特集

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:ヨコマキミヨ

今波に乗るガールズロックバンドにスポットを当てる新しい特集「rock girly parfait」。記念すべき第1弾は、11月より4ヶ月連続リリース、自身初の東名阪ホールツアー、「育つアー写」などユニークなプロモーション「negoto3 project」…と新たなステージに果敢に挑む、ねごとを大特集!リリースに合わせてBEEASTも4ヶ月連続ねごとメンバーの対談をお届けしたい。
 

ねごと
メンバーは蒼山幸子(Vocal & Keyboard)、沙田瑞紀(Guitar)、藤咲佑(Bass)、澤村小夜子(Drums)の4名。全員平成生まれからなるオルタナティブでファンタジックなガールズ4ピースロックバンド。ライブを軸に活動する中、2010年9月に初音源となる『Hello!”Z”』をリリース。新人としては異例の全国FM & AM40局以上でのパワープレイ、ラジオオンエアチャートで月間1位を獲得。また2011年リリースの1stシングル「カロン」がau「LISMO!」のCMソングに大抜擢。2011年にリリースした1stフルアルバム『ex Negoto』はオリコンTOP10入りを果たし、各地フェスを圧巻。この秋、その勢いを止めることなく、活動史上初の4ヶ月連続リリースに挑戦。11月7日を皮切りに、彼女たちの多彩な音楽的側面を惜しげもなく盛り込んだ”3つの顔”を毎月ニューシングルとして先行リリース。そして、それに続く最終作は待望の2ndアルバム!2010年の初リリースから2年、学業と両立をさせながらも着実にその歩みを進めてきた彼女たち。12月にはあわせて東名阪初のホールツアーも決定!来春に全員の大学卒業を目前に控え、いよいよフルスロットルで動き出す!


対談は毎月替わりで2人のメンバーが登場。今回はボーカルの蒼山幸子(あおやまさちこ)と、ドラムの澤村小夜子(さわむらさやこ)の2人に、12月5日リリースの『greatwall』について聞いた。そしてねごとの歴史を振り返るシリーズは前回の続き、大学入学後から自主企画ライブの開催、そしてCDデビューまでを振り返る。
 
≫part1(沙田瑞紀×藤咲佑)の記事はこちら
 

再始動後、まずは山中湖に曲作り合宿へ

 

前回の対談では結成から閃光ライオットの入賞、そして高校卒業までのお話を伺いました。今回はその続きから伺いたいと思います。大学受験のためしばらく活動を休止したということですが、最初に4人が集まって音楽をやり始めたのはいつ頃ですか?

 
蒼山:えっと…大学に入ってから、だよね?
 
澤村:そうだね。大学に入学して少ししてから、ですね。
 

— 集まろうというのは誰から呼びかけたのですか?

 
蒼山:大学に入ったら活動しようと決めていたので、特に誰からというよりは、自然と集まった感じですね。あとは、その頃にki/oonに所属しないかというお話をいただいて、一回メンバーで集まって「大学いっぱい、やってみよう」と決めて始めました。
 
澤村:しばらくは大学生活に慣れたいというのもあったので。5月~6月くらいにスタジオに集まって、「じゃあ懐かしいコピー曲やろうか?」って。
 
蒼山:私が夏に短期で留学をすることになっていたので、9月から始動しようと決めたんです。でも、6月頃に豚インフルエンザがはやって行けなくなってしまって…その代わりに夏は色んな所に行ったよね。夏合宿も…あれは、山中湖?
 
澤村:山中湖だったかな。
 
蒼山:曲作り合宿に行って、3日で7曲ぐらい作って。9月から本格的にライブをやるまでは、ずっと曲作りばかりしてましたね。
 

— 山中湖合宿はどんなことが印象に残っていますか?

 
蒼山:山中湖を訪れたのは初めてで、楽しかったです!
 
澤村:ひんやりしてたね。お風呂が大変だった!1個しかないお風呂に順番で入って…みんな眠いのに順番を待ってる、みたいな。
 
蒼山:ロッジみたいな、一軒家の所で、2階は寝るスペースがあって、1階に機材が置いてある状態で、結構夜遅くまで曲を作って、ちょっと寝て、また朝起きてやる、っていう…
 

— 一日中曲作りしていたんですね!

 
澤村:休憩時間も曲作り(笑)
 

— すごい!貪欲というか、受験で休んでいた間に溜まっていたものを全部出した!っていう感じですね。

 
澤村:その頃はストイックに曲作りをしなきゃ!という感じではなく、ただ単に自分たちが楽しくてやっていたという感じですね。「ランデブー」とか「季節」とか「drop」とかはその時にできた曲です。
 
蒼山:高校時代と比べると、どんどん色んな曲ができてきて、「激しい曲を作ったら、今度はきれいな曲を作ってみようか」とか、そういう風に曲のレパートリーが増えるのがすごく嬉しくて、楽しかったですね。
 
澤村:ひたすら曲作りが楽しくて、他のことは全然しなかったね。
 
蒼山:そうだね。曲作り以外は…あ、最終日にバーベキューしたね!お疲れさま!って。
 
澤村:運動部の合宿みたい(笑)
 
蒼山:それから、その年の7月に閃光ライオットのファイナリストのバンドに呼ばれて、大阪でライブをしました。夜行バスに乗って初めての大阪に行って。ちょっと早く着いて、銭湯に入って、それから大阪観光をして…(笑)
 

— 久々のライブはどうでしたか?

 
蒼山:新曲をやったんだよね。
 
澤村:やった!「インスト(インストゥメンタル=『ex Negoto』収録)」とか、当時出していない曲もやったし。
 
蒼山:大阪というか離れた地方でライブをすること自体が初めてだったのですが、大阪の同世代の子たちってすごく盛り上がってくれるというか…観たのが初めてでもMC中に声をかけてくれたり、歓迎してくれているのが伝わってきて、「地方でライブやるのって楽しいなぁ」って実感しました。
 

閃光ライオットで見た景色が忘れられなくて

 

— 高校生のバンドが大学に入ると、個々の学校生活やバイトが忙しくて集まれなくなったり、自然消滅してしまったり…という話をよく聞きます。皆さんの場合はそういう「解散の危機」みたいなものはありませんでしたか?

 
澤村:そうですね…大学4年間はとにかく一生懸命ねごとの活動をやってみよう、というのが大学に入る頃の私たちの気持ちだったので、大学は4人場所もバラバラでしたが、その中でみんなが集まれるスタジオを決めて、練習して…とやってましたね。
 
蒼山:大学の授業後に、3時間くらい新宿や池袋などのスタジオを予約して。都内のスタジオが混んでいて取れなかったらちょっと遠い所まで行かなきゃ、って。楽器も重いのを学校まで持って行って…肩が凝りましたね(笑)
 
澤村:この4年間はずっと大学の授業とバンドが中心の生活でした。続けることができたのは…なぜだろう?
 
蒼山:色々あるけど、やっぱり閃光ライオットで見た景色が忘れられない、というのがあると思いますね。もう一回見られるなら見たいなっていう気持ちとか…大変だけど、やっぱり音楽をやっている時が一番楽しいし、やっている自分も好きだし、というのが続けられた理由だと思います。
 

— なるほど。そして、9月から本格的に活動を始めるわけですが…

 
蒼山:9月から本格的に活動するようになり、当初は月5本くらいライブに出ていました。高校時代はほとんど地元でしかライブをやっていなかったので、都内のライブハウスに出るようになったのは大学に入ってからです。どこに行っても初めての対バンで、自分たちのことを知らない人ばかりだし…という所から始まって、フライヤーも手書きで作って物販スペースに置いて、物販が終わったらアンケートを配って「どの曲が好きですか?」と聞いてみたり…一からやってましたね。
 

— 最初の頃は苦労もあったのではないかと思います。

 
蒼山:そうですね…苦労…その時は楽しかったので、何をするにも。
 
澤村:そうだね!
 
蒼山:なので苦労と思ったことはなかったですね。それから、自主企画を自分たちでやろうということになって、最初は下北沢のGARAGEだったのですが、ライブハウスに電話したり、フライヤーを置かせてください!ってご挨拶に行ったり、対バンはどんな人がいいかなと情報収集したり…
 

— 2010年2月から始まる「お口ポカーンフェス?!」ですね。

 
澤村:自分たちが好きなバンドを呼んで一緒にやって、都内でも仲の良いバンドを作りたいし、それを続けて行ったらバンド仲間が増えて楽しそう!と思ったのがきっかけですね。本当に一から手作りで始めました。
 

— タイトルがユニークですが、誰の案ですか?

 
澤村:私が…みんなで色々と案を出し合って、ね。
 
蒼山:その中から小夜子がつけたやつを選んで(笑)
 
澤村:最初はねごと(というバンド名)は寝てるから、「よだれが垂れる」っていうイメージがあったので、「よだれじゅるじゅるナイト」とか「夢の中に行っちゃいナイト」とか色々考えたんですが(笑)、そういう感じの、人がびっくりするような言葉がないかなぁって探していきました。「お口ポカーン」っていう…「お口ポカーン」させてあげたい、っていうイベントにしたいと思って。   ※↑デビュー当時のアー写
 
蒼山:対バンとかもそうかもしれないし、ライブを見てびっくりしてほしいという思いもあるし。
 
澤村:パジャマを着て出たこともあるし、変な軍団に変装して出たこともあるし…そういう「びっくりさせたい」という願いがこめられたタイトルですね。
 
蒼山:最初は全然お客さんがいなかったけど、だんだんいつも来てくれるような人や物販で話しかけてきてくれる人が増えてきて…
 
澤村:「CD売ってないの?」ってね。
 
蒼山:初めての自主企画の時、当日にソールドアウトになって、「東京でこんなに人が来てくれるようになったんだなぁ」っていうのは嬉しかったし、やってきていることがちゃんと積み上がってるのかなって思いました。
 

言葉のシンプルさと色彩感を大切に

 

— その後2010年9月に初音源となるミニアルバム『Hello! “Z”』(ハローズ)をリリースするわけですが、このアルバム制作の経緯を改めて教えてください。

 
蒼山:アルバムの曲自体は大学1年の夏までの期間に原型はできていて、プラス、2010年の3月にもう一回合宿に行ったんですよ。その時はいしわたり淳治さん(ex:SUPERCAR)と一緒に行って、『Hello! “Z”』の制作を一緒にしていました。いしわたりさんは、ねごとが元々SUPERCARをコピーしていたこともあり、縁あって一緒に楽曲制作ができることになりました。すごくいいものを作っている方だというのは知っていたので、勉強になったらいいなぁと思って…
 

— どんなことが印象に残っていますか?

 
蒼山:もちろんサウンド面に関しても一緒に様々なアイデアを出してくださったのですが、やはり歌詞を書いていらっしゃる方なので…当時ねごとの歌詞の多くは私が書いていたので、歌詞の世界観に対して自分が「いい!」って思っている世界観をもっとより良く、伝えやすく、世の中に出していくというか、色んな人に聴いてもらう上で「もっとこんな伝え方があるんじゃないか」ということをいしわたりさんからすごく教えてもらった気がします。その時の経験が今とても生きていますね。
 

— なるほど。大学に入って最初の1年間を改めて振り返ってみて、その時学んだこと、印象に残ったことなどありますか?

 
澤村:私は高校生の頃は洋楽を聴いていなかったのですが、ある時、(沙田瑞紀だったかいしわたりさんだったか、誰かにOperator Pleaseというオーストラリアのバンドを教えてもらって、聴いたらすごく良くて。「こういう歌にこういうドラムがつく」とか、「曲の構成が分かりやすい」とか、「こういうのがいいバンドなのかも!」と思って、すごく聴き込んでましたね。
 
蒼山:私は大学1年生の時はスピッツにハマってましたね。高校生の時から知ってはいたのですが、たくさん聴いたことはなくて…大学に入って、だんだんと自分が曲を作る上で「(スピッツは)すごいアーティストの方だな」と興味を持つようになって。メロディも綺麗だし歌詞も独特の世界観があって、大人のリズム感が素敵だなと思って、かなり影響を受けた気がします。
 
澤村:詞を書く上で参考にしているものってある?
 
蒼山:私自身詩集がすごく好きなので、詩人さんの本はよく読んでいるかな。谷川俊太郎さんとか銀色夏生さんとか。小説も読みます。吉本ばななさんとか…割と言葉はシンプルで、難しい言葉は使っていないけど普遍的なことを語っている詩人さんが好きです。私も歌詞を書く上であまり難しい言葉を使いたくないなと思っていて。聴いた人が一度聴いただけでわかる言葉を使いたいなと思っていて、その中でバランス感がいいものは大学時代よく読んでいましたね。読んでいて、どこで間を置くか、どこでハッとさせるか…
 

— 先ほど話していた留学も、海外の詩人に興味を持って、というのが動機ですか?

 
蒼山:いえ、留学は単純に英語を喋れるようになったらいいなぁとずっと思っていて、行きたかったんですけど、豚インフルエンザで…(笑)
 
澤村:絵本も好きだよね。あの、黄色いやつ。
 
蒼山:そうだね。レオ・レオニの『あおくんときいろちゃん』とか。言葉づかいや色づかいがシンプルで、でもすごく大事なことを教えてくれる。絵本ってそうですよね。子どもたちに難しい説明をしても分からないけど、絵本を読むだけで蓄積されるものがある。それって究極にすごいものなんじゃないかなと思って、好きですね。
 

— シンプルな原色だけで描いていく水彩画というか…穏やかな世界観が、ねごとの曲も、そういう歌詞が多いですよね。

 
蒼山:ありがとうございます。曲を作る上で言葉のシンプルさと色彩感は意識しています。ねごとの曲はすごくトラック自体に色が見えるな、と思って。先に原型を瑞紀が作るんですけど、その時点ですごく見える景色がたくさんあるので、それを言葉を通してよりいっそう。一つの映画を観ているように感じてもらえたらいいなと思います。
 

— 歌詞に限らず、詩や物語を作ったりもするのですか?

 
蒼山:うーん…小さい頃はやってましたね。小説みたいな。小学校の時、ワープロでホラー小説書いてました(笑)
 
澤村:怖っ!
 
蒼山:「トンネルの中に入ったら手がたくさん出ている」…みたいな。そんな本を書いてましたね。さすがにねごとの歌詞には使えませんが(笑)あと、絵を描くのは今でも好きです。
 
澤村:私も子どもの頃はお話作ってたよ。小学校の頃の日記を読み返したら、「体育館の下にあるパイプ椅子置き場にはろくろ首が出る」とか…
 

— またホラー!!

 
蒼山:ホラー括りだ(笑)
 
澤村:小学校とか幼稚園の頃は好奇心旺盛だったので、色んなことがしたくて、バレエとかお琴とか水泳とか、色々やってました。ドラムは高校生に入って、バンドで最初に組んだメンバー3人のうち2人がギターやりたい子とベースやりたい子だったので、ドラムしか残ってなくて、「じゃあやります!」って始めました。
 
蒼山:小夜子は子どもの頃どんな音楽聴いてたの?
 
澤村:「みんなのうた」に出てくるような曲は好きだったなぁ。あとは、リズム感のいい曲。コニーちゃんの「ジャカジャカジャンケン」とか、ポケモンの歌とか歌ってた!
 

「greatwall」は引き算がしっかりされている、パズルが合わさったような曲

 

— さて、この記事が出る12月5日に発売される「greatwall」について伺います。とても爽快感のある曲で個人的にも好きなのですが、まずは曲の見どころ、聴きどころを教えてください。

 
澤村:ねごとの4人みんなが出来ることが増えてきて、サラっとは聴けるけど全員が難解というか凝ったことをしているので、すごく合わせるのが大変な曲なんです。でも、今の自分たちの気持ちとして「4人で合わせていきたいんだ」という気持ちがとても入っている曲なので、アレンジの部分や、歌詞にも込められた「壁を越えていきたい」という思いを聴いてほしいです。
 
蒼山:4人バラバラのことをしているけど合わさった時に一つになるという、パズルのような曲だと思っています。バランス感。でもものすごくグルーヴがあって、リズム感があって…それを聴いてほしいなと思います。また、この曲は「nameless」から続く曲ですが、前回の「nameless」は爆弾みたいな曲、聴いている人に立ち止まってほしいし、呼びかけたい、問いかけたいという曲だったのですが、「greatwall」はもっと私たちの音楽で壁を越えて、楽しい気持ちだったり一瞬でも明日が見える気持ちだったり、そういういい気持ちになってほしいなと思います。リスナーのみんなと音楽で一つになりたいなっていう気持ちをすごく込めている曲なので、一番は楽しく聴いてもらえればいいなと思います。
 
澤村:この曲は最初に瑞紀がデモを作ったのですが、その時に先月リリースした「nameless」は既に出来上がっていて、3作目・1月に出る曲も出来上がっている状態でした。じゃあ2曲目に何を出そうかってなった時に、瑞紀の作った色んなデモの中で、この「greatwall」が一番輝いていたので、これをブラッシュアップしていきたいとみんなですぐ決めて作っていきました。
 
蒼山:ちょっとおしゃれな感じというか…ギターのカッティングもそうだし、エレピ(電子ピアノ)のコードの感じもそうだし、軽くて。今までのねごとの曲って、みんなで音をバーっと出して音像みたいな感じで仕上げていく曲が多かったんですけど、「greatwall」はそういう意味では引き算がしっかりされているというか、いつもみんながいるわけじゃないんだけどその場その場で鳴っている楽器が違うので展開が面白いかな、と。そのおしゃれ感みたいなものを出していきたいなと思って作っていきました。
 
澤村:MVもすごく面白い作りになっているので、是非観てほしいです!前作の最後のシーンから始まって、ゲームの世界に入っていく感じです。
 
蒼山:「greatwall」は音楽へのきらめきみたいなものを表現していますが、MVもゲームの中で4人の音楽の力で敵を倒すみたいなところが曲の世界観とすごくリンクしていて…でも全く違う世界も描かれているので、そこにも注目してほしいですね。
 

— 聴いていて、ドライブソングのような楽しい感じにも思えました。ちなみに、メンバーでドライブに行くことはありますか?

 
蒼山:私は一応、免許持ってます!あと瑞紀も。メンバー4人だけでドライブに行ったことは、あったかな?
 
澤村:2~3回、一緒に映画を観に行く時に乗せてもらったりとか、幸子の家まで行って、幸子に運転してもらって近場の温泉に行ったりしました。遠くは怖いので(笑)運転は…うまかったですね。ノロノロだったけど(笑)
 
蒼山:安全運転でね(笑)
 

— 旅行と言えば、「卒業旅行」という形で、全国ツアーも発表されましたね。

 
澤村:宇都宮は一回行ったことあるね。
 
蒼山:水戸も…京都も行ったことあります。
 
澤村:あと…高松もやった、仙台やった、盛岡は…
 
蒼山:盛岡は行ったことないんじゃないかな。
 

— 結構行ってますね(笑)その中でも「ここが楽しみだなぁ」っていう所はありますか?

 
蒼山:私はファイナルの沖縄がバンドで行くのは初めてなのですごく楽しみですね!どういう音楽が好きなんだろうっていうか…やっぱり沖縄から出て来られるアーティストの方は沖縄の色があるような気がしていて。海もきれいだし、どんな感じなんだろう?っていうのが楽しみですね。
 
澤村:私は長野が意外と音楽が熱いんじゃないかと思っていて…行ったこともないし。妹が修学旅行で長野に行って「山々がすごかった」って言ってた!あと私はりんごが好きなので、長野のりんごも食べたい!
 
蒼山:そうだね!あと私は沖縄で市場に行ってみたい!豚の顔とか…
 
澤村:あれ、どうやって食べるんだろう?
 

4人が今、恋する相手は?

 

— そして、カップリングの「ながいまばたき」は映画『今日、恋をはじめます』のテーマソングにもなっていますね。映画はもうご覧になりましたか?

 
澤村:全編はまだ見ていないのですが、原作は読みました。恋愛モノなんでね。何と言っても。それにどう「ながいまばたき」が入るのかなって。恋愛の曲ではないので…
 
蒼山:例えば会えなくなってしまった人っていると思うのですが、遠く離れてしまった友達や、大好きだったけど亡くなってしまったおばあちゃんとかおじいちゃんなど…自分にとって大事な人が海の中にいる、っていう風に例えています。大切な人が心の海の中にいつもいるし、思い出せればそれは離れていてもさみしくないというか、人にとって思い出ってすごく灯台みたいにそれが一個あれば幸せな気持ちになれるというか…そういうことを書きたかったのです。映画の中だと実はラストシーンに使っていただいていて、主人公の二人にとって大切な思い出に残るであろう場面なので、そこでこの曲が使われているのはすごく嬉しかったです。映画を見てその人なりに解釈してもらえたら嬉しいです。
 

— 海って創作意欲を湧かせますよね。

 
蒼山:記憶をたどっていく時って、頭の中を泳いでいるみたいな気持ちになりませんか?私はそういう気がして。記憶の海に潜っていくようなイメージで書きました。大事な人…それはもちろん恋人でもいいし、曲を聴く人の好きな人を思い浮かべてもらえればと思います。
 

— メンバー内でそういうガールズトークというか…恋愛話なんてしないんですか?例えば合宿の時とかに…

 
蒼山:うーん(笑)まぁ「どんな人が好きだろうね」みたいな話はしますね(笑)
 
澤村:「こんな人と結婚しそうだね、あなたは」みたいな(笑)
 

— ここまでお話を聴いていると、本当に音楽にどっぷり漬かってきた大学4年間なのかなと思います。まさに音楽に恋する4人、という感じなのですが、敢えて音楽以外のことも聞きたいと思います。映画にちなんで、ズバリ、ねごとの皆さんは今一番、何に恋していますか?

 
澤村:瑞紀は写真がすごい好きだよね。写真集もすごい持ってるし雑誌も買ってるし。
 
蒼山:自分も最近撮ってますねー。一眼レフで。本当にカメラマンみたいに。
 
澤村:藤咲はアクセサリー集めが好きかな。
 
蒼山:そうだね。ピアス集めたりとか。あとお菓子作りが上手で、ツアーファイナルの日にクッキーを作ってくれたり、マネージャーの誕生日にケーキ作ってくれたり!
 
澤村:おいしかったね~あのフルーツタルト!
 

— いいですね(笑)お二人は?

 
澤村:私は運動が好きです。風がない日は庭で弟とバドミントンをやります。
 
蒼山:私はお風呂というか銭湯がすごく好きで。古めの銭湯に行ってゆっくり浸かるのが好きですね。
 

— さてそんな皆さんですが(笑)次の1月にリリースされる第3作について、最後にほんの少し、その内容を教えてください!

 
蒼山:第1弾「nameless」で投下した爆弾がこの第2弾「greatwall」で壁を越えて、リスナーのみんなとの一つの”芽”になればいいなと思っています。それが育った第3作目は、もっと、今とか過去ではなく未来に向けての予感だったり希望だったりを、私たちが花として咲かせることができたらいいなと思います。だんだん歩み寄ってきたものをもっと広げていくというか、大きなものにするようなスケールの大きい曲であってほしいと思います。
 

予告

来月の対談記事も異なる組み合わせでメンバー2人が登場します!さらに、12月6日から始まる「お口ポカーン!!東名阪ワンマンツアー ~SEED with groove~」の模様もレポート記事を掲載予定!お楽しみに!
 



Live broadcast by Ustream
「negoto3 project」発動中!
http://www.negoto.com/negoto3/



 
◆5thシングル『greatwall』
2012年12月5日発売




 
◆4thシングル『nameless』
2012年11月7日発売

 

◆ねごと 公式サイト
http://www.negoto.com/

◆お口ポカーン!!東名阪ワンマンツアー
~SEED with groove~

・2012年12月06日(木)【名古屋】アートピアホール
・2012年12月07日(金)【大 阪】サンケイホールブリーゼ
・2012年12月16日(日)【東 京】TOKYO DOME CITY HALL


◆COUNTDOWN JAPAN 12/13
・2012年12月30日(日)【千 葉】幕張メッセ
http://countdownjapan.jp/1213/
 
◆Livemasters Inc. 1st Anniversary COUNTDOWN “GT2013”
・2012年12月31日(月)【東 京】Zepp DiverCity
http://livemasters.jp

 
◆お口ポカーン!! 卒業旅行は全国ツアー
~GREEN and motion~

全公演:対バンあり(後日発表)
・2013年02月15日(金)【千 葉】LOOK
・2013年02月16日(土)【水 戸】LIGHT HOUSE
・2013年02月17日(日)【宇都宮】HEAVEN’S ROCK VJ-02
・2013年02月23日(土)【神 戸】太陽と虎
・2013年02月24日(日)【京 都】磔磔
・2013年02月28日(木)【浜 松】窓枠
・2013年03月02日(土)【岡 山】IMAGE
・2013年03月03日(日)【出 雲】APOLLO
・2013年03月09日(土)【鹿児島】SR-HALL
・2013年03月10日(日)【熊 本】Django
・2013年03月23日(土)【高 知】X-Pt.
・2013年03月24日(日)【高 松】DIME
・2013年03月30日(土)【仙 台】MA.CA.NA
・2013年03月31日(日)【新 潟】GOLDEN PIGS RED STAGE
・2013年04日06日(土)【盛 岡】CLUB CHANGE WAVE
・2013年04月07日(日)【郡 山】CLUB #9
・2013年04月13日(土)【福 岡】BEAT STATION
・2013年04月14日(日)【広 島】CLUB QUATTRO
・2013年04月19日(金)【富 山】SOUL POWER
・2013年04月20日(土)【金 沢】van van V4
・2013年04月21日(日)【長 野】LIVEHOUSE J
・2013年04月29日(祝)【札 幌】PENNYLANE 24
・2013年05月18日(土)【沖 縄】桜坂セントラル

 
◆関連記事
【特集】rock girly parfait ねごと(part1 沙田瑞紀×藤咲佑)
http://www.beeast69.com/feature/43537
【特集】ROCK ATTENTION 16 ~SCANDAL~
http://www.beeast69.com/feature/29978
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第10弾アーティスト『日本マドンナ』
http://www.beeast69.com/feature/39478


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話