コラム
メタル・ギタリストは陽気な裸のギャング達の夢を見るか?
島紀史
日本のHM/HRシーンを牽引するCONCERTO MOONのリーダー兼ギタリスト。4歳からクラシック・ピアノを始め、13歳でリッチー・ブラックモアに衝撃を受けた事により、ギターを手にする。関西で数々のバンド活動を経て、96年にCONCERTO MOONを結成、98年にVAPよりメジャー・デビュー。暗黒時代と言われたジャパニーズ・ヘヴィ・メタル界に彗星のごとく現れたギター・ヒーローとして、ギター・キッズを熱狂させた。00~07年には、CONCERTO MOONと並行して、プロジェクト・バンドDOUBLE-DEALERでも活躍。シンフォニーXらと共に行ったフランス・ツアーや、ストラトヴァリウスやイングヴェイ・マルムスティーンの日本公演でのオープニング・アクトに抜擢される等、海外アーティストとの競演も多数あり、国内外を問わず、高い評価を得ている。

ギャング4 (最終回)


皆さん、こんにちは。CONCERTO MOON島 紀史です。
 
気付かぬ内に、そして僕が筆無精を炸裂させている間に、このコラムの最終回を迎えてしまいました。
 
何回か、この駄文としか言いようの無いコラムを読んで頂きましたが、最後なので予定を変更して僕の今考える、今後の僕のミュージシャンとしての生き方を、またまた無理矢理プロレスにこじつけて書きたいと思います。
 
 
正直に言いましょう。僕に残されたミュージシャン人生は、そう長くないと思っています。これは暗い話でもなんでも無く、誰にも等しく訪れるし、どう向き合っていくか常に考えていかなくてはならない事です。
 
プロレスで言えば選手の引退ですが、これはプロレスの世界では非常に曖昧ですな。(苦笑)引退、復帰の繰り返しが当たり前的な世界ですから。ここはミュージシャンとはハモらないと思いきや、音楽の世界でも稀にありますね。テリー•ファンク、長州力、大仁田厚、引退カウントダウンがカウントアップして、いまだ引退に至らない我らがドラゴン藤波。まだまだ有名無名問わずいたりしますな。
 
メタルの世界でも、オジーキッスなども撤回しましたな。でも、この偉大な人達は現役続行を望まれているし、引退なんてあり得るかっ!と僕も思う。まだまだパワーホールを聞きたいし、ドラゴンリングインからの豪快なバンプが見たい!
 
メイクのキッスはこの前の武道館でやっと生で見られたところだ。前に見たのは素顔時代の88年だったんだぜ!「I Want You」はまだ生で聞いてない!火を吐くなら「Fire House」でお願いしたい!長い年月を経て2回とも「War Machine」だったんだぜ!(苦笑)あれ?キッスに対する文句が多いな。誤解の無い様に言うとメチャメチャカッコ良かった。(笑)やはり偉大なプロレスラーや、ミュージシャンに引退なんてあり得ない!あか〜〜〜んっ!
 
 
では、僕自身がどう思っているかと言うと、自分が思う自分でいられる間はと思っていますが、誰にも望まれず、まだやってんのか?と思われながらやり続けたいとは思わないです。そう思っていたと言う方がいたらゴメンなさい!自覚が足らん!とか言うたらダメよ!ダメよ!ダメなのよ!結構頑張ってるやん?僕。(笑)
 
だから今までもそうですが、これからの一回のライブ、レコーディング、全ての音楽活動に妥協はしたくない。過去に妥協してしまった事がある事を後悔しているので、より強くそう思っているのです。二度と自分が望まない活動をして、こんな筈じゃ、、、なんて思いたくないのだ。自分の好きなプロレスラーやミュージシャンの様に、引退なんてあり得ないと思ってもらいたいけど、自分も曲げられない。複雑〜!ややこしいなオイラ。(苦笑)
 
どないやねん!って感じになってきたので大好きな日明の言葉を引用してお別れします。「俺はサラリーマンレスラーにはならない!ファンには媚びない!ファンは大事にする。でも媚びない!俺はいつだって妥協なんてしないぜ!」
 
誰かにとって、かけがえの無いギタリストだと思って貰えるように、最後の時まで精進します。では、会場でお会いしましょう!
 
 
以下、ツアー日程と4/9発売のミニ・アルバムの詳細です。
 
名古屋はイベントです。<出演>CONCERTO MOON / 下山武徳バンド/ UNAFRAID / OA:Insfe:l(横浜)
ミニ・アルバムは、3/15より各ライヴハウスにて先行発売します。
 
BLACK FLAME TOUR 2014
 
2014年03月15日(土) 【名古屋】 ハートランドスタジオ
2014年03月16日(日)【東 京】 目黒鹿鳴館
2014年03月26日(水) 【高 知】 キャラバンサライ
2014年03月28日(金) 【金 沢】 van van V4
2014年03月29日(土) 【大 阪】 心斎橋Club ALIVE!


NEW アイテム
 
バンド名:CONCERTO MOON(コンチェルト・ムーン)
タイトル:Live And Rare(ライヴ・アンド・レア)
発 売 日:2014年4月9日(3/15よりライヴ会場先行発売)
品  番:XQHK-1011
価  格:2,500円+税
レーベル:TRIUMPH RECORDS

<収 録 曲>
■2013年11月16日 渋谷REX ライヴ・テイク
1. The Vail Of Mystery
2. The Shining Light Of The Moon
3. Angel Of Chaos
4. From Father To Son
5. Black Flame
■新曲
6. Restless Heart
■セルフ・カバー
7. Over And Over(Gate Of Triumph/4th)
8. Rain Forest(Rain Forest/3rd)


CONCERTO MOON


Member
島 紀史(Guitar)
久世 敦史(Vocal)
長田 昌之(Drums)


Support Member
三谷 耕作(Bass)
Aki(Keyboard)

 
公式サイト:
http://concerto-moon.com/

 
 


  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話