のまま、苦しさも見せずアクティヴなヘッド・バンギングを連発、モッシュさえ発生しそうな、異様ともいえる盛り上がりを見せた。最強の布陣をそろえ、躍進を誓うDESTROSE。この日のパフォーマンスは、今後の大活躍を予感させた。
 
Photo Photo Photo Photo

Photo
◆公式サイト
http://destroya.nobody.jp/
◆セットリスト:
M01. Headless Goddess
M02. Destination
M03. Skykiller
M04. Fade Out
M05. Fenixx

2.Aldious
 

 
Photo Photo Photo Photo 
一昨年のシングルリリースより大きく飛躍、昨年もアルバム、シングルリリース、そしてツアーと大きな話題を振りまいたAldious。メンバーは、Rami(Vocal)・Yoshi(Guitar)・トキ(Guitar)・サワ(Bass)・Aruto(Drums)。「さあ!盛り上がっていきましょう!!」Ramiの第一声から始まる一曲目より、「そんな呼び掛けなど愚問」とばかりに大きな歓声がフロアから上がる。もう言わずもがな、といったステージの華やかさと、厳しいツアーを乗り越えた昨年より得たステージ感より、小慣れた余裕も見える。お立ち台に上がるYoshiトキ、そしてRami。3人がそびえ立つと迫力も十分、そしてサウンドの屋台骨を司るサワArutoのリズムセクションも安定感抜群でさらにフロアのファンを興奮させ、場内は一気にヒートアップする。一気に中盤のバラードまで演奏し、バラードを挟んだ後は彼女らの代表曲「Spirit Black」へ。ここからはノンストップで終始観衆を押しまくり圧倒。大きな波をフロアに巻き起こした。一年、また一年とリリースの度に自身の世界観を広げ、ステップアップしている彼女ら。Aldiousの未来はまだこれから、そう期待させる今宵のステージとなった。
 
Photo Photo Photo Photo

Photo
◆公式サイト
http://aldious.jp/
◆セットリスト:
M01.Bind
M02.Eternal Delusion
M03.Confusion
M04.Ultimate Melodious
M05.灰の雪
M06.Mermaid
M07.Spirit Black
M08.Defended Desire
M09.Deep
M10.Luft

3.BABYMETAL
 

 
ステージの上はすっかり掃けてしまい、綺麗に整理される間に、キュートなヴォイスの前説が流れる。小中学生メタルユニットとして話題の、BABYMETALの登場だ。まだメディアへの露出も少ない上に、この日のラインナップの中では異色の存在だけに、メタル・ファン達の注目も大きかったようだ。流れてくるポップなメロディとハーモニーに重なる、荒々しいディストーション・ギターとドラムのサウンドは、メタル・ファンに強くアピールし、フロアの大きな反応を呼び起こした。オペラ曲のSEから静かに現れたBABYMETALの3人。メンバーは、SU-METALYUIMETALMOAMETAL。メロイックサインならぬキツネサインから繰り出すポーズの数々に、フロアのファン達はノックアウト。重低音のオケとポップなヴォーカルのバランスが絶妙。「アイスクリーモ」という詞が指し示す、甘さと辛さの絶妙なミスマッチが、メタルとダンス、そして歌で表現される。異色とはいえ、そのエンターティナーぶりは本格的。この日は20分、3曲のステージだったが、また新たなファン層を獲得したのは間違いない。彼女らがよい意味で既成概念を打ち破り、新しいへヴィ・メタルの楽しみ方を提唱してくれたのは明らかだ。
 
Photo Photo Photo Photo
写真提供:重音部RECORDS

Photo
◆公式サイト
http://www.babymetal.jp/
◆セットリスト:
M01. ~ド・キ・ド・キ☆モーニング~
M02. いいね!
M03. イジメ、ダメ、ゼッタイ

4.Be-B
 

※都合により、コメント音声のみとなっております。
 

この日の顔ぶれからは、ある意味先述のBABYMETALよりも更に異色の存在だったかもしれない、アコースティック・ギター一本で、ステージ横のサブステージに現れたBe-B。だが、平素「Hard Rock流し」と形容されるそのヴォイスと、力強いギターのストロークとのマッチングはインパクト十分。歌と詞を合わせて聴かせるという意味では、この日一番の印象をフロアに与えたようだ。「今日は何でこんな所(サブステージ)立っているかわかります?SHOW-YAさんが転換をやってるからですよ!」そんな冗談っぽいトークからも、彼女が自分をアピールする術をよく知った、貫禄のようなものを感じる。あれほどまでに暴れまわっていたフロアも静まり、その演奏中はじっと彼女の歌に聴き入るファン達。快活でアクティヴに生きる女性の、胸の内をストレートに出したその歌は、この日の「女のミュージシャンのためのイベント」という意味合いを、ある意味一番深く浮き彫りにしたともいえる。
 
Photo Photo

Photo
◆公式サイト
http://be-b.info/
◆セットリスト:
M01.Pictured 序章
M02.Pictured
M03.かけがえのない気持ち
M04.The End of A Century
M05.Think About It Again
M06.2匹の猫が星空の下の屋根で(男の子ネコがRockerっぽいVersion)
M07.名刺セット(憧夢~風に向かって~、ダメ! 1コーラスずつ)
M08.あらふぉーのうた
M09.It’s All Right

5.SHOW-YA
 

 
Photo Photo Photo Photo 
そしてこの日のトリを務めたのは、ウーマンズ・ロックの女王こと、SHOW-YA。メンバーは、寺田恵子(Vocal)、五十嵐”sun-go”美貴(Guitar)、中村美紀(Keyboard)、仙波さとみ(Bass)、角田”mittan”美喜(Drums)。日本ガールズロック界の歴史では、象徴の一つと言えるほどに大きな存在だ。今回のイベントについても、彼女らのステージは、ファンにとって大きな注目の一つだったに違いない。LED ZEPPELINの「移民の歌」をSEに登場するメンバー達。心からステージを楽しんでいるような寺田恵子の表情には、長きに渡り、まさにガールズ、ウーマンズ達の強さを象徴し、時には支えてきた貫禄すら感じられる。「野郎が多いね!そりゃそうだ、綺麗どころが多いもの!最後まで楽しんでってね!!」スタートを目いっぱい盛り上げながら、その中でも美しさの中に潜む危険な香りすら見せる。ライブというアクティヴさの中でも、そのアーティストとしての完成度、そして女性特有の美しさと危険性という、それぞれの面を強く表現したステージ。どれか一つの面で秀でた存在はいるかもしれない。が、彼女らはそのすべてに強い魅力を感じさせる。彼女らは唯一無二の存在であるということが証明されるかのごとく、激しく躍動するフロアのファン達。その緊張感は絶えることなく、代表曲「限界LOVER」まで続き、フロアとの「御唱和10連発」によるエンディングによって盛大に括られた。
 
Photo Photo Photo Photo

Photo
◆公式サイト
http://show-ya.jp/
◆セットリスト:
M01. OUT OF LIMITS
M02. 私は嵐
M03. TROUBLE
M04. 奪いとれ!
M05. OUTSIDER
M06. 性~SAGA~
M07. 流星少女
M08. BATTLE EXPRESS
M09. FAIRY
M10. 限界LOVERS

6.セッション
 
Photo Photo 

まだこれでは終われないとばかりに、盛大なアンコールにこたえるように、締め括りとしてステージに戻ってきたのはSHOW-YAの面々。先程のステージのアンコールかと思いきや、なんとDESTROSEAldiousBe-Bと、メンバーを一堂に集める。そしてガールズバンドの象徴とも言えるThe Runawaysの代表曲「Cherry Bomb」をセッションにて熱唱。女性の強さを前面に出した迫力のセッションで、改めて「女の力」を誇示した。
 
hana
 
20周年記念★特集2 『WOMEN’S POWER』の歴史
 
前半のレポートに続き、この後編では、『WOMEN’S POWER』誕生の秘話、そしてここから見えるガールズバンドの時代的傾向を紐解いてみよう。

1.『WOMEN’S POWER』誕生のきっかけ
『WOMEN’S POWER』の仕掛け人は、我がBEEASTのオブザーバーでもある水津宏さん(Vol.48にてインタビュー・レポートを紹介)だ。このイベントが始まったきっかけは、80年代後半に行われた、ガールズロックの祭典『NAONのYAON』といわれているが、そのタイミングでイベントを始めたことには、彼とそれを取り巻くガールズバンド達の深い思いがあった。

「確かにあのイベントは、きっかけとしては外せないんですが、元々僕がカメラマンとして活動していた頃に、いろんなガールズバンドと知り合いになって、彼女達を応援したい、と思っていたことが発端だったんです。当時、男性のバンドは『どういう音楽性』とか『音』とかいうポイントが論じられていたのに対して、女性はまだ『ルックス』『歳』という所に先に話が来てしまうような傾向で、僕はそこに強い違和感を持っていました。そんな状況は、変えていかなければいけないんじゃないか?って。そんな時、あのSHOW-YAが、女性ならではのバンドのあり方を、『NAONのYAON』で強く示していたんです。だけどそのイベントがなくなった時に、SHOW-YAを目標に、そこに出たいという意気込みで頑張っていた女の子達が、そのターゲットを失ってしまい、悲嘆に暮れていました。そんな状況から、女の子が集まれるイベントが欲しいという願いが集まって、このイベント誕生に向かいました。」


※資料提供:Flying Cat
『WOMEN’S POWER Vol.4』 フライヤー画像
2.イベント実施の決意、そして開催
『WOMEN’S POWER』というタイトルに象徴されるように、強い信念、パワーを持って始められたように思えるこのイベント。しかし、このイベント誕生時の心境を、水津さんは苦笑いしながら答える。

「実はそんなに積極的に向き合ってたわけじゃないんですよ。『NAONのYAON』がまだ続けられるのであれば、そちらが続いてくれたほうが良かったとも思っていました。どちらかというと、たくさんのガールズバンド達に力強く後押しされてイベントを始めたという感じでしたね(笑)」

だが、当時まだイベントの企画や運営を行った経験がない彼にとって、そのイベントを行おうと決めた決意は、並大抵のものではなかったともいえる。決心をした彼は、イベントを成功させる自信こそなかったが、「やるからには成功させねば」と様々なイベントやライブに出向き、イベント開催を懇願したミュージシャン達と共に悪戦苦闘を繰り広げ、イベント開催に尽力した。ガールズバンドと聞けば、「売れてる」等の名声にはとらわれず、とにかく自身の感性を信じ、音源を聴きまくり、どこまでもライブを見に行った。

「探すということでは、とにかく苦労しましたね。各ライブハウスさんもいろいろ紹介していただいたので、その力も大きかったです。そのおかげで、遠くは九州、広島、島根などの遠い所から出てくれたバンドもいました。」

現在も行っている春、秋の東京/大阪開催は、初期の頃より続いている形式だ。ちょうど大阪でライブハウス「難波ROCKETS」が設立された頃にスタート。大阪では、ちょうどひな祭りの時期に行われたのを引っ掛けて、当日には甘酒をサービスするという趣向等も行われていたという。


※資料提供:Flying Cat
『WOMEN’S POWER Vol.5』 フライヤー画像
3.『WOMEN’S POWER』の意義とは?
誕生当時のガールズバンドとは、どのようなものだったのだろうか?

「その頃のバンド社会は、まだ男性優位の風潮があって、ガールズバンドにもそれを継承した体育会系的な雰囲気がありましたね。今みたいにインターネットがあったわけじゃないので、みんなあっちこっちに直接告知しては、一生懸命お客さんを呼んでくれていました。また、以前は出演順を巡ってバンド同士で何度も何度も話し合いをしたり、『バンドメンバーが抜けたんけど、どうしても出たい』と言って、このイベント限定でセッションバンドを組んで出る!と根性を見せていた女の子もいました。一概に比較は出来ないですが、そういう意味では、最近の子達は、ちょっとおとなしくなっちゃったかな、っていう感じもするかもしれません」

その後90年代後半に、ガールズバンド人口が激減。一時はイベント休止の危機もあったが、その危機的状況を乗り越え、昨年20周年を迎えたことにより、まさにそのパワーを増大させている。その長い歴史を振り返りながら、このイベントをこう語った。

「昔は、ロックって『ギターをやってると不良』と呼ばれた不遇の時代で、ムキになってロックをするという時代でしたが、今はそんな扱いを受けた人が大人になり、親になったことで、同じような道をたどる子供達を応援してくれる時代なんですよね。ムキになる必要もなく、楽しい雰囲気を求めるほうが強い。それが悪いということでは決してないのですが、自分がやっているものを人に聴いて欲しい、と思うのであれば、その姿勢を一生懸命人に示さないと、聴きに来てくれないのではないかと思います。また、ガールズバンドは何でもかんでも男性のバンドと比較する必要はなく、『女にも出来ること、女だからこそ出来ること』があると思うんです。そして、女性だからこそ『しなやかに、したたかに』っていうポイントがあるわけじゃないですか。そういうところで、もっと積極的な面を見せていけるといいのではないかと思います。このイベントは、そんな女の子が自分達をアピールする、そしてそんな彼女らの姿をお客さんに、実際に見てもらえる場にしたいと思っています」



※資料提供:Flying Cat
『WOMEN’S POWER Vol.17』 フライヤー画像
4.『WOMEN’S POWER』の軌跡
かつてPINK SAPPHIREが『NAONのYAON』にも出演し人気を集めたが、そのPINK SAPPHIREをデビュー直前に脱退したメンバー YAMMI(Guitar)が中心となって結成されたガールズバンドがSWEET JUNKEYだ。『WOMEN’S POWER』の歴史は、このSWEET JUNKEYを中心にスタートしたと言っても過言ではない。彼女たちはその後も度々イベントに登場し、2003年のVol.35まで出演を続けた。また、『WOMEN’S POWER』がスタートした当初は、同じく1990年の『NAONのYAON』に出演していたGIL MESSIAHも出演。また、2001年開催の「10th SPECIAL」では、ガールズロックの象徴ともいえるThe RunawaysCherrie Curreyもゲスト出演を果たしている。

さらに、先述のSWEET JUNKEYGIL MESSIAHのメンバーなど、多くの女性ミュージシャンがセッション活動をしているのも見逃せない。1998年のVol.17では、寺田恵子(Vocal:SHOW-YA)、五十嵐美貴(Guitar:SHOW-YA)、渡辺敦子(Bass:exPRINCESS PRINCESS)、富田京子(Drum:W-VISION、exPRINCESS PRINCESS)、力石理江(Keyboard)という豪華メンバーによる全日本女子プロバンドも登場した。

そして、年末に行われる『WOMEN’S POWER SPECIAL』でのスペシャルゲストの登場も注目だ。1999年には寺田恵子と共に、イカ天出身の骨太ロック・トリオTHE NEWSが登場、2001年にはACID LOVEが再結成し出演、2005年にはロリータ18号と、ビッグネームが続いている。他にも昨年は女性10名を超える大所帯のブラスユニット東京ブラススタイルや、メンバー全員女性のヴィジュアル系バンドexist†traceなど、多彩な顔ぶれが登場している。年々大きな注目を浴びるイベントとなっていることが、ここからも分かる。



※資料提供:Flying Cat
『WOMEN’S POWER 』記念CD
「WOMEN’S POWER/First」Vol.17の際にリリース

hana
 
 Photo一口に20周年といっても、国内のロックシーンの中で、女性という観点でこれほどまでに長きに渡って開催され続けてきたイベントが、かつてあっただろうか?ましてや、女性のロックというある意味では特殊なターゲットに絞ったイベントだ。だが、そもそもはその「特殊」と思われていることに対してのアクションというポイントに、このイベントの意義はあるといえるだろう。既成概念を打ち破り、「女の力」でその位置を確立する、そんなヒロインの登場を演出する場、『WOMEN’S POWER』。次はどんな強力なヒロインが登場してくるだろうか?新たなるステージへのスタートは、既に切られている。
 

『WOMEN’S POWER』 過去のレポートもあわせてご覧ください!
以下をクリック!

WOMEN’S POWER 2011 2011.12.12@渋谷O-WEST
http://www.beeast69.com/feature/2727

WOMEN’S POWER SPECIAL 2010
http://www.beeast69.com/feature/129
WOMEN’S POWER Vol.49
http://www.beeast69.com/feature/2528
WOMEN’S POWER Vol.48 ~東京・大阪 ひなまつりLIVE~
http://www.beeast69.com/feature/2525


 
 
  コラムニスト
The HIGH
2017年7月19日更新
第1回「初陣」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年7月2日更新
第14回「MIKI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話