コラム
ビートレポート
中村“MR.MONDO”匠
大阪府出身、1983年2月1日生まれのO型。
1997年に大阪で結成され、今年で20周年目を迎えるTHE NEATBEATSのドラマ―。国内外問わず、年間100本以上のライブ行うロックンロールバンドで、なかでも、国内のグループでは唯一無二と言えるオール・ビンテージ機材で演奏する“生音ライブ・シリーズ「BACK TO CAVERN!」は、ボーカル以外は全て生音、PA無しの音響でセットされ、1960年代初期のビート・バンドの登竜門的会場で知られるリバプール、キャバーン・クラブを想像させる英国パブの様な演奏スタイルを忠実に再現した贅沢な空間。そのこだわりが大反響を呼び、毎回即ソールドアウトのイベントだ。
現在は、結成20周年を記念したツアー『~The Neatbeats 20th Anniversary “Two-Man Special”~「RHYTHM AND BEAT SHOW」』の真最中。4月にはスペイン&ポルトガルツアー、5月にはフランス最大級のロックンロール・フェス「COSMIC TRIP FESTIVEL 2017」への出演が決定している。また、ドラマ―としてのみならず、渋谷OTO「Upliners」をオーガナイズするなど、DJとしても精力的に活動中。

第三回「骨折の話」


私、先日生まれて初めての骨折を経験致しました。

原因はライブ中、張り切ってドラム椅子の上に立ち上がろうと乗っかった瞬間にバランスを崩して落下。
足を着こうとした場所にドラム椅子の足があり、捻る様な感じで強打。
第5中足骨基部骨折。通称、下駄骨折。

通称の由来を調べてみたところ、その昔下駄を履いたまま足をくじいてしまって、鼻緒の外側で小指のつけ根を骨折してしまう人が多かった事から[下駄骨折]という呼び名になったそうです。

まぁ私の場合はチェルシーブーツを履いていましたので、もう少しオシャレにチェルシー骨折と命名したいところ。
いや、チェルシーブーツを履いて下駄骨折をしただけの話か。。。

話を戻しまして…
骨折したタイミングが休日の夜間だった為に救急の病院へ。
専門医ではなかったので、ここでは
[骨折の疑いがある]との診察結果でした。

最悪の場合を想定してシャーレ(ギプスの下半分みたいなヤツ)と包帯で足首を固定します。
そして松葉杖で帰る様に言われたのですが、松葉杖というのは補償金を入れたリースなのですね。

返却しないといけない。そして今いる場所は東京から1200kmほど離れた場所。大きさも割とあるので後日送るにも大変だ。
諦めよう。

「返せないから要りません!とりあえず、ツアーの2~3日間は適当に杖代わりを見つけて生活します!傘とかね!ははは!それじゃ!」
といって、松葉杖を勧めまくりの病院職員に背を向けて出口方向へ向かいます。
が、しかし…

足首を固められた人間というのは、あそこまで歩けないものか。4歩くらい進んだ段階で大後悔。
でも、啖呵を切って背を向けた以上、振り返って「やっぱり松葉杖貸して欲しいかも?えへへ?」などという訳にはいかんのだ。

片足歩行(以下、ケンケン)で何とか待っていてくれた機材車に乗り込みます。
15m程の移動で激しい息切れ。先行きの不安ったらない。
1時間程走行してホテル到着。

車から降りてチェックイン…出来ない。
全く歩けない。痛みで動けない。
何とかケンケンで部屋にイン。

翌日はオフ日。
全く歩けない。激しい痛みと腫れでバスルームへの段差も上がれない。

このままでは本当にマズいと思い、スタッフS氏に連絡。
「何か棒的な物を買って来て欲しい」と。

幸い、近くにホームセンターがあったので、すぐに連絡が入る。
「ありました!」

よし!

3-1

竹だね…。

棒的な物には間違いないが若干細い気がする。大人の男が体重を預けるには不安が残る。

「良い線いってますけど、もう少し探してみて下さい。」と返します。
数分後「これならどうでしょう?」との返信。

3-2

きました!コレです!
私がイメージしていた棒的な物はコレです!
なんか先端が尖ってるけど!何に使う棒だコレは!
すぐさま2本購入して貰うようにお願いします。

しばらくしてホテルの部屋に2本の棒が届けられました。
両手に持てば何も無いよりは歩ける!とりあえず残りの2日間はコレで乗り切ろう。

翌日。

3-3

片足は包帯ぐるぐる巻き。両手に棒。
異様である。

ライブハウスで「お遍路さんですか?」との質問多数。
いいえ。
劇団四季「ライオンキング」のキリン役です。

つづく。


■THE NEATBEATS
Officail Website:http://www.neatbeats.net/
MR.MONDO Twitter:https://twitter.com/Nakamura_Takumi

■THE NEATBEATS Live Information

2017/5/20 (土)@上諏訪ドアーズ/club ROCKHEARTS
※上諏訪ドアーズ主催による各店舗行き来き可能なサーキットライブ
2017/05/21 (日)@本八幡サードステージ
「NEW BEAT EXPRESS」
2017/05/27 (土)@フランス「COSMIC TRIP FESTIVAL 2017」
フランス、ブールジュで開催されるロックンロール・フェス「COSMIC TRIP FESTIVAL 2017」 (5/25-28)にザ・ニートビーツが出演決定!
https://ja-jp.facebook.com/cosmictripfestival
http://www.cosmictripfestival.fr
2017/06/02 (金)@下北沢SHELTER
2017/06/25 (日)@富山SOUL POWER
「夜が踊る夜 第十五夜 五周年企画」
2017/07/01 (土)@町田SDR
「空前絶後の夏 vol.2」
2017/07/19 (水)@下北沢 CLUB Que
“夏ノ陣2017 下北沢CLUB Que 2バンド【VS】シリーズ”

■THE NEATBEATS Release Information

アーチスト : THE NEATBEATS
タイトル : LIKE THE CAVERN LIVE! REEL NO.3 & NO.4
レーベル : MAJESTIC SOUND RECORDS
品番 : MSCD-085/6
形式 : 2枚組CD (限定盤)
発売日 : 2017/3/22(水)
定価 : ¥2,600 (税抜)


(DISC 1)
1. RUN CHICKEN RUN
2. FARMER JOHN
3. YAH YAH YAH
4. 明日が来なけりゃいい
5. YOU CAN’T JUDGE A BOOK BY THE COVER
6. I WANT YOU
7. TWISTIN’ TIME WITH YOU
8. SWEET CHERRY PIE
9. I WANT TO BE YOUR DRIVER
10. YOU’VE GOT WHAT I WANT
11. オレに任せろ
12. TREAT HER RIGHT
13. BLUE BLUE BLUE
14. HEY 彼女
15. (DO THE) GLOBAL TWIST
16. 甘いジュース
17. YOU’RE SO FINE
18. 噂の男
19. DON’T YOU JUST KNOW IT MEDLEY
20. LIES
21. LITTLE BITTY PRETTY ONE
22. 黒いジャンパー
(DISC 2)
1. SHAKIN’ THE NIGHT
2. DR.FEELGOOD
3. ハートをわたそう
4. お願いBABY
5. TWISTIN’ THE NIGHT AWAY
6. HIPPY HIPPY SHAKE
7. HAMBURG TWIST
8. MAMA TALK TO YOUR DAUGHTER
9. MY BONNIE
10. SHAKE
11. I’M GOING DOWN THE LINE
12. TWIST AND SHOUT
13. I’M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY
14. KANSAS CITY
15. ONE FINE DAY
16. MASHED POTATOES
17. I CAN TELL
18. THAT IS ROCK & ROLL
19. TWISTIN’ DAY
20. BABY LET’S GET SHAKE
21. MY BABE (REHEARSAL TAKE)
22. HELLO JOSEPHINE (REHEARSAL TAKE)

 
 
 


  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年5月13日更新
第三回「骨折の話」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年4月8日更新
第13回「HARUMI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年1月20日更新
その5「惑星にて」
高橋浩司
高橋浩司
2017年4月5日更新
第11夜「エネルギー」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話