コラム
部屋とビールとYシャツとビールと私。
石坂マサヨ
89年に高校生だった石坂マサヨがケンヂ&ザ・トリップスなどのコピーバンドをやりたいとロリータ18号を結成。93年の法政大学の学園祭で少年ナイフのオープニングアクトに大抜擢され、「BENTENレーベル」のオーナーの目に留まりインディーズデビュー。アメリカ最大のコンベンションイベントSXSW出演やテキサスレコーディングを経験したのち、97年にメジャーデビュー。1998年にはNYパンク界の雄「RAMONES:ジョーイ・ラモーン」プロデュースにてフルアルバムを、1999年~2000年にかけてブリティッシュビートパンクの魁「THE TOY DOLLS:オルガ」プロデュースにてフルアルバムを2枚発売。その後、再度アメリカでの音楽イベント出演&全米ツアー、2001年にはヨーロパツアー・韓国・北京などのアジアツアーを敢行するなど、世界規模でライブを展開。数度のメンバーチェンジを経ながらも、2012年には結成24周年を迎える。

部屋とビールとYシャツとビールと私。5杯目


ビーストをご覧の皆さんOiっす!!!
かなりのご無沙汰具合をさとられないようシレっと始めますが・・・
 
 
皆さん、呑んでますか〜?
アタシは相変わらず毎日全力投球ですよ!
先日はロリータ18号ベースのたこちとサシで12時間呑んだ。
一応、打ち合わせという名目で夕方5:00に渋谷へ集合→そろそろ帰るかと言ったのが5:00。
もちろん朝の。
しかも行った店は全2軒。
たこちは3回吐いたと言っていた。
アタシは結局何を打ち合わせに行ったか全く思い出せず。
バカ!!もう本当に、馬鹿!!!
あー、お互いこんな大人になれて本当に良かった!
 
 
そんな馬鹿ちん在籍のロリータ18号は、なんとこの秋で結成25周年目に突入!!!
ボカーン!ボカーン!ボカーン!!!
この25年間を一言でいえば・・・
「思えば遠くへ来たもんだ」
です。
高1で大好きなKENZI & THE TRIPSのコピーバンドがやりたくなり幼なじみと2人でバンドを結成した。
お互いやりたいパートをせーの!で言ってみた所「ギター!!!」とマナカナのように声が揃い、何だか効率が悪いためその場でじゃんけんギターパート争奪大会が行われ、アタシはグーで負ける。
楽器はギターしか持っていなかったので泣く泣くボーカルを選択。
しかし今ならあの時のアタシに、こうアドバイスするだろう。
マサヨ、ツインギターでも良いのだよ・・・と。
 
 
そもそも、バンド名を付ける際もアホだった。
幼なじみとあみだくじを100本作り、100のバンド名を書き「♪あっみだくじ〜」と歌いながら行き着いた先がロリータ18号だった。
ロリータ18号の由来は大好きな戸川純さんの「ロリータ108号」という曲をあみだくじにそのまま書いたつもりが、間違えて18号と書いてしまい現在に至る。
天然が幸いしオリジナリティーを生んだ奇跡の事故!
ちなみに例のあみだくじにはシーチキンズという名前も入っており、無意識とはいえ色々と危ない橋を渡っていたと思うと、これもまた運命か。
 
 
その後、今はなき日本が誇るパンク雑誌「DOLL」のメンボ欄に投稿、無事ベースとドラムも決まり、金さえ払えば誰でもライブへ出られる悪徳イベントに出演。
1989年夏、こうしてロリータ18号はこの世に産声を上げた。
ちなみにこの日のリストにKENZI & THE TRIPSはもちろん、ラモーンズスターリンラフィンノーズニューロティカなどが名前を連ねていた。
もちろんコピーをしたバンドの名前である。
しばらくは高円寺界隈でもっぱら打ち上げをメインとしたライブ活動を行うも、なんとなく他のライブハウスでもやってみたいと思い始め、旧新宿ロフト・新宿JAM・下北沢屋根裏などにコピー曲のデモテープを送り、全てテープ審査に落ちる。
その頃アタシは高校卒業を控えていたが親には「バンドやるから大学は行かない」と宣言しエスカレーターで行くはずの短大行きを拒否。
一回殴られるも、説得に成功。
まんまと自由な時間をたっぷり手に入れ、スタジオ代がタダになるとの事でロリータ18号ごと法政大学の音楽サークルに入部。
かなりの学生ヅラで活動していた所、学園祭にあの少年ナイフがやってくる!というから、さあ大変。
大至急オリジナル曲を作りデモテープを実行委員会へ提出、まさかの合格によりナイフ先輩のオープニングアクトをつとめる。
後日、その学祭のライブビデオを資料としてたまたま観たBENTENレーベルオーナー/オードリー木村女史がアタシのMC「こんばんはー!ロリータ××号でーす!」→「今、何号って言った?」で興味を持ちそのままオムニバスCDへの参加決定。
そしてそのまま1stアルバム「カラテの先生」を発売。
1995年初旬、なし崩し的にCDデビューとなった。
この年、アメリカのガールズバンド「ルナチックス」の来日ツアーにオープニングアクトとして出演。
ロリータ史上初めて大阪 ・名古屋・九州など東京以外でライブを行うも、興奮のあまり名古屋では調子に乗り過ぎて200人満杯のお客さん全員を腕組み&しかめっ面にさせる。
 
 
その後も主に東京でライブ活動を続けていた所、大好きな忌野清志郎さんが突如サックス持参でロリータ下北ライブに現れる。
びっくり!!!!!しかも飛び入りでサックスを吹いた!!!!!
その後、出身が同じ八王子という事もあり兄と妹として活躍(おもに呑み屋で)。
楽しい夢をみる。
1stアルバムは日暮里録音、2ndは何故かアメリカ・テキサス録音、3rdもお馴染みテキサス録音でホッとしていたのもつかの間、レコーディング終了後の打ち上げにて事務所社長より「このアルバムはメジャーから出るからね〜」と軽く言われ、イスから転げ落ちた事は言うまでもない。
1997年夏、「髭忍者」という売れる気ゼロのタイトルでメジャーデビュー。
デビュー後、数ヶ月すると特に望んでもいないが「アメリカ横断・バンでバーンとまわりましょう50日間43本ツアー!」に連れていかれる。
アメリカに着き10日程でマネージャー木村女史、何の前ぶれもなく笑顔で帰国。
残されたのは20代前半の日本人女子4人(メンバー)と20代前半のアメリカ人男子ブライアン(ローディー)のみ。
ジーザス!!!
その後の珍道中は当時VHSでも発売されていたが(現在絶賛廃盤中)ツアー後半シカゴで車上荒らしに遭い楽器とハート以外全て盗まれる。
むしろハートは盗まれたかった。
命がけで帰国。
その後も度々海外でツアーが組まれ、アメリカ以外でもヨーロッパ・中国・韓国などでレコーディングやライブを行う。
大好きなジョーイラモーン(RAMONES)やオルガ(TOY DOLLS)にそれぞれアルバムをプロデュースしてもらった時は本当に嬉しかった!
イギリスや中国では大好きなガーリックボーイズと春風の様なチャーハンを食べながら一緒にライブをやりました。
もちろん日本でも、大好きなKENZI & THE TRIPSとライブをやったり、怖面白くて大好きなクレイジーSKB社長(猛毒)率いる殺害塩化ビニールとイベントをやったり・・・
今まで観て、聴いてきたアタシのアイドルがどんどん現実に現れた。
この時期いっぱい夢をみた。
 
 
その後、数枚のリリースを経てメジャーレコード会社が撤退、メンバーも脱退。
2002年、再びインディーズへ帰る事に。
そういえば昔は自分達でやってたな・・・
と、改めて思い古巣BENTENレーベルを飛び出し、自主レーベルDESTROINを設立。
が、今まではバンド運営を事務所やスタッフが全部やってくれていたので、音楽の事だけ考えていれば良かったものの、これからはどうやってバンドをすすめて行ったらいいのか・・・ライブイベントの組み方すら全くわからず 、オードーリー木村女史に今までロリータってライブ1本いくら貰っていましたか?なんて訊ねる始末でした。
それでも有難い事に木村女史やニューロティカあっちゃんをはじめ、沢山の先輩方にアドバイスを頂き、勇気を貰い・・・
ロリータ18号は、あれから今まで1ヶ月も空ける事なくライブを続ける事ができました。
度重なるメンバーチェンジもあったけど、やっぱりそれぞれ元メンバー達がいたからこそ続いている。
あ、創立メンバーの幼なじみもね。
そして、現役メンバーたこちTO-BUちゃん・Kickがいるからアタシはロリータ18号が楽しいのです!
 
 
じゃんけんで負けて泣く泣くうたを歌い始めたアタシが25年間という歳月にを経てニコニコしながら今ここにいる。
ね、「思えば遠くへ来たもんだ」でしょ。
ただ方向音痴なアタシはこの先どこに向かって行くのかわかりません。
ひょっとしたらゴールを目指しながら何故かスタートラインに全力疾走するかもね。
とにかく結成25周年記念ツアーを行います!
タイトルは「PUNK or DIE!!!」です。
神聖かまってちゃんや、N’夙川BOYSなど、好きだけどなかなか一緒にやる事のなかった方々ともガチで殺らせてもらいます!
これがロリータ18号のパンクです。
近日中にまた楽しいニュースをお届けするので、とにかく諸々見逃すな!!!
とにかくツアー会場で僕チンと握手!!!
 
 
 
【5杯目のビール】
 
『HOLSTEN』
holsten
 
前回に続きこれまたドイツのビールです。
やはりヨーロッパツアーでかなりお世話になりました。
写真は以前に箱買いして呑みまくった時のモノですが、最近缶で呑んでみた。
ドイツビールにしてはクセが無いので非常に呑みやすく旨い!
夏場なら朝一でガブガブやりたいなぁ。
あ、冬場でも★
 
 


 
◆ライブ情報
ロリータ18号 結成25周年記念ツアー『PUNK or DIE!!!』
●10/14(月・祝)下北沢SHELTER
ロリータ18号 / 神聖かまってちゃん
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 3000円 / DOOR 3500円(共にD別)
[プレイガイド]
チケットぴあ:(P:211-836) 2013/9/28(土)10:00より発売
ローソンチケット:(L:74973) 2013/09/28(土)10:00~2013/10/18(金)23:59
e+:9/28(土)より発売
(問)SHELTER 03-3466-7430

●10/20(日)渋谷CLUB QUATTRO
ロリータ18号 / 猛毒
スペシャルゲスト:八田ケンヂ(KENZI & THE TRIPS)and more!!
OPEN 17:00 / START 18:00
ADV 3000円 / DOOR 3500円(共にD別)
[プレイガイド]
チケットぴあ:(P:211-836)2013/9/28(土)10:00より発売
ローソンチケット:(L:74975)2013/09/28(土)10:00~2013/10/18(金)23:59
e+:9/28(土)より発売
(問)CLUB QUATTRO 03-3477-8750

●10/26(土)福岡DRUM SON
ロリータ18号 / ADAMOSTE KINGS / ANTiFAD / PUSSY-STRUNK
OPEN 17:30 / START 18:00
ADV 2500円 / DOOR 3000円(共にD別)
[プレイガイド]
ローソンチケット:(L:89535)
(問)DRUM SON 092-737-5777

●11/14(木)新宿LOFT
ロリータ18号 / N’夙川BOYS
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 3000円 / DOOR 3500円(共にD別)
[プレイガイド]
チケットぴあ:(P:211-836) 2013/9/28(土)10:00より発売
ローソンチケット:(L:74980)2013/09/28(土)10:00~2013/10/18(金)23:59
e+:9/28(土)より発売
(問)LOFT 03-5272-0382

●11/16(土)名古屋SONSET STRIP
ロリータ18号 / GARLIC BOYS / 30%LESS FAT
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2500円 / DOOR 3000円(共にD別)
[プレイガイド]
e+
(問)SONSET STRIP 052-939-3222

●11/17(日)心斎橋CLAPPER
ロリータ18号 / GARLIC BOYS / 30%LESS FAT
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2500円 / DOOR 3000円(共にD別)
[プレイガイド]
ローソンチケット:(L:55336) / e+
(問)CLAPPER 06-6213-6331

※東京公演以外のチケットはロリータ18号メール予約にて絶賛受付中!
ticket_lolita18@yahoo.co.jp
lolita18_25an
 
 
◆リリース情報
ロリータ18号 mini album『「YES,PUNK ROCK 」call with me!!!』
絶賛発売中!


7曲入 定価¥1,575(税抜価格¥1,500)
XQFL-1024 /(P)2012 PERFECT MUSIC Co.,Ltd.
1. 謝れ。
2. スパーラー
3. ジャパニーズ ハードコア
4. マイケル卍サントジェン
5. WORK SONG
6. ライフイズビューティフル
7.「YES,PUNK ROCK 」call with me!!!
 
今年で結成24周年を迎えるガールズパンクバンド・ロリータ18号。
彼女達の根底にあり続ける「PUNK ROCK」を押し出した全7曲!!
セルフカバーとして、1999年に発売された「TOY DOLL」より、石坂マサヨが敬愛する [THE TOY DOLLS]オルガ作曲の「マイケル卍サントジェン」を収録!

 


  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年10月30日更新
第8回「鎌倉見仏記」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話