コラム
エレキングの「おなかいっぱい」!
野村義男
1975年、姉の影響でフォークギターを手にし、1979年芸能界デビュー。1983年『The Good-Bye』を結成し、シングル「気まぐれONE WAY BOY」でバンドとしてデビュー。(1990年TheGood-Bye活動休止、2003年再開)現在は、浜崎あゆみバンド、世良公則GUILD 9、宇都宮隆U_WAVEなどに参加。自身のバンド、RIDER CHIPS、三喜屋・野村モーター's BANDでTOURを行う。ギタリスト、プロデューサーとして幅広いジャンルにて活動中。

おなかいっぱい、十三杯目 ~SG と軽食~


さてさて、2015年も残りわずかでありますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
今年のうちにやり残してる事や、やりたかった事、色々とあるかも知れません。

そんな今年の後半戦にかけて、エレキングに、大マイ・ブームがやってきまして、一体何のマイ・ブームかと言いますと、SG であります。

そう、Gibsonが社運をかけてのレスポールの新モデルだった、あのSGであります。

みなさんご存知のレスポールの形は1952年~60年頃まで製造されたのですが、セールス的に「もうちょい売れてくれたらなぁ~」の悩んだ末に、華麗なるフルモデルチェンジを1961年初頭に行いまして、1963年まで SG シェイプだけど「レスポール」と、呼ばれていた訳であります。

ちなみに、レスポールおじさんは、SG シェイプのほうはあまりお気に入りでは無かったみたいなの。
でさ、1963年からは名前を「SG」ソリッド・ギターの略ね。なんて安易なの~(汗)

レスポールのマホガニー・バックにメイプル・トップ、それに対して、SG はマホガニーボディ。
でもね、SG は、スタンダード、カスタム、ジュニア、スタンダード、スペシャル・・・など、色々なモデルがどかぁ~っと出て来るの~。

はては、メロディメーカーまでもが、SGシェイプになるとゆう、相当にGibsonのお気に入りデザインだったんじゃないかなぁ~?


1961
1964
1968
1998
2000

そんな、SG ですが、いまね田村“Sho-ta”直美と「Tenpack Riverside Rock’n roll Band」って言うバンドをやってるんですの。

それでさ LIVE もレコーディングもメインのギターが、SG でありまして、これがさぁ~、とても良い娘で、音も良いし、重量軽いし、んじゃぁ~他の SG はどぉ~なのよぉ~?って思わせてくれちゃったので、とにかくSG を知る為に、スタンダードやメロディメーカー、ジュニア、とか最近の物から、古い物まで、数台購入して、SG タイムを満喫しております~ ♪

もちろん、東京の楽器屋さんでも購入するし、それだけではなくて、ツアー先でも見つけてはゲットしちゃっております~。


 

Z

そんな移動の中、やはり小腹が空くんだよねぇ~。
もちろん、移動の新幹線とかの中なら、サンドウィッチや、お弁当。

車の中で片手でも食べれる、お好み焼きや、ホットドック。
なんて便利な時代なんでしょ~(喜)

でも、やっぱり小腹が空いた時の定番は、立ち食いそばや、マクドナルドが1番お手軽で多いかもね。

あっ、何年か前なんだけど、凄い人を見た事あるの~(驚)
信号で並んだ横の車のドライバーが、ちゃんとしたドンブリでラーメン食べてたんだよねぇ~。
本当に驚いたんだからぁ~。

あれは、ラーメン屋さんから、そのまま持って来たのかなぁ~?いやぁ~真実を知りたい~(笑)
まぁ、パンにしろ、お好み焼きにしろ、ラーメンにしろ運転中は危険だから、ちゃんと車を停めて、美味しくいただきましょ ♪

さぁ、今回は SG と軽食で、お腹いっぱいだぁ~。
 
 


 


  コラムニスト
The HIGH
2017年7月19日更新
第1回「初陣」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年7月2日更新
第14回「MIKI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話