コラム
牙虎見聞録
SABER TIGER
SABER TIGER 下山武徳(Vo) 木下昭仁(Gt) 田中康治(Gt) hibiki(Ba) 水野泰宏(Ds) 1981年結成。「北の凶獣」の異名をとるヘヴィメタルバンド。2018年2月、現体制での7年間の軌跡を収めた4毎組ボックスセット『HALOS AND GLARE - The Complete Trilogy』をEdge Trax/ディスクユニオンより発売。3月『BYSTANDER EFFECT - Expanded Edition』をSliptrick Recordsより全世界50カ国で発売。4月 ライヴDVD+2CD『Live: HALOS AND GLARE』を Edge Trax/ディスクユニオンより発売。

SABER TIGER「牙虎見聞録」第6回


現在SABER TIGERは、4カ国全12公演3週間に及ぶ北欧/東欧/ロシアツアーを行っております!このコラムではメンバーによるツアー日記と最新フォトをお届けします!是非お楽しみください!

メンバーによる日替わりツアー日記、第6回はヴォーカルの下山武徳です!


SLIPTRICK RECORDS & GO LOUD AGENCIES presents 『EASTERN EUROPE DEVASTATION TOUR 2018』 ツアー日記 vol.6

5月29日 移動日

ウクライナシリーズ最終公演地ザポリージャも、地元の濃~いメタル野郎達のお陰で大変盛り上がり、いよいよ移動日を挟んでロシアシリーズに突入!

SABER TIGER一行は、無事陸路でロシアに入国できるのか!?

次の公演地スモレンスクまでは1,000キロあるが、ウクライナの極悪な道路を抜け、国境を越えて一体どこまで進めるのか!?

その前に、ウクライナを出国するにあたり、手持ちのウクライナ通貨グリブナを両替しなくてはならない(グリブナは日本国内では両替できない)。出発時間にみんなからグリブナを集め銀行に向かう事に。

これが難儀な旅の予兆だったのか、いきなり問題発生。

なんとウクライナの銀行では外国人は両替できないとの事。両替所が別にあるらしく、そこの場所を親切に教えてくれるオバ様がいたのだが、そのオバ様の話す英語がイマイチ伝わらない。しまいには「何で私の言う事が分からないの!」とキレ出す始末。

こんな広大で牧歌的な国土に住んでんのに、何故かこっちの人はキレやすい。まぁ、日本でも田舎に住んでる人の方がキレやすい傾向が見受けられるし、何かの法則があんのかな?そんなこんなで何とか両替所を見つけ、グリブナをロシアルーブルに両替。

1

<両替所です>

一路、国境を目指して出発。

今日はとりあえず行けるとこまで行こう的な行程なので、時間的余裕はあまり無い。途中レストランでゆっくり食事などもできない。まぁ、そんなレストランはそもそも無いんだが。。。

こちらではガソリンスタンドがコンビニみたいな役割も兼ねているので、ちょっとした軽食や飲み物は全てガソリンスタンドで補給しなくてはならない。

そろそろマズ味の強いパン的な物にも飽きてきたが、移動中に食事らしい食事はとても望めず、コーラを流し込んで腹を膨らませるしかない。

2

しかも安定の超悪路。聞くところによると、ある調査の結果、ウクライナの道路事情は世界187ヶ国中184位だとか。うん、納得。

って言うか、これより悪いとこなんてあんの?!

もうそれは道路じゃないだろ・・・。

3

ウクライナの景色は本当に広大でとても美しいのだが、何十年も放置されてると思われる道路や廃墟、建設途中で放棄された巨大な橋等、異次元に迷い込んだような錯覚に陥る。

プレイステーション3に「フォールアウト3」っていう、第三次大戦後の世界観をフィールドマップにしたゲームがあるのだが、これが今回見たウクライナの景色にビックリするほど酷似している。きっとモデルはこの国なんだろうな・・・と思った。分かる人には分かる小ネタ(笑)

宿を出発してかれこれ7時間。やっと国境に到着。大量の車が列をなしている。エリア内は当然ながら撮影厳禁。ちょっとシャッターを押そうもんなら鉄人ドライバーのアンドレイがもの凄い剣幕で怒る。

4

<アーチ状の建造物が国境の施設です>

例えるなら、桜島に渡る時のフェリー乗り場のような感じ。いくつかチェックポイントを抜け、出国審査の窓口に少しずつ近づいて行く。が、その動きは超スロー。このまま日が暮れるんじゃないか?と言ってたらほんとに日が暮れてきた。

5

2時間も足止めを食って、まだ出国出来ない・・・。窓口には人が殺到している。後ろに並んでる車の奴らも、我先にと車から降りて窓口に集まってるようだ。この辺が日本との差を感じる。ちゃんと並べよ・・・。

果たしてようやく、我々の順番。出国審査の窓口の外観はセコいパチンコ屋の両替所みたいだ。そこにアンドレイが代表してみんなのパスポートを提出。

しばらくしてアンドレイが室内に呼ばれる。

またまたしばらくしてアンドレイが出て来ると、車に乗り込み、車をちょっと横に移動。

ぽつりと「プロブレム・・・」と呟く。

何だ?

俺達はなんも悪い事してないぞ?

ロシアのビザも取得してるし、そもそもまだウクライナからの出国審査だ。アンドレイが再度車内に戻って来た時には大量の通関書類を持っていた。

俺達全員、これに必要事項を記入しなくてはならないらしい。

みんなで一斉に書類に書き込み、サインをしてアンドレイに渡す。再々度書類を提出し、もう終わりかと思ったら今度は全員来いと。一人ずつ入念なチェック。当然国境を管理してるのは軍服姿の軍人。室内にはマシンガンを持った屈強な男が二人。全員のチェックが終わると、この軍人が信じられない事を言い出した。

「お前らのCDはあるのか?」

「Tシャツならある」と、答えると

「通してやるからTシャツ2枚くれ」

なんだ!この山賊みたいな奴らは!

アンドレイ曰く、これは冗談ではなく本気らしいので、仕方がないからバンに積んである荷物を降ろして今回の物販である海外ツアーTシャツを引っ張り出して2枚渡した。

これでなんとか出国はできたが、Tシャツ2枚、つまり7,000円の損害。追い剥ぎにでも遭ったような気分だ。でもまだ出国審査を通過しただけ。次はロシアへの入国審査が待っている。国境を越えるまでに、一体Tシャツ何枚いるんだろう・・・。

既に陽は落ちている。

ロシアへの入国審査場にもかなりの数の車が並んでいる。これは今日中に入国できるのか?と誰もが不安を抱えていた。すると何故か、並んでる車の横を通って一気に列を抜いて審査窓口のすぐ手前まで移動できた。

Tシャツ効果か・・・?

入国審査窓口には今度は女性のロシア軍人。これがまた美人。なんならレディースサイズもありますよ!

しかしTシャツを取られる事も無く、無事入国のスタンプを押されロシア側へ移動。

今度は、車の中の荷物を全て出せ!と。

当然ながら、疚しいものなど積んではいないが楽器や機材も満載だから、面倒臭い事にならなきゃいいが・・・と心配しつつ全て降ろしたところ、別に荷物をチェックするでも無く、今度はもう積んで良し!と。

これなんかのエクササイズですか?

荷物一個一個凄く重いんですけど・・・。

どうやら荷物の隙間に密入国者がいないかのチェックだったようで。そういうアホが多いらしい。

という訳で、大変ストレスフルな状況で、国境を越えるのに要した時間は約4時間。既に夜だが、今から3時間半くらい走ったらクルクスという町があるらしく、そこでスモレンスクまで残り500キロ。つまりちょうど中間地点なので、今夜はそこで逗留しろというプラン。

既にエージェントからクルクスでアパートメントを用意してあると連絡があったらしい。

到着はてっぺんを越えてしまうし、次の日も500キロを移動してからのライブなので、早朝出発だろう。それでも少しでも横になれたらありがたい。もう少しの辛抱。。。

ロシアに入って劇的に変わったのは道路の良さと街灯。さすが先進国。ローラー車がアスファルトをならしてる光景を見て何故か感動したよ。

しかし、その先進国、意外と居心地の悪さをすぐに痛感する事になる。まず、WiFi環境はウクライナより厳しく、LINEが政府の規制により使えない。

写真は国境同様、屋外で撮るなとアンドレイに釘をさされる。ソビエト時代、国防上の理由で軍や政府関連施設は勿論、鉄道や駅、橋、大型商業施設等の外観撮影が一切禁止されていたらしい。実際のところ、現在では法律上お咎めは無い。

ただ、やはりその当時の風習は消えておらず保守派の人間も多い為、トラブルになる可能性があるからやめた方が無難、と。以降、基本メンバーは屋外撮影禁止。スタッフが細心の注意を払って必要な画を抑える事に。

うーん、せっかくの先進国が・・・。しかも今年サッカーワールドカップで世界中から人が集まるのに・・・。

そんな事を考えていると、あと30分程でクルクスの町に着くという辺りでアンドレイの電話がけたたましく鳴った。

・・・嫌な予感が全員の脳裏をよぎる。

こういう予感は当たるんだよなぁ・・・。

車を路肩に止め、アンドレイが呟く。

「今夜の宿はなくなった」

さあ、このあとSABER TIGER一行はどうなるのか!?波乱含みのロシアシリーズ、次回に続く!


■SABER TIGER ライヴ情報

JAPAN DEVASTATION TOUR 2018

2018年6月17日(日)
札幌 Solid
開場 17:00 / 開演 17:30
前売 4,500円 / 当日 5,000円 (Drink代別)

2018年6月23日(土)
代官山 SPACE ODD
開場 17:00 / 開演 17:30
前売 4,500円 / 当日 5,000円 (Drink代別)


SABER TIGER Official Website
http://www.sabertiger.net

SABER TIGER Official Facebook
https://facebook.com/sabertiger.official

SABER TIGER Official Twitter
https://twitter.com/sabertiger_jp

SABET TIGER Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/user/SABERTIGERtube
 
 


  コラムニスト
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年8月12日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第20回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年7月12日更新
人生の宿題その2
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年5月22日更新
Progressive Man 第40話