演奏

TEXT & PHOTO:矢沢隆則

Photo11月10日(日)、沖縄出身のガールズエモーショナルバンドFLiPが3rdアルバム『LOVE TOXiCiTY』を引っ提げての全国ツアー「LOVE THE TOXiC CiTY -FiNAL and BEGINNING-」のファイナル公演をSHIBUYA-AXで行った。
 
定刻の18時を過ぎると会場内が暗転。ステージを覆い隠している緞帳にFLiPのロゴマークが青く映し出された。客席からは歓声と手拍子が湧き起りメンバーを向かい入れる準備は万端。もう待ちきれんと言わんばかりだ。
 
◆FLiPメンバー:
Sachiko(Vocal & Guitar)、Yuko(Guitar)、Sayaka(Bass)、Yuumi(Drums)

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

ステージ上が明るく照らし出され逆光の先にメンバーのシルエットが浮かび上がった。ひときわ大きな歓声が上がる。そしてハイハットのカウントと共に緞帳が落ちライブスタート! SachikoYukoSayakaYuumiの4人が姿を現した。
 
オープニングナンバーは最新アルバムの中から「カミングアウト」。赤い閃光の中で巻き起こるグルーブ。ギリギリの愛と感情をSachikoが刹那的に歌い上げていく。2曲目からは怒涛の三連発。「It’s a lie」、「Tarantula」、「CHERRY BOMB」。この3曲はいずれもアルバムの一曲目に収められているもの。この曲の並びからもこの日のライブにかけるメンバーの意気込みが伝わって来るというものだ。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

ここで最初のMC。ボーカルのSachikoが語る。「LOVE THE TOXiC CiTY –FiNALへようこそ!この日をどれだけ待ち望んでいたことか…いま目の前にみんないてくれて最高でーす!本当に今日を迎えられて幸せです、ありがとう!一緒に忘れられない時間を作って行きましょう!」そう言って始まった曲は最新アルバムから「二十億光年の漂流」、続けて地鳴りのようなベースラインから始まる「ライラ」。Aメロの手拍子、サビ前のコール&レスポンス、ライブの定番曲でみるみる会場が一つになっていく。熱気が最高潮に達したところでSachikoが「お待たせしました、新曲やります」と言って始まった曲は「Color Me Blood Red」。12月18日にJun Gray Recordsからリリースされるコンピレーションアルバム『And Your Birds Can Sing』に収録される最新ナンバーを初披露した。
 
演奏が終わると「さすがに新曲はみんなノリ方がわからないよね」とSachikoが笑いながら話し出す。「新曲ってやっぱ新鮮だね、みんな今の曲好き?」と言うと客席から大きな歓声が上がった。すると今度はドラムのYuumiがVドラムへと移動。「ちょっと新しことをやってみたくて…」と言うと客席から「カッコイイー!」と声が上がった。“新兵器”を導入して始めた曲は「Log in “Rabbit Hole”」、続けて「Dear Miss Mirror」を演奏。FLiPの新しい側面を見せた。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

ここで会場内が暗転。しばし静寂が続く。再び明るくなった時、ステージ上にはアコースティックギターを抱えたSachikoだけになっていた。そして静かに話しだした。
 
fltz「今回のアルバムをリリースして、いろんな感情が私自身の中でも芽生えたし、バンドの中でも凄いいろんな感情が本当に入り乱れたんですよ。音源を出せて超嬉しいって気持ちはもちろんあるけど、CDリリースして、新曲だして終わりじゃないじゃん。そこからがバンドのスタートじゃん、お客さんとの繋がりも…。なんかさ、物足りなかっただよね、正直。今日でツアー10本目…今日がファイナル、明らかに1本目の時に抱いていた感情よりも今確かに言えるのは、凄く楽しい!やっとね『LOVE TOXiCiTY』をリリースして、次のスタートが見えたというのが、私の…私たちの素直な気持ちです」
 
さらに続ける。「悲しみとか劣等感とかそういうネガティブな要素じゃなくて、もっとポジティブな要素でみんなと音楽で繋がっていけたらなって…今回のアルバムを出したからこそ考えたし、感じられた感情なんです。だから私自身、生まれ変わったと思っています。すごく暗かった自分、でも今は凄い幸せなんです。本当に、本当に嬉しいんです。だから今日は泣くんじゃなくて、AXで初ワンマンできたことが凄く嬉しいし、これが更なるステップになるつもりでここに立っています。最後までこの気持ちを目の前にいてくれている一人一人と共感できて、共鳴できて、この空間、一緒に過ごせたらいいなって本当に思ってるんだよね」。客席から温かい拍手が起きた。
 
「次にやる曲は『LOVE TOXiCiTY』からの曲なんだけど、これまでは凄くディープな気持ちで歌ってました。明日、死ぬかもみたいな。だけど今日ここで歌う私の感情は、これから先があるからこそ、しっかりひと言ひと言前向いて歌えるなーって思っています。もちろん“エモく”歌うよ。でも、気持ちよく聞いてくれたら嬉しいです」そういって歌い始めた曲は「a will」。これまでの激しいステージから一転、スポットライトのもと、Sachikoが文字通り語りかけるように弾き語った。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

ステージ上が明るくなり再びメンバーが揃った。始まった曲は「永遠夜~エンヤ~」と「darkish teddy bear」。ミディアムテンポの曲をしっとりと聴かせた。演奏が終わると今度はバンドのムードメーカー、ドラムのYuumiが「楽しんでる?しんみりしちゃった?FLiPのライブはご存知の通り緩急激しいんで、これからガーンって行くけどみんな行ける?」とトークを展開。お客さんとコミュニケーションを長めに取りながら後半戦に向けて動線を敷いた。
 
Sachikoの「盛り上がって行きましょー!」をきっかけにドラムYuumiがビートを刻み出す。するとここでORESKABANDのホーンセクションの3人がサプライズで登場し、一緒に「Bat Boy! Bat Girl!」を演奏。ツアーファイナルに花を添え、疾風の如く去っていった。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

メンバー4人に戻り続いて演奏されたのはアニメ「銀魂」のオープニングテーマにもなった「ワンダーランド」、そしてサイレンのようなギターのリフと鼓動のようなベースラインが耳から離れない「カザーナ」。観客は汗だくになりながらオイ!オイ!と拳を振り上げた。演奏が終わるとSachikoが手拍子とコーラスを要求。客席とステージが徐々に一体になっていく。リズム隊が加わって始まった曲は「Raspberry Rhapsody」。
 
そして「ラスト2曲!」の掛け声で始まった曲は「カートニアゴ」と「ナガイキス」。共にアルバム『未知evolution』に収められている曲でライブでは欠かせない曲だ。導火線に火を付けられた観客は最後の力を振り絞るかのように拳を振り上げ頭を振った。そしてSachikoの「ありがとうー!」の叫びとともにメンバーはステージから姿を消した。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo

Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

暗転した会場内にアンコールの声が鳴り響く。再びメンバーがステージ上に姿を現すと大歓声が起こった。Yuumiが「アンコールありがとう、楽屋まで声聞こえてたよ」とトークを展開。しばし和やかな雰囲気に包まれる。
 
そして2011年リリースの1stフルアルバム『未知evolution』の1曲目に収録されている「Oh Darling!」と、2010年リリースのミニアルバム『mulu mole』の中から「BALLOONHEAD」を演奏。懐かしめの曲でラストを飾り、ありがとう!」というSachikoの言葉を残してアンコールが終了した。
 
Photo Photo

Photo Photo

本来ならばこれで終わりのはず。だが、この日のファンはこれで終われなかった。ダブルアンコールを求める声が鳴り止まない。すると予定外にメンバーが再々登場。「ダブルアンコール来ると思わなかったよー」開口一番Sachikoは笑顔で話し、それに観客はさらなる大声援で答えた。「最後まで本当にありがとうございます。今日でFLiPの第一章が幕を下ろして、次の第二章がこれが終わった直後から完全に開くんだな、そう思います」。そして東京で演奏するのは初めてという「茜」を歌い、2時間以上におよぶステージが終了した。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

意外にも今回のツアーファイナルがSHIBUYA-AXでの初ワンマンライブだったFLiP。そのためかセットリストも総入れ替え。衣装やSachikoの髪の色もこの日のために用意してきたものだった。後日、Sachikoがブログで「これまでのライブの中で一番と言っても良い程、歌に音楽に無心で居られたんだよね」と言うほどの素晴らしい内容。きっとこの日のライブはバンドにとってもファンにとってもツアーファイナル以上の意味を持つもの、ターニングポイントだったに違いない。
 

◆セットリスト
M01. カミングアウト
M02. It’s a lie
M03. Tarantula
M04. CHERRY BOMB
M05. 二十億光年の漂流
M06. ライラ
M07. Color Me Blood Red(新曲)
M08. Log in “Rabbit Hole”
M09. Dear Miss Mirror
M10. a will
M11. 永遠夜~エンヤ~
M12. darkish teddy bear
M13. Bat Boy! Bat Girl!
M14. ワンダーランド
M15. カザーナ
M16. Raspberry Rhapsody
M17. カートニアゴ
M18. ナガイキス
-encore-
M19. Oh Darling!
M20. BALLOONHEAD
-double encore-
M21. 茜
◆FLiP 公式サイト
http://www.flip-4.com/
 
◆ライブインフォメーション
・2013年12月26日(木)【名古屋】アポロシアター
・2014年01月05日(日)【沖 縄】桜坂セントラル
・2014年01月11日(土)【大 阪】MUSE
・2014年01月12日(日)【神 戸】太陽と虎
・2014年01月19日(日)【京 都】MUSE
・2014年02月02日(日)【渋 谷】CLUB QUATTRO
 
◆リリースインフォメーション
3rdアルバム『LOVE TOXiCiTY』
2013年06月26日~発売中

◆関連記事
【特集】SCANDAL presents バンドやろうよ!!Vol.4
http://www.beeast69.com/feature/78297
【特集】ESP学園presents COLORS 2013
http://www.beeast69.com/feature/77282
【コラム】三原勇希 四時間目:女の子はかっこいい。
http://www.beeast69.com/column/mihara/47749
【特集】「心の国境を打ち壊せ!!」沖縄の雄、ROACHが語る『098-(ゼロナインエイト)』
http://www.beeast69.com/feature/51894


 
 
  コラムニスト
EARTHSHAKER
EARTHSHAKER
2019年5月3日更新
第22弾「名古屋ELL」
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年11月14日更新
人生の宿題その3
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年12月7日更新
Progressive Man 第41話