演奏

lead_hpp1023

TEXT:栗林啓 PHOTO:野原昭子
HEAD PHONES PRESIDENT 20th Anniversary Show
2020.10.23@初台DOORS

HPP0772020年はHEAD PHONES PRESIDENTにとってはデビュー20周年となる記念の年であったが、多くのバンドと同様に新型コロナウィルスの影響によりバンドの活動の制限を余儀なくされた。春以降に予定されていたライブやイベントは中止や延期が相次ぎ、また予定されてたアニバーサリーイベントも諦めざるを得なかったと聞く。
 
ウィルスの感染状況が落ち着きを見せた秋以降HEAD PHONES PRESIDENTはライブ活動を始動させ、9月には仙台MACANAでの『SOUND OF DEATH』、10月には川崎CLUB CITTA’での『METALLIZATION2』に出演。そして、待ちに待った10月23日の20周年のアニバーサリーライブは、観客の人数制限や間隔の確保など十分な感染対策が行われた上で無事に開催された。また、当日はライブの生配信も行われ、ライブに来られないファンへ向けてのコロナ禍に対応した配慮もなされていた。メンバーにとってもファンにとっても待ちわびたライブであり、バンドの20年の歴史を紡ぐような選曲で構成されたことも相まって、忘れられないスペシャル時間となったことだろう。

 
HPP006HPP002
HPP003HPP004HPP005
HPP008HPP007
 
HPP009HPP010
HPP012HPP011HPP016
HPP013HPP014
 
HPP019HPP020
HPP015HPP022HPP017
HPP018HPP021

オープニングには、20周年について語るメンバーのインタビュー動画が流された。そこではバンドのサウンドのこだわりや21年目の目標などについて、リハーサルの映像とともに語られていた。幻想的なSEが流れ、白いドレスに身を包んだANZAが現れる。1曲目は1stシングルの「Escapism」。続けて3rdシングルの「Corroded」、1stアルバム『id』の収録曲「Life Is Not Fair」が演奏され、バンドの歴史を紡いでいくように初期のナンバーが続く。激しいだけでなく重みと奥行きを感じさせるサウンドは、20年の間に培ったバンドの表現力の深みが増したことを物語っている。現在の4人編成による新しい解釈でアレンジされた「Chain」、「Labyrinth」「I Will Stay」、「Light To Die」と5人編成時代の曲が続く。

HPP026HPP024HPP025
HPP028HPP029
HPP023HPP027HPP031
 
HPP030HPP034
HPP032HPP033HPP036
HPP035HPP041
 
HPP045HPP043
HPP037HPP038HPP039
HPP042HPP044
 
HPP046HPP048
HPP047HPP040HPP051
HPP050HPP049
 
HPP054HPP055
HPP052HPP056HPP053
HPP058HPP059
 
HPP057HPP062HPP063
HPP060HPP061
HPP064HPP065HPP066
 
HPP067HPP068HPP069
HPP070HPP072
HPP071HPP073HPP074
 
HPP075HPP076

楽器隊のセッションを挟み、黒のドレスのANZAが登場すると演奏されたのは「Stand In The Worid」。Head Phones Presidentにとっては、エポックメイキングとなった曲である。ANZAは、この20周年ライブに対しての想い、そしてファンへの感謝を語る。「Waking Life」、「Faraway」、ライブではお馴染みの5人編成時の名曲「Hang Vail」を挟み、「Rainy Stars」、「The ONE TO BREAK」、「A New World」と4人編成時代の曲が続く。バンドは激しく躍動し、歴史を紡ぎ続ける。「Life With」では叙情的に、「Alive」では情熱的にとバンドの表現力の高さを見せつける。そして「Fucking Day」、「Echo」、「Until I Die」、そして最後の曲は「For You」と『Respawn』からの選曲でラストを飾った。
 
コロナ禍で十分な活動ができない中、無事アニバーサリーライブをやり遂げたHEAD PHONES PRESIDENT。制約された環境でライブを鑑賞せざるをえないファンに向けてもANZAは終始気遣いを見せていた。ファンとのつながりを大切にしてきたバンドらしく、最後の曲の「For You」にはこの予期せぬ厳しい時代を乗り越えられるよう、バンドのメンバーからの温かいエールのメッセージが込められていたように感じた。

◆HEAD PHONES PRESIDENT
ANZA (Vocal)
HIRO (Guitar)
NARUMI (Bass)
BATCH (Drums)
◆Official Website
http://headphonespresident.com/
HPP001
◆Set List
SE
M01. Escapism
M02. Corroded
M03. Life Is Not Fair
M04. Chain
M05. Labyrinth
M06. I Will Stay
M07. Light To Die
Session
M08. Stand In The World
M09. Waking Life
M10. Faraway
M11. Hang Veil
M12. Rainy Stars
M13. The One To Break
M14. A New World
Session
M15. Life With
M16. Alive
M17. Fucking Day
M18. Echo
M19. Until I Die
M20. For You


border_01
 

◆HEAD PHONES PRESIDENT / RESPAWN
1. Until I Die
2. Fucking Day
3. I’m Not You
4. For You
5. Devil Inside Me
6. Respawn
7. Echo
8. Life Goes On
 
発売日:2019年7月24日
価 格:¥2,500+税
発売元:RADTONE MUSIC
販売元:株式会社FABTONE
HPP001

 


 

◆関連記事
【レポート】CONNECT NOTE
http://www.beeast69.com/report/182674
【レポート】HEAD PHONES PRESIDENT One-man Live
http://www.beeast69.com/report/181371
【連載】新譜るLIFEダイアリー HEAD PHONES PRESIDENT 『RESPAWN』
http://www.beeast69.com/serial/simple/180862


 
 
  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年5月5日更新
第5回「王子様とは」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話