連載

lead_simple

シナリオアート「エポックパレード」
TEXT:岡本恵里

「何でもない今日を 迎えられたあなたに 贈るよ」
 
苦悩と葛藤の末にたどりついた、シナリオアートの新境地は平凡な今日一日を送るすべての人に捧げる祝福のパレードだ。
 
デビューして2年を迎える男女ツインボーカル3ピースバンド、シナリオアート。”少しだけ非日常の世界”を独創的な世界観で表現し続ける彼らの初の単独シングルとなる今作は、何気ない毎日を祝福するための幸福なダンスミュージックに仕上がった。
 
メジャーデビューから今まで、めまぐるしいスピードの中で活動、飛躍し、成長しながらも数々の葛藤と戦ってきた彼ら。今年3月にリリースされたミニアルバム『dumping swimmer』は、日々の中で溜まった真っ黒な感情を解毒できるようにと制作された、彼らのダークサイドを表現した作品となっていた。
 
その時期を経て、ハヤシコウスケ(Guitar, Vocal & Programming)はこう語っている。「立ち止まってまわりを見渡せば 支えてくれるまわりの人達がいて 今この3人で音楽を鳴らせていて 何より僕等の音楽を愛してくれる人がいる こんなにも幸せだったって事に、やっとやっと気づけた。」
 
そんな彼らが生み出した今作は、底抜けのハッピーではない、まるで淡い色彩の絵本を手にとったような少しノスタルジックで深みのある、優しいファンタジーの世界。
 
ハヤシコウスケハットリクミコ(Drums & Vocal)が織りなすツインボーカルならではのドラマティックな展開や、”何でもない日々の幸せ”が優しく綴られた歌詞は、彼らを愛してくれる全ての人に気持ちを伝えようという思いが溢れていて、繰り返し聴き続けたくなるような中毒性と幸福感に満たされている。
 
カップリングとなる「ジンギスカンフー」も、軽快なリズムに乗せて繰り出される不思議な世界観を持った歌詞のセンスが光る、シナリオアートらしい楽曲。ライブでの掛け合いの声が今にも聴こえてきそうなほど躍動感でいっぱいだ。
 
これからのシナリオアートにとっての代表曲となるのは間違いない、2曲の中に彼らの魅力がたっぷりと詰まった今回のシングル。初回生産限定盤には、昨年行ったリキッドルームでのワンマンライブ映像が特典として収録されている。
 
また、今作も初披露されている「-シンカイヘ-」と題された全国ワンマンツアーも敢行中の彼ら。今作発売時点では大阪とツアーラストの東京を残すのみとなっているが、海の世界をテーマとした彼らならではの物語性とライブ演出で、シナリオアートの世界を存分に堪能できるはずだ。そして、今年も「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」など、名だたる夏フェスにも出演が決定している。注目度と人気が加速する、下半期の彼らの活躍も楽しみだ。
 

 


 
◆リリース情報
シナリオアート 1stシングル「エポックパレード」
・2016年07月06日(水)発売
初回生産限定盤(CD+DVD) KSCL-2742~3 ¥1,389+税
通常盤(CD) KSCL-2744 ¥926+税
<CD 収録曲>
M01. エポックパレード
M02. ジンギスカンフー
<DVD (初回生産限定盤Disc 2)>
Scenario Sessions
シニカルデトックス
ハロウシンパシー
トワノマチ

 


 
◆ライブ情報
・2016年07月08日(金)【大阪】BIGCAT
・2016年07月14日(木)【東京】EX THEATER ROPPONGI

 


 
◆シナリオアート オフィシャルサイト
http://www.scenarioart.jp/
 


 
◆関連記事
【レポート】新譜るLIFEダイアリー シナリオアート『Happy Umbrella』
http://www.beeast69.com/serial/simple/130214


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話