コラム
魔界通信
木暮“shake”武彦
1984年にREBECCAでデビュー。その後1986年にRED WARRIORSで再デビュー。
ギターヒーローとしての人気を博し、武道館や西武球場などの大型会場で公演を行う。1989年にロサンゼルスに拠点を移し、CASINO DRIVEを結成。1995年の帰国後は、ソロプロジェクトのPSYCHODELICIOUSや、Mt.DELICIOUSにて活動。
直近では、アコースティックスタイルのソロと、Pink Floydのカヴァーバンド、原子神母で活動をしている。

その2 「One of these days」


1

春から続いていたソロのアコースティックツアーも7月中旬で終わり、8月はピンクフロイドトリビュート“原始神母”のツアー、そして9月に入ってからは、8 年ぶりのレッドウォーリアーズのライヴ。この夏は久しぶりにエレキギターばかり弾いていた。
 
エレキギターは一人で弾いていても音楽にもならないし、音と音量、歪みは富士山麓の森の空気にはまったくマッチしないが、久しぶりにデカイ音を出すとやはり自分の中でカタルシスが起こる。アコースティックでもそれは脳内に充分に起こるが、エレキでガッキーンとやれ ばもう一瞬で体の細胞が喜んでいる感じがする。
 
初めてエレキギターを弾いてから40年、そろそろ年齢的にももっと浄化されていても良いような気もするが、自分の中の毒や戦闘本能のような物はいつになっ ても無くならない。きっとこの先もそう生きて行くのだと思う。
 
2

さて,魔界の親玉、ピンクフロイド
ある時は太古の世界、ある時は銀河の果てへ、心の闇の奥底、緑の草の上、海底の珊瑚礁の迷宮、輝いた少年時代、狂人や殺人鬼の頭の中へと縦横無尽に旅をする音楽。
 
直接言葉を感じる事は無くても,そのサウンドは驚きの連続,異次元であり、強烈なカタルシスを喚起する。ピンクフロイドを聴くのは、恐ろしく、美しい、感動的な体験だ。
 
日本のお茶の間には当然出てこないし、特にロックファンにはわかりづらく、哲学的、難解な音楽だと思われがちだが、代表作「狂気」は世界中で4500万枚も売れて,マイケルジャクソンに続いて歴代2位の記録を持つ世代を超えた大人気のバンドなのだ。
 
ビートルズの一番売れたアルバム「サージェントペパー」でさえ3200万枚。人類は“魔界”によるカタルシスを求めているのだ。フロイドの音楽は誰しもが持っている、現代社会では肯定されない心の闇に入り込み、浄化し、いつの日か人間が未来にたどり着くであろう美しい世界へと繋がる創造力を与えてくれると感じる。
 
その音楽を一度楽しいと感じてしまえば、あとはもうただひたすら楽しく、ライヴでは巨大なスタジアムを数えきれないほどのレーザービーム、ブタやベッドが 飛びまわったりと、それはもう魔界のディズニーランドとでも言うような楽しさだ。
 
1967年のサイケデリックイヤー、ロンドンに誕生したバンドもオリジナルメンバーがすでに2人他界,残ったメンバーも分裂してソロ活動に励んでいるの で、もうライヴでその音楽をダイレクトに感じられる機会は無いのかもしれないと思い、自分でやって見たいと思っていた所、たまたま神戸のチキンジョージで口にした事で、1本のトリビュートライヴが実現する事になり、それがツアーに拡大、翌年もやろうと言う事になり、結局“原始神母”というバンドに発展、今年 でもう4年目になった。
 
自分はなるべく少人数で演奏する方が好きなのだが,この時だけは総勢8人でピンクフロイドの音楽を再現する。1年に1度、自分の音楽も忘れて、高校生のような気分で遊べる最高の遊び場として、この感動的な音楽をたくさんの人達と今年もシェアする事が出来た。
 
3

そして、今月は今世紀3回目のレッドウォーリアーズ
 
こっちはもっとズバッとシンプルにR&R。20代の自分にとって、この世の中にこれ以上アブナく、楽しい事は無いと思っていた。自分の音楽の原点。
 
バブルでディスコ全盛の見栄っ張りで、いやらしい1980年代の日本にはR&R 以外、自分の本気をぶつけられる物などなど一つも無く、ギターの音で世の中の常識も、音楽業界もすべてけ散らしてやろうと思っていた。
 
デビューして、たった3年半やっただけだったが、幸運な事にやりたい事はすべてやり尽くして、悔い無く突き抜けた。
 
今と違って行儀のいい当時の音楽界では完全に悪役のようなバンドだったが、少なくとも自分には誠実にやっていた。こんなに時間が経って、今も喜んで迎えてもらえるとは幸せだ。
 
4


 
■木暮“shake”武彦 ソロライブ
http://www.psychodelicious.com/schedule.php
 
■Mtデリシャス tour2015 ~After 5years~
http://www.psychodelicious.com/news.php?no=548
 
 


  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話