特集

lead_121209

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:桂伸也

女子中高生バンドにとっては頂点の一つとも言える大会、グランプリに輝いたのは―――「SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト vol.3」の決勝大会が開催され、11組のファイナリスト達が熱演を繰り広げた。まずはコンテストの要綱からご紹介しよう。
 

zz■募集部門
・バンド部門 ・ヴォーカリスト部門
 
■応募資格
・全部門共通
女子ヴォーカリスト/女子中学生/女子高校生
(2012年6月1日現在、中学校・高校に在学中の方)
 
・バンド部門
女子ヴォーカリストのバンド
メンバー内に中学生or高校生が一人以上在籍していること
※ヴォーカリスト以外のメンバーに男性が含まれていてもご応募可能です。メンバー数および編成は問いません。
 
・ヴォーカリスト部門
女子中学生もしくは女子高校生のヴォーカリスト
※弾き語り、また2名以上のユニットなど、女子の中学生・高校生であれば、複数メンバーでのご応募も可能です。

 
■応募対象曲
2008年のデビュー・シングル「DOLL」以降に発売したCD作品に収録されているSCANDALのオリジナル楽曲から1曲
※バンド部門、ヴォーカリスト部門ともに同様です。

 
■募集期間
2012年6月1日(金)~8月31日(金)※当日消印有効
 
■審査・選考スケジュール
・一次審査:書類、音源審査(通過者にのみご連絡)
・二次審査:ライブ審査(東京会場――10月7日(日)/大阪会場――10月8日(月・祝))
・最終審査:ライブ審査(12月9日(日) 渋谷AX)

 
中高生限定であることと、SCANDALの楽曲でエントリーするということがこのコンテストの特徴だ。そして参加者にとって何よりもご褒美なのは、勝ち進むと大きなステージでSCANDALメンバーと共演できることだ。今年の決勝ステージは渋谷AX!ファイナリスト達はAXという大きなステージで演奏できるばかりでなく、SCANDALメンバーと共演し、審査もしてもらえるというから、これ以上ない貴重な体験だろう。さらに、グランプリ受賞者は2013年に開催する『バンドやろうよ』vol.4の出場権を獲得。SCANDALと同じステージに立つことができるという。
 
Photo Photo

そして観客もオーディエンス投票を行い、またライブを盛り上げるという形で、コンテストに参加することができる。コンテスト出場者同士も、観客も、皆同じSCANDALファンなので、「戦う」「勝負する」というコンクールのような緊迫感を大きく上回る、愛に溢れた空間がそこにはあるのだ。

3回目の開催となる今回は、過去最多の510組がエントリー!たくさんの応募の中から、ヴォーカリスト2組およびコピーバンド9組の合計11組がファイナリストとしてこの日の舞台にコマを進めた。出場者たちの同級生?と思われる中高生や、いつものSCANDALライブと同様にツアーTシャツに身を包んだファンまで、実に多くの人でにぎわいを見せている客席。
 
Photo Photo Photo Photo

そして午後3時、いよいよ開幕!MCの2人からまずは本日の特別審査員を紹介、ということで、登場したのは、SCANDALの4人だ!まだ何も始まっていないのに大歓声の会場!
 
Photo Photo

さぁいよいよコンテストの始まりだ!エントリーNo.1はKAHORI!お父さんと一緒に作ったという6曲メドレーの打ち込み音源をバックに、熱唱!そして12歳とは思えないパワフルなギターソロを披露!中でも観客や審査員を驚かせたのは、メドレーの中に「ハッピーコレクター」が入っていたこと!2次審査の時点ではまだ音源が一般発売されていなかったが、テレビで流れた音をボイスレコーダーで録音し、耳コピして練習したのだという。
 
Photo Photo

エントリーNo.2は、華帆!このコピバンコンテストは3年連続のエントリーで、今回初のファイナル進出。3度目の正直でつかんだ夢の舞台、華帆は今回唯一のアコースティックギター弾き語りで参戦。一度はあきらめかけたけどこの歌詞に励まされた、という「SCANDAL BABY」をしっとりと披露。本家SCANDALのライブでは激しいロックナンバーだが、大人っぽいウィスパーボイスや、間奏の静かなアコギソロが新鮮!
 
Photo Photo

エントリーNo.3は、Chee Bur!チーズバーガー好きな中学1年生の4人、バンドを結成したのはなんと小学3年のときだという。平均年齢12.5歳のあどけない外見とは対照的に、力強い演奏と4人綺麗にそろえたポーズで圧倒!披露したのは「瞬間センチメンタル」。この瞬間、AXの舞台を自分たちのものにする!
 
Photo Photo

エントリーNo.4は、SASAMI STREET!山形から来た高校3年生4人組だ。このコピバン大会は出場者の衣装の華やかさも見どころの一つだが、彼女たちは舞台映えする真っ白なシャツに花柄のタイツ、そして髪型も?4人そろえて登場!「SCANDALのテーマ」と「少女S」の2曲をパワフルに披露!
 
Photo Photo

エントリーNo.5は、Lechery!岩手から来た高校3年生4人組。こちらはアルバム『SCANDAL SHOW』のジャケットを模した自作の着物スタイルで登場!1stアルバム『BEST★SCANDAL』収録のポップなナンバー「アナタガマワル」を楽しく披露!迫力満点のドラムも印象的。
 
Photo Photo

エントリーNo.6は、CHERISH!東京・八王子出身の高校2年生4人組。「タオルを持ってる人は上にあげて!」ライブでのTOMOMIのMCの一字一句まで完璧にコピーし、会場を沸かせる!演奏したのはもちろん、「DOLL」だ!わずかな時間で、観客と見事なまでの一体感を見せる!
 
Photo Photo

エントリーNo.7は、MY♡PACE!神奈川から来た高校1年生の5人組だ。制服姿の出場者が多い中で、赤と黒を基調にしたアダルトな衣装が印象的。「私たちにしかできないSCANDALを聴いてください」と、「SCANDAL BABY」を緩急つけた演奏で魅せる。
 
Photo Photo

エントリーNo.8は、たんこぶちん。佐賀から来た高校2年生5人組で、前回に続き2年連続のファイナルだ。襟やリストバンドまでこだわったブリティッシュ調の衣装がキュート!キーボードを取り入れた幅広いサウンドで、優勝目指して「BEAUTeen!!」を披露!
 
Photo Photo

エントリーNo.9は、ぱんなこった。!福島から来た高校2年生の5人組。シフォンなどのトップスに黒いレザーのスカートというこだわりの衣装で登場!披露したのは「少女S」。キーボードがアクセントになって心地良く、ツインペダルのドラムが強力に引っ張る!
 
Photo Photo

エントリーNo.10は、DOLL!2年連続の出場でつかんだファイナルのステージ。ドラムは今大会唯一の男子高校生。披露したのは3rdアルバム『BABY ACTION』収録の「アップルたちの伝言」!マニアな選曲で、さらにハードロック調にアレンジし、観客の心をグッとつかむ!
 
Photo Photo

エントリーNo.11は、Crazy Zone!和歌山から来た高校2年生6人組!ロングスカートの制服で統一し、「瞬間センチメンタル」を披露。舞台女優のように激しく動き回り、パワフルに歌い上げるボーカル、そして6人の太いサウンドが印象的!

あっという間に11組の演奏が終了!ライブの定番曲からマニアな逸曲まで、全部SCANDALだから楽しい。そして、審査集計の間、ゲストライブに登場するのは、本日の特別審査員でもある、SCANDAL!コンテストの間は着席での観戦だったが、ここからはオールスタンディングOK!ということでいっそう激しさを増すオーディエンス!さらに、2階席からはつい今しがた闘いを終えたばかりの11組の戦士たちも、一SCANDALファンに戻って、SCANDALへ熱い声援を送る!
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

本家SCANDALも負けていられない!とばかりに、11組の熱演の勢いそのまま、直球ドストレートなロックナンバー「Rock’n Roll」「瞬間センチメンタル」を立て続けに披露!HARUNAは「バンドの絆というか、バンド力が年々高まっていて、うちらもいい刺激を受けている」と緊張から解放された11組をたたえるとともに、客席のファンの中に混ざった出場者の家族へ「お父さんお母さん、娘さんたちがコピーしているバンドはいつもこんな感じでライブやってます」と挨拶。RINAも「この1曲にすごく魂を込めているのが伝わったし、会場の皆さんにも伝わったと思う」と大会を振り返る。
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

さらに、MCではHARUNAから「来年(=2013年)2月6日に、アルバム『ENCORE SHOW』を発売します!」とサプライズ発表!。これまで出してきたシングルCDのカップリング曲やインディーズ時代にやっていた曲をレコーディングした内容になっているという。この発表はきっとSCANDALファンにとって、そして”未来のスキャンダル”になるかもしれない11組のミュージシャンの卵たちにも大きなクリスマスプレゼントになったに違いない。
 
そして、映画『今日、恋をはじめます』のテーマソング「ハッピーコレクター」、「太陽スキャンダラス」、「DOLL」、「SCANDAL BABY」を続けて披露!TOMOMIMAMIがオーディエンスとともにピョンピョン飛び跳ねたり、決勝出場バンドたちが披露した、「4人揃って人差し指を掲げるパフォーマンス」や「ヴォーカルに近づいて顔を覗き込むパフォーマンス」などを”逆コピー”するシーンも4人が見事再現!メンバーからコピーバンドへの溢れるばかりの愛が伝わるステージが展開される。
 
Photo Photo

Photo Photo Photo Photo

Photo Photo

◆セットリスト
M01. Rock’n Roll
M02. 瞬間センチメンタル
M03. ハッピーコレクター

M04. 太陽スキャンダラス
M05. DOLL
M06. SCANDAL BABY

そして、全出場者とSCANDALメンバーが登壇。いよいよ審査結果の発表だ!
 
Photo Photo

Photo Photo

Photo Photo

 

◆グランプリ
DOLL
Photo
◆審査員特別賞
Chee Bur

◇HARUNA賞
七海 (DOLL/Vocal)
◇TOMOMI賞
あやめ (Lechery/Bass)
◇MAMI賞
瑞歩 (Chee bur/Guitar)
◇RINA賞
有希 (MY♡PACE/Drums)

栄えあるグランプリに輝いたのは、DOLL!満面の笑みを浮かべるボーカル・七海が抱えているのは、「HARUNA賞」のSCANDALオリジナル・キャン太ギターだ。そしてドラム・キムは決勝進出者の中で唯一の男子高校生。普段は女子メンバーの尻に敷かれている様子。終演後の進行役とのクロストークでは「女々しいのが気持ち悪い」「みんなの荷物を持たせている」と散々の言われようであったが、グランプリが決まった表彰式のステージでは、泣きじゃくる女子メンバーに代わって「男見せましたよ!」と絶叫。パワフルなドラム裁きと同様に、堂々とした受け答えで会場を沸かせていた。
 
Photo Photo

Photo Photo

そして、出場者たちのパフォーマンスレベルが予想以上に高かったということで、急遽「審査員特別賞」を用意。レザーの衣装で統一し、MAMIに似せた金髪のウィッグ、そして衣装負けしない堂々としたパフォーマンスで会場を沸かせた中学1年生4人組、Chee Burが審査員特別賞に選ばれた。
 
Photo Photo

Photo Photo

グランプリの栄冠に輝いたDOLLは、今春に開催する『バンドやろうよ vol.4』への出場権を獲得。憧れのSCANDALと同じステージに立つ。最後に、「こうやって色んなバンドに会えることを楽しみに、私たちもこれからたくさん曲を作っていっぱいライブをしていきたい。また次に皆さんに会えるのを楽しみにしているから、みんなまだまだ頑張ってね!」とエールを贈ったHARUNA。その言葉は、惜しくもグランプリを逃した出場者、そして予選で敗退してしまったバンドマンたちにとっても、大きな励みになったに違いない。
 

◆スペシャルコレクションアルバム「ENCORE SHOW」
2013年2月6日発売予定
初回生産限定盤:DVD付 ¥3,500(税込)
◆SCANDAL 公式サイト
http://www.scandal-4.com/
 
◆SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト ホームページ
http://www.teena.ne.jp/contests/scandal_copyband/
 
Photo


 
◆関連記事
【特集】JYOJI-ROCK U-22 GRAND PRIX 2012年夏大会
http://www.beeast69.com/feature/40088
【特集】YHMF2012 決戦大会
http://www.beeast69.com/feature/33944
【レポート】第12回高等学校軽音楽コンテスト神奈川県大会決勝
http://www.beeast69.com/report/32542
【レポート】SCANDAL「Queens are trumps -切り札はクイーン-」
http://www.beeast69.com/report/50588


 
 
  コラムニスト
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年8月12日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第20回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年7月12日更新
人生の宿題その2
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年5月22日更新
Progressive Man 第40話