コラム
The Beauty of Noises and Waves
Alex Foster
カナダ出身オルタナティブ、ノイズロック、ポストパンクバンドYour Favorite Enemies (YFE)のリードシンガー、アレックス・H・フォスター。本国カナダではバンドが名誉あるJUNO賞にノミネート、更に日本ではキングレコードと契約。 映像&音楽プロデューサーやライター、フォトグラファーなどの顔も持つフォスターは大の野球好き、ウイスキー好きとして知られ、2匹の愛犬LeonardとMacKayeを溺愛している。肩書きや活動は多岐に渡れど、本人はシンプルにアレックスと呼ばれるのを好む。
Alex Henry Foster is the lead singer and songwriter of the alternative, noise rock and post-punk international band “Your Favorite Enemies (YFE)”. Hailing from Canada, the band is a nominee at the prestigious Juno Awards and signed on Japanese label King Records. When not in studio or on tour with his band, Foster is also a writer, photographer, art designer, and video and music producer, as well as a true baseball fanatic, a skateboard and underground culture kook and an avid whisky lover. He’s also the proud daddy of two dogs named Leonard and MacKaye. But most of all, he likes to simply be called Alex.

<Vol.4>自己追放/Exile From Myself


“幸せになりたいのなら、なりなさい” – トルストイ

“If you want to be happy, be” – Tolstoy

beeast_release004_IMG_3829

僕は今モロッコにいる。こちらに来て、まだ2日目。これから8週間を素晴らしくインスピレーションに溢れた街、タンジェで過ごすんだ。もう既に家のように感じている美しいゲストハウスDar Nourの屋上にあるテラスで、赤ワインを嗜んでいるよ。タンジェのカスバ(旧市街)の中心、北アフリカの暖かい太陽がゆっくり夜へと消えていく前、最後に見せる明るい鮮やかな光を眺めてる。風は優しく僕の顔を撫でる。海からのフレッシュなそよ風だ。海は空の青さを反射している。世界の鏡さ。その絶え間ないダンスは、僕がいる場所からほんの数歩。その完璧な景色からは、魅力的なスペインが見えるんだ。海の音を通して、何度も何度も僕を招いている…否定するには美しすぎるし、拒絶するには繊細すぎる、自制するには魅力的すぎるよ。

I’m presently in Morocco, only 2 days in what is scheduled for me to be an 8-week residency in the utterly inspiring city of Tangier. I’m having a glass of red wine on the upper roof terrace of the Dar Nour, a magnificent guest house I right now live in, a place I already call home. In the middle of the kasbah of Tangier, I face the warm North African sun that generously offers a last display of its bright and vivid lights before slowly setting in a poetic fading evening motion. The wind gently caresses the welcoming surface of my face, fresh breeze from the sea, reflecting the pure blue of the sky, mirror of world, that steadily dances only a few steps from where I stand. The perfect scenery reveals the attractive charms of Spain, inviting me over and over through the sounds of the ocean… Too beautiful to deny, too delicate to refuse, too desirable to withhold.

4-1beeast_release004_20160527_morocco_tangier_07_darnour0110

スペインには、もう多すぎるほど何度も恋に落ちてるんだ。その魅力を肌で、心で、魂で感じるのを拒絶なんてできないくらいにね。僕の頭の中だけの物語かもしれないけど、それでもスペインは僕の心をしっかりと握っている。たとえ時間がそれを奪おうとしていても。ときに思い出は守り抜く価値のあるものだ。鮮やかに保ち続ける価値のあるものだよ。たとえ、もう1日だけだったとしても。たとえ、笑いながら追いかける子供たちに捕まった雪が溶ける前、その一瞬を盗み見るくらいだったとしても。成長するにつれて思い出せなくなる青春の宝物は、毎日少しずつ僕を不安にさせる。大人になるにつれて、少しずつ忘れがちになって、以前は嫌っていた香りのノスタルジアを育てるんだ。メランコリアに治療法はない。それは生きていて、本当に生きていて、自分たちが達成しきれなかったもの、失くしたとか、盗まれたって報告したい思い出の宿命論から生まれた皮肉的な精神を癒す。まるで、今や、より大きな嘘でカバーする必要のある、ほんの小さな真実のために全てを引き換えにしたこと、その事実に耐えやすくするかのように。若さは、心の状態であり、それが生き方を決める…そう思ってる。

I fell in love with Spain too many times to refute its charms and attractions on my skin, on my heart and on my soul. It holds a story that might have only existed in my mind, but Spain nonetheless holds a part of me I would never try to reclaim, even if time would want to take it away from me. Sometimes, memories are worth fighting for, are worth keeping alive, if only for another day, for another furtive look between the present seconds, slipping away, like snowflakes captured by kids chasing them with their mouth open are melting. Youthful treasures we tend to disremember as we grow always a little more worried everyday, as we mature always a little more forgetful, feeding the nostalgia of flavors we rebuke. Melancholia has no remedy. It’s living, truly living, that heals our cynical spirit from the fatalism of what we have left behind, that we like to report as lost or stolen, as if it made easier to bear the fact that we traded everything for a little truth we now need to cover with way bigger lies. Youth is a state of mind that defines our way of life… I guess.

活気溢れるタンジェは、今とても静かだ。子どもが遊んでいる笑い声がなかったら、余計にね。僕はその秘密に魅了されてる…ここでは、沈黙はまるで若い女性の赤い唇を覆うショールのようだ。彼女たちは熱く輝く目を見たいと望む者たちにミステリーを与える。謎めいた最高傑作だ。実際、信じがたいけれど、数え切れないほどの建物が集まった幾千もの小さな通りには、そこから聞こえてくる音以上に、たくさんの物語が存在し、僕らの用心深い目の前を静かに通り過ぎていく時間を懐かしみ、力なく、もしくは消極的にひれ伏しながらも、最も大切な瞬間が日々消えていくのを目にしている。

Tangier is presently incredibly quiet for such a vibrant city, if not for the sound of children playing and laughing. I’m fascinated by its secrets… Here, silence is like a shawl covering the red lips of young women who offer mysteries to those willing to look in their glowing eyes, enigmatic masterpieces. In fact, it is difficult to believe that underneath this collection of tiny streets covered by an assemblage of countless buildings reside more stories than sounds can tell, reminiscent of the time silently passing before our wary eyes, powerlessly or passively surrendering, yet witnesses of our most precious moments disappearing as fast as days go by.

beeast_release004_20160527_morocco_tangier_02_medina0008beeast_release004_20160527_morocco_tangier_05_kasbah0078

タンジェへは一人で来た。僕をよく知る人たちにとって、それは驚きであり、困惑でもあった。僕の生き方や、自らが誕生させた現実とは正反対のことだったからね。この世の恐怖が、体験できなかった幸せを響かせる、説得力のない音の影に終わることであるとき、もう既に素晴らしい人々に囲まれてるのに、誰が一人でそこを離れる?僕は自分と向き合う時間が必要だったのかも…もしくは、こういうのが自分なんだって、いとも簡単に決めていたことを再定義するための、自己追放だろうか?人は嘆きの疎外感に簡単に負ける。感情的に承諾した犠牲は、簡単に妥協したことによって、ずっと続く悲しみとなる。自分を再び立て直そうと、生涯その道を探す人たちもいる。かつて信じたものの欠片を保ち続ける理由を見つけるために死ぬ人だっている。僕といえば、太陽の光を浴びながら、ここに来る必要があったということ以外、何も分からないでいる。もしも、僕らが作ったこの世界の後継者が僕ら自身なのだとしたら、何者でもない僕として受け入れてくれたタンジェの暖かくて塩っけのある空気を吸いたいと思ったんだ…友人かのように僕に笑いかけ、息子かのように抱きしめてくれる人々…アレックスというよりもヘンリー、フォスターと呼ぶ人はほとんどいない…それは、とても良い気分なんだ。とてもね。

I came to Tangier alone, which was surprising for those who are very close to me and even more puzzling for the others. It comes as such a contrast to the way I live, to the reality I gave birth to. Already surrounded by wonderful people, who would leave on their own when the world’s biggest fear is to end up a shadow of unconvincing sounds echoing a happiness never lived? I might have needed this time to face myself… Or is it a sort of self-imposed exile to redefine what I so easily determined as being myself? We tend to easily concede to the alienation of our grief, emotionally consenting victims turned into a reminiscence of what effortlessly becomes an everlasting sorrow of compromises. Some people will constantly search to reinvent themselves. Others will die to find a reason to remain a simple fracture of what they believe they once were. As for me, drenched in the sun’s radiance, I don’t know much of anything, if only that I needed to come here somehow. If we are the heir of the world we craft, I wanted to breath its warm salty air as the unknown figure the Tangier brilliance offers me to dwell on… a stranger being smiled at like a friend, hugged like a son… More Henry than Alex, less Foster than anything else… And it feels good. Very good.

beeast_release004_20160527_morocco_tangier_05_kasbah0047

朝は、モスクのスピーカーから流れる祈りの音で目覚める。どれだけ違う文化を持っているかを思い出すよ。一人で夜明けを見ることも、あまりないしね。朝起きたとき自分がどう感じるかとか、誰と一緒に目覚めたいかについてじゃなくて…僕にとっては理由が大事なんだ。目覚めの光が地平線を照らすのを見るために、僕は起き続けてる。探検への好奇心を抑えながら、自分で制限した目に見えないラインを越えて、何が発見できるだろうって思いながら。真夜中に僕が生んだ世界の端に横たえる、手つかずの謎。それが、僕の早朝のイマジネーションになるんだ。多分だからこそ、ここに来たかったのかも。それか、少なくとも、そう導いたきっかけにはなってると思う。でも、単純に招かれた感じがしたんだよね。この街は、僕にとって、とても馴染みのある場所だ。約束や奇跡が待つ大陸に建てられた街。その目は、海の向こう側で駆け巡っている魅力的な輝きを求めている。今日みたいな日は指先で触れられるんじゃないかと思うくらい近い場所。とても近いから、景色を見る飢えた視線だけで、その美しさが壊れてしまうんじゃないかと思うほど、脆くあり、素晴らしくもある。一瞬でもあり、永遠のような。

Waking up to the sound of the mosque speakers reminds me how distant cultures could be from a prayer to another. I haven’t seen many dawns on my own. It’s not how you feel waking up in the morning nor with whom you would love to do so… For me it’s more about why. I keep waking up in order to look at the awakening light that glares on the horizon, wondering what may be discovered beyond the invisible lines I designed by my own restraints, disallowing curiosity to explore. Untamed mysteries laying down at the very edge of the world I give life to in the darkest hour of the night, those are the places defining my early morning imagination. Maybe that’s why I came here after all, or at least the spark that led me here. But I guess I simply felt invited here, in a city that feels so familiar to me. A city whose feet stand on a continent of promises waiting to be fulfilled, of miracles waiting to be unfolded. A city whose eyes crave for the dazzling splendors twirling on the other side of the sea. So close that it feels like we can touch it from the tip of our yearning fingers on a day like today. So close that it feels like we may break its marvels only by our hungered sight holding its view, as fragile and magnificent as it is. Impermanent yet eternal.

beeast_release004_IMG_3802

一瞬と永遠というテーマは、僕がここへ来た理由の一つでもある。でも確かなのは、書くことが、僕にとって思い出を生かし続ける方法だってこと。過去について思いに耽るというよりも、いつもと違う環境が尊厳について深く考える機会を与えてくれた感じ。たぶん、憂いも僕が人生の物語に思いを馳せるよう仕向けているかも。僕だけが唯一しがみついているだろう物語に。時間は残酷な健忘録だ。特に、難しい健康状態で曲を書こうとするときにはね。時間は避けられないものを連想させる。全てが冷たくて、感情のないファッションに要約されたかのような。それを悲観的な見方だという人たちもいれば、ロマンチックなゴシック詩として高める人たちもいる。個人的には、僕が長いこと不思議に思ってきて、注意深く、忠実に、しつように考え続けてきた現実の、無数にある色合いに命を与えるきっかけのように見てる。

The ideas of impermanence and eternity might be amongst the reasons why I came here. But one thing’s for sure, writing has always been a way for me to keep memories alive. Not as much in musing about the past as contemplating the majesties that different environments have offered me to find myself in. Maybe illness also compels me to lay down some life stories I might be the sole witness to hold on to. Time is a cruel reminder, especially when you need to compose with difficult health conditions. It reminds you the inevitable, all summarized in a cold, emotionless fashion. Some may see it as a sad and pessimistic perspective, while others may elevate it as a romantic type of gothic poetry. Personally, I see it as an opportunity to give life to the innumerable shades of reality I kept wondering about for so long, that I kept pondering about so carefully, so faithfully, so obsessively.

僕は疑問を抱き、物思いにふけり、じっくりと考える。けれど、時間が手なづけられない悲しみや嘆きの野獣となって襲ってこようとも、本当の心と魂の状態を受け入れるとき、感情的乾きは永遠に続く幸せの祝祭になれるんだと学んだんだ。満ち足りた喜びは、愛への信仰、人生への希望を復活させることのできる献身の心だ。ロシアの詩人であり哲学者であるレオ・トルストイが素晴らしく書いたように、”幸せになりたいのなら、なりなさい”…それについて、ずっと考えている。昨年11月、Your Favorite Enemiesと一緒に日本からカナダへ帰ってきた時から。自分が見たいこととは、発見したいこととは、体験したいこととは…。”Tokyo Sessions”は、そういう気持ちの変化から生まれたものなんだ。アルバム『Between Illness and Migration』が、人生そのものに対して必要としていた変化へのメタフォリックな願いだったのなら、”Tokyo Sessions”は、それを受け入れたこと、その自由への祝いなんだ。

I wonder. I muse. I ponder. However much of an untameable beast of sorrows and grieves time might dress up like, I’ve learned that emotional bleakness can be turned into an eternal blissful jubilee once our true state of heart and soul is acknowledged. Joyful plenitude is a resilient dedication of faith in love and hope in life. As Russian poet and philosopher Leo Tolstoy so gracefully wrote: “If you want to be happy, be”… That’s what I’ve been musing about since I came back from Japan with Your Favorite Enemies last November, what I’m allowing myself to look for, what I’m more enthusiastic to discover, what I’m willingly disposed to embody. “Tokyo Sessions” is resolutely the profound incarnation of that major emotional shift in my life. As much as the album “Between Illness and Migration” was a metaphoric wish for my transitioning need towards life itself, “Tokyo Sessions” is the celebration of its embracement, of its freedom.

実際、”Tokyo Sessions”はプレゼントであり、解放的な贈り物だ。そして、どんな解放も新しい視点を伴う。僕としては、ここ数年、自分がいかに物事や機会を味わって感謝する時間を取ってこなかったか、ということに気づかせてくれた。そういう経験から色々なことを得ることができたはずなのに。だからこそ、”Tokyo Sessions”が完成したあと、愛すべき人たちのうち数名と一緒に時間を過ごすことにしたんだ。ベンとセフを誘いドミニカ共和国で休暇を取り、イギリスはブライトンへジェフと音楽カンフェレンスへ行き、ベン、セフ、ジェフ、YB、ステファニーと一緒に2週間モロッコを旅して、そのあとまた、ジェフと一緒にドミニカ共和国へ行った。そうしてまた、今年5月に過ごしたタンジェへ、調子の悪い僕の鼻腔に潮風を与え、身体を休ませるために戻ってきた。そして、作詞をするためにもね。もしも、その気になったら。

In fact, “Tokyo Sessions” is a present, a liberating gift. And with every liberation comes a greater sense of perspective. For me, it revealed that I never really took the time to appreciate much of anything in the last couple of years, that I didn’t taste much of the opportunities I’ve had the highest privilege to benefit from either, whatever the reasons could have been. This is also why, once “Tokyo Sessions” was completed, I decided to spend time with some of my loved ones. I invited Ben and Sef for holidays in Dominican Republic, went with Jeff to a music conference in Brighton, UK, made a 2-week tour of Morocco with Ben, Sef, Jeff, YB and Stephanie and went back to Dominican Republic with Jeff. After all of this, I decided to come back to Tangier, where we spent a few days in May, in order to give my bad sinus condition some seaside love, to get some desperately needed rest and to write a little, if disposed to.

4-2

実は、最後に書いたBEEASTの記事が6月2日って、だいぶ前だったことに気づいてなかったよ…それが本当かどうか、チームのメンバーに確認をとったくらいだ。最後に書いた記事から、これまでのあいだを振り返っても、やっぱり、ずっと前のことのように思える。みんなからの素晴らしいリアクションや受け取った多くの質問を考えてみてもね。前回の記事で、”Tokyo Sessions”がYour Favorite Enemiesの最後のアルバムかもしれないって言ったんだ。僕らの繋がりがみんなにとって、どれだけ深いか、バンドの言葉やサウンドを通して経験したことが、どれだけ大切なものかに気づいて、とても感動したよ。そして、僕のステートメントによって素晴らしい愛の波を見たことで、圧倒されたのと同じくらい、それでもなお、これが最後かもしれないという事実は、悲しいかな、拭えない。そして、もしも最後だったとしても、”Tokyo Sessions”は、僕らのユニークな旅への誠実な完了になるだろうと思うし、新しい言葉やサウンドの創作に必要だった完璧な解放になると思う。

Actually, I didn’t realize that my latest BEEAST publication was as far as June 2… I had to ask home to make sure it was accurate, which, in retrospect with everything that the last few months separating my publications were made of, definitely looks like a lifetime ago, enough of a long time for me to understand more about the passionate reactions and fervid interrogations towards my statement implying that “Tokyo Sessions” could be Your Favorite Enemies’ last album. It really touches me to realize how deeply significant our relationship, lived through the band’s words and sounds, is for you all. And as incredibly overwhelmed as I’ve been to witness the effervescent waves of love my statement created, I cannot bear the fact that it might nonetheless be. And if it was to be, “Tokyo Sessions” would be as much of a sincere completion to our unique journey as it would be the perfect disenthrallment needed for the creation of new words and sounds.

beeast_release004_IMG_3783

どうなるか、誰にも分からない。もしかしたら、新しい曲やアルバム、または別のアーティスティック・プロジェクトへのインスピレーションをタンジェの街角で見つけるかもしれない。それは、暖かい歓迎の笑顔かもしれないし、多色的な感覚や、シンプルな瞬間の盛大さかもしれない。ヘミングウェイが言うように、”今では、正しいものなんて何もないと分かる。それは正しいんだ”。そして、正直さをもって見た世界こそが、ありのままの世界だって信じてる。自分に正直になるのと同じレベルで、世界を見るんだ。

今、タンジェは夜の光が輝く時間だ。こんなに穏やかな気分になったことはないよ…シンプルにハッピーなんだ。君はどうだい?トルストイは何となく正しかった?!?

Who knows, I may find inspiration for another song, another album, another artistic project waiting for me at a street corner in Tangier, may it be an inviting smile, a polychromatic sensation or the grandiosity of a simple moment. As Hemingway said: “I know now that there is no one thing that is true – it is all true.” And I believe that it’s only through honesty that we can truly see the world as it is; we see it with the same level of honesty we have towards ourselves.

It’s now time for the night lights to shine over Tangier. I have never been so at peace to be… So simply happy. What about you guys? Was Tolstoy somehow a little right?!

beeast_release004_IMG_3799


 
Website: http://www.yourfavoriteenemies.com
Facebook: https://www.facebook.com/alexhenryfoster
Instagram: https://www.instagram.com/alexhenryfoster/
Twitter: https://twitter.com/umitohanasuhito
LINE: http://line.me/ti/p/@sew9815s
 


  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年5月13日更新
第三回「骨折の話」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年4月8日更新
第13回「HARUMI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年1月20日更新
その5「惑星にて」
高橋浩司
高橋浩司
2017年4月5日更新
第11夜「エネルギー」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話