コラム
トラベリン・ギターマン・日記
ウルフルケイスケ
「ミスタースマイル」の異名を持つ日本唯一の笑うギタリスト。ウルフルズのギタリストとして、1992年シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。ウルフルズ活動中より、他アーティストのレコーディングやイベントに多数出演。 ウルフルズ活動休止中は、不思議でステキな出会い=マジカル・チェインをテーマに、ギターを担いでひとりで全国を周る。2014年のウルフルズ再始動後も、弾き語りスタイルのソロからバンド形態まで、自由でオープンなスタンスをとりながら、シンプルでご機嫌なロックンロールを展開中。

四十旅目:広島三原「はるのんcafé」


三原のはるのんcaféに行ったのは去年の5月。
広島には何度も行っているが初めての三原、
着いてそうそうJR三原駅が
三原城の中を通っているのを見てびっくりw

店に着いてそうそう外壁にギターが
たくさん飾られているのを見てまたびっくり!
1,2本なら分かるがこんなにたくさんのギターが、、
盗まれないか心配してしまったw
扉を開けて入ったら店内にもたくさんのギターがw、
ギターに包まれたはるのんcafé。

オーナーのロッシーさん自ら
歌いツアーするミュージシャン、
ギターがたくさんあるのも納得。
PAをやってもらったが、さすがの安心の音作り。
優しい鳴りの音が気持ちよかった。

ありがたいことに初めてというのに
たくさんの人が来てくれて賑やかなライブになった。
アコースティックコーナー用に貸してもらった
ギブソンJ-45もいい鳴りしてた。
ロッシーさん&とおるさんと地元のみんなが
音楽でつながっている感じが素敵、
ライブ後もあーだこーだとまた盛り上がった。

本当なら5月に2度目の三原に行くはずだったが
コロナの影響で延期に。
大変なことが多いと思うが、、
早くまた行ってロッシーさんのJ-45を
弾かせてもらうのが楽しみ。

日本のはずれの小さなマチに音楽を楽しむ場所と人がいて、
それぞれが自分の音楽を楽しんでいる。

大事なのはカタチじゃなくキモチ、
まだ見ぬ音を探しにマジカル・チェインの旅は続く。

 
■広島三原「はるのんcafé」
広島県三原市城町2-2-4
https://www.harunon.com/
 


◆ウルフルケイスケ ライブインフォメーション

※最新情報は公式サイトにて随時更新されます。


【BEEAST関連記事】
三宅伸治×ウルフルケイスケ『MAGICAL CHAIN GANG TOUR 2019』
http://www.beeast69.com/report/179498
【PHOTOレポ】北摂GOLDBLEND Vol.4
http://www.beeast69.com/report/89231
【レポート】MAGICAL CHAIN ひとり SPECIAL~2014春~
http://www.beeast69.com/report/107196
【連載】絆フォーエバー ~素敵にいい夜~ 第5回(ROLLY&ウルフルケイスケ)
http://www.beeast69.com/serial/kizuna/73068
 

◆ウルフルケイスケ Official Website
http://www.ulfulkeisuke.com/
◆ウルフルケイスケ Official Twitterアカウント
https://twitter.com/ulfulkeisuke
◆ウルフルケイスケ Official Facebookページ
https://www.facebook.com/uk0523
 


  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話