コラム
ビートレポート
中村“MR.MONDO”匠
大阪府出身、1983年2月1日生まれのO型。
1997年に大阪で結成され、今年で20周年目を迎えるTHE NEATBEATSのドラマ―。国内外問わず、年間100本以上のライブ行うロックンロールバンドで、なかでも、国内のグループでは唯一無二と言えるオール・ビンテージ機材で演奏する“生音ライブ・シリーズ「BACK TO CAVERN!」は、ボーカル以外は全て生音、PA無しの音響でセットされ、1960年代初期のビート・バンドの登竜門的会場で知られるリバプール、キャバーン・クラブを想像させる英国パブの様な演奏スタイルを忠実に再現した贅沢な空間。そのこだわりが大反響を呼び、毎回即ソールドアウトのイベントだ。
現在は、結成20周年を記念したツアー『~The Neatbeats 20th Anniversary “Two-Man Special”~「RHYTHM AND BEAT SHOW」』の真最中。4月にはスペイン&ポルトガルツアー、5月にはフランス最大級のロックンロール・フェス「COSMIC TRIP FESTIVEL 2017」への出演が決定している。また、ドラマ―としてのみならず、渋谷OTO「Upliners」をオーガナイズするなど、DJとしても精力的に活動中。

第六回「虫嫌い」


私は虫が大嫌いである。
体格は明らかに人間の方が大きいし、虫からしてみると人間の方が怖いと思う。

分かっているのに近付けないのが不思議なのだが、生理的に受け付けないというのは、こう言った事を言うのであろうか。

攻撃を仕掛けてくるヤツでも、そうでなくても苦手だ。
 
 
子供の頃は手で捕まえて遊んでいたものだ。
歳を重ねるにつれ、どんどん苦手になってくる。

つい先日も夜中にコンビニに出掛けようと外に出たところ、玄関ドアに大きなバッタが張り付いていた。

コンビニから戻る頃には何処かに去っていてくれている事を期待していたのだが、当然の如くそのまの状態で我が家の玄関ドアに張り付いていた。

なんとか移動させようと外ポストに入っていた広告を丸めて投げてみたものの当たらない。

コントロールしやすく紙飛行機を折ってみたがまるでダメ。
 
 
家に入れなくなりバッタとの睨み合いとなった。
そして10分ほど経った頃だろうか。もう体力も限界。ふと目をやったマンション入り口、バッタから5m程の距離に水道とホースがある事に気付く。

水で遠くまでお運びしてお引き取り願おう。
これがまた、水圧MAXでも届くか届かないかの絶妙な距離でホースを縦に横に振って何とかドア下まで降りてきて貰った。

あとは水流で少し遠くまで…と思ったのだが、いつの間にか見失ってしまった。
 
 
そして無事に部屋に入る事は出来たのだが、ドアポストは水圧に耐える事が出来なかった模様で、大量に水が侵入していた。ガス料金の支払い用紙や玄関置いてあった靴は見るも無惨な状態になっていた。

そして翌朝の出来事。
その日はライブで準備を整え玄関ドアから出て、閉まるドアの勢いを抑止しようとドアノブに手を掛けた瞬間。明らかに違う感触。

我が家の玄関ドアはL型のノブを下ろして開閉するタイプなのだが、昨夜のバッタさんはL型ドアノブの裏に張り付いていたのだ。

これは偶然とは言わせない。
バッタは私に仕返しをしてきた。
飛び去る後姿がドヤ感満載で憎たらしかった。
 
 
今住んでいるマンションは割と街中なのだが周辺に緑が多く虫との遭遇率が高い。
思い返してみると、カマキリとも30分ほどの睨み合いをした。

吊るしておくタイプの虫除けを設置した翌日、虫除けに虫が留まっていて心が折れた事件もあった。

まぁバッタやカマキリは良い。セミも道端に落ちてて私が通り過ぎる時にいきなり大暴れするヤツを除いては良しとする。

やはり天敵は害虫界のキング・G様である。
(文字でも気分を害する方がいるので伏字とする)

以前、強力ジェット噴射!みたいな殺虫剤で強力に吹き飛ばされてしまい、見失って数日間眠れなかった事があった。

またある時は、泡で包んでそのまま捨てられます!みたいな殺虫剤を部屋で撒き散らしてしまい「所さんのただものではない!」(1985-1991)のエンディングみたいになってしまった事もあった。

蛾もそうだ。遠巻きに発見してコッチくんな!と思っていると確実に向かってくる。

以前、ステルス型の大きな戦闘蛾が電車内に入って来て、自分の顔に目掛けて飛んできた。それまでは気にしない振りをして格好付けていた為に対応が遅れ、ギリギリで思いっきり体を捻って回避した為に首を痛めた。

結局のところ、未だに必要以上に嫌う理由が自分で分からない。
好きになるのは無理でも、意識し過ぎないで共存するのが望ましいと思っている。

虫を無視して生活出来れば、といった所か。
お後がよろしい様で。。
 
 


■THE NEATBEATS
Officail Website:http://www.neatbeats.net/
MR.MONDO Twitter:https://twitter.com/Nakamura_Takumi

■THE NEATBEATS Live Information

2017/07/23 (日)@大阪 umeda TRAD
2017/07/26 (水)@新代田 FEVER
2017/08/12 (土)@立川BABEL
2017/09/19 (火)@恵比寿 LIQUIDROOM
2017/09/24 (日)@岐阜 CLUB ROOTS
2017/10/06 (金)@熊本ワンドロップダイニングスタジオ
2017/10/07 (土)@福岡INSA (ワンマン)
2017/10/08 (日)@松江 AZTiC canova
2017/10/09 (月)@松山星空JETT
2017/10/14 (土)@大阪塚本ハウリンバー(ワンマン)
2017/10/15 (日)@大阪塚本ハウリンバー(ワンマン)

●「ROCK’N’ROLL EXPRESS!」
2017/08/19 (土)@渋谷クラブクアトロ
2017/09/01 (金)@名古屋クラブクアトロ
2017/09/02 (土)@広島クラブクアトロ
2017/09/10 (日)@梅田クラブクアトロ
●”ロッケンロー★サミット2017″
2017/09/23 (土)@渋谷TSUTAYA O-EAST

■THE NEATBEATS Release Information

アーチスト : THE NEATBEATS
タイトル : LIKE THE CAVERN LIVE! REEL NO.3 & NO.4
レーベル : MAJESTIC SOUND RECORDS
品番 : MSCD-085/6
形式 : 2枚組CD (限定盤)
発売日 : 2017/3/22(水)
定価 : ¥2,600 (税抜)


(DISC 1)
1. RUN CHICKEN RUN
2. FARMER JOHN
3. YAH YAH YAH
4. 明日が来なけりゃいい
5. YOU CAN’T JUDGE A BOOK BY THE COVER
6. I WANT YOU
7. TWISTIN’ TIME WITH YOU
8. SWEET CHERRY PIE
9. I WANT TO BE YOUR DRIVER
10. YOU’VE GOT WHAT I WANT
11. オレに任せろ
12. TREAT HER RIGHT
13. BLUE BLUE BLUE
14. HEY 彼女
15. (DO THE) GLOBAL TWIST
16. 甘いジュース
17. YOU’RE SO FINE
18. 噂の男
19. DON’T YOU JUST KNOW IT MEDLEY
20. LIES
21. LITTLE BITTY PRETTY ONE
22. 黒いジャンパー
(DISC 2)
1. SHAKIN’ THE NIGHT
2. DR.FEELGOOD
3. ハートをわたそう
4. お願いBABY
5. TWISTIN’ THE NIGHT AWAY
6. HIPPY HIPPY SHAKE
7. HAMBURG TWIST
8. MAMA TALK TO YOUR DAUGHTER
9. MY BONNIE
10. SHAKE
11. I’M GOING DOWN THE LINE
12. TWIST AND SHOUT
13. I’M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY
14. KANSAS CITY
15. ONE FINE DAY
16. MASHED POTATOES
17. I CAN TELL
18. THAT IS ROCK & ROLL
19. TWISTIN’ DAY
20. BABY LET’S GET SHAKE
21. MY BABE (REHEARSAL TAKE)
22. HELLO JOSEPHINE (REHEARSAL TAKE)

 
 
 


  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話