演奏

lead_HPP_20191206

TEXT:栗林啓 PHOTO:吾妻仁果
CONNECT NOTE
2019.12.06 @初台DOORS
20191206_DoorsHEAD PHONES PRESIDENTの主催イベントとして不定期に開催されている『Connect Note』。Connect Noteの名義では久々の開催となったが、2019年は共演の機会の多かったSOUNDWITCHANZAがヴォーカリストとして最も慕うHIZUMIを擁するJURASSIC JADE、そしてHEAD PHONES PRESIDENTというANZAの待ち望んだ3バンドによる共演となり、奇しくも女性ヴォーカルで個性の異なる3バンドによる競演で、とても興味深いイベントとなった。
 
HEAD PHONES PRESIDENTのイベントではおなじみのDJ狂犬によるDJが、ノリのいい選曲でDOORSのフロアを盛り上げ、既にヘヴィロックの猛者たちを受け入れる準備は万端である。それではディーヴァを擁する個性的なバンドたちの共演となったライブの模様を沢山の写真とともにお届けしよう。

 
border_01
 

SOUNDWITCH

 
CN102CN105
CN101CN103CN104
CN106CN107
 
CN108CN111
CN110CN109CN114
CN112CN113
 
CN115CN118
CN116CN117CN119
CN120CN121
 
CN123CN124
CN122CN125CN126
CN127CN128
 
CN129CN130
CN131CN132CN135
CN133CN134
 
CN136CN138
CN137CN140CN143
CN139CN141
 
CN142CN145
CN144CN146CN149
CN147CN148

ヘヴィロック、インダストリアル、エレクトロニカなど様々な音楽的要素がミックスされた一際異彩な雰囲気を放つSOUNDWITCH。ライブではギターレスの編成ながらサウンドの厚みは全く損なわれておらず、TwinMatsubaiMaidenの激しいステージアクションも相まって怒涛の音の壁となって眼前に迫り来る。ヘヴィでありながらエレクトロでもある特徴的なサウンドだけでなく、独特なヴィジュアルの世界観を演出し、極上のエンターテインメントとして昇華されている。セットの途中にはYukiのドラムソロも取り入れられ、パワフルでキレのあるドラミングは非常に魅力的である。バンドサウンドと同期を巧みな融合と唯一無二の世界観を持つSOUNDWITCHの更なる進化が楽しみである
◆SOUNDWITCH
Twin (Vocal)
Matsubai (Bass)
Maiden (Machine,Guitar,Programming)
Yuki (Drums)
 
◆公式サイト
http://soundwitch.jp/
◆セットリスト
M01. Without
M02. Masquerade
M03. La La Crow
M04. White Shaman (SOFT BALLET COVER)
M05. November’s Despair
M06. MTFKZ -Yuki drums solo-
M07. Tendre Poison
M08. Suzy The Mouth
M09. Voodoo Step
M10. Cat’s Cradle


border_01
 

JURASSIC JADE

 
CN201CN202
CN203CN205CN206
CN204CN207
 
CN208CN209
CN212CN213CN214
CN210CN211
 

CN215CN216
CN217CN212CN213
CN218CN221
 
CN222CN224
CN219CN214CN220
CN226CN227
 
CN229CN230
CN231CN233CN235
CN232CN234
 
CN237CN238
CN236CN240CN241
CN239CN242
 
CN243CN244
CN246CN247CN248
CN245CN249

国産スラッシュメタルの重鎮として君臨し、長きにわたってシーンを牽引してきたJURASSIC JADE。前衛舞踏を思わせるパフォーマンスとHIZUMIの強烈な個性の刺激的なヴォーカルが押し寄せる。「女子三部作へようこそ!」とおどけてみせるHIZUMIのMCもライブの楽しみのひとつである。NOBのギターはカミソリのような切れ味のリフを刻み、HAYAのドラムは激しく重戦車のごときビートを刻む。そしてWATANABEのうねるような強烈に歪んだベースサウンドが、バンドのサウンドを牽引しているのが印象的だ。徹頭徹尾攻撃的なスラッシュサウンドを貫いたライブは、まさにJURASSIC JADEここにありと思わせるものであった。
◆JURASSIC JADE
HIZUMI (Vocal)
NOB (Guitar)
WATANABE (Bass)
HAYA (Drums)
 
◆公式サイト
http://www2.odn.ne.jp/jurassic-jade/
◆セットリスト
M01. ドク・ユメ・スペルマ
M02. The Only Song, The Last Song~天安門上大阻升
M03. この日が来るのを待っていた
M04. Let’s Go, Heroes
M05. 香港庭園
M06. そこから
M07. ベースマンは死なず
M08. 触れてはいけない
M09. Hemiplegia (Japanese Lyrics Ver.)
M10. 恋するアトミックボーイ


border_01
 

DJ狂犬

 
CN001CN002

border_01
 

HEAD PHONES PRESIDENT

 
CN302CN303
CN301CN306CN308
CN304CN305
 
CN307CN309
CN310CN312CN313
CN311CN314
 
CN318CN320
CN315CN317CN319
CN323CN325
 
CN326CN330
CN321CN322CN327
CN331CN332
 
CN333CN334
CN328CN329CN336
CN335CN338
 
CN339CN340
CN337CN342CN343
CN341CN346
 
CN347CN349
CN344CN345CN348
CN350CN351

そして、トリを務めるのはHEAD PHONES PRESIDENT。今までのバンドの演奏に触発されてか、いつのも増して激しい演奏を展開する。ジャムも交えて展開するバンドの演奏は貫禄そのもの。NARUMIBATCHはヘヴィなグルーヴを刻み、その上をHIROの流麗なギターのメロディが駆け巡る。ANZAも時に激しく、そして時にエモーショナルな歌声を聴かせてHEAD PHONES PRESIDENTの世界観を構築していく。ライブではおなじみの選曲に加え、新作『Respawn』からの曲も「Fucking Day」「Echo」「Devil Inside Me」「Until I Die」「For You」と6曲が演奏され、バンドの新たな一面も垣間見ることができた。
◆HEAD PHONES PRESIDENT
Anza (Vocal)
Hiro (Guitar)
Narumi (Bass)
Batch (Drums)
 
◆公式サイト
http://headphonespresident.com/
 
◆セットリスト
M01. Stand In The World
M02. A New World
M03. Fucking Day
M04. Hang Veil
M05. Echo
M06. Devil Inside Me
M07. Until I Die
M08. Waking Life
M09. Live With
M10. Alive
M11. For You
encore
M12. The One To Break


border_01
 

HIZUMIが「女子三部作」と表現した今回のConnect Noteは、女性ヴォーカルを擁するという同じバンド形態を持ちながらも全く個性が異なる3つのバンドの共演となり、非常に興味深いイベントとなった。それぞれが独特の世界観を持ちながらもイベントしてはまとまりがあり、観客はイベント全体を楽しめたであろうと思う。
 
2020年はデビュー20周年のメモリアルイヤーとなるHEAD PHONES PRESIDENT。メモリアルイヤーを記念したイベントも企画しているというHEAD PHONES PRESIDENTの今後の動向からますます目が離せないだろう。
◆関連記事
【レポート】HEAD PHONES PRESIDENT One-man Live
http://www.beeast69.com/report/181371
【連載】新譜るLIFEダイアリー HEAD PHONES PRESIDENT 『RESPAWN』
http://www.beeast69.com/serial/simple/180862
【特集】HEAD PHONES PRESIDENT Live “REALIZE IT”
http://www.beeast69.com/feature/167987
【特集】HEAD PHONES PRESIDENT Live “DEVILIZE IT”
http://www.beeast69.com/feature/167985

 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話