特集

TEXT:河南太郎、鈴木亮介 PHOTO:矢沢隆則、鈴木亮介

7月6日土曜日、ESP学園presents COLORS2013が開催された。このイベントは音楽系専門学校であるESP学園が主催するもので、今年で11回目の開催となり、新木場STUDIO COASTでの開催は今回で10年目となる。出演者は主に卒業生アーティスト、在校生アーティストのほか、同学園にゆかりのある面々で、スタッフもESP学園卒業生のプロスタッフと在校生の学生スタッフが運営しているのが特徴だ。1から10まですべて卒業生と在校生が作り上げている、ESP学園パッケージイベントである。
 
昨年の開催時には土砂降りの悪天候ということであったが、今年は天候に恵まれ、東京都心では33度を超える猛暑日。しかし暑いのは気温だけではなかった。出演者、オーディションの盛り上がりはそれを超えるものであった。この日おそらく都内で一番”アツい!”場所となったであろうCOLORS。まずはその豪華ラインナップをご紹介しよう。
 

◆ESP学園presents COLORS2013
【主催・企画制作】  学校法人イーエスピー学園
【開催日時】 2013/7/6(土)〔OPEN〕14:00 /〔START〕15:00
 ※Truck Stage 14:30 START
【会 場】 スタジオコースト(新木場)
【料 金】 500円(入場時支払い)
※当イベントの入場料は、東日本大震災の復興支援金として「みらいサポート石巻」へ全額寄付します。
http://ishinomaki-support.com/
【出演者】
ESP学園学生ヴォーカル&パフォーマンスユニット「BLOSSOM」/Silent Siren/ 真空ホロウ/TOTALFAT/heidi./FLiP/摩天楼オペラ ≪MC≫足立梨花
774’s GONBEE/THE LEAPS/ロマンチスター/ビーチ・バージョン/小貫 諒/失禁少女

main
sss

Photo Photo

Photo Photo

「COLORS2013」のメインステージには、開場と同時にたくさんのオーディエンスが集まった。期待の高まる中、突如カウントダウンが始まり、カウント0になった瞬間にカーテンがオープン!ESP学園の現役学生と卒業生のコラボによるヴォーカル&パフォーマンスユニット、BLOSSOMがOpening Actを飾る。ESP学園内で代々引き継がれ、今年で9年目となる歴史のあるユニットだ。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

冒頭、ロックバンド編成が登場しオーディエンスを沸かせたと思ったら、次はかわいらしいピンクの衣装をまとった女の子たちが歌い上げる。バンド、ダンス、殺陣、と様々なパフォーマンスが繰り広げられる。ノンジャンルの彼らのステージは様々な「カラー」が揃うこのイベントを象徴している。学生の若い力を感じることができたが、中でもやはりバンドの演奏力の高さが印象的で、既に各所で活躍するメンバーが生み出すサウンドはオーディエンスの心をつかむエネルギー源として爆発していたようだった。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

メインステージのMCを務めたのは去年に引き続き足立梨花だ。NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』に”アメ横女学園(GMT47)”のセンター有馬めぐ役としても出演している彼女、実はESP学園を舞台にした映画『音楽人』にも出演しており、ESP学園とも深い関係がある。
 
Photo Photo Photo Photo

いよいよメインアクトの登場だ!無数の手拍子と共に登場したのは、沖縄出身の4人組ガールズバンド・FLiP!序盤から「ワンダーランド」でトップギアに入った演奏でオーディエンスを湧かせる。Sachiko(Vocal & Guitar)の歌声はMCからは想像がつかないくらい力強い。終盤にはニューアルバム『LOVE TOXiCiTY』から「カミングアウト」も披露。トップバッターでありながら「カートニアゴ」など全5曲をしっかり演奏してオーディエンスの熱量を上げていった。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

真空ホロウへようこそ」と松本明人(Vocal & Guitar)がささやく。続いて登場したのは男性3人組・真空ホロウだ。1曲目は5月にリリースしたミニアルバム『少年A』から「アナフィラキシーショック」。独特の彼らの世界に惹き込まれていく。大貫朋也(Drums)がESP学園の出身という縁。MCでは村田智史(Bass)が「ずっと出たいと思っていたよ!七夕の前に叶っちゃったよー!」と会場を盛り上げ、「闇に踊れ」「シンデレラコンプレックス」など5曲を披露した。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

3組目はESP学園出身のヴィジュアル系ロックバンド・heidi.だ。曲を重ねるにつれオーディエンスの声や動きは激しくなり、ここが彼らの”ホーム”であることを感じさせる。映画『前橋ヴィジュアル系』の主題歌となった「月光ショータイム」では会場がヘドバンの嵐、そして飛び跳ねる。「おまえさん」「流星ダイヴ」など全5曲、彼らの世界観に酔いしれたステージだった。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

「COLORS」では屋内のメインステージに加えて屋外のトラックステージでも熱いパフォーマンスが終始展開!アナウンサーの卵であるESP学園の学生たちが司会を務め、トップバッターはRO69jack2012入賞歴もあるビーチ・バージョンがゴリゴリロックなナンバーを披露。続く失禁少女は大阪からの参戦。ショッキングな衣装とパワフルなロックナンバーで観客を圧倒。さらに3組目は本誌のレポート記事「LEAPSCREAM!!! vol.1」でもピックアップした、今注目のガールズバンド・THE LEAPS。親しみやすくポップかつロックな旋律に、CELiCA(Vocal)の観る者全てを惹き付けるパワフルな歌唱、そしてメンバー個々の卓越した演奏力が光る。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

4組目はシンガーソングライター小貫諒がバックバンドを従えて登場。爽やかにアコースティックギターを弾き語る。5組目は774’s GONBEE(ナナシノゴンベエ)。ボーカルを務めるのは人気読者モデル鈴木勤とあって、原宿系女子から熱狂的な声援を受ける。そして日が落ちる頃、最後に登場したのは現役のESP学生で結成された男女5人組・ロマンチスター。前向きな楽曲を女性ボーカリスト・前田晴留香が元気よく歌い上げる。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

イベントも中盤戦へと差しかかる。ここで登場するのはメンバー全員読者モデルのガールズバンド・Silent Sirenだ。夏を意識した白いワンピースで登場すると、キラーチューンになっている「Sweet Pop!」を1曲目から披露。MCでは、とてもキュートなメンバー紹介でかわいらしさも見せつつ、音楽に対しての真摯な姿勢も見せる。8月14日リリースの3rdシングル「ビーサン」も5曲目に披露。夏っぽいガーリーなステージを見せた。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

続いて、国内パンク界で第一線をリードしているTOTALFATが登場する。オーディエンスのボルテージは最初から最高潮!1曲目から「PARTY PARTY」でアリーナをにわかにダンスホールに変えると、MCではESP学園に通っている学生に向けて熱いメッセージを披露。思わず熱い気持ちと涙がたぎってしまう。中盤は新曲「ROOM45」も披露。最後の5曲目「Overdrive」まで、熱いステージを展開した。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

そしてこの日のトリを飾るのは摩天楼オペラ。荘厳のSEと共に登場した彼ら、「今日のコースト、祭りです!」と(Vocal)が宣言し、オーディエンスを沸かせる。女性ファンはもちろん、男性ファンも多い摩天楼オペラのオーディエンスは、至る所でヘドバンが発生。「落とし穴の底にこんな世界」「GLORIA」など全5曲を、艶やかなボーカルとシンフォニックなバンドサウンドで演奏しきった。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

この日の入場料は、東日本大震災の復興支援金として「みらいサポート石巻(http://ishinomaki-support.com/)」へ全額寄付された。震災から2年を経ても、こうして”音楽人”を育てていく立場から地道な取り組みを続け、学生たちにもそうした意識を持たせようというESP学園の姿勢には心からの賛意を示したい。
 
出演しているバンドにジャンルの垣根がないからこそ「COLORS」は面白いし、毎年進化し続けるのであろう。いつかこのイベントを観ていた学生が今度はステージに上がる未来を期待しつつ、来年もまたこのステージを訪れたいと思う。
 

◆FLiP 公式サイト
http://www.flip-4.com/
◆真空ホロウ 公式サイト
http://shinku-horou.com/
◆heidi. 公式サイト
http://heidi-net.com
◆Silent Siren 公式サイト
http://silent-siren.com/
◆TOTALFAT 公式サイト
http://www.totalfat.net/
◆摩天楼オペラ 公式サイト
http://matenrou-opera.jp/
◆足立梨花 公式ブログ
http://ameblo.jp/rika-adachi/
◆ビーチ・バージョン 公式サイト
http://beachversion.web.fc2.com
◆失禁少女 公式サイト
http://93.xmbs.jp/sixtukinshoujyo/
◆THE LEAPS 公式サイト
http://theleaps.net/
◆小貫諒 公式サイト
http://ryonuki.moryou.com/
◆774’s GONBEE 公式サイト
http://www.774sgonbee.com/
◆ロマンチスター 公式サイト
http://www.music-scene.jp/romantistar/

 

cl06
◆ESP学園presents COLORS 2013 公式ホームページ
http://www.esp.ac.jp/colors2013/
 
◆COLORS 2013 公式Twitter
https://twitter.com/esp_colors2013
 
 

◆関連記事
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第22弾アーティスト『Silent Siren』
http://www.beeast69.com/feature/73740
【レポート】Silent Siren Live Tour 2013~巻きおこせ!サイサイサイクロン♪ ピンクの花咲く サイサイツアーStart→~
http://www.beeast69.com/report/68324
【特集】KAWAii!! MATSURi (Silent Siren)
http://www.beeast69.com/feature/67455
【連載】新譜るLIFEダイアリー 真空ホロウ『少年A』
http://www.beeast69.com/serial/simple/66835
【特集】Editor’s Note…PASSION Mind5(FLiP)
http://www.beeast69.com/feature/51894
【PHOTOレポ】THE LEAPS「LEAPSCREAM!!! vol.1」
http://www.beeast69.com/report/44064


 
 
  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話