演奏

Destroy Vicious

TEXT:桜坂秋太郎

何も考えず、ただ世界に身をゆだねよ



携帯でアクセスの方はこちらからご覧ください。

驚きのパンク映画が完成し、3月5日から劇場公開がはじまる。監督は、自身もパンクロッカーである島田角栄。出演者のラインナップを見れば、驚きも納得できるはず。松本さゆき大塚明夫内田春菊遠藤ミチロウ鳥肌実古市コータローザ・ コレクターズ)・森若香織河瀬直美石坂マサヨロリータ18号)・、SHINGO☆西成リカヤ スプナーアツシニューロティカ)・コザック前田ガガガSP)・南部虎弾電撃ネットワーク)・安藤八主博ザ・たこさん)・流血ブリザードミラ狂美月花飯倉えりかデカルコ マリィラブセクシーローズ西口プロレス)・溺れたエビの検死報告書川本三吉劇団 犯罪友の会)・西原由紀中井正樹

全員をよく知る読者は居ないだろうし、もちろん私もわからない。しかし、 お!と思うような名前が数多くあることも事実だ。本誌BEEASTでは、お馴染みのアーティストである遠藤ミチロウ。そして本誌コラムニストの森若香織ニューロティカアツシや、ロリータ18号石坂マサヨが出ていることも興味深い。個人的には、ラブセクシーローズの名前に驚いた。数年前に「西口プロレス」の面白さにハマっていたことがあるのだ。そして日本のサブカルチャーシーンを沸かしている鳥肌実や、内田春菊といった面々が、演じるムービーとなれば、期待度は100%を超えてしまうだろう。予告編の動画をぜひ観てほしい。そして3月は劇場へと足を運んで破壊の120分を楽しんでもらいたい。

理屈を考えず感覚で見る映画、それが『デストロイ・ヴィシャス』である。ランダムにボールが飛んでくるようなスリルに満ちたストーリー展開、思いがけない人物が思いがけない役柄で登場する意外性、主人公が追いつめられるたびに出現するシュールな物体の数々、そして、登場人物達が独特のリズムでやり取りする滑稽で哲学的な問答が、この映画の見どころであろう。それらが間断なく繰り出され、一瞬たりともスクリーンから目を離すことが出来なくなるにちがいない。

だからと言ってこの作品が、単に過激でエキセントリックな演出によって人々を驚かせ、これ見よがしに「前代未聞の衝撃作」を気どるつもりもないことは、少しずつ分かってくるはずだ。『デストロイ・ヴィシャス』の根底にあるテーマは「渇望」である。

理不尽な運命に翻弄されながらも必死で自分の居場所を見つけようとする、どこにでもいる人間達の、ありふれた、しかし切実な「もがき」のドラマ、それこそがこの映画の本流なのだ。だからこそ、何も考えずに見て欲しい。頭をカラにして、この風変わりな世界に身をゆだねて欲しい。そうすれば、いつしかあなたの「生」は、矛盾なく、そして澱みなく、真っ直ぐに肯定されていることだろう。


◆ストーリー
「組長の命が狙われている」と勘違いした新見は、子分の斉藤とともに敵対するヤクザの組員を10人殺害してしまう。敵対する組のお尋ね者になったあげく、自分の組にすら見放された新見らは、行き場もないまま闇雲に街中を逃げ回っていた。

そんな折、新見は聾パンクロッカーのマリアと出会う。複雑な家庭の事情を抱え、マリアもまた自分の居場所を失っていた。

ふたりは出会った瞬間から、不器用にしか生きられない者同士の親密な心のつながりを感じる。しかし、愛をあきらめていた彼らがようやくお互いを愛おしいと感じ始めたのも束の間、新見を狙う刺客が次々とあらわれ、ふたりは血にまみれた抗争に巻き込まれていく。

阿修羅のごとき姿に武装した新見が最後の死闘を演ずるクライマックスでは、架空の街、ネオオオサカシティーの上空に、あの伝説のネックチェーンのベーシストが蘇る。そのベースに呼応するように、マリアのかきならす激しいギターが絶望的な叫びをあげ、愛しき者への祈りを捧げるのだった。

そして崩壊のきらめくカオスの中で、ふたりの物語はせつなすぎる神話になる……。




ヒロインのマリアを演じたのは、ギャスパー・ノエ監督『ENTER THE VOID』に出演するなど、近年国際的にも活躍している女優、松本さゆき。精神の病におかされた母親と暮らす、聾のパンクロッカーという難しい役どころを悲哀に満ちたポーカーフェイスで熱演している。マリアの母親役は、内田春菊。病んだ女性の狂気をハイテンションに演じ、ドラマを大いに盛り上げている。

さらに、大塚明夫鳥肌実遠藤ミチロウ河瀬直美といった、役者畑以外のステージでもカリスマ的存在として大活躍している魅力的な俳優陣が多数出演しており、作品に奥行きと深みを持たせている。

監督・脚本は、パンクスピリッツを掲げ、映画の世界に独自の道を切り開き続けている大阪出身の島田角栄。なお、この映画は全編大阪にて撮影された。島田が地元大阪の地に生み出したネオオオサカシティーという不可思議な架空の街が、映画の疾走感を高めている。


◆Destroy Vicious-デストロイ・ヴィシャス-上映館
【渋 谷】2011.03.05(土)~3週間:ユーロスペース/レイトショー
◆Destroy Vicious 公式サイト

http://punkfilm.net/destroy/

  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話