コラム
メタル・ギタリストは陽気な裸のギャング達の夢を見るか?
島紀史
日本のHM/HRシーンを牽引するCONCERTO MOONのリーダー兼ギタリスト。4歳からクラシック・ピアノを始め、13歳でリッチー・ブラックモアに衝撃を受けた事により、ギターを手にする。関西で数々のバンド活動を経て、96年にCONCERTO MOONを結成、98年にVAPよりメジャー・デビュー。暗黒時代と言われたジャパニーズ・ヘヴィ・メタル界に彗星のごとく現れたギター・ヒーローとして、ギター・キッズを熱狂させた。00~07年には、CONCERTO MOONと並行して、プロジェクト・バンドDOUBLE-DEALERでも活躍。シンフォニーXらと共に行ったフランス・ツアーや、ストラトヴァリウスやイングヴェイ・マルムスティーンの日本公演でのオープニング・アクトに抜擢される等、海外アーティストとの競演も多数あり、国内外を問わず、高い評価を得ている。

ギャング3


1aまたまたご無沙汰してしまいました。
 
CONCERTO MOONです。
 
 
レコーディングの続きを書くのに、時期的にはツアー突入寸前です。(苦笑)かたじけない!
 
2では、レコーディング話の続きを、またプロレスになぞらえながら書いていきたいと思います。
 
 
 
3さて、ギター録りですが、最も時間が掛かるのはバッキング•ギター録りです。
 
1テイク入れれば終わりではなく、2本同じものを録ってダブルにするんですな。
 
4a前回書いた様に、非常にガッチリしたドラムとベースのリズム•トラックが出来上がっていたので、それにフィットしたバッキングを録っていくのですが、1本で感じの良いテイクではダメなんですな。
 
5a2本でダブルにして、それでリズムとマッチしたテイクを仕上げないといけません。
 
 
これをプロレスに例えるなら、シングルマッチで抜群でも、タッグになった時にダメではいかんという事です。
 
逆に、シングルはダメでも、タッグ屋として抜群というテイクが良いって事です。
 
6aこれはソロのハモリ•パートや、ボーカルのコーラスパートも同じです。
 
勿論、1本で説得力が無いといけないですが、それを2本にした時にさらに説得力が増す物にする訳です。
 
7a理想的なタッグチームで言えば、B•ブロディー&S•ハンセンの超獣コンビ【写真1】、J•鶴田&天龍の鶴龍コンビ【写真2】、ブッチャー&シーク組【写真3】、ドリーとテリーのファンクス【写真4】、マスカラス•ブラザース【写真5】、猪木&馬場のBI砲【写真6】、猪木&坂口組【写真7】、坂口&S•小林組【写真8】等。凄いチームでしょ?
 
8a一人がスターで、パートナーが一枚落ちると思われているコンビでも良いチームは有ります。
 
 
S•ハンセン&T•デビアス組【写真9】、J•鶴田&谷津のオリンピックス【写真10】、長州&A•浜口組【写真11】、B•ブロディー&J•スヌーカ組【写真12】、藤波&木村健吾組【写真13】等々。
 
9a理想はシングルプレイヤーが2人でも機能する様なテイクですな。
 
アルバムは聞いて貰えましたか?
 
なかなかのタッグチームなバッキングやハモリ、コーラスだと思いません?
 
対してソロはわがままなシングルプレイヤーで良いと思ってます。
 
10aあっ、但し、しっかり試合を組み立て、お客さんをヒートさせて、相手(音楽なら曲ですな)を光らせて、しっかり自分が目立つレスラーです。
 
独りよがりなソロでは曲の為になりません。
 
11a無い方がマシ!
ソロが無いのも嫌だし、そういうのは避けないと。
 
歴代NWAチャンプの様なソロが理想です。
レイス【写真14】、フレアー【写真15】。この2人はホント理想的!ゴージャス!
 
12aでも、たまに独りよがりも決めたい欲求が高まりますが、どうも僕には無理なようで。(苦笑)
 
前田日明の強引さとクレバーさのバランス。憧れるなぁ~。【写真16】
日明がわがままなタイプのレスラーだと思ったら大間違い!
非常にクレバーです。
 
13aそれでいて我を通してるイメージを持たれる程の強烈なアイデンティティー。
 
プロレス頭も凄いし、それでいてセメントに対応出来る技術力の高さ。総合の礎を築いた先見の明。
やはり、僕の理想は日明だっ!これで決まり!
 
14a今回のアルバムのソロが少しでも日明的であればいいなぁ~。
これから始まるツアーの個人的なテーマはこれで行こう!
 
宣伝的な事もあまり書きたくはないですが、今回のツアーは見に来た方がいいですよ!
 
15aバンドは非常に好調だし、僕は近年稀に見る程のコンディションの良さだ!
 
どれ位かと言うと、サイパン帰りの長州くらい!(笑)
 
アルバムの初回プレスに入っている引換券を持って会場に来ると、未発表曲のCDも貰える!
 
16a初回プレスも店頭に残っている物だけらしいので、是非引換券をゲットして会場にお越し下さい!損はさせないぜっ!
 
次回はボーカル編でお会いしましょう!
 
まだまだレコーディング話を引っ張るぜ!(苦笑)
では、今回は以上!
 
BLACK FLAME TOUR 2013
 
2013年10月11日(金) 【名古屋】 ell size
2013年10月14日(月祝)【郡 山】 #9
2013年10月16日(水) 【仙 台】 MACANA
2013年10月17日(木) 【新 潟】 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2013年10月19日(土) 【倉 敷】 REDBOX
2013年10月20日(日) 【福 岡】 LIVE HOUSE CB
2013年11月08日(金) 【大 阪】 阿倍野ROCKTOWN
2013年11月16日(土) 【東 京】 渋谷REX

※東京公演のみ、【問】東京音協 TEL:03-5774-3030
各公演の詳細は、SHOWS
 
 


CONCERTO MOON


Member
島 紀史(Guitar)
久世 敦史(Vocal)
長田 昌之(Drums)


Support Member
三谷 耕作(Bass)
Aki(Keyboard)

 
公式サイト:
http://concerto-moon.com/

 
 


  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話