演奏

TEXT & PHOTO:鈴木亮介

“今最も勢いのあるガールズバンド”という言葉の通り、躍進を続けるSCANDAL。9月26日にアルバム『Queens are trumps-切り札はクイーン-』をリリースし、現在はホールツアーの真っただ中だが、アルバムリリースの翌日、代々木公園野外ステージで無料のリリース記念特別ライブを行った。
 
今をときめき、多忙を極めるメンバー。それも、入場無料の野外ステージということで、数曲程度の披露にとどまるのではないか…そんな予想を大きく覆す、白熱のステージが展開された!
 
SCANDALメンバー:
HARUNA(Vocal & Guitar)、MAMI(Guitar & Vocal)、TOMOMI(Bass & Vocal)、RINA(Drums & Vocal)

Photo Photo


Photo Photo


午後4時半、まだ早すぎるかなという時間に公園通りの坂を上り、渋公からNHK、AXを越えて、野外ステージへ。あいにくの雨の予報、開演予定時刻の2時間前だというのに、そこには既に熱い思いを抑えきれないファンたちが集まっていた。学校帰りそのままの姿で来たと見られる女子高生や男子大学生の姿が多い。
 
そして、この日はステージ前方に「優先鑑賞エリア」が設けられ、都内一部CD店でのアルバム購入者に整理券が配られた。話を聞くと、都内に限らず、他県からの参戦者も多いようで、中にはMAMITOMOMIによるユニット・どぼんどぼんどのコスプレをしたファンの姿も。そんな集まったファンたちを応援するかのように、西の空はオレンジ色に染まっている!雨にぬれる心配はなさそうだ!
 
Photo Photo


Photo Photo


Photo Photo


いよいよ陽が暮れて冷たい風が吹き始めた午後6時半、トランプをあしらった4者4様のドレスに身を包んだメンバーが登場!RINAの力強いバチさばきで、お祭りが始まった!「代々木楽しんでいこうぜ!」HARUNAの呼びかけに絶叫で応えるオーディエンス。定番の「LOVE SURVIVE」に続いて、「タオル持ってる人は上に上げて、持ってない人は拳を挙げて!」と煽り、2曲目はデビューシングルの「DOLL」。HARUNAの力強いリードボーカルに、TOMOMIのキュートなコーラスが寄り添う。
 
Photo Photo


Photo Photo


Photo Photo


このライブは6社の動画サイトで全世界に生配信されているとのことで、MCではTOMOMIが「画面の中からですけど、最後まで楽しんでいってください!…これ、英語で何て言うの?」とメンバーに尋ねるお茶目な一面も。続けてRINAも集まったファンへの感謝の言葉を語り、「一緒に楽しんで帰ろうな」「きょうはみんなで思いっきり壊れて帰りましょう!OK?」と煽る。
 
Photo Photo


Photo Photo Photo


Photo Photo


ひんやり冷たい風が吹く代々木。「こういう風が吹いた時こそみんなで一緒に汗をかきたいじゃない?」とHARUNAからのお許しも出て、いっそう大きな声で盛り上がるオーディエンス!続いて3曲目は川村結花作詞作曲の「welcome home」。RINAをして「あまりにも特別過ぎた」「居場所を作りたい。信用できる存在に。だから年中ライブするの」と言わしめる、ファンとの絆を確かめられる一曲だ。MAMIのギターの旋律が慕情を誘い、ここ代々木があたかも彼女たちの原点、城天ストリートにいるかのような空気に。
 
Photo Photo


Photo Photo


Photo Photo


間髪いれず4曲目「HARUKAZE」へと続く。ニューアルバムにも収録されているこの曲は今年3月の武道館ライブ前に制作された楽曲だ。結成から5年7ヶ月、ガールズバンド史上最速での日本武道館公演は大きな話題となったが、その後の快進撃を振り返ると、それすらも”過程の一つ”であったと実感させられる。そして、どれだけバンドを取り巻く環境が肥大化しても、「ライブハウスは原点」と語る彼女たちの言葉に嘘はない。そして、5曲目はSCANDALの代名詞の一つである「瞬間センチメンタル」。リズム隊の心地良いビートに乗せて、オーディエンスも全身で音に乗る!
 
Photo Photo


Photo Photo


Photo Photo


ここで「マレーシアでライブすることになりました!」とサプライズ発表。年中ライブしていきます、という意気込みも聞かれたところで、ここからは新曲ラッシュ!和田唱が手がけた「ピンヒールサーファー」はMVでの4人のダンスも話題を集めたが、この日のステージでもやはり、4人は体を小刻みに揺らして踊りつつ、楽器も弾くというSCANDALならではのスタイルで披露。フロント3名の「夢・・夢・・夢!!!」のハーモニーも心地良い。そして、代々木の森にひんやり漂う冷気を吹き飛ばす、「太陽スキャンダラス」!HARUNAもガンガン前に出てギターソロで、手拍子で、「最高以上」に盛り上がるオーディエンスをさらに煽る!そして最後は2009年リリースの「SCANDAL BABY」で、メンバーとオーディエンスが一体となってピョンピョン飛び跳ね、熱気の冷めぬままステージに幕を下ろした。
 
Photo Photo


Photo Photo


Photo Photo


贅沢に8曲が披露され、なおも止まないアンコールの声に応えてメンバー再登場!「続きはツアーで」と言いつつ、インディーズ時代のシングル「スペースレンジャー」を急遽披露!「今しかない 飛び出すんだ」…SFチックな世界観をテーマにしつつ、これから羽ばたいていくぞという決意表明にも取れるこの曲が、ここ代々木でこの日に披露された意義は大きい。やはりライブが原点。そして、ここからホールツアーへ、そして来春の大阪城ワンマンへ、次のステージに向けてまた走っていくぞという気迫が感じられる、白熱の60分間であった。
 
このアルバム『Queens are trumps-切り札はクイーン-』で、SCANDALはチャートで1stアルバムから4作連続TOP5入りという、ガールズバンド史上初の記録を達成した。さらに、2011年リリースの「サティスファクション」がWindows 8のCMソングに決定!日本人アーティストとしては初となる快挙だ。秋ホールツアーの日程も残りわずか。彼女たちの輝く”今”が、見逃せない!!
 
Photo Photo


Photo Photo 


Photo

 

◆セットリスト
M01. LOVE SURVIVE
M02. DOLL
M03. Welcome home
M04. HARUKAZE
M05. 瞬間センチメンタル
M06. ピンヒールサーファー
M07. 太陽スキャンダル
M08. SCANDAL BABY
-encore-
M09. スペースレンジャー
◆SCANDAL 公式サイト
http://www.scandal-4.com/
 
◆インフォメーション
秋ホールツアー
「Queens are trumps-切り札はクイーン-」

・2012年11月16日(金)【札幌】Zepp Sapporo
・2012年11月18日(日)【仙台】イズミティ21
・2012年11月20日(火)【新潟】市民芸術文化会館
・2012年11月22日(木)【中野】サンプラザ
 
大阪城ホールワンマンライブ
・2013年03月03日(日)【大阪】大阪城ホール
問い合わせ:サウンドクリエーター(TEL:06-6357-4400)


◆関連記事
【特集】ROCK ATTENTION 16 ~SCANDAL~
http://www.beeast69.com/feature/29978
【特集】rock girly parfait ねごと(part1)
http://www.beeast69.com/feature/43537
【特集】Editor’s Note…PASSION Mind3(桂伸也) 女性達の輝く場所 ~ガールズ・シーンの新たな拠点~
http://www.beeast69.com/feature/41500


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話