連載

TEXT:ヨコマキミヨ
第19回 Stand Up And Shout ~脱★無関心~

Photoあなたは3.11で何か変わっただろうか?
日本人の誰もが、少なからず3.11を経験して何かが変わったはずだ。
 
2011年6月9日「ロックの日」に佐藤タイジの声明によって始まった『THE SOLAR BUDOKAN』のプロジェクトは、2012年12月、日本武道館での「THE SOLAR BUDOKAN」を成功させ、昨年9月の「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2013」も大成功を収めた。
 
『THE SOLAR BUDOKAN』プロジェクトは、震災から4年を経た今も続いている。その中心にいる佐藤タイジの現在の心境は、そして未来予想図は。3月19日に開催された「THE SOLAR BODOKAN 2014 in SHIBUYA vol.2」のライブレポートを通じて探りたい。
 
 
シアターブルック メンバー:
佐藤タイジ(Vocal & Guitar)、中條卓(Bass)、沼澤尚(Drums)、エマーソン北村(Keyboard) ゲスト:堂珍嘉邦(Vocal & Guitar)
 
◆FLiP メンバー:
Sachiko(Vocal & Guitar)、Yuko(Guitar)、Sayaka(Bass)、Yuumi(Drums)


佐藤タイジ
圧倒的なカリスマ性と独自の感性を持ったギターサウンドでシアターブルックのサウンドを牽引し、作詞・作曲を担当。またJAM系、ダンスミュージックを主体とした別ユニット=The SunPaulo(メンバーは佐藤タイジ森俊之)の活動も行っている。自らをROCK STARと名乗り数多くのFesやLIVEを湧かし続けてきた。2011年3月11日震災以降、LIVE FOR NIPPONという復興支援イベントをほぼ毎月開催しつづけ脱原発を推進するTAIJI at THE BONNETインディーズ電力という2つのバンドを始動させた。
ソーラーの力だけで武道館でライブをするという目標を掲げ、2012年12月20日THE SOLAR BUDOKANを開催し100%ソーラーの力だけでロックコンサートを成功させた。そして2013年にはさらに大規模な野外フェスを100%ソーラーの電気だけで行うという目標をかかげ中津川THE SOLAR BUDOKANという名称で開催し、大成功をおさめた。日本の将来に必要な希望を絶滅危惧種ロックスターが音楽を通じて戦っているのである。

本誌BEEASTでは、これまでにも佐藤タイジのロングインタビューや「THE SOLAR BUDOKAN」の表舞台はもちろんのこと舞台裏のリハーサルの模様や、その後に開催された「LIVE REVOLUTIONS!」、「THEATRE BROOK SEASON REVOLUTION TOUR」など、その活動を逐一伝えてきたが、3.11から4年目をむかえた今年、佐藤タイジの挑戦は今も尚その熱を冷却させることなく継続中だ。
 
2014年に入って、「THE SOLAR BODOKAN 2014 in SHIBUYA」プロジェクトを始動。「太陽光から生まれた電気でロックする!未来のエネルギー革命へつながるスペシャルライブ!」と銘打って開催される各ライブは、太陽光発電による蓄電池とクリーン電力証明書を活用し、ソーラーパワーの電力が生み出す高音質なサウンドに乗せて、熱いライブパフォーマンスを繰り広げるという趣旨だ。その第1弾が2月17日に「THE SOLAR BODOKAN 2014 in SHIBUYA vol.1」として、シアターブルックTRICERATOPSとの2マンライブを大盛況に終えた。
 
今回はその第2弾。1回目同様、渋谷CLUB QUATTROが入ったビルの屋上にはソーラーパネルが設置され、蓄電池に充電。当日はそのエネルギーでステージ上の電力を賄いライブを行った。開演前、会場にはDJ界の重鎮、DJ Kaoru Inoueのグルービーでオシャレな選曲たちが流れ、ムードを作っていた。
 
Photo Photo

Photo Photo

初めは沖縄出身のガールズバンドFLiPが登場。ピュアで勢いよくストレートな音が、ソーラーの蓄電池を用いた電力によって、より鋭利にサクッと突き刺さる。
 
Photo Photo Photo

Photo Photo

若手ガールズバンドの中でも、実力派と定評のあるそのプレイは、ビジュアルの可愛らしさに反して力強く、エネルギッシュに観る者をグイグイと引きこんでいく。ワンマンライブかと思わせるほどのガッツリとした演奏で大いに盛り上げ、会場を温めた。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

次いでシアターブルックの登場だ。1曲目「捨てちまえ」からスタート。佐藤タイジの掻き鳴らすファンキーでゾクゾクするようなギターの音が心地よく響き、フロアー全体を包み込む。この日、天気はあいにくの曇りだったが、ソーラー電力には何の支障もないことを裏付けるかのようだ。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo

Photo Photo

4曲目からは今回のゲストの堂珍嘉邦が加わる。シアターブルックの安定した演奏をバックに、堂珍嘉邦の透明感ある歌声が、ソーラー蓄電池によってより一層クリアーに際立っている。佐藤タイジとのハーモニーも美しく絶妙だ。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo

Photo Photo

アンコールではFLiPSachikoYuumiが加わり「もう一度世界を変えるのさ」を大合唱。親子ほど年の離れたFLiPYuumiシアターブルック沼澤尚がひとつのドラムセットを一緒に叩きあうなど、微笑ましいシーンも見られ、まるで日光浴をしているかのような燦々とした温もりいっぱいの空気に満ちて幕を閉じた。
 
Photo Photo

3.11以降、私たちは、原発問題、電力の問題を避けて通ることはできなくなった。しかしそれらとは別に考えても、言葉では上手く説明できないが、『THE SOLAR BUDOKAN』のライブは、とにかく音質が格段に良く、そして文句なしに間違いなく楽しい。そう!良い音に囲まれるということは、単純に楽しさ倍増なのだ!
 
佐藤タイジが紡ぎ出す、太陽100%もぎたてフレッシュでキラキラな、ありったけの愛にあふれたその音色には、魂を揺さぶられずにはいられない。ソーラーの音は、正直で純粋に、演奏者の細かなニュアンスや息づかいをも真っ直ぐダイレクトに届いてくるよう。このすごさは実際に聴いてみないとわからないだろう。「百聞は一見に如かず」ならぬ、「百聞は一聴に如かず」とでも言うべきだろうか。音楽好き、ロック好きならば、是非とも足を運んで確かめてみるべきだ。
 
今年も「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」の開催が9月27日(土)・28日(日)に決定し、加えて東京国際フォーラムでのイベントやソーラー電力だけでのレコーディングにもチャレンジするなど、ますます精力的に、本気で音楽の力で世の中を変えようと邁進する佐藤タイジの動きに今後も注目だ。
 

※撮影:岡村直昭
 
◆セットリスト
~FLiP~
M01. a will
M02. tarantula
M03. ナガイキス
M04. Dear Miss Mirror
M05. Raspberry Rhapsody
M06. Everything is alright
M07. 永遠夜
M08. カートニアゴ
M09. Log In “Rabbit Hole”
M10. CHERRY BOMB
M11. ライラ
M12. 雨の女
M13. カザーナ
 
~シアターブルック~
M01. 捨てちまえ
M02. 生理的最高
M03. 約束の虹
M04. Reminisce
M05. けものみち
M01. Help
M02. なわけないし
M03. まばたき
M04. ドレッドライダー
M05. ありったけの愛
-encore-
E01. もう一度世界を変えるのさ
◆THE SOLAR BUDOKAN 公式サイト
http://solarbudokan.com/2014/
 
◆佐藤タイジ 公式サイト
http://www.taijinho.com/
◆シアターブルック 公式サイト
http://www.theatrebrook.com/
◆堂珍嘉邦 公式サイト
http://www.dohchin.jp/
◆FLiP 公式サイト
http://www.flip-4.com/
 
◆シアターブルック インフォメーション
EARTH HOUR presents ソーラーフェスティバル2014
・2014年03月29日(土)【有楽町】東京国際フォーラム
THE SOLAR BUDOKAN 2014 in SHIBUYA vol.3  シアターブルック×FLYING KIDS
・2014年05月28日(水)【渋 谷】CLUB QUATTRO
中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2014
・2014年09月27日(土) & 28日(日)
【岐阜】中津川公園内特設ステージ

 
◆FLiP インフォメーション
・2014年04月06日(日)【仙 台】 CLUB JUNKBOX
・2014年04月11日(金)【熊 谷】HEAVEN’S ROCK Kumagaya VJ-1
・2014年04月16日(水)【渋 谷】TSUTAYA O-WEST
・2014年04月29日(火)【日比谷】野外大音楽堂
 (NAONのYAON 2014に出演)

◆関連記事
【連載】脱・無関心 バックナンバーはこちら
http://www.beeast69.com/category/serial/mukanshin
【レポート】THEATRE BROOK SEASON REVOLUTION TOUR
http://www.beeast69.com/report/78072  
【レポート】LIVE REVOLUTIONS! (THEATRE BROOK/加藤登紀子)
http://www.beeast69.com/report/57839
【特集】THE SOLAR BUDOKAN
http://www.beeast69.com/feature/53321
【連載】ACTION 11 脱・無関心(THEATRE BROOK リハーサルを取材)
http://www.beeast69.com/serial/mukanshin/47781
【連載】ACTION 10 脱・無関心(佐藤タイジインタビュー 後篇)
http://www.beeast69.com/serial/mukanshin/45984
【レポート】FLiP LOVE THE TOXiC CiTY -FiNAL and BEGINNING-
http://www.beeast69.com/report/92355
【特集】SCANDAL presents バンドやろうよ!!Vol.4
http://www.beeast69.com/feature/78297


 
 
  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年5月5日更新
第5回「王子様とは」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話