特集

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:三橋コータ

PhotoLAGOONについて、自分はこれまで「母娘で共感できるバンド」(参照:【連載】新譜るLIFEダイアリー LAGOON「Rhapsody In White」、「女性に人気のガールズバンド」(参照:【レポート】Girl’s UP!!! vol.170)という形容をしてきた。と言って男性からの人気も当然あるわけなので、つまるところ「国民的ロックバンド」なのだが、それにしてもなぜ同性からの支持をこれほど多く集めることができるのだろう、とずっと疑問を抱いていた。
 
2008年10月にSCANDALが「制服を着た女子中高生バンド」としてメジャーデビューして以来、2010年代には”ガールズロックバンド”が多数デビューし、それは高校の軽音楽部ブームとも相まって、ライブハウスシーンにも波及した。音楽性やパフォーマンス、売り出し方法は多岐にわたるが、メジャーに対してのカウンターカルチャーになることはなく、サブカルチャーとして、”多様化、細分化された中の一部”にとどまっているのは否めない。そうした状況を尻目に、たくさんのアイドルがメジャーシーンを席巻。結果的に、バンド側がアイドル側に寄せていく、或いはアイドルへの楽曲提供、アイドルライブでの生演奏という関わり方で活路を見出すミュージシャンも増えたが、そうした戦略の結果としてライブハウスに目をやると、男性ファンが圧倒的大多数を占め、ともすればライブステージより終演後の物販の方が盛り上がりを見せている…という状況さえある。
 
そんな2010年代の音楽シーンに彗星のごとく現れたのが、LAGOONだ。華々しいデビュー、アリーナ規模でのライブと話題に事欠かなかったが、その中で着実に10代~20代女性の支持を拡大し、2016年に入るとライブハウスでの定期公演も始めるなど、多岐にわたる活動を展開してきた。「可愛いだけじゃない」、性別を超えて支持を広げるLAGOONの魅力とは? 2016年6月25日(土)に東京・原宿アストロホールにて行われた東名阪ワンマン『LAGOON Presents 「1st LIVE HOUSE TOUR 2016」』の東京公演初日を取材した。
 
LAGOON メンバー:
MIORI(Vocal)、AMI(Guitar)、NANA.(Bass)、YUKINO(Keyboard)、yuri(Drums)
 

午後4時半、開場。すし詰め状態のフロアを見渡すと、「原宿に買い物に来た」といういで立ちの女子が多く見られる。中にはヒールの観客もいるが、フロアの後方に陣取っているのでまぁ大丈夫だろう。
 
午後5時、暗転と同時に手拍子が起きる。大歓声の中、NANA.(Bass)、yuri(Drums)、AMI(Guitar)、YUKINO(Keyboard)、そしてMIORI(Vocal)の順にメンバー登場。涼しげな衣装だ。セッティングも早々に、ドラムが4カウント。快走するギター。1曲目は「サヨナラ」。2016年6月発売の新譜『僕たちの毎日が永遠になる。』収録曲だ。躍動感あふれるピアノ。MIORIはお立ち台に上り、波打つフロアに両手を広げて笑顔を振りまき、歌い上げる。その様はビーナスのようだ。
 
軽快な手拍子に乗せて、2曲目「KNOCKED-OUT BOY」へと続く。高橋久美子(ex.チャットモンチー)とMIORIが歌詞を共作した、パンチのある楽曲。NANA.がフロアを煽ると、MIORIはお立ち台に腰かけて歌う。その佇まいはミュージカルを観るようだ。「すごくすごくすごく会いたかった、トーキョー!」会場の熱気をさらに高めつつ3曲目、アダルトなダンスロックナンバー「プラチナのシークレット」へ。AMIのカッティング、そしてyuriの刻む音がライブではいっそうクールに聴こえて楽しい。そうしたクールな音に乗せて、MIORIは一点を見つめながら…なのに全方向の観客を掌握し、全身で、全員を魅了する。これほどの表現力を持ったボーカリストは国内には稀有だと思う。
 
4曲目「Red eye~1人の時間が教えてくれたこと~」ではYUKINOの鍵盤が冴える。マイクスタンドを持ち、クールに歌うMIORI。この曲ではボーカルにスポットを当てすぎず、ハードな演奏を前面に出し、”ボーカルも楽器の一部”という印象だ。いわゆる「オケ歌唱」の「ボーカリスト」のポップなライブとは対極の空間。女優・瀧本美織が歌ってるキュートな女の子バンドでしょ、くらいの予備知識で初参戦した観客は、これには度肝を抜かれたことだろう。

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

「終わるのが早い!」という発言がMCでは連発される。メンバー自身が誰よりもこの空間を楽しんでいる証拠だ。「一瞬一瞬を楽しんでいければ」というMIORIのコメントは、演者から客席に一方的に楽しさを与えるというものでもなく、自分たちが内輪受けで盛り上がるというものでもなく、観客も演者も一つになって一緒に楽しい空間を作っていこうという意思表明だ。その言葉が共感を呼び、大歓声へと変わる。
 
イントロ、軽快なドラムにつられて手拍子が自然発生。5曲目はミドルテンポの「One More Love」。落ち着いた一体感がある。冒頭4曲のハードなステージとは打って変わって、MIORIはじめ5人の佇まいには親近感を覚える。6曲目「僕たちの毎日が永遠になる。」はセンチメントなメロディから演奏スタート。こうした聴かせる曲では観客も真剣にステージと向き合い、音楽に没入する。そうした観客の姿勢に応えるように、LAGOONも一つ一つの曲の間をしっかり取り、呼吸を整えて次の曲へと進んでいく。
 
7曲目「DAWN」ではMIORIの語り、8曲目「my home~心が帰る場所~」ではお洒落なキーボードと、ここまで8曲の間に、実に多様な側面を見せる。yuriのシンバルなど、丁度ここでこの音が来ると気持ち良い!という絶妙なタイミングで、音が来るのも良い。
 
そのyuriによるドラムソロ披露!パワフルに、情熱的に轟かせ、観客を沸き立たせると、最後は可愛らしく「シーッ!」と制して、MCに。「新曲を作ってきました」「はい、皆さんも一緒に!」と、メンバー紹介を兼ねた「Welcome to The Club LAGOON」を披露。観客は音に合わせて体を揺らす。

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

ジャジーなイントロ。続く10曲目「Upside-down,Inside-out」では衣装替えしたMIORIが華麗にダンス。YUKINOの高音のピアノも踊り跳ねる。11曲目「Perfect Rain」ではフロントのAMINANA.が艶やかに演奏する。この二人の存在感が、ライブにパワーとメリハリを与え、観客を引き付けている。終盤、ベースソロ、キーボードソロ、ギターソロとそれぞれに歓声が起き、MIORIはキレのあるダンスを披露。ボルテージは上昇しっぱなしだ。
 
3度目のMCでは、YUKINOMIORIに名前を呼ばれて「みーちゃんが絡んでくれた!最近絡んでくれないの」とおどけたり、そのYUKINOに代わって最近メンバーから寵愛されているというAMIが、本番前に楽屋でやっているというコンブとワカメの真似をステージ上で披露したりと、一気に和やかな空気に。オフステージの様子そのままの、等身大の、LAGOON。ライブが圧倒的だからこその、オフステージの親近感。20代女子からの共感、あるいは10代女子からの憧憬を集める理由がここにある。
 
とは言えMCはダラダラと間延びすることがなく、「落ち着くためにバラードを歌っていいですか?」とMIORI。ここまで1時間近く、MCがほとんどなく、例えば曲中に「ここで手を振って!」みたいな煽りが一切なく、ひたすら音とパフォーマンスで魅せるという、非常に硬派なステージが展開されている。LAGOONはポップであり、ロックなバンドなのだなと改めて思う。むしろ、「盛り上げる」に比重を置きすぎた体育会系なロックバンドより、よっぽどロックだと思う。
 
そしてLAGOONの魅力は楽曲の秀逸さ。12曲目「Rhapsody In White」は岸谷香(ex.プリンセス プリンセス)によるウィンターバラード。季節を超えて、世代も超えて、うっとり聴き入ることができる珠玉のバラードナンバーだ。MIORIの表情に注目すると、「バラードだから悲しい顔」という定式的なものでなく、基本は笑顔で、そして一人一人の観客にそっと贈り物を手渡すような、優しさに包まれた表情をしている。声ももちろんだが表情や仕草、ちょっとした手の動き一つとっても、曲ごとに全て、その曲の世界観そのままに、曲で描かれている人物、心情になりきっている。
 
続く13曲目「Dear friend」もバラードバージョンとして披露。YUKINOの落ち着いたピアノとNANA.の優しいベースをメインにした演奏。隣に寄り添い、耳元で歌ってくれているように歌うMIORI。フロアの後方から見ていてもそれを感じるのだから、LAGnny(=LAGOONファンの呼称)たちがこぞってステージ最前を陣取りたくなるのもうなずける。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

「みんなが優しい目で見てくれていて、私もすごく優しい気持ちで歌うことができました」とMIORI。どこからともなく女の子の歓声があがると、それに反応したMIORIが、「ありがとう。宝物だね!みんなが宝物です!」と返す。
 
「宝物だね」というつぶやきに鳥肌が立った。プロの舞台である以上、練りに練られた脚本があったり地道な練習の積み重ねが背景にあったりするのが当然で、「計算されたステージング、予定通りのパフォーマンス」というのは決して悪いことではない。でも、そうした”予定通り”の基礎の隙間に一瞬垣間見えるアドリブ、本音、時にアクシデントが、最高の舞台を演出するスパイスになる。この「宝物だね」というMIORIの言葉は、おそらく予定にない、思わず発してしまった彼女の本音だろう。(と、こうして後日レポを書いていると目頭が熱くなってくる。)
 
「大切な人がたくさん関わってくれた作品」と、ニューアルバム『僕たちの毎日が永遠になる。』に触れ、その収録曲を終盤は立て続けに披露。14曲目「あの日の青空、君と。」ではハードなギターコードに合わせてフロアではタオルが旋回、乱舞!15曲目「Are You Ready?」もゴリゴリなサウンドが響き渡る。16曲目「Shout it out!!」は、初期のLAGOONを代表するような、欧米の学園ドラマのような世界観に、ポンポンを持って振り付けをするポップでキュートなステージングが印象的だったが、この日のステージではアレンジがいっそうロックにパワーアップ!音で勝負、を徹底した。結成当初から応援するLAGnnyたちも、この進化、成長を嬉しく思っていることだろう。
 
唐突にポンポンをフロアに投げ渡したMIORI。そんな飾らないキャラクターに笑顔がほころぶ…間もなく、17曲目「二人がほしかったもの」へ。BPM最速!と思われるこの楽曲、ドラムの疾走感がたまらない。そこにガンガンうなりまくるギター、スペーシーなサウンドを奏でるキーボード。加速し続けると、いよいよ最後の曲「My little treasure」。観客みなが手を挙げ、一つになってゴールテープを切る。あっという間に18曲駆け抜けた。

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

やまないアンコールの声に応えて、Tシャツ姿に着替えたメンバーが再登場。「アンコールありがとう!」とMIORIが一言だけ告げると、すぐさま演奏に。今宵はとことん、硬派なステージ展開だ。
 
アンコール1曲目は「君の待つ世界」。2014年11月26日にリリースされた、LAGOONのデビューシングルだ。デビューから1年半、結成から含めても1年10カ月、メンバーにとって最初の1年間は、右も左も分からぬままに走りぬいてきた、というのが正直なところではないか。超特急のシンデレラストーリー。息つく間もなく、大舞台へ。それでもメンバーはそれぞれ、激動のスケジュールの中でもちゃんと悩み、ちゃんとぶつかり、ちゃんと成長してきた。それは、この日の原宿アストロホールというキャパでのライブを観れば、一目瞭然だ。笑顔で、距離が近く、それでも不安になることは一切ない確かな演奏力と練られたパフォーマンス。楽曲制作も含め、一流のスタッフがバックアップしている証でもある。
 
楽しさ全開のステージに、観客も我を忘れて楽しんでいるようだ。「君の待つ世界」の演奏が終わってようやく平常心を取り戻したのだろうか、メンバーの名前を呼ぶ掛け声があちらこちらから上がる。そういえばこの掛け声、ステージ本編ではあまりなかったように思う。それはLAGOONのライブ、音楽にグイグイ引き込まれ、没入していたためだろう。
 
「いやー楽しかった。みんなも楽しかった?」「終わるの早いよね。もう1回最初からやろう!」冗談とも本気ともつかないトーンで話すMIORI。最後は音源化が待望されるスタイリッシュなロックナンバー「CHANCE!!」で幕を閉じる。サビでのクラップとコールは、ライブ参加者だけが味わえる特権。あくまで笑顔で、爽快に。一点の曇りもない青空のような、パーフェクトなワンマンライブを収めたLAGOON。この記事の掲載直前の2016年7月15日(金)に、残念ながら解散することが発表された。ただ、「今後のメンバーについては、全員音楽をやめることなく、一人一人が新しい道で音楽を続けていく」とのことなので、5人の新たな門出に期待しつつ、いつかまた5人が同じステージに揃うことを願ってやまない。

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

 

◆セットリスト
M01. サヨナラ
M02. KNOCKED-OUT BOY
M03. プラチナのシークレット
M04. Red eye ~1人の時間が教えてくれたこと~
M05. One More Love
M06. 僕たちの毎日が永遠になる。
M07. DAWN
M08. my home ~心が帰る場所~
M09. Welcome to The Club LAGOON
M10. Upside-down,Inside-out
M11. Perfect Rain
M12. Rhapsody In White
M13. Dear friend~Live Version~
M14. あの日の青空、君と。
M15. Are You Ready?
M16. Shout it out!!
M17. 二人がほしかったもの
M18. My little treasure
-encore-
E01. 君の待つ世界
E02. CHANCE!!
 

◆LAGOON 公式サイト
http://www.lagoon-web.com/
 
◆LAGOON 公式Twitterアカウント
https://twitter.com/lagoon_staff
 
 
◆インフォメーション
LAGOON Presents 「1st LIVE HOUSE TOUR 2016」グッズ WEB通販開始!
http://smooch.jp/category/ARTIST_LAGOON/
 
LAGOON 1st EP
『僕たちの毎日が永遠になる。』

・2016年06月01日(水)発売
SRCL-9077 2,037円(+税)
<収録曲>
M01. 僕たちの毎日が永遠になる。
M02. あの日の青空、君と。
M03. my home ~心が帰る場所~
M04. サヨナラ
M05. Red eye ~1人の時間が教えてくれたこと~

◆関連記事
【レポート】Girl’s UP!!! vol.170
http://www.beeast69.com/report/152371
【連載】新譜るLIFEダイアリー LAGOON 『僕たちの毎日が永遠になる。』
http://www.beeast69.com/serial/simple/152903
【連載】新譜るLIFEダイアリー LAGOON「Rhapsody In White」
http://www.beeast69.com/serial/simple/142703
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.29 『COLORS 2015』
http://www.beeast69.com/feature/134792
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第33弾アーティスト『LAGOON』
http://www.beeast69.com/feature/129662


 
 
  コラムニスト
The HIGH
2017年11月10日更新
第5回「バンドマン」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年10月15日更新
第八回「一問一答」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年11月18日更新
第17回「HARUMI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
高橋浩司
高橋浩司
2017年10月30日更新
第13夜「最終回」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年12月14日更新
Progressive Man 第39話