コラム
シンガーソングライター竹内藍のボヤキ風〜Rock現代考〜
竹内藍
1984年8月21日生まれ、高知県南国市出身。
上京後、爆風スランプ、X.Y.Z.→Aのベーシスト和佐田達彦氏と出会い、和佐田達彦氏プロデュースのもと、これまでにCDアルバムを1枚、CDシングルを3枚、そして今年4月30日に2ndフルアルバム『ワンダーアイランド』をリリース。自身のバンドメンバー(Gt.杉山隆哉、Key.はんだすなお、Ba.和佐田達彦、Ds.そうる透)と共にLIVEを展開しているほか、アコースティック・ギターでの弾き語りLIVEも行っている。
オフィシャルサイト http://takeuchiai.com/

3考目 「ファンタジーとロック」


こんにちは!竹内藍です。

 

なんと、、このロック考。。

第三考にして、、、最終回(!)でございます。

卒業シーズンですからね。
竹内、旅立ちます。

最後まで不慣れなコラムをお許しください・・・。

 

まずは
初めてのコラムデビューをさせてくださったBEEAST編集部の皆様、
そして御覧いただいた皆様ありがとうございました!!

 

先日、どばっと映画を観ました。

なかでも『ウォルトディズニーの約束』、良かったなぁ。

2013年公開だったから、映画館で観た方もいるでしょう。

私はファンタジーが大好きです。

そう言えば、
二考でも出てきた『ビッグフィッシュ』もファンタジーですね。

 

ファンタジー
って大人が言うと一見、

非現実的や、夢物語って言葉が浮かぶ感じもあるけれど
ただやっぱりそれも何だか表面的で、なんとも形容し難いのが“ファンタジー”

だったのですが、

コンプレックスだったりトラウマだったり
隠しきれないのに向き合えないままのもう一人の自分との関係性っていう
実は非常にリアルな部分がキーポイントになっているんだって

この作品から一つ、はっきりと伝えてもらった感じです。

 

自然と、見終わったら心がスッキリしていました。
滞っていた奥の方まで、ほうきで綺麗に掃き出してもらったような気分です。

「チムチム・チェリー」この曲大好き。

映画に直接は出てこない(たぶん・・)のですが
『メリー・ポピンズ』の劇中歌ですね。

 

この『メリー・ポピンズ』の作者が主人公となっています。
主人公のトラヴァースが過去の辛い記憶と対峙しながらも、
作品創りの中で生み出される音楽を通して少しずつ周囲の人達へ心を開いて、
許していくお話です。

自分を解放することが人を受け入れ、許すことに繋がるんだってこと。
そして音楽には、そんな風に自分を縛っていたものから解き放つ力があるってこと。
これは私も日頃からよくよく実感しています。

私のなかで曲作りも、まさにそういった事なのかも知れません。

ただただリアルに綴るだけではなく
メロディやリズムに乗せることが
私にとっての“ファンタジー”に繋がっているとしたら、

やはり、この世界でたっぷりのファンタジー&ROCKを噛みしめていたいです。

 

4月からまたアコースティックツアーが始まります。

先日横浜国際プールで歌わせて頂いた、
空手道MACのテーマソング『つながる未来へ』のCDを持って各地に向かいます。

選手の皆さんはもちろんですが

日々のなかで誰しもが立ち向かうその時、
分かち合いたい人やその想いが何よりのパワーになるんだという事、
そしてまたその気持ちは皆つながっているんだという事を
このテーマソングを作る過程で再認識することが出来ました。

このツアーでひとりでも多くの方につないでいける様に、
全力で歌っていきたいと思います!

 

最後になりましたが、

BEEAST編集部の皆様、そしてコラムを通して竹内を知ってくださった貴方様

誠にありがとうございました!!

 

竹内藍
 


TatsuhikoWasada== プロデューサー和佐田からのロック一言 ==

ここでロックについていろんな事を書けると思ってたのに、3回目にしてラストとは・・・・。
まったくもってポカーンって感じ(笑)

ま、その話しは置いといて・・・。

俺は酒を飲んでる時に音楽の話をするのが好きなんだけど、時には「ロックとは?」みたいな、いかにも酒好きなヤツが議論したくなるような議題で白熱する事がある。
そんなの答えなんて人の数だけ有るわけなのに、明確な答えを求めてやってしまうんだなぁ。
それは思うにロックが不思議なモノだからじゃないかなぁ。
カタチが有るようで無いし、無いようで有るわけだ。
俺はロックにどっぷり浸かってるし、ロックは大好きだけど「ロックって何なの?」と聞かれるとわからない。
まあ、バカはそんな事を考えずに自分が思うロックな音を作り続けてりゃいいんだよってことなのかなこれは!?
はい、そうします・・・。
てなわけで皆の衆、ここでは今回が最後だけど、俺は自分がカッコいいと感じる音はこれからも作り続けるんで聞いてくれよ!
よろしくな!



 

◆竹内藍 インフォメーション

セカンドフルアルバム『ワンダーアイランド』
・2014年04月30日~発売中
<収録曲>
M01. いつかきっと
M02. サイズアウト
M03. あるだけぜんぶ
M04. 眠る食卓
M05. 舞台の果てまで
M06. いちに着いて
M07. ありふれたキセキ
M08. ワンダーアイランド
M09. 正しい夜明
M10. 夕暮れ時の魔法
M11. はじっこはじいて
M12. 水面上のラララ

 

~竹内藍2015上半期アコースティックライブツアー~
・2015年04月04日(土)【名古屋】今池りとるびれっじ
・2015年04月05日(日)【奈 良】新大宮オーシャンブールバード
・2015年04月07日(火)【大 阪】なんばS.O.Ra
・2015年04月08日(水)【高 知】X-pt
・2015年04月10日(金)【徳 島】寅家
・2015年04月11日(土)【香 川】宇多津いつもんとこ
・2015年04月12日(日)【京 都】四条烏丸AKKUN’S
・2015年05月09日(土)【新 潟】SHOW! CASE!
・2015年05月10日(日)【新 潟】西念寺
・2015年05月22日(金)【山 梨】甲府Folk Rock Cafe
・2015年05月23日(土)【名古屋】岩塚Breath
・2015年05月24日(日)【三 重】四日市BAR EAST
・2015年05月26日(火)【大 阪】江坂LIVE&BAR pine firm

 

◆竹内藍 オフィシャルサイト
http://takeuchiai.com/


  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話