コラム
21st Century Progressive Man
永川敏郎(エガワトシオ)
1980年、プログレッシブロックバンド「ノヴェラ」でデビュー以来、日本を代表するロックキーボードプレイヤーとして活躍。1986年にハードロックバンド「アースシェイカー」に参加。90年代より、自身がリーダーであるプログレッシブロックバンド「ジェラルド」の活動のかたわら、様々なセッションワークをこなす。2016年は、虹伝説、スラングレイド等、ハードロックシーンでのサポート活動を主として活動。 BEEAST主催「プログレの館」でのトーク&ライブを定期的に開催。

Progressive Man 第6話


こんにちは。永川敏郎です。

今回のお話は、シェラザードというバンドのお話です。
1978年頃、わたくしが、大学生の頃に参加したバンドです。
当時、2年間ほど活動し、消滅、そのあと90年代に復活、現在も活動をしているバンドです。つい先日にも、ライブDVDを発表したりしました。近々ライブもありますよ。

わたくしが1980年にデビューした「ノヴェラ」というバンドの母体となったバンドで、ハードロックとプログレを融合させた音作りが印象的なバンドです。当時、アマチュアバンドとしては、かなり人気がありましたね。
阪急電車の駅で、「シェラザースの人ですか~?」とか声かけられたりして~。
「!!、んん~、おしい~、シェラザードです~。」とか。ww

 
で、今回は、「若き永川少年の“ここだけの”暴露話シリーズ、シェラザード出会いと始まり」の巻です。

わたくしがシェラザードというバンドと出会ったのは、大学生の頃、とある1本の電話がきっかけです。

高校の先輩で谷川さんというキーボードプレイヤーがいまして、とても上手な人だったのですが、その人から「シェラザードというバンドがキーボードを募集しているらしいねんけど、やってみいひん?」(関西弁ですよww)という電話がありました。

ちょうどその頃は、メインに活動しているバンドも無く、何かやってみたいという時期だったので、快く「ハイ~やりたいです~」でした。
でも、「谷川さん本人がやればええのに~、なんで声かけてくれたんやろ~」(これも関西弁ですよww)とも思いましたが~。

後日、音源と譜面が送られてきて、なかなかの好みの音楽性だったので、数週間個人練習に励みました。それから数日たって、メンバーさんから電話があり、「今度、ライブがあるんで見に来てください。面接もかねて~。」でした。

そして、そのライブ当日、わたくしは、緊張しながら心斎橋バハマに向かいました。
到着の時間は、ちょうど本番前のリハーサル中で、少しリハーサルを見学~。
その後、「喫茶店でも行きますか~?」のお誘いでメンバーさんとお話をしました。

皆さんとても優しく、まだ18歳の永川少年はドキドキの連続~。
でも、よ~く覚えているのが、ボーカルのアンジーさんとのからみです。

喫茶店でステージ用メイクを始めたメンバーさんの隣で、アンジーさんだけがメイクをしなくて、「なんでメイクしないのですか~?」の質問に、アンジーさんは、「いまからカレー食べるんで、汗かくし~、食べてからメイクするし~。」って。
なるほど~。たしかにそうですよ。汗かくもんね~~。ww

ドラムスの秋田鋭次郎さんは、「京都から来たの~?」って彫りの深い外人さんみたいな顔で聞いてくれて~。あまりの物腰の優しさに、「もしかしたらこの人、オカマさんだったりして?まさか~~」と真剣に思いました。←今から思うとホント失礼です。
ごめんなさい~。w

その後、本番のステージを見せていただき、とってもカッコ良かったのを思い出します。
それから数日後に、神戸でのリハーサルに参加、日々バンドになじむように努力、そして努力~、でまた努力~~。

おかげで、当時通っていた大学にあまり行かなくなり、長欠者となりましたよ。
数ヶ月後にはライブが決まっていて、永川少年はバンドに迷惑をかけないようにがんばりました。
ライブは成功したようで、わたくしも、なんとか出来たようです。よかった~~。
ホッとしたよ。

当時は、バハマ出演者はバハマの近所の喫茶店でメイクをするのが当たり前で、世間の方々もメイクしているバンドさんに違和感は無かったようですね。いまだったら考えられませんね~。

ある喫茶店での話。
いつものようにみんなで喫茶店へ。初めてのお店で、お客さんも少なく、わりと開放感な明るいお店でした。座るとすぐさまメイク開始~。店員さん、おそらくアルバイトの女子大生が「ご注文は?」
私たち、「冷コー」「レスカ~」とか言って店員さんのほう見ると、いきなりですよ、いきなり、持っていたトレイ振り回しながら、
「イヤ~、やめて~」って叫びだしました。恐怖に怯える感じ。←こっちが恐怖ですよ。

最初は、なんか虫とかが飛んできたのをはらっているのかと思ってましたが、叫びは、なんと、われわれに向かってでした。メイク途中の顔が悪魔にでも見えたんでしょうかね~。
その後、店長さんが連れ去り、「ホントすみませんでした~。時々こうなるんですよ~」だって~~。
そんなんありか~?ビックリしましたよ。ww

そんな当時のシェラザードのエピソード、結構笑えますよね。

ボーカルのアンジーさんが、6月にバースディをお迎えになります。
さて、おいくつになられるのでしょうね~。知ってるけどww
それをお祝いしてのイベントが神戸であります。7月29日です。
くわしくは、以下のHPにて。
http://www.angie-site.com/schehera_zade/
http://chicken.shop-pro.jp/?pid=43510642

伝説のバンド、シェラザードを体験してみてください~。


ジェラルドHP http://sound.jp/gerard/
永川商店ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/gerard_toshio_egawa

それではまた次回~。


  コラムニスト
The HIGH
2017年7月19日更新
第1回「初陣」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年7月2日更新
第14回「MIKI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話