特集

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:三橋コータ

【密着レポート第20弾: GIRL’S SCREAM!!! TOUR2014】

mllm創刊5周年を迎える本誌BEEASTではこれまで数多くのガールズロックバンドを紹介してきたが、その中でも今回はTHE LEAPSMUTANT MONSTERをピックアップしたい。
 
今回BEEASTが取材を行ったのは、ライブに定評のある2組が激突した2マン全国ツアー「GIRL’S SCREAM!!! TOUR2014」だ。ツアーは2014年3月7日(金)の横浜BAYSIS公演を皮切りに、千葉、三重、大阪、名古屋、岐阜、滋賀、仙台と全国各都市をめぐり、2014年3月29日(土)に東京・新宿LOFTにて千秋楽を迎えた。
 
本記事ではその3月29日に新宿LOFTで開催されたファイナル公演に密着取材を敢行。ホンモノのガールズロックバンドのステージは、どのようにして作られていくのか。
 
 
 
MUTANT MONSTER メンバー:
BE(Bass & Vocal)、MEANA(Guitar & Vocal)、CHAD(Drums & Chorus)
THE LEAPS メンバー:
CELiCA(Vocal)、MAYOU(Guiter)、shioRi(Bass)、NANA-A(Drums)

【12:30】 出演者入り

昼下がりの東京・新宿。春休みの土曜日ということもあって普段以上に大勢の人でごった返している歌舞伎町の繁華街に一台のバンが止まった。降りてきたのはMUTANT MONSTERのメンバーとスタッフ。機材を今宵のステージ、LOFTに運んでいく。その後に続いて階段を下りると、既にTHE LEAPSが到着し、ドラムセットの組み立てを始めていた。
 
バンドマンにとっては常識だが、ライブの出演者とスタッフは開演の何時間も前にライブハウスに入り、準備を始める。そして本番の出演順とは逆に、トリを務めるバンドからリハを始めるのが通例だ。つまり、誰よりも後に出演するバンドは、誰よりも早くリハを始めるということになる。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

 

【13:20】 THE LEAPSリハーサル

MUTANT MONSTERTHE LEAPSが対面。既に全国8都市を共に回った戦友同士、しっかりと信頼関係を築き上げているようで、顔を合わせるや否や2組は笑顔になる。メンバーのモノマネをしながら和気あいあいと談笑。MAYOUMUTANT MONSTERのTシャツを着ている。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

まずは今夜のトリ、THE LEAPSのリハーサルが着々と進んでいく。その間MUTANT MONSTERCHADBEが柔軟をしたり、MEANAが弦を張り替えたり。途中、THE LEAPSの曲をMUTANT MONSTERの3人が歌うシーンも見られたが、それはリラックスしているというより、相手への敬意のようにも感じた。
 
THE LEAPSのリハを見ていて強く印象に残ったのは、曲が終わる毎に「ありがとうございます!やりやすいです~」と声に出していたことだ。こうした何気ない一言で、メンバー自身は緊張をほぐしているようにも見えるし、何よりライブハウスとの目に見えない信頼関係は確実に強くなっているように思う。リハから既に泣きのギターフレーズは全開。shioRiが曲入りのタイミングや照明つくりのための曲の世界観をPAスタッフに丁寧に伝えたところで、THE LEAPSのリハ終了。定刻通りだ。
 


 
PhotoPhotoPhoto

 

【13:50】 アンコールのリハ

THE LEAPSメンバー4人の立つステージにMUTANT MONSTERメンバーも加わり、アンコールのリハが始まる。登場の仕方をこうしよう、とMAYOUが提案、スムーズに決まる。曲始まりの合図などを二度三度確認すると、15分程度で順調に終了。この間も、7人のガールズロッカーたちは常に和気あいあいとしていた。
 
Photo Photo

Photo Photo

 

【14:10】 MUTANT MONSTERリハーサル

 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

続いてはMUTANT MONSTERのリハーサルだ。こちらも、音作りはもちろんのこと照明のタイミングなどをスタッフと共に入念に確認。着実にステージを作っていく。
 
THE LEAPSとは対照的に、MUTANT MONSTERのリハは言葉少なに各々が自分の為すべき仕事を淡々とこなしていくという、職人気質な感じだ。とはいえ、言葉を発せずクールに演奏しているようで、内に秘めた熱い闘志はひしひしと伝わってくる。ステージを降りると、スタッフと何やら議論を始めた3人。取材とはいえ聞き耳を立てることははばかられたが、音の表現方法をめぐって納得いくまでとことん話し合ったようだ。
 


 
PhotoPhotoPhoto

 

【15:20】 オープニングアクト2組 リハーサル

 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

鹿谷弥生率いるしかバンビ(準備中)Chirolのオープニングアクト2組も到着し、順次リハーサルを始める。しかバンビ(準備中)として、バンドでステージに立つのは実に8カ月ぶりという鹿谷弥生は、のっけからスウィートな歌声を披露。バンドメンバーとも息ぴったりで、8カ月のブランクを感じさせない。
 
最後にリハを行ったのは、今日の出演者の中で最年少、しかも唯一の10代というChirol。先輩たちに囲まれてさぞ緊張しているかと思いきや、むしろリラックスしているようにさえ見える。4人でステージに立てることに心底からうれしいといった表情。リハーサルの時点で既に演奏を楽しんでいるようだ。
 


 
PhotoPhotoPhoto

 


 
PhotoPhotoPhotoPhoto

 
一方その頃、THE LEAPSメンバーは物販スペースのセッティングを進めていた。常駐のスタッフを設けず、4人だけでブッキングの連絡をし、機材車を運転し、フライヤーを印刷し、グッズを売るというDIYスタイルで奮闘するTHE LEAPS。「これオークションで買ったんですよ」と、ガチャガチャの機械を並べるNANA-A。Twitterでの告知の文面をどうしようかメンバーに相談するMAYOU。こうした裏方的な仕事さえも、全部バンドライフとして楽しんでいるようだ。
 
午後5時を回り、全てのリハが終了。新宿LOFTの精鋭スタッフたちはフロアを整え、観客を迎える準備に余念がない。人気の組み合わせ、それもツアー最終日とあって、大入りになることが予想される。刻一刻と開場の時間が近づく。そして午後5時半、ついに開場。やはり男性客の割合が多い。フロアはあっという間に色とりどりのTシャツに身を包んだガールズロックファンで埋め尽くされた。
 

【18:00】 開演
Chirol

 
午後6時を回り、GIRL’S SCREAM!!! TOUR2014ファイナル公演がスタート!まずオープニングアクトの1組目、文字通り今宵の「GIRL’S SCREAM!!!」の幕を開けるのは、Chirolだ。
 
冒頭、中村恵美(Bass)が観客に手拍子を求める。まずはキラーチューン「to Remember」、サビでフロント3人の音がスパーク!西村有里香(Drums)も熱いビートを刻みつつ涼しげに歌い、一気にフロアの空気を掌握。軸の安定した疾走感…一見矛盾する印象を持つことができるのは、高校卒業から丸1年を迎える彼女たちが着実に一歩前に進んでいる証だろう。
 
この「to Remember」から次の「キンモクセイ」への入りでは、一瞬の化学反応で生まれるギターフレーズが胸をわしづかみにするのだが、今宵はそこにMCをかぶせる。演奏に酔いしれるよりもオープニングアクトに徹して盛り上げようという意識が全面に表れている。とはいえ、大竹智紗(Vocal & Guitar)と林ゆきの(Keyboard)の絶妙な音の交差は健在。ギターがミルキーウェイの下地を引いたところにキーボードが星屑ビーズをちりばめていくような、そんなChirolにしか表現できない銀河が今宵も見られる。
 
続く3曲目「空想ライダー」でコール&レスポンスで会場の沸点を急上昇させると、最後は自らの飛躍も願掛けする「泣きむしピエロ」で、あふれんばかりの思いを音に乗せて満杯のフロアに届ける。MUTANT MONSTERTHE LEAPSの背中を見つめ、感情の塊をモッシュ、ダイブさせる…終始エモーショナルなライブが展開された。


PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

◆セットリスト:
M01. to Remember
M02. キンモクセイ
M03. 空想ライダー
M04. 泣きむしピエロ
◆Chirol 公式サイト
http://chirolofficial.jimdo.com/
 
◆ライブ情報
・2014年06月22日(日)【新 宿】Motion
・2014年06月24日(火)【六本木】morph-tokyo
・2014年06月26日(木)【下北沢】Laguna
・2014年07月11日(金)【小田原】姿麗人

 

しかバンビ(準備中)

 
続いてもう1組のオープニングアクトが登場。鹿谷弥生(Vocal & Guitar)率いるしかバンビ(準備中)だ。駿人REX(Guitar)、中村マーボー真行(Drums)、楠田秀平(Bass)を加えた4人編成。しかバンビは昨年8月に活動休止しており、、鹿谷弥生が一人弾き語りでステージに立つことはあったが、バンド編成でのライブは実に8カ月ぶり。フロアには「お帰り~!」と温かい歓声が飛び交う。
 
前半2曲、「SUSPEND」と「NO!」はいずれもしかバンビのレパートリー。ハイテンションかつパワフルな鹿谷弥生。「こんばんは。楽しんでまシカ?楽しんでるのかコノヤロー!まだまだ行くぜ!」その弾ける感情を、3人のバンドメンバーもしっかりと音に盛り込み伝える。
 
3曲目「Hi」はアコースティックギターからの入り。続く4曲目「ココ。」も、鹿谷弥生はアコギを手に、甘美な歌声を披露。そして最後はマイク1本、ボーカルに専念ししかバンビのキラーチューン「As it is」。駿人REX楠田秀平が最前まで身を乗り出してあおり、フロアも熱い歓声で応える!演奏を終えても熱は下がらず、4人は長い長い拍手に見送られてステージを降りる。
 
中村マーボー真行の会心の笑顔が物語るように、8カ月ぶりのライブはオープニングアクトとして満点のステージ。そしてしかバンビ(準備中)にとって最高のリスタートとなった。


PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

◆セットリスト:
M01. USPEND(しかバンビ)
M02.NO!(しかバンビ)
M03.Hi
M04. ココ。
M05. As it is(しかバンビ)
◆しかバンビ(準備中) 公式サイト
http://www.sika-bambi.jp/
◆鹿谷弥生 公式ブログ
http://ameblo.jp/shikatani-yayoi/
 
◆ライブ情報
・2014年06月18日(水)【下北沢】ラグーナ
 ※鹿谷弥生REX アコースティック
・2014年06月27日(金)【新 宿】LOFT
 ※しかバンビ(準備中)での出演/MUTANT MONSTERと共演
・2014年07月13日(日)【池袋】RUIDO K3
 ※しかバンビ(準備中)での出演
・2014年07月17日(木)【下北沢】ラグーナ
 ※鹿谷弥生REX アコースティック

 

MUTANT MONSTER

 

さあいよいよ主役の登場だ。まず先攻はMUTANT MONSTER。イベントタイトル「GIRL’S SCREAM!!!」を象徴するようなガールズロッカーの魂の叫び、「可愛いだけじゃいられない」からスタート。「ヘイヘイヘイヘイ!」沸き立つフロア、ボルテージは刹那、最高潮に。序盤は「バラバラ」、「レイラのリスカ」、「神様!!お願い」とキラーチューンの連発。CHADの高速ビートも微塵もブレずに、そして芯を食う。息ぴったりに並走し、ガールズロックという名のハイウェイをぶっ飛ばしていく。ギターリフが印象的な「煙火」をやりきったところで、一旦小休止。
 
「熱い?私たちも熱い!」ランナーズハイ?恍惚の表情を浮かべる観客に問いかけると、MEANAは「全国8カ所まわってきて、そこで得たものを今日全部出したいと思います!」と元気いっぱいに宣言。間髪入れずにBEがフレーズを奏で、再び沸き立つフロア。休む間もない、いや休む間などいらないか?6曲目「有料恋愛」がスタート。CHADも後方から威勢よく掛け声を放つ。
 
続く7曲目は「夜が眠るまで」。スローな曲になっても熱量は落ちない。3人個々の音がくっきりと際立つ。勢いやノリの本当の心地良さは、確かな演奏力、音作りに裏打ちされる。8曲目は再び超高速でエモーショナルな歌声も魅力の「空想」。9曲目は冒頭の明るいギターフレーズが心地良い「砂漠」。3人の勢いは天井知らずだ。


PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

中盤のMCでは7月21日・海の日に渋谷REXで自身2度目のワンマンライブ開催が決まったことを明かし、観客を喜ばせる。さらに音源化されていない新曲「泣くならば隅で泣け‼︎」と「ANGEL’S GIFT」を続けて披露。「隅で泣け」はBEのベースラインが心地良い。「エンジェルギフト」はフロント2人のコーラス、そして山場で何度もリフレインする「yeah! yeah! yeah! yeah! yeah!」がクセになる。
 
全力のガールズファイトは終盤になっても衰えない。ツインボーカルの掛け合いが楽しい「Preparation」、往年のロックンロールファンも納得のサウンドで魅せる「日本が死ぬ日」、圧巻のガレージサウンドと流麗なコーラスがミックスした、ガールズロッカーにしかできない曲「GIRL’S FIGHT」と、バリエーションも豊富。BEMEANAは立ち位置を変えながらフロアをあおり続ける。観客も首を振り、腕を上げ、みなの感情が交錯しまくって物々しい空気に。こんな空気を作れるMUTANT MONSTER、やはり怪物だ。
 
15曲目「スポットライト」では3人が天を指差し、サウンドだけでなくモーションでもきれいな一体感を見せつける。「何年経っても、何歳になっても、ずーっとずっとずっと、ロックしたい!」MEANAも感情を爆発。そのありったけの思いを「Forever Rock’n’Roll」に込めて全身全霊の演奏。最後はMUTANT MONSTERの原点、「バーゲンセール」で熱狂のステージに幕を下ろした。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

◆セットリスト:
M01. 可愛いだけじゃいられない
M02. バラバラ
M03. レイラのリスカ
M04. 神様!!お願い
M05. 煙火
M06. 有料恋愛
M07. 夜が眠るまで
M08. 空想
M09. 砂漠
M10. 泣くならば隅で泣け‼︎
M11. ANGEL’S GIFT
M12. Preparation
M13. 日本が死ぬ日
M14. GIRL’S FIGHT
M15. スポットライト
M16. Forever Rock’n’Roll
M17. バーゲンセール
◆MUTANT MONSTER 公式サイト
http://www.mutantmonster.com/
 
◆ライブ情報
・2014年06月13日(金)【熊 谷】HEAVEN’S ROCK VJ-1
・2014年06月18日(水)【下北沢】GARDEN
・2014年06月27日(金)【新 宿】LOFT
 ※自主企画「LADIES FIRST VOL.11」
・2014年07月21日(祝)【渋 谷】REX
 ※ワンマンライブ

 

THE LEAPS

 
後攻は真っ赤なジャケットで統一したTHE LEAPS。まず1曲目は「東京遊女」。間奏ではshioRiの躍動感あふれるベースライン、MAYOUのギターのひずみがいつもに増して心地良い。CELiCAの絶叫も手伝い、観客も全力で応える。
 
続く「シャバダバ」も快走ロックナンバー。NANA-Aのスネアも実に爽快に響き、観客を笑顔にする。「まだまだ元気残ってますか?」CELiCAの問いかけを打ち消すように、喚声/歓声がフロアのあちこちから上がる。そして、MAYOUが宣言。「あの、今日は、ガールバンドが流行ってるとか、ロックがどうとか、パンクがどうとか…そういうのは一回置いといてもらって、この2バンドが目の前のことにがむしゃらにやっている姿を見てほしいなって思います!」
 
MAYOUの絶叫に続いて3曲目は「明日になれば」、重厚なサウンドで圧倒!shioRiNANA-Aの轟音が際立つ。4曲目は「綺麗な世界」。エモーショナルなCELiCAのボーカルとMAYOUのギターフレーズに刺激されて、フロアからも自然と手拍子が起こる。
 
「綺麗な世界」が終わると、暗転。しっとりとしたSEが流れ、がらりと空気を変える。CELiCAがささやき、NANA-Aがそっと添えるようにタムを叩く。始まったのは今年1月にリリースした1stミニアルバム『ROCK BAND』収録の珠玉のバラード、「ほしのありか~star sign~」だ。アクティブなロックンロールとはまた違った意味での、激情のステージが心に突き刺さる。6曲目は同じく『ROCK BAND』に収録された「金曜日の魔法」。4人の高まるグルーブに刺激されて、観客もみな大きく手を振り感情を表出する。


PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

「みんなの声をもっと聞かせてくれるかな?」「ツアーファイナルで、一番熱いところを見たいんですよ!」CELiCAに促され、コール&レスポンスも一段と熱気を帯びる。7曲目は「KEEP OUT」。フロアとステージの一体感がこれ以上内ほどに増していく。
 
「互いの負けず嫌いが良い方に作用した」「お互いを高められるツアーになった」とMUTANT MONSTERを称えつつ、MAYOUはツアーを振り返る。ツアー中はステージ内外で互いの夢や希望、これからの野望も語り合ったという。その中で決心が生まれたというTHE LEAPS。またここでみんなに会いたい、これからもTHE LEAPSについてきてほしいと訴える。
 
出会えた皆の夢や希望、願いを乗せて、8曲目に演奏するのは4人の個性がしっかりと音になった「TSUBASA」。9曲目はTHE LEAPS結成当初からの人気ナンバー「夕焼け色」。そして10曲目はTHE LEAPSの記念すべき初音源、1stシングルに収録された「Happy End」。「どんな時も笑って 努力した日々があるから 誰よりも、ほら素敵だし」そんなCELiCAの紡ぐ歌詞が、初めて4人でスタジオに入ったときのメンバーの印象からインスピレーションを受けて作曲したというMAYOUの音に乗る。笑顔の花が咲き誇る、THE LEAPSというバンドの魅力が詰まった1曲だ。
 
名残惜しくも、いよいよ最後の曲。彼女たちが突き進む道の先にあるのはこの曲、「ROCK’N’ROLL」だ。「大きくて転がってる夢が 溢れんばかりの愛で叶うように…」もう小さな石ころじゃない、THE LEAPSの愛に満ちたステージが幕を閉じた。

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

◆セットリスト:
M01. 東京遊女
M02. シャバダバ
M03. 明日になれば
M04. 綺麗な世界
M05. ほしのありか~star sign~
M06. 金曜日の魔法
M07. KEEP OUT
M08. TSUBASA
M09. 夕焼け色
M10. Happy End
M11. ROCK’N’ROLL
◆THE LEAPS 公式サイト
http://theleaps.net/
 
◆ライブ情報
・2014年06月15日(日)【下北沢】ReG / 下北沢artReGcafe / 下北沢CAVE-BE / 下北沢MOSAiC
 ※『FAMILY GIRLS 2014』への出演
・2014年06月26日(木)【名古屋】MUSIC FARM
・2014年06月28日(土)【難 波】ROCKTOWN
・2014年07月07日(月)【渋 谷】CLUB CRAWL

 

アンコール

アンコールの声援に応えて、「GIRL’S SCREAM!!!」ツアーTシャツに着替えたTHE LEAPSが再登場。「ツアーファイナルということで、みんなにプレゼントがあります!」ということで、MUTANT MONSTERを招き入れ、スペシャルコラボ。
 
「このメンバーで日本をぶっ壊します!」とMAYOUが宣言し、演奏したのはRamonesの「Rock ‘N’ Roll High School」。7人のガールズロッカーたちを見事に形容する名曲を披露し、「GIRL’S SCREAM!!! TOUR2014」はこれにて終了!思いをとうとうと語るでもなく、「もう1曲やる?」と未練を残すこともなく、スパッと潔く幕を下ろした7人。きっと、心の中には大きな達成感とともに、次のステージに向けての野望が既にひしひしと湧き出ていたに違いない。

Photo

PhotoPhoto

PhotoPhoto

◆セットリスト:
M01. Rock ‘N’ Roll High School

 

【21:30】 終演

物販が一通り終わり、機材を撤収させる出演者たち。その表情は一様に、笑顔に包まれていた。オープニングアクトの2組も含め、今宵同じステージを作った同士、共演者というよりは共同制作者として、絆が深まったことだろう。
 
今回の「GIRL’S SCREAM!!! TOUR2014」についてCHADは「THE LEAPSと一緒にツアーを回ってかなり刺激を受けた。仲良くなって、でも”バーサス”という感じ」と話してくれた。一方、THE LEAPSメンバーからも「MUTANT MONSTERも私たちも互いに負けず嫌いな部分があって、いい作用が働いた」(MAYOU)、「濃厚すぎて、2カ月で別のバンドになった?ってくらい変化があった」(shioRi)といった感想が聞かれた。
 
THE LEAPSが今宵披露した「TSUBASA」。まっすぐ前を見据えて、羽ばたいていきたい…そんな思いを最大限に表現したこの曲を、全国8カ所をめぐって一回りも二回りも進化したTHE LEAPSが今演奏することで、よりいっそう説得力を持って伝わってきた。
 
一方、MUTANT MONSTERが披露した「Forever R & R」もまた、決意表明の一曲だ。年齢とか旬とか、昨今のアイドルブーム然り、ともすれば「女性は若いうちが華」といった切り口で語られることさえあるガールズロックのシーンへの真っ向からの挑戦状。ホンモノの音楽を持つ彼女たちがそれを表現することは痛快で、同時にハッとさせられる。ホンモノのガールズロッカーたち、次はどんな景色を見せてくれるだろうか。
 
Photo Photo

Photo

★読者プレゼント★
MUTANT MONSTER×THE LEAPSのサイン色紙を、抽選で2名様にプレゼント!
 
ご応募方法は“BEEASTファンクラブ”の方にお届けする「週刊ビースト瓦版(無料メルマガ)」にて記載いたします。
 
BEEASTファンクラブ”はコチラの『BEEASTファンクラブ』ページより簡単登録(完全無料)可能!
 
※『ファンクラブ』ページにある登録内容を送信してください。携帯からアクセスされている方はコチラに空メールを送信していただくか、ページ上のQRコードを読み込みの上メールしてください。仮登録の登録画面のメールが届きます。
【重要】携帯電話のドメイン指定受信を設定されている方は、prius-pro.jpのメールを事前に受信できるよう設定してください。

 
◆関連記事
【レポート】“闘心瞬華” 2013年最後の月、最初の日 -ミュータントモンスター初ワンマン-
http://www.beeast69.com/report/94232
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第24弾アーティスト『MUTANT MONSTER』
http://www.beeast69.com/feature/89862
【レポート】LADIES FIRST vol.10
http://www.beeast69.com/report/86769
【連載】新譜るLIFEダイアリー THE LEAPS 『ROCK BAND』
http://www.beeast69.com/serial/simple/96716
【レポート】THE LEAPS 1stワンマンライブ THE LEAPS vs …!?「天下一武道会!」
http://www.beeast69.com/report/84170
【特集】ESP学園presents COLORS 2013
http://www.beeast69.com/feature/77282
【PHOTOレポ】THE LEAPS「LEAPSCREAM!!! vol.1」
http://www.beeast69.com/report/44064
【PHOTOレポ】CREA × CLUB CRAWL presents『GIRLS CARNIVAL ~3MAN決戦~』(しかバンビ)
http://www.beeast69.com/report/65992
【レポート】ちろるづかん観察入門vol. 1.2
http://www.beeast69.com/report/83791
【PHOTOレポ】Chirol @下北沢GARAGE
http://www.beeast69.com/report/64700
【連載】ロック1年生 エントリーNo.30 Chirol
http://www.beeast69.com/serial/firstyear/59238


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話