演奏

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:幡原裕治

Photo夏と言えば海!砂浜にライブハウスがあったら、音楽ファンは海を楽しめるし、サーファーや海水浴客など海を愛する人は音楽を楽しめるのではないか…そんなコンセプトでキマグレンが神奈川県の逗子海岸に2005年に立ち上げたのが「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」だ。さらに今年は鎌倉・由比ヶ浜に「別館」として「SEACRET BOX BY OTODAMA」がオープン。アコースティックサウンドだけでなく、本格的にアンプを使ったバンドスタイルのライブも実現し、連日多くの音楽ファンが足を運んだ。
 
先日、逗子海岸利用者のマナーの問題などがあり今年限りで「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」を閉幕するという残念なお知らせがあったが、我々メディアを含め音楽の受け手と作り手がさらに良いあり方を模索し、きっといつの日かまた湘南の海岸に賑わいが戻る日が来るだろう。そんな願いも込めつつ、「OTODAMA」の夏の思い出を記事に残したい。
 
本誌取材班が「SEACRET BOX BY OTODAMA」を訪れたのは立秋を過ぎてもなお連日猛暑日の続いた、8月13日。江ノ電の由比ヶ浜から海へ続く道を下ること10分。ココナッツの香りが漂う…海水浴客でにぎわうビーチに「OTODAMA」はあった。本当に砂浜にある!と驚いたのも束の間、場内に入ってさらにびっくり。地面も砂浜になっているのだ。そしてすさまじい湿度!開演前から既に、由比ヶ浜のガールズロックファンの熱気を全て凝縮して閉じ込めたかのような暑さ・熱さがある。
 
ようやく気温が下がり始めようかという午後4時、いよいよライブがスタート!
 
Photo Photo

◆ absentmindedness

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

「GIRLS ON THE BEACH」というタイトル通り、女性プレイヤーが集結したこの日、トップバッターを飾るのは名古屋を拠点に活動するガールズバンド・absentmindedness(アブセントマインデッドネス)!メンバーはエイミー(Vocal & Guitar)、いくえ(Bass)、おはる(Drums)の3人組だ。2008年に結成し、ガールズバンド限定レーベル「STRAWBERRY FIELD」第一弾アーティストとして2009年にCDデビュー。全ての作詞・作曲を手掛けるエイミーの切ないメロディとフレーズ、そしてキュートな風貌から想像のつかない本格ロックサウンドとライブパフォーマンスが人気を呼び、2013年1月には待望のフルアルバム『2700マイルの恋人』をリリースした。普段は中京圏を中心に活動する彼女たち、満を持してのOTODAMA登場だ。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

序盤からしっかりと構築されたギターロックを透明感のあるボーカルとともに披露。3人心底楽しそうに演奏しているのも印象的だ。3曲目「SHE」ではいくえおはるの奏でる低音が踊る。4曲目「カントリーロード」はエイミーの力強いギターがリードする。「すごい熱気ですね。熱いです…」そうMCで語る通り、すさまじい熱気!「こんな所にまで汗腺があったのか!」というほど、腕から汗が噴き出る。最後は2012年12月に小説+映画付シングルとしてリリースされ話題になった「星の行方」をキュートなボーカルと力強いサウンドで披露。トップバッターとして、強烈な印象を残した。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

◆セットリスト
M01. ノスタルジア。
M02. 記憶のない12階までの路
M03. SHE
M04. カントリーロード
M05. 星の行方
 
◆absentmindedness 公式サイト
http://absentmindedness.jp/
◆インフォメーション
1stフルアルバム『2700マイルの恋人』発売中

◆ ケラケラ

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

続く2組目は、2ndシングル「スターラブレイション」がフジテレビ木曜劇場「ラスト・シンデレラ」の主題歌に大抜擢され、若年層を中心に支持を広げているケラケラだ。高校時代からともにバンドを組み活動し、YAMAHA主催のTEENS’MUSIC FESTIVALにて全国優勝を成し遂げたふるっぺ(Bass)と森さん(Drums)が、東京・調布市出身のMEME(Vocal)と出会い結成したユニットで、2013年2月にメジャーデビュー。「ケラケラ」という名前は、MEMEの引き込まれる歌声と明るくにこにこした笑顔が由来となっている。ふるっぺ森さんは音楽活動の傍らで俳優・声優としても活動。さらに、小説の執筆も行っている。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

1曲目はメジャーデビューシングル「さよなら大好きだったよ」。3人がステージに立ち、MEMEが歌い始めると、一瞬でケラケラの空気に。続く2曲目「虹色ハートビート」でも大きな手拍子が起き、ふるっぺもさらにアクティブにステージを動き回り、客席を煽る。「この暑さに負けないくらいに…」元気いっぱいのMEMEも、客席一人ひとりと目を合わせながらキュートな歌声で楽しませる。さらに5曲目、9月18日リリースの3rdシングル「友達のフリ」では、切ない歌詞に乗せて圧倒的な声量で、客席奥の奥まで歌を届ける。”元気で明るい”はもちろんだが、それだけにはとどまらないケラケラの確かな実力が垣間見えた。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

◆セットリスト
M01. さよなら大好きだったよ
M02. 虹色ハートビート
M03. スターラブレイション
M04. ろーりんぐでいず
M05. 友達のフリ
 
◆ケラケラ 公式サイト
http://www.kera2.com/
◆インフォメーション
7!!のうぷぷな日~みんなでイーヤーサーサー(ハーイーヤー)~
・2013年09月22日(日)【東 京】SHIBUYA O-EAST
 
第11回青山学院大学相模原祭
・2013年10月12日(土)【神奈川】青山学院大学
富士大学 紫陵祭 2013
・2013年10月27日(日)【岩 手】富士大学
長野大学 長野大学祭
・2013年11月02日(土)【長 野】長野大学
第48回自由が丘産能祭
・2013年11月09日(土)【東 京】産業能率大学
日本福祉大学 美浜キャンパス 福祉大学祭
・2013年11月17日(日)【愛 知】日本福祉大学

◆ Silent Siren

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

3組目はBEEAST太鼓判シリーズ第22弾アーティスト『Silent Siren』でもご紹介したSilent Siren。8月12日発売のニューシングル「ビーサン」のジャケットでは白を基調にした眩しいセーラー風衣装を披露しているが、この日は真っ黒なロックテイスト溢れる衣装での登場だ。すぅ吉田菫/Vocal & Guitar)、ひなんちゅ梅村妃奈子/Drums)、あいにゃん山内あいな/Bass)、ゆかるん黒坂優香子/Keyboard)、みっちー(Guitar/※サポート)が定位置に就くと、ピンクのTシャツに身を包んだファン、通称”サイサイファミリー”からこの日一番の大歓声が巻き起こる。早くも臨戦態勢だ。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

「しゅわっしゅわっ!」「what do you want?」ゆかるんがしっかりリードし、1曲目「Soda」からコール&レスポンスがしっかり決まる。ロックテイストな衣装もあってか、あいにゃんひなんちゅのパワフルなプレイが光る。続く2曲目「イブニングスター」ではフロアじゅうのタオルが旋回、旋回!扇風機の役割を果たしたか、いやむしろ熱気がいっそう高まったか、という状況にすぅも思わず「熱い!」と叫ぶ。「水飲んでね!」と観客を気遣いつつ、3曲目「スターマイン」では切ない歌声を披露。最後はゆかるんがショルダーキーボードに持ち替えて、客席と一体となって盛り上がる。「みんなと一緒に作り上げるステージにしたい」というすぅの言葉通り、OTODAMAがサイサイ色一色に染まった。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

◆セットリスト
M01. Soda
M02. イブニングスター
M03. スターマイン
M04. Sweetpop
M05. ビーサン
 
◆Silent Siren 公式サイト
http://silent-siren.com/
◆インフォメーション
「Silent Siren Live Tour 2013冬~サイサイ1歳祭 この際遊びに来ちゃいなサイ!~」
・2013年11月21日(木)【新 潟】LOTS
・2013年11月23日(土)【郡 山】CLUB #9
・2013年11月24日(日)【仙 台】JUNK BOX
・2013年11月27日(水)【福 岡】DRUM LOGOS
・2013年11月28日(木)【広 島】CLUB QUATTRO
・2013年11月30日(土)【名古屋】Electric Lady Land
・2013年12月01日(日)【梅 田】CLUB QUATTRO
・2013年12月07日(土)【東 京】Zepp Diver City Tokyo

◆ 7!!

Photo Photo

Photo Photo

この日のトリを飾るのは7!!(セブンウップス)!沖縄出身の彼らがここ湘南に沖縄の風を吹かす。先日レポートした「7!!のうぷぷなツアー2013 ~ドキドキ~」と同様にサポートキーボードを入れた5人編成でのライブだ。NANAE(Vocal)、MAIKO(Drums)、KEITA(Bass)、MICHIRU(Guitar)、大坂孝之介(Keyboard/※サポート)の5人がステージに立つと、大きな歓声が。さらに、MAIKOが静かにリズムを刻み、MICHIRUのギターが1曲目「愛の言葉」のイントロを弾くと、さらに大きな歓声が上がる!
 
Photo Photo

Photo Photo

「愛の言葉」「スウィート・ドライヴ」と2曲連続でキラーチューンを決めると、MCでは恒例のうちなーぐち(沖縄弁)挨拶、「今日はリハなし一発で決まりそう」と、MAIKOのリードに合わせて「めんそーれ」コール&レスポンスもしっかり決まる。その熱量をしっかり保ったまま、3曲目は一呼吸し静寂を作る。この日の前日・8月12日にリリースした新曲「ReReハロ~終われそうにない夏~」だ。イントロ、静かなピアノから少女まんがの繊細な世界観、夏の淡い恋心を丁寧に伝える。もうすぐ夏が終わる…そんな切なさを4曲目「さよならメモリー」で継続し、5曲目「弱虫さん」で歌詞の通り前向きなパワーに変えていき、そして最後は「バイバイ」で思う存分手を振りまくり、全力を出し切る!そんな一続きのドラマを6曲の流れを通して演出した7!!。ボーカル・NANAEの表現力も手伝い、勢いだけでなく楽曲の世界観を通して観客を盛り上げる、そんな満足度の高いステージを展開した。
 
Photo Photo

Photo Photo

◆セットリスト
M01. 愛の言葉
M02. スウィート・ドライヴ
M03. ReReハロ~終われそうにない夏~
M04. さよならメモリー
M05. 弱虫さん
M06. バイバイ
 
◆7!! 公式サイト
http://7oops.com/
◆インフォメーション
7!!のうぷぷな日~みんなでイーヤーサーサー(ハーイーヤー)~
・2013年09月22日(日)【東京】SHIBUYA O-EAST
 
山形大学 八峰祭 アーティストライブ
・2013年10月20日(日)【山形】山形大学
福井高専49thFes. うぷぷなLIVE
・2013年10月26日(土)【福井】福井工業高等専門学校
筑紫女学園大学 第48回筑紫祭
・2013年10月27日(日)【福岡】筑紫女学園大学

 

◆SEACRET BOX BY OTODAMA 2013 公式サイト
http://www.otodama-beach.com/seacretbox/2013/

◆関連記事
【特集】7!!が藤沢総合高校軽音部を突撃訪問!
http://www.beeast69.com/feature/66779
【レポート】7!!のうぷぷなツアー2013 ~ドキドキ~
http://www.beeast69.com/report/78230
【特集】ESP学園presents COLORS 2013
http://www.beeast69.com/feature/77282
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第22弾アーティスト『Silent Siren』
http://www.beeast69.com/feature/73740
【レポート】風は吹くのか!? Vol.2 (バニラビーンズ/7!!)
http://www.beeast69.com/report/61637
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第19弾アーティスト『7!!』~延長戦~
http://www.beeast69.com/feature/58145


 
 
  コラムニスト
EARTHSHAKER
EARTHSHAKER
2018年12月14日更新
第9弾「12月9日 苫小牧ELLCUBE」
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年8月12日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第20回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年11月14日更新
人生の宿題その3
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年12月7日更新
Progressive Man 第41話