特集

lead_samurai-ST2

TEXT:桜坂秋太郎 PHOTO:岡田祐貴子

STF
 

Part1はコチラ↓

ROCK SAMURAI STORY SABER TIGER(Part1):http://www.beeast69.com/feature/149397

 

img_main_20160307

TOUR2016 “BYSTANDER EFFECT season2”

・2016年03月19日(土)【宮 城】仙台HOOK
OPEN 16:30 START 17:00 前売3,500円 当日4,000円(Drink代別途)ACT:SABER TIGER / Colony of Meditation / DETHBOUND / Refion13 and more…
・2016年03月20日(日)【山 形】山形FRANK LLOYD WRIGHT
OPEN 15:30 START 16:00 前売3,500円 当日4,000円(Drink代別途)ACT:SABER TIGER / Colony of Meditation / イーチモス / in to this loveless bride / チームラピス
・2016年03月21日(月)【山 形】鶴岡ROCK BAR OVER DRIVE
OPEN 19:00 START 19:30 前売3,500円 当日4,000円(Drink代別途)ACT:SABER TIGER
・2016年03月23日(水)【福 島】福島AREA559
OPEN 19:00 START 19:30 前売3,500円 当日4,000円(2Drink代別途)ACT:SABER TIGER
・2016年03月24日(木)【千 葉】柏ThumbUp
OPEN 18:30 START 19:00 前売3,500円 当日4,000円(Drink代別途)ACT:SABER TIGER / 絶叫する60度 / and more…
・2016年03月26日(土)【東 京】新宿BLAZE
OPEN 15:30 START 16:00 前売5,000円 当日5,500円(Drink代別途)ACT:SABER TIGER / CONCERTO MOON / Gacharic Spin / HEAD PHONES PRESIDENT / Jupiter
 
HEAD PHONES PRESIDENT 15th Anniversary Album”alteration”Release Tour

・2016年04月09日(土)【北海道】札幌DUCE
OPEN 18:30 START 19:00 前売4,000円 当日4,500円(Drink代別途)ACT:HEAD PHONES PRESIDENT / SABER TIGER
 
SABER TIGER 35th ANNIVERSARY SPECIAL GIG KOREA

・2016年04月30日(土)【韓 国】ソウル市麻浦区All Of Rock(A.O.R)
18:00 前売30,000ウォン 当日40,000ウォン ACT:SABER TIGER / DOWNHELL / MAHATMA / KASI
ChiWacken

・2016年05月03日(火)~5日(木)【千 葉】印西市特設会場
ACT:PULLING TEETH / CASBAH / HEAD PHONES PRESIDENT / SABER TIGER / TOKYO YANKEES / The Kandarivas / and more

STF
 

◆新譜『BYSTANDER EFFECT』全国流通盤3/16(水)発売!
 
日本ヘヴィメタル界にて孤高の存在であり、結成以来35年の長きにわたり、シーン第一線で活動してきたSABER TIGER(サーベルタイガー)の新作がついにリリース。結成35周年記念アルバムとしてリリースされるこの作品は、「BYSTANDER EFFECT」(バイスタンダード・エフェクト)とタイトルされ、全11曲の新曲で構成、バンドとしては数年ぶりに日本語による楽曲も収録されている。タワーレコード限定商品として11月にDVD 付き初回限定盤が発売され、発売日前に予約分で完売。セカンドプレスとなるCD のみの通常盤も即完売となり、現在入手困難となり中古市場では高値がついている本作品の全国流通盤がついにリリース。
 
【日本ヘヴィメタル界孤高の存在。SABER TIGER 3年ぶりにして結成35周年記念アルバム。】
限定盤(初回限定盤、セカンドプレス盤)が即完売。入手困難になっているアルバムの全国流通盤がついにリリース。

<<収録曲>>
M01. Dying Breed
M02. Sin Eater
M03. 輪廻
M04. Dreadot
M05. Heroism
M06. What I Used To Be
M07. その果てを知らず
M08. Just-World Hypothesis
M09. An Endless End
M10. Devastation Trall
M11. Shameless

 


 

 


◆SABER TIGER Magazine
 
新譜『BYSTANDER EFFECT』のレビューや、メンバーインタビューなどが掲載されている雑誌。
 
・We Rock vol.50
サウンド・デザイナー2016年 01月号増刊
 
・YOUNG GUITAR (ヤング・ギター)
2016年 01月号
 
・BURRN! (バーン)
2016年 01月号

 

STF
 

下山武徳 インタビュー【part2】

0-03

—『BYSTANDER EFFECT』のツアーで国内サーキットをされましたが、大変素晴らしかったという声を多く耳にします。全国ツアーの感想をお聞かせください。

 
下山武徳:新譜ツアーは自分達も当然気合が入ります。古くから活動している(他の)バンドは、もちろんヒット曲もたくさんあって、それをやることでライヴがクライマックス的に盛り上がります。SABER TIGERは35年もやっていますけど、意外とそういう曲がなくて、せいぜい「MABOROSHI」(笑)。過去からの素晴らしい実績のある素晴らしいバンドさん達は、それで会場が一つになる曲、お客さんが求めている思い入れのある思い出の時代の曲などで、ライヴを構成せざるを得ないじゃないですか。
 

—はい。その通りに思います。

 
下山武徳:ところがSABER TIGERは新譜の曲を全曲やる。新譜全曲と、過去曲何曲かでライヴが構成されます。全曲やってCDと比較した時に、絶対ライヴの方がカッコ良いよなって盛り上がる。実際ライヴ映えする曲が半分でもあると「新譜良いよね!」って評価になります。だから僕が自負しているところは、SABER TIGERは新曲やると盛り上がる。もちろん皆が好きな曲や、必殺の曲はありますけど、新譜の曲をやって会場のボルテージが下がるとかはありません。
 

—なるほど。SABER TIGERならではのライヴアピールですね。

 
下山武徳:ただ僕らはマネージメントがなく(活動を)やっていますから、横波に弱くて(笑)。『BYSTANDER EFFECT』のツアーも、発売前にレコ発ライヴをやらなきゃいけない状況が起きてしまいましたが、新譜は全曲やるというコンセプトはそのままに、新曲を知らないお客さんを、いかに楽しませることができるか?それをより引き立たせるようなアレンジだったり、曲の配置だったりを考えました。オーディエンスの体に(新曲が)入っていない状況でも 「新譜良いよね!」と言ってもらえるようなライブにしようと、メンバーで話合って臨みました。
 

—その結果といいますか、実際はどうでしたか?

 
下山武徳:実際、手応えはありましたね。やっぱりライヴの反応ですよ、良いアルバムだったかどうかは。リリースした時点ではなく、ライヴでやって完結なんです。
 

—拠点である札幌とその他の会場では、オーディエンスの反応が違う部分などはありますか?

 
下山武徳:土地に寄って違いますけど、ライヴの雰囲気を作るのはお客さんなので。前の方にいるお客さんの熱や圧力が、バンドに作用して大体良いライヴになっていくものです。楽しみ方はそれぞれですけど、ヘヴィメタルを楽しむ作法は、手を上げたり頭を振ったり、拍手をしたり何リットルも汗をかいてナンボ。強いるものではないし、皆さん好きに楽しんでくれていいんですけど、大人しく観てる方も、触発されて欲しいですね。
 

—海外のメタルキッズをノックアウトできる作品を出し続けるSABER TIGERですが、海外ライヴについて、どのように考えているのか教えてください。直近でも韓国公演が発表となりました。

 
下山武徳:海外で鎬(しのぎ)を削っても、こちらが引いてしまうことはないです。コアなファンは僕らを知っているし、SNSのお陰で海外との繋がりも多いし。バンド同士も繋がっていたりするので、腰が引けるとかは一切ないですね。SABER TIGERは北海道のバンドですから、昔は本州に出ていく時も、ちょっと覚悟が必要でした。海外に行くのもあまり変わらない(笑)。韓国ではSABER TIGERって名前も浸透していますし、DOUBLE DEALERのCDも発売されているし、すごく楽しみにしてくれているみたいで。最初はメタル系イベントに「SABER TIGERどう?」ってノリだと思っていたんですが、SABER TIGERメインのイベントでビックリしています。
 

—単独ライヴや対バンライヴ以外に、フェスという形態もありますが、今後そのような出演についてはどう思われますか?

 
下山武徳:単独も対バンもフェスも出ていきます。今までは、出し惜しみではないけれど、露出が少なかったし。木下さんの体調の事もあって、ライブ本数も少なかったんです。今後は、SABER TIGERでステージに出る機会を、どんどん増やします。
 

—下山さん個人が毎年主催されている札幌のイヴェント『HAMMER BALL』は、毎回熱いアーティストが熱演をする内容となっていますが、SABER TIGERにとって『HAMMER BALL』の意味、位置づけは、引率的な役割という感じでしょうか?

 
下山武徳:うーん、引率とは思っていません。僕が拵えたテーマパークなんで、そこで一緒にSABER TIGERも他のバンドも遊んで頂くというか、ロックというテーマパークで遊びましょうよと。毎年素晴らしいイヴェントになっているので、もっとお客さんに足を運んで欲しいなぁと思います。札幌だけじゃなく全国的な問題なんですが、フェスになると動員が落ちるんです。ワンマンなら(お客さんが)入るバンドでも、イヴェントなら動員が1/5程度に……。
 

—確かに様々なイヴェントに足を運ぶと、それは痛感します。

 
下山武徳:やはり、イヴェントならではの楽しさを感じて欲しいし、好きなバンドだけ応援するんじゃなくて、興味のないバンドも実際観てみたら意外に良かったってこともあるし、食わず嫌いは止めて頂きたいですね。ミュージシャンが命懸けでやっているものですから、これは料理と一緒で、真剣に作った料理を喰いもしないで不味いと言って欲しくない。喰って不味いならしょうがないけど、間違いなく自信を持って提供している訳ですから。情熱に関しては無添加です。
 
0-04

—今回、まずタワーレコード限定でリリースした『BYSTANDER EFFECT』を、あらためて全国流通版としてリリースする経緯を教えてください。

 
下山武徳:僕は98年からメジャーレーベルで作品を出させて頂いて、業界で色んなものを見て来て感じたし、良い部分も悪い部分もありますけど、今の業界の在り方っていうのは凄く良くないと思っています。アーティストありきだから、アーティストを流通させる、露出させることは当然です。それでメシ喰ってるんだから。CD一枚売るんだって、たくさんの媒体が入ってるじゃないですか?プラケース業者とか印刷する業者とか、物凄い数の業者がいて色んな人達の力が合わさって一枚のCDになる訳ですよ。割ったら血が出るようなCDを預かったら、今度はそれを売ります。売るために営業かける訳よね。でもショップはとにかく、売れるモノだけを売りたいのです。これ売れます!よろしくお願いします!って、いかにお店で面出しして売ってもらうか。
 

—今の業界の在り方では、そうなりますね。

 
下山武徳:たくさんの人間の情熱が集まって、ようやくそうなる(お客さんの手元にいく)んだけど、結局CDが売れてアーティストにお金が入るのは、最後なんですよ。これだけアーティストが多くなると、間の営業も、そこまでの営業努力や熱量を持てないんですよ、なかなか。特にヘヴィメタルやマイナーなジャンルは。
 

—アイドルのような売れるものに比べると、ロック、特にヘヴィメタルは確かにそうですね。

 
下山武徳:華々しく活躍しているようなミュージシャン達と、よくこの話になるんですが、結局ソロ活動も制限されるし、制約がある割にはカネが入ってこない。僕がやろうとしたことは、まずミュージシャン側がシッカリした音を創る。地元札幌で音を録りました。これをショップへ。例えば……新作プリンを作りました。これを直接コンビニチェーンと販売契約したら、コンビニ側は限定プリンのコーナーを設置しますよね?それを音楽でやったらどうなんだろうってことでした。
 

—それでタワーレコード限定だったわけですね。

 
下山武徳:購入者のことを考えると、タワーレコードまで行くが大変な人もいるだろうし、ショップとしては在庫をたくさんストック出来ないんで、僕等の実績……。それ位だったら絶対に売れるという枚数をプレスしたんですけど。それがアっという間に売れたんです。なかなかの枚数ですよ、このご時勢に。で、次のプレスってなると(出来上がりまでの)タイムラグが出てきます。不便をかけたかもしれませんが、ショップの契約ってすべて(CDを)買い取りだから、そのままお金はバンドに入ってきたんです。
 

—買い取りでお金が直接入ってくるのは大きいですね。

 
下山武徳:お金がないとバンド活動出来ませんから。良い面や悪い面もあるけど、業界で誰もやらなかったことで、今回は成果が出たので良かったと思います。とはいえ、他のショップとの付き合いも大事だし、タイムラグは出ますけど、タワーレコードだけというのも申し訳ないので、全国流通版を出すことになりました。
 

—全国流通スタートに合わせて、『BYSTANDER EFFECT』の2回目のツアーが始まりますが、1回目と変化させるところはありますか?

 
下山武徳:このツアーに関しては変化させません。ぜひ東北の方に観てもらいたいですね。
 

—1回目のツアーに足を運んだ方のリピートはもちろん、事情で運べなかった方も、2回目のツアーに足を運ぶと思います。どんな事に期待して、ライヴ当日を待っていて欲しいですか?

 
下山武徳:初めてSABER TIGERを観る方も、曲を覚えられているんじゃないかと思いますので、皆と会場で一緒に合唱できるといいなぁ。日本語曲とか、合唱が起こると嬉しいです。もちろん、バンドとお客さんの一体感を味わえると思いますよ。
 

—全国流通がスタートする『BYSTANDER EFFECT』。最後に、この記事で今まさに購入をポチっとしようか悩んでいる方へ、背中を押すコメントをください!

 
下山武徳:悩んじゃってんのか?(笑)。音楽も食べ物と一緒で、合う合わないありますが、粗悪な物は作ってないし、変な添加物も入っていません。本当に上質な素材で、上質な物を作ってる自負心はありますから、とりあえず口の中に入れてみて欲しいです。安心してポチッて頂いて、気に入らなければ中古屋に売って(笑)、気に入ってライヴに来てくれれば完結しますから……。ライヴに来ないと、CDの良さは8割7割なんで(笑)。ライヴに足を運んで『BYSTANDER EFFECT』を完結して、次の作品を待っていてほしいです。
 

STF
 

SABER TIGER LIVE2016 BYSTANDER EFFECT ‐ PLUS
(2016年1月9日@札幌KLAPS HALL)ライブレポート text by 橋本昌浩【part2】

『BYSTANDER EFFECT』からは全曲、他は「Decisive」「ParagraphⅣ」及び「Messiah Complex」から構成されたセットリストは「最新こそが最強である」というバンド側の自信の現れだろう。「ライヴでみんなが大合唱できるように」とキャッチーな唄メロでアプローチされた『BYSTANDER EFFECT』を聴き込んできたオーディエンスは「この時を待っていた!」とばかりにバンドと一緒に唄い拳を突き上げ頭を振る。
 
「Bionic」ではリズムインのタイミングが変更され、よりライブ映えするアレンジに。「Just-World Hypothesis」から田中康治がエレクトリックギターのソロタイムでオーディエンスを煽り「An Endless End」に入る前に木下昭仁がアコースティックギターでのソロを聞かせる等の新機軸な面も。
 
サポートメンバーとしてベースを担当するHIBIKIALHAMBRAMardelas)はSABER TIGERでプレイするのが楽しくて仕方ないといった様子でステージを駆け回る。「ライヴ中に他のメンバー全員のお尻を一度は触る事もノルマ」と語るHIBIKIはムードメーカーとしてバンドに貢献しており、そんなHIBIKIに触発された他のメンバーも実に楽しそうに時折笑顔を見せながらプレイ。
 
翌日に55歳の誕生日を迎える木下昭仁は相変わらず流麗なギタープレイを見せつける。HIBIKIのアグレッシブさに感化されているのか?HIBIKIと並んだ木下昭仁のステージングは動きも大きくなり表情も豊かで演奏自体をより楽しんでいるような印象。以前と比較してシンプルな機材構成となっていたが、木下昭仁らしい荒々しさと繊細さが同居するギタートーンは健在。
 
鋭利でヌケの良いギタートーンでシュレッドなフレーズを次々とキメまくる田中康治。スィープやタッピングを織り交ぜた難解なフレーズを繰り出す一方「An Endless End」では情感溢れるアドリブソロも披露。木下昭仁とのツインギターは複雑な音使いで絡み合うリフワークとヴィブラートの幅まで合わせる緻密なハーモニーでオーディエンスを圧倒する。
 
水野泰宏のドラムプレイは最新型のHeavy Metalが高速で複雑なドラミングを基に構成されている事を理解させる。リッチな鳴りのCANOPUSシグネイチャーキットとヌケの良いPAISTEのシンバルで構成されるドラムセットを圧倒的な手足の打数で鳴らす水野泰宏HIBIKIとアイコンタクトで笑みを浮かべながらプレイしていた水野泰宏だが「Dvastation Trail」が終わった時点で「手足が吊って肉離れが起きそうな状態」になりステージから下がって躰のメンテを施す事に。

7-017-027-03
7-047-05
7-067-07
 

8-018-02
8-038-04
8-058-06

 
9-019-02
9-039-04
9-059-069-07


「Painted Red」からのセクションでは水野泰宏の回復を待つ間に冷えかけた空気感が嘘のように更にオーディエンスは加熱。「輪廻」から「Sin Eater」で本編は終了したが、ここまで一緒に歌い拳を振り上げ頭を振っても尚「もっとプレイしてくれ!」とオーディエンスはアンコールを要求。
 
1stアンコールで「The Vague Blessings」「Light-Thunder-Light」と怒涛の勢いでファストチューンを続けてバンドはオーディエンスの要求に応えるが、未だオーディエンスは満足せずにSABERコールを繰り返す。
 
2ndアンコールで演奏前にステージに運ばれてきたのはバースデーケーキ。翌日に誕生日を迎える木下昭仁へのバースデーケーキかと思えば、「1月3日生まれ!HIBIKI、ハッピーバースデー!」と下山武徳。サプライズに目を見開いて驚くHIBIKI下山武徳の先導でオーディエンスからハッピーバースデーソングが贈られ、顔をクシャクシャにして涙ぐむHIBIKIを見て貰い泣きするメンバーやオーディエンスも。そこから2ndアンコールとして名曲「Angel Of wrath」がプレイされたが、まだオーディエンスはこのLIVEが終わる事を良しとせずにSABERコールを繰り返しメンバーの名を叫ぶ。
 
最後は「SABER TIGERでイチバン速い曲ヤるからね」とBPM164の2ビート「The Hammer」をプレイ。骨太な荒々しいボイスで難易度の高いメロディを彼独特の極端にブレスが少ない唄い方で情感豊かに表現していく下山武徳。この日はコンディションも良かったようで3時間で21曲を唄い続けてもヴォルテージが落ちず、どこまでも伸びるようなハイトーンは最後まで鋭さを失わずにラストナンバー「The Hammer」を唄い切る。
 
SABER TIGER LIVE2016 BYSTANDER EFFECT ‐ PLUS」は『BYSTANDER EFFECT』のリリース前に札幌からスタートしたツアーのファイナルであり凱旋LIVEでもあり、2016年スタートのLIVEでもあった。バンドからは余裕さえ感じさせる絶対的な自信を持ったプレイがオーディエンスに提供され、新作を聞き込んできたオーディエンスはそれに呼応するように一緒に歌い拳を振り上げ頭を振りホール内が一体化したような濃厚で激熱な空間がこの夜に現出した。
 
「札幌、今日はありがとう!感謝します!」という下山武徳の言葉とメンバー揃っての礼でLIVEは幕を下ろそうとするが、極上な時間をバンドのメンバーと共有したオーディエンスはLIVEが終わるのを拒否するかのようにSABER TIGERへ送る拍手を止めようとはしなかった。

10-0110-02
10-0310-04
10-0510-06
 

11-01s
11-0211-03
11-0411-05
 

12-0112-02
12-0312-04
12-0612-05

 
13-0113-02
13-0313-04

STF
 

Part1はコチラ↓

ROCK SAMURAI STORY SABER TIGER(Part1):http://www.beeast69.com/feature/149397

 

◆Setlist
M01. Dying Breed
M02. Avenger
M03. No Fault / No Wrong
M04. Dividing Line
M05. Heroism
M06. Dreadout
M07. その果てを知らず
M08. Bionic
M09. What I Used To Be
M10. Just-World Hypothesis
M11. An Endless End
M12. Dvastation Trail
M13. Painted Red
M14. Hate Crime
M15. Shameless
M16. 輪廻
M17. Sin Eater
M18. The Vague Blessing(encore1)
M19. Light-Thunder-Light(encore1)
M20. Angal Of Wrath(encore2)
M21. The Hammer(encore2)
◆SABER TIGER Official Website
http://www.sabertiger.net/
 
 
 
◆Release Information
“BYSTANDER EFFECT”全国流通盤
2016年3月16日~発売!

 
 
 
 
◆Live Information
TOUR2016 “BYSTANDER EFFECT season2”
・2016年03月19日(土)【宮 城】仙台HOOK
・2016年03月20日(日)【山 形】山形FRANK LLOYD WRIGHT
・2016年03月21日(月)【山 形】鶴岡ROCK BAR OVER DRIVE
・2016年03月23日(水)【福 島】福島AREA559
・2016年03月24日(木)【千 葉】柏ThumbUp
・2016年03月26日(土)【東 京】新宿BLAZE
・2016年04月09日(土)【北海道】札幌DUCE
 
・2016年04月09日(土)【北海道】札幌DUCE
・2016年04月30日(土)【韓 国】ソウルAll Of Rock(A.O.R)
・2016年05月03日(火)~5日(木)【千 葉】印西市特設会場
★読者プレゼント★
SABER TIGERのペットボトルホルダーを、抽選で5名様にプレゼント!(締切4/24)
※ロゴ部分の配色はパープルとブルーで表裏となります。
 
ZZZご応募方法は“BEEASTファンクラブ”の方にお届けする「週刊ビースト瓦版(無料メルマガ)」にて記載いたします。
 
BEEASTファンクラブ”はコチラの『BEEASTファンクラブ』ページより簡単登録(完全無料)可能!
 

※『ファンクラブ』ページにある登録内容を送信してください。携帯からアクセスされている方はコチラに空メールを送信していただくか、ページ上のQRコードを読み込みの上メールしてください。仮登録の登録画面のメールが届きます。
【重要】携帯電話のドメイン指定受信を設定されている方は、prius-pro.jpのメールを事前に受信できるよう設定してください。

 

◆関連記事
【特集】密着レポート第22弾!SABER TIGER Tour 2015 -BYSTANDER EFFECT
http://www.beeast69.com/feature/142860
【特集】大盛りレポ!ロック増量Vol.35 HAMMER BALL 2015
http://www.beeast69.com/feature/140139
【PHOTOレポ】SABER TIGER TOUR 2013 ~Messiah Complex~
http://www.beeast69.com/report/55870
【レポート】SABER TIGER LIVE 2012 ~Hate Crime~
http://www.beeast69.com/report/48748

 
 


 
 
  コラムニスト
The HIGH
2017年11月10日更新
第5回「バンドマン」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年10月15日更新
第八回「一問一答」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年11月18日更新
第17回「HARUMI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
高橋浩司
高橋浩司
2017年10月30日更新
第13夜「最終回」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年12月14日更新
Progressive Man 第39話