特集

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:齋藤明

Photo2014年・日本のガールズバンドの頂点を決するであろう、SCANDAL×ねごと×赤い公園の対バンが、1月24日にEX THEATER ROPPONGIにて実現した。赤い公園ねごとが登場した前記事に引き続き、ガールズバンドの頂上決戦の後半戦をお届けしたい。
 
「ガールズバンド世界一」赤い公園、「新世代のガールズロックバンド」ねごと。両者の攻めのステージを迎え撃つ、王者・SCANDAL。豪華3組の共演は、「対バン」という言葉の意味を久々に噛みしめることのできる、白熱したものとなった。
 

◆前半2組、赤い公園とねごとのレポートはこちら!
http://www.beeast69.com/feature/98082

 
赤い公園 メンバー
佐藤千明(Vocal)、津野米咲(Guitar)、藤本ひかり(Bass)、歌川菜穂(Drums)
ねごと メンバー
蒼山幸子(Vocal & Keyboard)、沙田瑞紀(Guitar)、藤咲佑(Bass)、澤村小夜子(Drums)
SCANDAL メンバー
HARUNA(Vocal & Guitar)、MAMI(Guitar & Vocal)、TOMOMI(Bass & Vocal)、RINA(Drums & Vocal)

Photo

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

赤い公園ねごとに続いて3組目、トリを務めるのはSCANDAL。「ガールズバンド日本代表」たる、ディフェンディングチャンピオンが今宵どのような戦いを見せるのか。赤い公園ファン、ねごとファンも含め今宵ここEX THEATER ROPPONGIに集まった全ての音楽ファンが、かたずをのんで登場を待つ。
 
転換中のBGMが徐々に大きくなると、まだメンバーが登場していないのに音楽に合わせて手拍子が起こる。そして本家SCANDALの4人がステージに姿を見せるや否や「HARUNA~!」「TOMOMI~!」「MAMI~!」「RINA~!」とメンバーを呼ぶ声があちらこちらから起こる。これが王者の貫録か。
 
「こんばんは」高まる熱を制するようにHARUNAが挨拶すると、間髪いれずにRINAがカウントを入れる。1曲目は2012年2月リリースの12thシングル「HARUKAZE」。太いロックサウンドがホール一帯にしみわたると、触発されて客席から粒のそろった手拍子が発生。早くもライブ終盤かのような盛り上がりだ。
 
同じくライブ映えするロックナンバー「会わないつもりの、元気でね」が2曲目に続く。広いホールということもあり、特に音の一体感が冴えわたる今宵のライブ。MAMIのシビれるギターサウンドも毎度ながら心地良いし、TOMOMIの奏でる低音やRINAの刻むスネアの音も綺麗に轟く。そして3曲目は「瞬間センチメンタル」。日本中の女子高生バンドがコピーし、SCANDALのライブでは欠かせない曲になっている。一分の迷いもない演奏とパフォーマンスで客席を沸かせる。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

HARUNAのMCにもいつもに増して力が込められる。「今日はガールズの対バンということで、しかも仲良くしている仲間たちと一緒にライブできるということで、全身震えるくらいとてもうれしいです!」
 
「めちゃめちゃ熱いやつやるので、最後まで楽しんでいってください!」その言葉を皮切りに、RINAがシンバルを4カウント、次いで4人の音が溢れ出し、次のステージへの入口をこじ開ける。SCANDAL屈指のクールなナンバー「カゲロウ」をここに持ってきた!RINAは頭を振り乱し、全パワーをスティックに注ぎ込む迫真のプレイ。攻めの楽曲でありながら、荒っぽさもなければ落ち着き感も一切ない。まるで将棋の竜王戦を見ているかのような、貫録のステージが展開される。
 
かと思えば5曲目はガラリと曲調が変わって、ミドルテンポの「BURN」だ。「弱い自分自身を 甘える淋しさを」「消してしまえ」「壊してしまえ」RINAの手がけた、まっすぐストレートに訴えかける歌詞が心の琴線を揺らす。サウンドは中盤から後半に進むにつれてハードさを増す。歌が終わりアウトロに入ると、MAMIのギターとTOMOMIのベースが両サイドから挟みこみ、スケールはぐんぐん大きくなっていく。
 
そのMAMIのギターが太いフレーズを轟かせ、HARUNAのギターサウンドと融合しさらに太さを増していく。続く6曲目は「下弦の月」。轟音をしっかり聴かせ、その重厚感のままギターが攻めていく。必要以上に煽りを入れず、歌と楽器だけで観客を暴れさせる。そこには、彼女たちを王者たらしめるもう一つの理由、「オーディエンスの心理を読む、卓越したセンサー」が働いているのだ。今宵六本木に集まったファンは、SCANDALファンはもちろん、中には初SCANDALという人も含めて、自分たちの音に自然に反応し、体を動かしてくれるだろう。そんな客席への信頼が、このステージに表れている。予定調和のライブでは為し得ない、匠の仕事だ。
 
「新曲です。」とHARUNAが一言つぶやき、2月12日にT.M.Revolutionとのスプリットシングルとして発売する新曲「Runners high」を披露。こちらもMAMIHARUNAのツインギターでますます会場のボルテージを上げていく。そしてMC、「私たちEX THEATERは初めてです。みんなも初めてかな?…見渡してみると、すっごい見通しが…最高ですね!」(HARUNA)、「ライブハウスとホールのいい所を組み合わせた感じやね」(RINA)とそれぞれ語る。やはり、彼女たちは今宵の客席の様子をしっかりと把握しきっている。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

「こうやって新しいライブハウスができて、色んなバンドがライブをして…色んなドラマがたっくさん生まれるんだろうね」と感慨深げに語りあうメンバー。「笑いもあるだろうし、たまには涙もあるだろうし…そんな素敵なライブを私たちもここでずっとやり続けていたいし…みんなもその一員だからね!」「色んな歴史を塗り替えていこうよ。新しい音楽の時代をみんなで作っていきましょう。」
 
彼女たちの心の中には、こうして新たな舞台での新たな歴史が始まることへの喜びと同時に、数々の思い出を作った舞台が幕を下ろすことへの思いがある。5月に閉館が決まっているSHIBUYA-AXについても触れ、次のSCANDALのライブが3月にそのAXで開催される主催ライブ「バンドやろうよ!! Vol.5」であることを告げる。王者は常に、前を向き続けている。
 
「ここからまだまだ踊る曲やっちゃうけど、みんな行けますか?」さあ己のパワーを出しつくせ!8曲目は昨年リリースのニューアルバム『STANDARD』のリード曲、「OVER DRIVE」。「夢見たあの頃と同じ気持ちで」「もっと遠くまできっと届けたい そんな音楽と共に」そんな力強い歌詞も伴い、自然と笑顔になる曲だ。フロント3人はぴょんぴょん跳ねながら演奏。楽しい曲にマッチする楽しい空気をしっかりと作っていく。
 
楽しさ全開のステージはまだまだ続く。「みんなタオル持ってる?」HARUNAの問いに、当然じゃー!とばかりに大歓声が起こる。9曲目「DOLL」で、赤い公園ファン、ねごとファン、といった隔てなく全員でタオル大旋回!その勢いのまま、ラストは2010年6月リリースの6thシングル、「太陽と君が描くSTORY」。「タイキミ」の愛称で親しまれているライブ定番曲、サビでは再びタオル回しが発生!今この瞬間、完全にSCANDALがこの会場の全ての空気を支配している。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

「アンコールありがとう!いやー、楽しいー!!」HARUNAが叫ぶ。RINAも「すごいね!対バンするのが久しぶりで、しかも友達とできる。嬉しいけどめちゃくちゃ緊張して…」と興奮気味に語り、集まったファンへの感謝を述べる。
 
「みんなで…イエイ!って言おうぜ!」ということで、最後は笑顔で、「EVERYBODY SAY YEAH!」。太い安心感のあるサウンドに身を委ね、全員で一つになって盛り上がる。「また会いましょう!」心底からそう思わせてくれる、最高潮の盛り上がりの中、全ての演奏が終了した。
 
確かに、今日出演の3組が仲良し同士であることは彼女たちのファンなら周知の事実だが、今日のライブには不思議と「対決」の緊張感が漂っていた。ガールズロックを背負っていく同志だからこその、なれ合いにならない緊張感あるステージ。「対バン」という言葉の意味を再認識するライブとなった。
 

◆セットリスト
M01. HARUKAZE
M02. 会わないつもりの、元気でね
M03. 瞬間センチメンタル
M04. カゲロウ
M05. BURN
M06. 下弦の月
M07. Runners high
M08. OVER DRIVE
M09. DOLL
M10. 太陽と君が描くSTORY
-encore-
E01. EVERYBODY SAY YEAH!
 
 
◆リリース情報
T.M. Revolution | SCANDAL
「Count ZERO | Runners high~戦国BASARA4 EP~」

2014年2月12日(水)発売
◆SCANDAL 公式サイト
http://www.scandal-4.com/
 
◆ライブ情報
バンドやろうよ!!Vol.5
・2014年03月16日(日)【東京】SHIBUYA-AX
開場 17:00 / 開演 18:00
チケット一般発売受付中!
http://www.scandal-4.com
 
SCANDAL ARENA LIVE 2014「360°」
・2014年06月22日(日)【大阪】大阪城ホール
開場 16:30 / 開演 17:30
 
SCANDAL ARENA LIVE 2014「FESTIVAL」
・2014年06月28日(土)・29(日)【神奈川】横浜アリーナ
開場 16:00 / 開演 17:00
チケット予約受付中!
http://www.scandal-4.com
 
jk1

 

◆このライブの模様は
CSテレ朝チャンネル『EXシアターTV』にて放送決定。お楽しみに!

<放送日>3月23日(日)よる10:00~11:00
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/ex_theater/
 
◆EX THEATER ROPPONGI 公式サイト
http://www.ex-theater.com/

 

◆関連記事
【レポート】赤い公園大復活祭
http://www.beeast69.com/report/68327
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第6弾アーティスト『赤い公園』
http://www.beeast69.com/feature/25973
【レポート】ねごと「お口ポカーン!! ~SEED with groove~」
http://www.beeast69.com/report/52726
【特集】rock girly parfait ねごと(part4)
http://www.beeast69.com/feature/54060
【特集】第4回 SCANDALコピーバンド&ヴォーカリストコンテスト
http://www.beeast69.com/feature/96107
【特集】rock girly parfait SCANDAL(part2)
http://www.beeast69.com/feature/68092


 
 
  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話