コラム
エレキングの「おなかいっぱい」!
野村義男
1975年、姉の影響でフォークギターを手にし、1979年芸能界デビュー。1983年『The Good-Bye』を結成し、シングル「気まぐれONE WAY BOY」でバンドとしてデビュー。(1990年TheGood-Bye活動休止、2003年再開)現在は、浜崎あゆみバンド、世良公則GUILD 9、宇都宮隆U_WAVEなどに参加。自身のバンド、RIDER CHIPS、三喜屋・野村モーター's BANDでTOURを行う。ギタリスト、プロデューサーとして幅広いジャンルにて活動中。

おなかいっぱい、五杯目 ~ツアーの途中で掛かったマンドリンの魔力~


4月に入り、僕がサポートをしているアーチスト浜崎あゆみのツアーが始まりました。日本のあちこちを移動している毎日。俗に「ツアー」といわれるやつですね。知らない人で「いいなぁ~、色々な所に行けて~」な~んてよく言われる方がいるのですが…
 
でもサポート・ミュージシャンを経験したことがある人ならわかると思いますが、実は簡単に説明すると「朝早起き→空港→現地(会場)→コンサート(ライブ)→ホテル(寝る)→起きて空港→帰る」っていうのが基本の毎日。だから空港と会場とホテル以外は意外に知らないという状況がここ数年のサポート・ミュージシャンの、ツアーでの基本的な流れでございますかな。

  

でね、この隙間で観光を出来る人はほとんどいないのではないか…という感じなのですが、エレキングはその隙間を狙ってエロエロと…あっ違った。色々とその土地それぞれにある「美味しいもの」&「楽器屋」は、なるべく行くようにしていますの~。だってせっかくだもんね(笑)。写真は今年のゲットした「食」でございます!手羽先、味噌煮込みうどん、黒豚バラみぞれ鍋…。やはり、その土地それぞれで美味しいものはたくさんありまして、エレキング的には、食べ歩き三昧な季節でもあります(笑)

  

 
ツアーはエレキングにとって食との出会いの時でもありますが、もちろん楽器との出会いの時でもあります。毎年の様にツアーに出ては楽器屋さんに顔を出していると、楽器屋さんの店長さんや店員さんが「いらっしゃいませ!あっ、野村さんこんなのが入荷しましたよ!」な~んて会話は日常でございまして、ちょいと変わった楽器が入荷すると「こんなの好きかしら?」みたいなことになる訳です。
 
でね、昔どこかの街でそれをたまたま行った店の店長にやられまして(笑)、買ってしまった楽器が「マンドリン」でした。でもね、エレキング的に世界で1番好きなギタリスト&バンドはLed Zeppelinでして、マンドリンは彼らのおかげで「ロックのアイテム」の認識となり、弾けなくてはいけない楽器の1つになったので、悩むことなく買ってしまいました。
 
その後マンドリン(アコースティックもエレキも)を見つけると、何気にゲットしてしまう毎日。今回の「食」以外の写真は「マンドリン」を載せてみました!本当にロックな楽器だから、一度触ってみることをオススメしますよ!「コンドルは飛んで行く」とか、柏原よしえの「ハローグッバイ」、ガロの「ロマンス」や、かぐや姫の「神田川」等でマンドリンの音色は聴いたことがあると思いますが、それらの曲ではわりと正統派な演奏。エレキングがシビれたのは、Led ZeppelinThe Hootersの使い方。本当にロックな楽器なのよ!(汗) 


 
もちろん自分のソロ・アルバムでも色々と使っているんだけど、マンドリンをメインで使ってる曲もありまして、エレキングの1995年のアルバム『ELECTRIC GYPSY II』の1曲目「borrow Time」では全面的にマンドリン・ロックをお届けしております。もちろん、その他のアルバムでもマンドリンは弾いているし、小泉今日子のシングル…曲名が想い出せないけど…(涙)、その曲でもマンドリン奏者として弾いていますの~!
 
でさ、先日レコーディングが終わった三野姫渡辺英樹(ex.C-C-B)、野村義男)の3枚目のアルバムでもマンドリン登場でございます。タイトルは「わすれもの3」。このアルバムでは、Led Zeppelin的マンドリンが登場しているので、往年のロックファンの方々に「ニャッ!」として楽しんでもらえると嬉しいですね。元々マンドリンはイタリアが発祥の楽器らしく、基本的には8弦4コースの楽器。ただしエレキングが持ってるエレクトリック・マンドリンなんかは4弦のものも何本かありますのよん。
 
ギターと違って基本的なレンジが高いから、8弦のほうが効果も主張もある感じ。でさ、デザインも意外と自由な感じで魅力的なものが多い!だから、気がついたらご覧の通りの「俺はマンドリン・コレクターか?」というような状態でさらには、Wネックでマンドリン&エレキギターをオーダーで作ってしまう程ラブリーな楽器であります。
 
 
 
みなさんもちょいと手にする機会があったら、触ってみませんか?チューニングはヴァイオリンと同じ「G-D-A-E」なので、まあ「左用のギターの、低いほうの4本の弦を弾いている」という意識をすれば、すぐに理解出来ると思いますよ。どうして世界にはこんなに面白い楽器があるんだろう?おかげで「コレクター・エレキング」は大変です(汗)。我が家のマンドリンの数本を載せてみます。みんな個性的でしょ?気がついたら増えてるな(汗)。マンドリン・マジックだわ…
 
今回は、マンドリンでおなかいっぱいだぁ~(笑)


 
ライブ情報
 
田村直美『~What happens with future?~LIVE決定!
~Thank you 25th Anniversary~DVD 発売記念LIVE』

 
2013年8月19日(月)下北沢GARDEN
時間:開場18:30 開演19:00
料金:5,500円(スタンディング・税込)※別途1ドリンク代
 
BANDメンバー
Guitars : 野村義男
Bass:石川俊介
Keybords:土橋安騎夫
Drums:長谷川浩二

 


 
RIDER CHIPS New Single「BEASTBITE」(Single, CD+DVD)
AVCA-62210/1,890円(税込)
発売中


 
RIDER CHIPS New Single「BEASTBITE」(Single, Maxi)
AVCA-62211/1,260円(税込)
発売中


 
RIDER CHIPS 公式サイト
http://www.riderchips.jp/
野村義男 公式サイト
http://www.pegmania.com/


  コラムニスト
The HIGH
2017年7月19日更新
第1回「初陣」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年7月2日更新
第14回「MIKI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話