コラム
The Beauty of Noises and Waves
Alex Foster
カナダ出身オルタナティブ、ノイズロック、ポストパンクバンドYour Favorite Enemies (YFE)のリードシンガー、アレックス・H・フォスター。本国カナダではバンドが名誉あるJUNO賞にノミネート、更に日本ではキングレコードと契約。 映像&音楽プロデューサーやライター、フォトグラファーなどの顔も持つフォスターは大の野球好き、ウイスキー好きとして知られ、2匹の愛犬LeonardとMacKayeを溺愛している。肩書きや活動は多岐に渡れど、本人はシンプルにアレックスと呼ばれるのを好む。
Alex Henry Foster is the lead singer and songwriter of the alternative, noise rock and post-punk international band “Your Favorite Enemies (YFE)”. Hailing from Canada, the band is a nominee at the prestigious Juno Awards and signed on Japanese label King Records. When not in studio or on tour with his band, Foster is also a writer, photographer, art designer, and video and music producer, as well as a true baseball fanatic, a skateboard and underground culture kook and an avid whisky lover. He’s also the proud daddy of two dogs named Leonard and MacKaye. But most of all, he likes to simply be called Alex.

<Vol.7>再び光の中へ / Going Back into the Light(最終回)

この前、パリとタンジェを旅してきたんだ。滞在はいつも短すぎると感じるけれど、改めて素晴らしい時間だった。旅ができることも特権だけど、そうじゃなくて、僕にとって貴重な人たちや大切な人たち、僕にとって柔らかいそよ風が運ぶ、明るい色そのもののような人たちや、僕が光の中へと戻り、たくさんの喜びと心の平穏とともに生きられるようにしてくれる温かい人たち、そして何よりも、あまりにも長く連れ添ってきたことで忠実な旅のお供となり、誰も理解できないのに、僕らが存在するための真髄となっている、そんな矛盾を生んだ人生のおかしなイメージ、少なくとも僕がよく抱くもの、視点を失えば失うほど、掴みにくくなり、距離が近づくと、理解が難しくなっていくもの:人生、における魂の影と向き合わせてくれる人たちがいる特権を思い出したんだ。だから、滞在最後の数日は多くの良いことを僕に与えてくれた。

My stay in Paris and in Tangier, although always too short a stay, has once again been magnificent, reminding me the great privilege that I have not to travel, although this is a privilege, but to have people who are precious to me, who are very dear to my heart, who are the bright colors of the soft breeze and the warmth that allow me to live with so much joy and peace my coming back to the light, and who, above everything else, remind me, or even allow me, to gaze upon the nature of the soul shadows that have been my companions for so long that they have become confidents, faithful journey buddies, the strange images of a life made with paradoxes we do not comprehend but that shape the very essence of our existence, at least for the one which I have often, if any, the less perspective of, the less grasp on, the less distance to, the less understanding of; my life. So these last days did me a lot of good.

実際、今からずっと前、まだパリが遠い夢でしかなく、叶えられる未来だとも思っていなかったときから、パリは大好きなんだ。はっきりとした目的なくパリの街を歩くのが好きで、人生のカウントダウンが迫っているかのように急いで、人を押しのけて走っている見ず知らずの人たちのダンスに混ざってみたり、チラチラと時計を見ながら、僕の目的のない歩みのリズムを通り過ぎていく周囲の人たちの香水について行ってみたりね。ここには、言葉がある。そこには、思いやりに満ちた、地平線への笑顔がある。クラクションの音や、息切れしている人間にとって十分な広さのない歩道で通りすがりの人が始める口論が、説明できない喜びを運んでくる…人生。見ず知らずの人たちの生活から盗み見た、こういう瞬間が僕を震わせ、僕自身のものをつくりたいと思わせてくれる。

In fact, I have loved Paris since the day it was nothing but a distant dream, the illusion of a future I couldn’t even consider being mine, a long, long time ago now. I love to sway without a precise destination, join the dances of strangers on the run, who jostle, in a hurry, insistently living life on what seems to be the countdown of a lifetime, being carried by the perfumes of the neighborhoods that go by to the rhythm of my aimless steps, spying on time that goes by over and over again, never stopping. Here, a word. There, a smile on the horizon of a generous look. An indescribable happiness made of horns, arguments between passersby on a sidewalk never wide enough for the short breath of one and the panting of the other… life. These few moments, stolen from the life of strangers, inspire me shivers that I want to make mine.


A

今年3月にグルノーブルで初めて会って以来、今度は屋内競技場ゼニスでのコンサートで僕の友人ベルトラン*、パスカル、ニコ、ラウ、フレッドとブルーノに再会できたのは、シンプルだけど深い喜びだった。友情と心が、どんな討論をも、そしてステージに上がることへの議論をも打ち負かした瞬間だ。全てを越えてー本当にあらゆる全てをー真実、嘘、何が間違いで、何が正しいか、モラル、法的権利、不安、とりすまし、恐怖、両方の間に起こる衝突の正当性を越えて、ベルトランとバンドメンバーたちは、僕の友人だと言える。それは過去の救い難さのために、僕こそ一番に石を投げられるに値するからではないし、贖いの愛が他人の良さを見つける手助けをしてくれているからでもない。これは僕にとって個人的なことだけど、友情は、知り合いに影響が及ぶことを心配せず頻繁に交流している数名の人たちの毒よりも、もっとずっと強い絆だ。自分の不安、驚き、恥や憤りを話してくれる友人たちみんなに対して、僕は同様に愛をもって接している。実際、感謝してるんだ。世間で人気のある信念やあやふやな意見に囲まれずに済む豊かさを得ているから。そして僕の言う豊かさとは、人気だろうとなかろうと、いつだって光の中に生きること。僕自身の人生においては、まだ控え目だけれどね。自分は自分にしかなれないと言う。人の複雑さについて話すとき、色々と一緒くたにされていたり、一問一答のようなものには慎重になるんだ。でも、それが僕だ。僕は味方にならないし、戦いもしない。僕は、愛する。

To have the chance of seeing once more my friends Bertrand, Pascal, Nico, Lau, Fred and Bruno in concert at the Zenith after the Grenoble pandemonium from last March was also a simple yet profound moment of happiness where friendship and heart overcome any debate of ideas, and even the polemic of their presence on stage. Above everything – and I really mean everything – the truth, the lies, what’s wrong and what’s right, the morality, the legal rights, the uneasiness, the prudishness, the horror and the legitimacy of the confrontations between both parties, for me, and not only because I would deserve the first stone if only for the abject nature of my past and the redemptive love of some that helped me see the good in others, Bertrand and the band are, before everything else, and above everything else, friends of mine. And for me, and this is very personal to me, friendship is a bond that is stronger than the toxicity of a few individuals that I frequent and commune with, without conditions nor consideration for the impact of the opinions the latter may have on my acquaintances. I equally love the friends who share with me their uneasiness, their astonishment, their disdain, their indignation. In fact, I appreciate, in the end, having the wealth of not being surrounded by the obscurity of popular beliefs and dictums. And my relationship to the wealth, popular or not, is always lived in the light, although I am of a reserved nature when it comes to my private life. It is said that we can only be who we are. I am wary of conflation and of single-answer-questions when it comes to human complexity. But that is who I am. I do not support and I do not fight. I love.

B

C

れはそうと、ベルトランのコンサートのハイライトをシェアしないわけにはいかないね。会場に到着して、僕らがドリンクを飲みながら、コールドカットとチーズ(これについて話すって約束したんだ!)を食べていたとき、近くのテーブルに座っていた2人が来て、ビールをおごってくれたんだ。そして、人生について話し始めた…彼らの人生、彼らが愛する人たちの人生、ベルトラン、Noir Désir(仏バンド)、フランスの歴史、共和制の状態、バタクラン、許し、愛を選ぶことについてなど。コンサートが始まり、僕らは観客の中でバラバラになった。幸運なことに再び再会し、今度は僕らの人生や考えについて話す番がきた。ベルトランがセンサーシップや、その保証人たちをステージ上でこきおろしているとき、僕らは再び流れに逆らって、赤の他人同士が特別な瞬間を過ごせるように導いた自由について話した。この夜は、音楽、言葉、そして何よりも愛が、僕らの話や笑いを満たしていたよ。世の中の出来事がもたらす刺激的な感情によって、まるで自らをシェイクスピアの劇のように見せているメディア、そんな中で、影からこっそりと逃げた小さな人間の光がちらついている。そう、人生は続く。でも愛は、いつだって新しい夜明け、新しい約束を与えてくれるんだ。

This being said, I would feel bad if I didn’t share with you a highlight from Bertrand’s concert. Once at the Zenith, 2 of his fans, who were sitting at a close-by table as we were having a drink and were eating a board of cheese and cold cuts (they made me promise to talk about it, and I can hereby say that I have kept my word!) came to offer us a beer and started talking with us about life… Their own, that of their loved ones, of Bertrand, Noir Désir, the history of France, the state of the Republic, about the Bataclan, about choosing to forgive, to love, in spite of everything. The concert starts. We lose sight of each other in the crowds. We find each other again by luck. It is now our turn to share about our lives, our perceptions. And as Bertrand is telling censorship and its guarantors to go screw themselves on stage, here we are, once more against the flow, talking about the freedom that leads strangers to share and live an unlikely moment. Tonight, music, words, and yes, above all, love, are what feeds our laughter and our stories. While the medias have turned themselves in what seems to be a Shakespeare play, fed by the vivid emotions that circumstances have brought with them, a small human light flickers through the shadows that run and slip away. Yes, life goes on. But love, always, offers a new dawn, a new promise to pick comes morning.

H

日々が過ぎていった。それはまさに、あらゆる環境や社会階級に属する友人たち(理由があろうとなかろうと)、彼らとの間で与え、受け取り、分かち合った愛情のイメージだった。バタクランで特別な友人と飲んで、7区で笑い合いながら家庭の味を堪能し、僕らが大好きで賞賛するアーティストと公園でサンドイッチを食べ、ゼニスでは一度飲んだだけで他人が友人となり、タンジェで出会った人たちとモンマルトルで再会し、アーティストの権利のために情熱的に活動している人(普段はエッサウィラに住んでるけど、パリには仕事で来ていたんだ)とランチをし、本場イタリアの味で知られるピザ屋のクルド人オーナーと短い立ち話をし、さらに驚くべき63歳の老人が運転するタクシーにも乗ったんだ。彼はカメルーンで生まれ、20代のときにフランス住民権を取得し、以来、人生を謳歌している。僕らにアフリカ文化について教えてくれたり、フランスへの愛情を語ったり、イエス様への信仰をも話してくれたんだ…壁のない交流の優しい時間。それこそ僕にとっては、ただの瞬間を大きな喜びに変えるものだ。”ありのままでいる”ことが、厳しいルールや前もって準備された考えに縛られず、矛盾や相容れないものから成るユニークな美しさを持った明るい色に輝く人生。その光は、街の灯りをはるかに越え、尽きることのないクリエイティビティの源を輝かせる。それは、この街にある優美さの中で、あまりにも多く忘れられている人たちの大きな心から生まれるんだ。皮肉と不明瞭さに溢れたこの時代に、僕らはしっかりと見る必要がある。目に見えないものを確かめることはできないかもしれないけど、それでもなお、いつまでも変わらないと思いたいものに触れられることは、確信を与えてくれるよ。

Days go by, to the image of the affection that is given, received, shared and renewed between friends of all environments, social classes, for a reason or without reason. A drink with a special friend at the Bataclan, a family-made meal of laughter and sharing in the 7th arrondissement, a sandwich with an artist we admire and love in a park, strangers turned friends after only one drink at the Zenith, a Tangier-inspired visit with people dear to our hearts in Montmartre, lunch with a passionate advocate for the rights of the artists from Essaouira where she lives between work-related visits in Paris, a quick chat with the Kurdish owner of a pizzeria known for its authentic Italian taste, a taxi ride with an incredible 63-year-old man, born in Cameroun, turned French citizen in his early twenties, in love with life, who shared his African culture with us, his affection for France, his faith in Jesus… Sweet moments of communion with no boundaries. This is, for me, what turns these moments into great happiness, where “being” is not bound by any strict rules, no pre-made thoughts, into a unique beauty formed by paradoxes and its contrary, life shining in bright colors, with glimmers going way beyond the forecourt of the City of light, basked with an inexhaustible source of creativity coming from the gigantic heart of those people so often ignored in the midst of the magnificence that dwells in this city and that our eyes have a dire need to see in those times of collective cynicism and oh so personal obscurity. Unable to define the invisible, it is nonetheless reassuring to be able to touch what we like to think unchanging.

それ故、タンジェで過ごした3日間が、理由は違えど、パリでの時間と同じくらい特徴的なものだったのは驚くことじゃない。ここで経験した感情は詩とインスピレーションに酔いしれるものだった。何よりも、近しい友人たちと再会するのが、僕にとっての恵みだったよ。タンジェでの様々な経験やユニークなエッセンスを越えて、この街を好きな気持ちは変わらない。それは、ここに住む人たちが、この街に本当の意味、ユニークな香り、まばゆい色を与えているからだ。特に、そういう人たちこそ、僕が心の闇に迷い、感情的なブラックホールに繋がれ、絶望的な状況の中から抜け出すために必要な勇気を剥ぎ取られた気持ちでいたときに、大きな影響を与えてくれたんだ。僕が大事に思う人たちに囲まれて、家に戻ってこれるのは説明できないほどに嬉しいよ。そして、僕らの滞在は穏やかで静かなものだったから、モダンな枠組みや狂気じみたペースの外で、しっかりと時間をとることの大切さを思い出させてくれた。解放するのは気分が良い。それが長めのハグや笑い声や、日が沈んでもまだ楽しみたいと思える夜のためだけだったとしてもね。それが僕にとって、大切な人たちの柔らかい声の動きに身を任せる以外なんの野望もなく、寝そべって、目をつむることなんだ。その声は、僕を囲み、なだめ、人と交流するために、何も持ち合わせないままカスバのドアまで辿り着いた僕が、どれだけ遠くまで歩んできたかを思い出させてくれる。

Thus, it doesn’t come as a surprise that the 3 days I have spent in Tangier have been for me as singular as my time in Paris, although for different reasons. Despite their backlit reverse rhythm, the emotions lived there have been intoxicating with poetry and inspiration. Above all, to meet dear and intimate friends is always a blessing for me. As such, beyond our tangerine moments and their unique essence remains a love for the city, illustrated by the people who give it a true meaning, a unique flavor, dazzling colors, especially that these people have had on me a major impact in a time where I felt lost in a darkness of the heart, chained by an emotional blackhole, stripped of the courage needed to get myself out of this desperate situation. To go back home, amongst mine, made me happy with an indescribable joy, and rightly so, as my stay was made of peace and quiet, moments reminding us all the importance of taking the time to live outside of the modern paradigms and their frantic pace. It is good to break free, if only for a long hug, a spontaneous laughter, or an evening we would like to see continuing beyond the light of days. This is what it means to me to lie down on reverse, close my eyes, with no ambition other than being carried by the soft movement of the voices of people who are dear to my heart, surrounding me, soothing me, reminding me how far I’ve come from the person who drifted all the way to the doors of the Kasbah with nothing much, if anything at all, to commune with anyone.

D
E

僕らがタンジェに設置したスタジオの家を再び訪れることも、僕の今の心境をよく表している。扉を開けて一歩中に入ってすぐに、心の震えを期待していた。けど、それは起こらなかった。ごく普通の感覚だった。僕らはここでとても人間的な瞬間を経験し、他のバンドメンバーたちとの友情が再び火を灯したのもこの場所だ。僕らはYour Favorite Enemiesを始めたときのように、自由に音を表現する以外、特にゴールを設けることなく演奏し作曲した。この家は僕のバンド復帰の要であり、愛する人たちや僕らを愛してくれる人たちと分かち合いたかったもの、経験したかったもの、交流したかったものの象徴となった。ここに来ることによって、過ごした時間を心穏やかに見て、続いていく人生の達成、そして新しい場所へと止まることなく旅する道を与えてくれたように思う。家を去るときジェフに言ったんだ。振り返ってみると、この家は僕らの人生の重要なステップを歓迎する準備ができていた。けど、ここで僕らが経験した精神は、僕らが去ったのと同様に去ってしまったようだねって。僕らの人生におけるこの時期や、そこにあった感情の本物の証は、みんなで楽しんで作った音楽と言葉の中に見つけられるだろう。まるで、それが自然かのように、簡単に自分たちのクリエイティブな心をへし折ってしまうコントロールからも、いかなる野心からも解放されたんだ。だから、改めて、この場所に戻ったときの気持ちは、僕がバンドと一緒に飛び立つ準備ができてると教えてくれたんだと思う。2年前とは違うと…自分が望むように、自由に定義できるんだと。この視点だけでさえも、僕にとってはスリリングだよ。

And the reality remains that it all goes back to what you really want, as secretly wonderful or horribly unshakable as it might be. It’s ultimately always about yourself until you decide otherwise. That’s when the distance, may it be emotional or physical, totally disappears. Otherwise, it’s only another promise meant to be broken or another deception designed to keep on hiding deep within the lies that pave the way to every upcoming rupture and human tragedy that comes with it.

だから、家に帰ってきて、他のメンバーやみんなとシェアすることで、僕と他の人たちとの間にあったかもしれない距離を素晴らしい恵みに変えてくれた。体と心を休めるために一人で時間を取ると決めるよりもずっと前からあった距離をカバーするために、誰かが何かをしなきゃいけないわけじゃないし、12ヶ月の亀裂なんてなかったかのように振る舞うこともしなくて良い。さっきも言ったように、それはここ数年、積み重ねてきた重荷から自由になるための招待であり、お互いに最も貴重な贈り物を与えるための招待だ。それは許し、そして、もう一度その正直な基礎から築き上げていくこと…一緒に。

To revisit the house where we had established our studio in Tangier has been another example of the state of mind I am currently in. While I was expecting shivers as soon as I stepped through the door, it didn’t happen. What I experienced was instead a very neutral experience, I would say. We have lived there very human moments, this is where my friendship with the other band members has been reignited, we played and crafted music with no specific goal other than sonically expressing freedom the same way we lived it at the beginning of Your Favorite Enemies, making of this house the cornerstone of my coming back with the band and of what we wanted to share, live and commune with the people we love and who love us. It was a serene gaze upon what has been, a sense of fulfillment on a life that moves on and gives way to journeys in new territories, following its course and never stopping. Looking back, as I told Jeff as we got out of the house, we made it to a house that was ready to welcome an important step in our lives, but the spirit that lived there with us left the place as we did. The true testimony of this stage of our lives and the emotions attached to it will forever be found in the music and the words we had so much fun making bloom together, as if naturally, free from any sort of ambition, from the pervert need of control we so easily surrender our creative spirit to. So, once more, my emotions as we went back to this place generously testified that I was ready to take off with the band, but not where I was at 2 years ago… That I could now freely define what I want it to be. This only perspective is for me very thrilling.

モントリオールに帰る前、24時間だけパリに寄るためにタンジェを出発したとき、友人に言われたんだ。「今こそ光の中へと戻るときだ。君の心はそこにある。人生の美しさを分かち合える人たちと一緒に脈打つ運命にあるんだ。だから、”ありのまま”になって、そして2度と振り返らないこと」

As my friends told me when I left Tangier for a quick 24-hour stop in Paris before a short stop in Montreal on my way home, “It is time for you to go back into the light. Your heart is there, destined to beat with people you can share the beauty of life with. So “be”, and never look back.”

最近のジェフとの旅をこういうかたちでシェアしたかった。僕の今現在の心の状態を表すだけでなく、その正直さを表しているから。スポットライトの中に戻って生きること、自分の印を見つけるのに緊張しているけれど、以前は経験できなかった気持ちを体験することにワクワクしているよ。それはこの先、素晴らしいものへと繋がっている。分かち合うべき震え、交わるべき瞬間へとね。

– アレックス

This is how I wanted to share with you my recent trip with Jeff, knowing that it not only represents my current state of mind, but the honesty with which I am living my coming back in the spotlight, nervous about finding my marks, but truly excited at the idea of experimenting the feelings I could never live before, paving the way to wonderful things ahead, shivers to be shared, and moments to be communed.

– Alex

Translated from the original French version by Stephanie

F


 
Website: http://www.yourfavoriteenemies.com
Facebook: https://www.facebook.com/alexhenryfoster
Instagram: https://www.instagram.com/alexhenryfoster/
Twitter: https://twitter.com/umitohanasuhito
LINE: http://line.me/ti/p/@sew9815s
 

  コラムニスト
EARTHSHAKER
EARTHSHAKER
2018年12月14日更新
第9弾「12月9日 苫小牧ELLCUBE」
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年8月12日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第20回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年11月14日更新
人生の宿題その3
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年12月7日更新
Progressive Man 第41話