演奏

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:吾妻仁果

z00南緯60度から70度にかけて、暴風や荒波が絶えない、世界一激しい海域が存在する。世界一周の航海時に避けて通れない難所で、”screaming sixties”と呼ばれ恐れられている。
 
そんな呼称を自らに冠し、嵐を巻き起こしながら世界制覇を企むバンドがいる。それが、もんてろの2人からなる絶叫する60度だ。
 
2014年8月に絶叫する60度 with 6% is MINE名義でデビュー後、全国各地を舞台に年間300本近くのライブ出演を続ける彼女たち。時に車で寝泊まりをし、またある時には全国40組のガールズバンドを集めた7日間連続開催「絶叫する爆女祭」を主催したり、またある時にはテレビ朝日系番組「アイドルお宝くじ」で「2017年絶対に売れるアイドルランキング」第1位に選出されるなど、その活動はバンド、アイドルといったカテゴリーを遥かに超越し、ジャンル分けしたその先に君臨し続けている。
 
本記事では絶叫する60度の生き様=ライブが直球に伝わる自主企画ライブ、その名も「合宿」の模様をレポートしたい。「半端なパフォーマンスをしたら次から呼ばれない」という熾烈な対決は、いつしか共演者の間に切っても切れない”縁”を作り出した。そして、互いが互いをライバル視し、時にダメ出しさえしながら、成長し合っている。
 
絶叫する60度が同志として認めている、この合宿の参加者は、nAginAtABACK TO THE NYの2組。そこにゲストが加わる形だが、今回はTHE SALAが参戦。本イベントに先立ち大阪で行われた「心斎橋合宿」に召集され、意気投合。急きょの参戦が決まった。4組の熱演の模様を以下レポートしたい。

◆nAginAtA

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

「合宿」。こうした馴れ合いでない本気の対バンは、この時勢決して多くない。フロアの人々も、「観客」ではなくイベント運営スタッフの一員として、「参加者」としてそこに立っている、という印象だ。とは言えピリピリした感じではなく、アットホームな現場の空気感だ。
 
そして午後7時、開演。1組目はnAginAtAまたちゅん(Drums)、女の子(Vocal & Bass)、そしてサポートのCHIKA(Guitar)がステージに立つ。「私たちの居場所はここにしかない!」…そう痛切に訴えると、轟音をとどろかす。
 
明朗な女性ボーカルに男性の絶叫ハイトーンも加わる、元気いっぱいのステージ。2曲目「ティクタク・タクティク」で拳を挙げると、3曲目「今宵、想い燃える月」ではエモーショナルなサウンドに乗せてメッセージをしっかりと聴かせる。
 
中盤、女の子が「色んな夢を叶えるまでここに居続ける」と語ったように、ステージに立つことにこだわり、勝負し続けるその姿勢は、確実にフロアに伝播する。最後の曲、アップテンポな「RE:START」では熱気ほとばしるギターに触発されて掛け声も起こり、一体感のあるライブが展開された。

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

◆nAginAtA メンバー
女の子(Vocal & Bass)
またちゅん(Drums)
CHIKA(Guitar/※サポート)
 
◆セットリスト
M01. セーブデータ
M02. ティクタク・タクティク
M03. 今宵、想い燃える月
M04. RE:START
◆nAginAtA 公式サイト
http://naginata48.wixsite.com/ojyarumo1
 


◆絶叫する60度

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

会場が暗転すると、フロアがざわつき始める。2組目に登場するのは合宿の主宰者、絶叫する60度だ。ステージにもんてろが現れると、なんといきなり「ラジオ体操第二」が始まった!フロアも含めた全員でしっかりと準備運動…の途中、唐突に凶悪な爆音へと切り替わる。「歌え!」その言葉により暴発解禁!皆で一斉にフロア最前列に駆け込む!
 
続く2曲目「空蝉の華」はクールな和ロック。もんてろはフロアに背を向け拳を挙げるのだが、それが2人とも、そしてフロアのファンたちともピタリと合致し、見事な一体感。さらに3曲目「才の雨に撃たれて」で高揚感を増し、4曲目「桜は二度散る、そして二度咲く」では闘志みなぎるヘッドバンギング。5曲目「small money、sweet honey」では重低音が心拍数を上げてくれる。2人の歌声のポップさとは対照的な、ブリブリの重音がクセになりそうだ。
 
「何も考えずに自由に遊んでいこう!」そんな煽りから、6曲目「大惨事ぼっち戦争」へ。ゴリゴリのギターフレーズは生音でなくともフロアを踊らすには十分な迫力だ。も柵によじ登ってフロアを煽る。
 
スローな楽曲「T字路」でいったんクールダウンすると、最後は「Only Place We Can Cry」で再びヘドバン。余計な脚色の要らない、平和に暴れる。それが絶叫する60度のライブの流儀だ。

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

◆絶叫する60度 メンバー
(Vocal)
もんてろ(Vocal)
 
◆セットリスト
M01. ラジオ体操第二~絶叫ジャッジメント
M02. 空蝉の華
M03. 才の雨に撃たれて
M04. 桜は二度散る、そして二度咲く
M05. small money、sweet honey
M06. 大惨事ぼっち戦争
M07. T字路
M08. Only Place We Can Cry
◆絶叫する60度 公式Twitterアカウント
https://twitter.com/zekkyo60
 


◆THE SALA

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

荘厳なSEに乗せて、Kouhei(Guitar)、Nakamu(Bass)、Hiroki(Drums)、そしてEmiko(Vocal)が登場。拳を高々と挙げると、Emikoの「Give me the power !!」アカペラ熱唱に手拍子、足踏み。フロアの”参加者”たちもストンプのように思い思いに体を動かし、音を鳴らす。
 
2曲目は「Vengance is mine」。ギターが煽り、タイトなドラムに心拍数が上がる。Nakamuが「楽しんでいきましょう!」と一言。ありきたりな言葉のようだが、これ以上に今この瞬間に必要な言葉はなかっただろう。フロア大炎上、勢いそのままに楽しさ全開のパーティーロック、3曲目「Carnival」に突入。Nakamuもフロアに降りて、走る!サークルピットがフロアに作られ、4曲目「Monster Mosh Circle Dance」になだれ込む。
 
狂喜乱舞、咳き込むほど楽しさ溢れるライブ!「やろうぜって言ったら、やるしかねー」「現場が最強!」とこの日のステージに懸ける思いと、招集した絶叫する60度への謝辞を矢継ぎ早に告げると、たっぷりと間を取り、静寂を作る。もう一度、ゼロから作り出し、拳を掲げる。全てを包み込むボーカルで、最後は「START」を熱く演奏。最後の最後まで、沸点超えのステージが繰り広げられた。

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

◆THE SALA メンバー
Emiko(Vocal)
Kouhei(Guitar)
Nakamu(Bass)
Hiroki(Drums)
 
◆セットリスト
M01. POWER TO LIVE
M02. Vengance is mine
M03. Carnival
M04. Monster Mosh Circle Dance
M05. START
◆THE SALA 公式サイト
http://sala-web.com/
 


◆BACK TO THE NY

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

「全力で行こうぜ!」最後にステージに立つのは”バクニュー”ことBACK TO THE NY。メガネ姿の友山真佑とサポートの田中宏輝(Guitar)によるツインギターが青く爽快なロックを奏でる。1曲目「アイデンティティ」に続く2曲目「Try for now」では紅一点のベーシスト青木詩織(Bass)もフロアを煽り、野太い掛け声が響き渡る。
 
3曲目「母へ」は男女コーラスに、エモさが増すサウンド。ギターはどこまでも軽快。音に説得力があるのは、志水亮(Drums)の叩くドラムに安定感があるからだろう。4曲目「リバイバル」では再びフロアを踊らす。BACK TO THE NYにとってこの合宿は「しょぼいと思われたらクビにされる」と、当初は相当なプレッシャーの募るものだったという。しかし、そうした本気がいつしか彼らを虜にし、ランナーズハイ状態を作り出しているようだ。
 
「本気で遊びに来てくれる」と、集まったフロアの人々に改めて礼を言うと、ラストスパート!最後はデビューアルバム『夕景アンインストール』にも収録された「トワイライト」で快走!バンザイしたくなる多幸感が自然とアンコールの拍手を発生させ、さらにもう1曲、とせがむ。10代の頃、夏の合宿最終日の、あの「まだ終わらないで欲しい」という気持ちが充満する、濃厚な一夜であった。

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhotoPhoto

PhotoPhoto

◆BACK TO THE NY メンバー
友山真佑(Vocal & Guitar)
青木詩織(Bass)
志水亮(Drums)
田中宏輝(Guitar/※サポート)
 
◆セットリスト
M01. アイデンティティ
M02. Try for now
M03. 母へ
M04. リバイバル
M05. Diary
M06. 未来ロジック
M07. トワイライト
-encore-
E01. アイデンティティ
◆BACK TO THE NY 公式サイト
http://sala-web.com/
 


 

◆関連記事
【特集】Place2015
http://www.beeast69.com/feature/141903
【連載】ACTION 20 脱・無関心(THE SALAインタビュー)
http://www.beeast69.com/serial/mukanshin/123440
【連載】新譜るLIFEダイアリー THE SALA「FRIENDS / 窓際の夜」
http://www.beeast69.com/serial/simple/136657

 
 
  コラムニスト
The HIGH
2017年7月19日更新
第1回「初陣」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年7月2日更新
第14回「MIKI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話