コラム
ビートレポート
中村“MR.MONDO”匠
大阪府出身、1983年2月1日生まれのO型。
1997年に大阪で結成され、今年で20周年目を迎えるTHE NEATBEATSのドラマ―。国内外問わず、年間100本以上のライブ行うロックンロールバンドで、なかでも、国内のグループでは唯一無二と言えるオール・ビンテージ機材で演奏する“生音ライブ・シリーズ「BACK TO CAVERN!」は、ボーカル以外は全て生音、PA無しの音響でセットされ、1960年代初期のビート・バンドの登竜門的会場で知られるリバプール、キャバーン・クラブを想像させる英国パブの様な演奏スタイルを忠実に再現した贅沢な空間。そのこだわりが大反響を呼び、毎回即ソールドアウトのイベントだ。
現在は、結成20周年を記念したツアー『~The Neatbeats 20th Anniversary “Two-Man Special”~「RHYTHM AND BEAT SHOW」』の真最中。4月にはスペイン&ポルトガルツアー、5月にはフランス最大級のロックンロール・フェス「COSMIC TRIP FESTIVEL 2017」への出演が決定している。また、ドラマ―としてのみならず、渋谷OTO「Upliners」をオーガナイズするなど、DJとしても精力的に活動中。

第一回「リーゼントと私」(前編)


初めまして。
THE NEATBEATSというバンドでドラムを担当している中村“MR.MONDO”匠と申します。

コラムという事で何を書こうかと思い悩んだ訳ですが
THE NEATBEATSといえばスーツにリーゼント。

まずは自己紹介がてら、私とリーゼントの出会いに関して書きたいと思います。

そうなると、私とロックとの出会いの話になるのですが
小学校6年生時分、母親から貰ったE.YAZAWAのレコードが初めて聴いたロックという事になります。

アルバムタイトル『THE GREAT OF ALL』

919628936_o

どーん!

これはキャロルからソロになってからの70年代ベストって感じのアルバムですね。
眼光鋭すぎです。

一曲目が「黒く塗りつぶせ」なんですけど
小6の私には黒く塗りつぶしたいモノなんてある訳もなく、全くピンと来ませんでした。

よくある「レコードに針を落とした瞬間にビビビと電撃が走り、そこからロックの虜!あの一瞬で人生が決まった!どうしてくれるんだ!」みたいな事はありませんでした。

幼心に「なんて汚い音なんだ…」と思った記憶があります。
(もちろん、今となっては小6にして、このアルバムを聴けた事は私の音楽人生において最大級のラッキーだと思っております)
 
 
しかし、何だか癖になって繰り返し聴いていく内に「ロック」というモノが体に馴染み始め、少年はギターを手にする訳です。

数年掛けてキャロルに遡り、自然とビートルズに誘導されます。
「ロックンロール」「リーゼント」「革ジャン」「スーツ」などというフレーズを意識し始めます。

でもですね、
これらはギター始めたてのKIDSが弾くには意外と難しいものなのです。

地元の書店で売っているコード譜がたくさん載っている雑誌を見ながら、歌謡曲と同じ音(和音)が鳴ってる事に喜んでいるようなKIDSには到底耳コピ出来ない。

そして中学2年生の時でした。
親に内緒で難波に出掛けて、なんなんタウンの地下にあったDISK JJで出会ったレコードがコチラ。

781606210_o

でーん!

FATS DOMINO師匠でございます。
完全にジャケ買いです。

「これだ!」と思いました。
ほとんどの曲がシンプルな3コードの進行。

曲のキーさえ見つけてしまえば、一曲丸々弾けてしまう訳です。
覚えたてのマイナーペンタトニックスケールでアドリブでギターソロなんて弾けちゃう!

FATS師匠はピアノマンなので合わせて弾いてもソロがぶつからない!

しばらくはずーっとFATS師匠の音源に合わせてギターを弾いておりました。
そして、漢なら一度はこのリーゼントをしないといけないという意識を持ち始めます。
 
 
つづく。


■THE NEATBEATS
Officail Website:http://www.neatbeats.net/
MR.MONDO Twitter:https://twitter.com/Nakamura_Takumi

■THE NEATBEATS Live Information

2017年03月10日【宮城】仙台FLYING SON(ワンマン)
2017年03月11日【岩手】盛岡Club Change(ワンマン)
2017年03月12日【青森】八戸ROXX(ワンマン)
2017年03月17日【島根】出雲アポロ
2017年03月18日【福岡】門司BRICK HALL
2017年03月20日【大分】別府COPPER RAVENS
2017年03月25日【兵庫】神戸VARIT
2017年03月26日【広島】元広島西飛行場敷地(キャノンボール・フェスティバル広島2017)
2017年03月31日【愛知】名古屋新栄sunset BLUE

2017年04月01日【新潟】上越EARTH
2017年04月02日【長野】松本ALECX
2017年04月05日【東京】鶯谷キネマ倶楽部
2017年04月12日【スペイン】Madrid (Funhouse)
2017年04月13日【スペイン】Barcelona (A Wamba buluba club) 
2017年04月14日【スペイン】Valencia (16 Toneladas) 
2017年04月15日【スペイン】Ponferrada (Freakland Festival) 
2017年04月16日【スペイン】Ourense (Vermù Session Rock Club)
2017年04月17日【スペイン】Cangas (Sala Son)
2017年04月19日【スペイン】Porto (Cave 45 club.) 
2017年04月20日【スペイン】Bilbao (Cafe Antzokia) 
2017年04月21日【スペイン】Leòn (Sala Valentino’s) 
2017年04月22日【スペイン】Tomelloso (Sala Beat) 
2017年05月03日【京都】京都磔磔
2017年05月20日【長野】上諏訪ドアーズ
2017年05月21日【千葉】本八幡サードステージ

■THE NEATBEATS Release Information

アーチスト : THE NEATBEATS
タイトル : LIKE THE CAVERN LIVE! REEL NO.3 & NO.4
レーベル : MAJESTIC SOUND RECORDS
品番 : MSCD-085/6
形式 : 2枚組CD (限定盤)
発売日 : 2017/3/22(水)
定価 : ¥2,600 (税抜)


(DISC 1)
1. RUN CHICKEN RUN
2. FARMER JOHN
3. YAH YAH YAH
4. 明日が来なけりゃいい
5. YOU CAN’T JUDGE A BOOK BY THE COVER
6. I WANT YOU
7. TWISTIN’ TIME WITH YOU
8. SWEET CHERRY PIE
9. I WANT TO BE YOUR DRIVER
10. YOU’VE GOT WHAT I WANT
11. オレに任せろ
12. TREAT HER RIGHT
13. BLUE BLUE BLUE
14. HEY 彼女
15. (DO THE) GLOBAL TWIST
16. 甘いジュース
17. YOU’RE SO FINE
18. 噂の男
19. DON’T YOU JUST KNOW IT MEDLEY
20. LIES
21. LITTLE BITTY PRETTY ONE
22. 黒いジャンパー
(DISC 2)
1. SHAKIN’ THE NIGHT
2. DR.FEELGOOD
3. ハートをわたそう
4. お願いBABY
5. TWISTIN’ THE NIGHT AWAY
6. HIPPY HIPPY SHAKE
7. HAMBURG TWIST
8. MAMA TALK TO YOUR DAUGHTER
9. MY BONNIE
10. SHAKE
11. I’M GOING DOWN THE LINE
12. TWIST AND SHOUT
13. I’M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY
14. KANSAS CITY
15. ONE FINE DAY
16. MASHED POTATOES
17. I CAN TELL
18. THAT IS ROCK & ROLL
19. TWISTIN’ DAY
20. BABY LET’S GET SHAKE
21. MY BABE (REHEARSAL TAKE)
22. HELLO JOSEPHINE (REHEARSAL TAKE)

 
 
 


  コラムニスト
The HIGH
2017年7月19日更新
第1回「初陣」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年7月2日更新
第14回「MIKI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話