コラム
ビートレポート
中村“MR.MONDO”匠
大阪府出身、1983年2月1日生まれのO型。
1997年に大阪で結成され、今年で20周年目を迎えるTHE NEATBEATSのドラマ―。国内外問わず、年間100本以上のライブ行うロックンロールバンドで、なかでも、国内のグループでは唯一無二と言えるオール・ビンテージ機材で演奏する“生音ライブ・シリーズ「BACK TO CAVERN!」は、ボーカル以外は全て生音、PA無しの音響でセットされ、1960年代初期のビート・バンドの登竜門的会場で知られるリバプール、キャバーン・クラブを想像させる英国パブの様な演奏スタイルを忠実に再現した贅沢な空間。そのこだわりが大反響を呼び、毎回即ソールドアウトのイベントだ。
現在は、結成20周年を記念したツアー『~The Neatbeats 20th Anniversary “Two-Man Special”~「RHYTHM AND BEAT SHOW」』の真最中。4月にはスペイン&ポルトガルツアー、5月にはフランス最大級のロックンロール・フェス「COSMIC TRIP FESTIVEL 2017」への出演が決定している。また、ドラマ―としてのみならず、渋谷OTO「Upliners」をオーガナイズするなど、DJとしても精力的に活動中。

第四回「骨折の話(2)」


(前回の続き…)

流石に包帯ぐるぐる巻きの劇団四季ライオンキング キリンstyleでステージに登場する訳にはいかない。ここは一発、気合いを入れます!

マーチンの紐をキツく締めたらギプスと同じ事じゃい!
パンクスのギプスはマーチンじゃ!

いつから私がパンクスになったのか分かりませんが、チェルシーブーツは腫れ過ぎて入らないのでギチギチマーチンで挑みます。

不思議なものでステージに上がってしまうと案外演れてしまうもの。入り掃けもライブも、棒的なモノは必要なく行動出来た。

もちろん終わったら激痛な訳ですが、前日よりはマシになった気がする。
やはり捻挫なのではないか?という希望が湧いてきます。

翌日は東京への戻り日。
PAに寄ったりするのですけど、ライオンキングのキリンstyleがPAにいれば目立ちますわね。

何かしらの怪我をしてる人ってのは見て感じられるのでしょうけど、両手に棒では骨折なのか何なのか意味が分からない。よく分からないけど大変そうだなぁ…。皆、そんな顔をしていました。

東京へ戻って翌朝。痛みは激しいが、前日よりはマシになった気がする。
やはり捻挫だったのかもしれない!

よし!とりあえず整形外科へ行こう!
シャーレを外して足を引きずりながらチャリへライドオン!

受付を済ませて診察室へ入ります。
私「いやー!最初の病院では骨折の疑いがあるって事でシャーレ固定してたんですけどね?徐々に痛みはマシになってる気がするんですよ~!折れてなきゃいいなー!」

救急病院で貰った紹介状とレントゲンのCDRを見ながら医師のターンです。

医師「あのさぁー!」
私の心 (ぇ?!)

医師「骨折の疑いがあるとか言ってるけど、これどう見ても完全に折れてるよねぇ?普通こんな隙間無いから!ほら!見てここ!」
私の心 (あれ…なんかめっちゃ怒ってるやん…)

医「固定も甘いから骨がズレちゃってるじゃん!それ何処の病院?専門医な訳?」
私の心(それは多分ライブしたからだと…)

私「いや、その、救急だったので専門医では無いとゴニョゴニョ…」
医師「すぐにギプス固定して!こんなの駄目だよ!」

ちーん、、、である。

なんか知らんが私が怒られたし完全に骨折してるし。ギプス固定の松葉杖生活確定だし。

処置室に入って問題発生。
油断してタイトなパンツ着用で来てしまったのでギプスを付けると脱げなくなってしまう。

「じゃあ中村さん、当院のハーフパンツをお貸ししますので、今日はこれでお帰り下さい。」

といって看護師さんが持って来てくれたのがグレーに金ラメで謎の文字がプリントされた膝丈上のシビれるハーフパンツ。

これも仕方ありません。私が悪い。
ギプスを巻いてダサいハーパンで診察室へ戻ります。

私「先生!私、バンドをやっておりまして!4/12からスペインなんですけど、ギプスで海外に行く訳にいかないので、そこまでにギプスは外したいです!」
医師「あーはーん」

私「それまでもライブが数回あります!その日だけギプスを外して貰う事は出来ないでしょうか?!」
医師「仕事なんでしょ?なら仕方ないから、その日だけ外したいと言われれば外すよ。ただ海外には間に合わなくなる。無理して動かせばくっ付かなくなって手術しないといけなくなる。本当は動かしちゃいけないんだけど、休む気は無い訳でしょ?」

私「ライブはやります!」
医師「なら、せめて海外までのライブはギプスのままだね。あと毎日通院して治りが早くなる様に超音波治療を受ける事。」

私「分かりました!」
1つだけ確認しておきたいのが、以降のライブは自分の意思で演ると決めたという事!

この時もライブを休むという選択肢が一切頭によぎらなかった!

あれだけ苦労して(自業自得ですが)、皆様の多大なるお力添えも頂戴して、当の本人がやらされてる風に見られるなんてアタシャ心外だ!

そんなこんなで、この日は松葉杖の使い方をレクチャーされ帰る事に。
病院職員の方が表の道路に出るまで見守っていてくれた訳ですが、マズい事に気が付いたので

「迎えが来てくれるのでココまでで大丈夫です!ありがとうございました!(ニコリ)」と適当な事を言って振り切ります。

そう、私は呑気にチャリで病院に来てしまったのです。
両手に松葉杖では押して帰るのも無理だ。

一旦帰宅して後から取り来るとしても、その時も両手には松葉杖だ。
数分間、路上で途方に暮れ、ご近所のマイメン菅さま(ex.ドレスコーズ)にお伺いを立てます。

私「菅さま、今何してますか?」
返事は早かった。

菅「家で野球観てます!」
これはアツい!

事情を説明して手をお借りしたい旨を伝えます。
すると、5分もしない内に飛んで来て下さいました。スマホのカメラを掲げながら…。

何処までも心得た御方である。

4-1

※あんまりな写真なので加工してます。

松葉杖にビニール袋2つ。
片方は履いていた靴、もう片方は履いていたボトムスである。

上下の服のバランスがおかしい上に変なハーパンの松葉杖が電話をしている。
意味が分からない。。

菅さまは私の自転車を自宅の前まで運んで下さり、颯爽と去って行かれた。
ここから松葉杖生活の開始です。

これがまぁー不便の何のって!
慣れるまでは何も出来ない!

コンビニも行けない!風呂も入れない!
洗濯も出来ない!

想像を絶する不便さでした。
普通に歩けるってのは凄い事なんだと実感!

何でもない様な事が幸せだったと思った!
これを知ってから今も街中で松葉杖や杖をついていたり足を引きずっている人を見ると

「ぅぉい!大丈夫か?!痛くないか?さぞ不便で大変やろう…あぁ…(涙)」といった気持ちになる。感情移入が半端ない。

とにかく松葉杖を使った移動が最初大変過ぎて一歩一歩心が折れそうになる。何とかしないと…そう考えていた松葉杖生活3日目。

家の中にギグバッグ(背負えるギターケース)がある事に気が付きます。
これは使える…!

試行錯誤の末、松葉杖をギターケースに逆さに刺して背負い、目的地まで自転車で移動するという新感覚の移動方法を開発しました!

片足ギプスのヤツが松葉杖背負って自転車に乗っている訳ですから、街中で盗撮されて「ちょwww」みたいなコメントと共にSNSへ画像投稿される事も懸念しましたが、背に腹は変えられません。

実際、これで随分と気が楽になりました。

ライブもギプスで固めてしまうと、そこまでの痛みもなく演れてしまうものです。
ただし、ルックスはどう考えてもおかしい。

タイトなスーツパンツは入らないので太めの物に変更。
黒いスーツに白いギプスだと目立ってしまうので黒い手拭いで目隠しを施します。

4-2
(画像提供:KING BROTHERS ゾニーさん)

うーむ。。。

4-3
(お力添え:KING BROTHERS ゾニーさん)

何処となくプロレス感。。

つづく。


■THE NEATBEATS
Officail Website:http://www.neatbeats.net/
MR.MONDO Twitter:https://twitter.com/Nakamura_Takumi

■THE NEATBEATS Live Information

2017/06/02 (金)@下北沢SHELTER
2017/06/14 (水)@名古屋 CLUB UPSET
2017/06/15 (木)@十三 FANDANGO
2017/06/23 (金)@新潟 CLUB RIVERST
2017/06/25 (日)@富山SOUL POWER
「夜が踊る夜 第十五夜 五周年企画」
2017/07/01 (土)@町田SDR
「空前絶後の夏 vol.2」
2017/07/08 (土)@長野 J
2017/07/19 (水)@下北沢 CLUB Que
“夏ノ陣2017 下北沢CLUB Que 2バンド【VS】シリーズ”

■THE NEATBEATS Release Information

アーチスト : THE NEATBEATS
タイトル : LIKE THE CAVERN LIVE! REEL NO.3 & NO.4
レーベル : MAJESTIC SOUND RECORDS
品番 : MSCD-085/6
形式 : 2枚組CD (限定盤)
発売日 : 2017/3/22(水)
定価 : ¥2,600 (税抜)


(DISC 1)
1. RUN CHICKEN RUN
2. FARMER JOHN
3. YAH YAH YAH
4. 明日が来なけりゃいい
5. YOU CAN’T JUDGE A BOOK BY THE COVER
6. I WANT YOU
7. TWISTIN’ TIME WITH YOU
8. SWEET CHERRY PIE
9. I WANT TO BE YOUR DRIVER
10. YOU’VE GOT WHAT I WANT
11. オレに任せろ
12. TREAT HER RIGHT
13. BLUE BLUE BLUE
14. HEY 彼女
15. (DO THE) GLOBAL TWIST
16. 甘いジュース
17. YOU’RE SO FINE
18. 噂の男
19. DON’T YOU JUST KNOW IT MEDLEY
20. LIES
21. LITTLE BITTY PRETTY ONE
22. 黒いジャンパー
(DISC 2)
1. SHAKIN’ THE NIGHT
2. DR.FEELGOOD
3. ハートをわたそう
4. お願いBABY
5. TWISTIN’ THE NIGHT AWAY
6. HIPPY HIPPY SHAKE
7. HAMBURG TWIST
8. MAMA TALK TO YOUR DAUGHTER
9. MY BONNIE
10. SHAKE
11. I’M GOING DOWN THE LINE
12. TWIST AND SHOUT
13. I’M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY
14. KANSAS CITY
15. ONE FINE DAY
16. MASHED POTATOES
17. I CAN TELL
18. THAT IS ROCK & ROLL
19. TWISTIN’ DAY
20. BABY LET’S GET SHAKE
21. MY BABE (REHEARSAL TAKE)
22. HELLO JOSEPHINE (REHEARSAL TAKE)

 
 
 


  コラムニスト
The HIGH
2017年11月10日更新
第5回「バンドマン」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年10月15日更新
第八回「一問一答」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年11月18日更新
第17回「HARUMI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
高橋浩司
高橋浩司
2017年10月30日更新
第13夜「最終回」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年12月14日更新
Progressive Man 第39話