連載

YHMF熱血現場最前線!

熱血8
TEXT:鈴木亮介 PHOTO:荻原ひかり、鈴木亮介

過去にRADWIMPS藍坊主を輩出し、今年で12回目を迎える高校生バンドコンテストの草分け的存在「YHMF(ヨコハマ・ハイスクール・ミュージック・フェスティバル)」に密着する連載「YHMF熱血現場最前線!」。BEEASTでは今年もオフィシャルメディアとして、決戦大会の模様をお伝えします。

今年は横浜市の事業撤退に東日本大震災と不幸が重なり、一時は存続も危ぶまれる事態となりましたが、YHを残したい、次の世代につなげていきたいという高校生たち、そしてOB、OGたちの強い思いが実を結び、渋谷O-EASTでの開催が決定。7月にスタッフが集結し2011年度がスタート。バンドの募集が始まりました。
時期外れの募集にも関わらず90組以上・約120曲ものエントリーが集まりました。さすが高校生のネットワーク、恐るべしです。9月末に締め切ったのち、1次の音源審査、2次のビデオ審査を経て決戦大会に進む10組の高校生ミュージシャンが決まりました。

PhotoPhoto

今年の決戦大会の舞台は渋谷O-EAST。昨年までの横浜アリーナに比べれば一回り小さいステージですが、裏を返せば客席とステージとの距離感はグッと縮まり、さらに今年はオールスタンディングになったので、例年以上の盛り上がりが期待できそうです!

PhotoPhoto

午後2時の開場時には、既に長蛇の列が!同級生や親などに加え、過去にYHMFに出場したバンドメンバーや、スタッフだったという人達も多く集まっているようです。

PhotoPhoto

午後2時半、いよいよ開演!観客からの大歓声の中、オープニングアクトを務めるのは、この日のために結成された吹奏楽団「吹きものがかり」。学年、学校、都県の垣根を超えて総勢55名の高校生たちが、誰もが知る「ディズニー・ファンティリュージョン」を披露!

前半の司会は新井水彩さんと古谷円さん。同じクラスで、席も近いという仲良しコンビです。冒頭、今日の出演バンド全10組を紹介。いよいよ、熱戦の火ぶたが切って落とされます!!

PhotoPhoto

■Jack Lantern
男性4人組。ストレートな歌詞に、鋭く刺さるシンプルな思春期ロック!バンドの名の由来はゲームのキャラクター?!
M01.レガシィ/M02.コロナ
PhotoPhoto

■トロイメライ
女性4人組。オルゴールのような楽曲のワクワク感に、心地良い高音のボーカルが妖艶さ、切なさも併せ持つ!
M01.トイハウス/M02.メリーゴーラウンド
PhotoPhoto

---ジャグリング 胡桃-clmi----
PhotoPhoto

■Gory Lifers
男性3人組。ノリのいいドラム&ボーカルを中心に、軽快なヒップホップナンバーで観客を踊らせる!
M01.Frusciante/M02.Strange
PhotoPhoto

■フラミンゴカフェ
男性4人組。1曲目はノリノリ、2曲目はしっとりバラードで勝負。感情表現豊かなボーカルがグッと引き込む!
M01.モノポリー/M02.ナイトウォーク
PhotoPhoto

■秋桜
女性2人組。エレアコとエレキの2本で、優しく穏やかな演奏が魅力。ほんのり哀愁も含んだメロディが琴線を揺らす!
M01.ひととき/M02.哀恋
PhotoPhoto

---ヘアメイク部門 振袖、ウエディング---
YHMF名物!になってきました。今年もYHMF高校生スタッフによるヘアメイクショーが開演!今年のテーマは振袖とウェディング。昨年以上にコンセプトが明確になり、しっかり作り込まれている印象!

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

PhotoPhoto

いよいよ後半戦。司会は新井彩花さんと山田麻由さんにバトンタッチ。2人とも軽音楽部所属。来年は出演者としてステージに上がりたい?!

PhotoPhoto

■α
女2男1トリオ。直感を重視して作ったという楽曲にマッチする、真っ直ぐなボーカルが魅力的!
M01.赤い花/M02.トラック32
PhotoPhoto

■Hiroshi
男性ソロ。エレキ1本、シンプルなコード進行に、ストレートな歌詞、素朴な人柄。会場の暖かい手拍子を誘う!
M01.I as me/M02.thank you yesterday
PhotoPhoto

■赤い猫
男性3人組。王道ロックを踏襲したサウンドに音に、心地良い早弾き!瞬時に会場が揺れまくる!
M01.渡り鳥/M02.A world view
PhotoPhoto

~~ボイスパフォーマンス FMTK~~
PhotoPhoto

■Blanc-Bec
2年連続出場の男性4人組。絵を描いて作曲したという攻撃的なロックで、会場との一体感を作る!
M01.遭難/M02.少年の抵抗
PhotoPhoto

■BUZZ-BUZZ
トリを飾るのは女性4人組。ステージをめいっぱい動き回り、明るく元気にはじけるロックンロール!溢れる笑顔も魅力。
M01.Capacity/M02.Faigned smile
PhotoPhoto

10組全てのステージが終了!今年は比較的「草食系男子」とも言うべき、動きの少ないアーティストが多かった印象ですが、裏を返すと演奏の安定感、そして自信溢れる表情に、密かな闘志を感じました。一方、数は少なかったものの女性の出場者は皆はつらつとした笑顔で元気よく、大きなインパクトがありました。

PhotoPhoto

いよいよ審査集計へ。続いてゲストに登場したのは、PARADE!昨年グランプリを受賞したThe Learnersが、今年7月に2人目のギター・吉田巧の加入を機に改名したバンドです。昨年グランプリを獲った「みんなわるいんだ」など5曲を披露!ギターの音が太くなったこともあってか、王者の貫録?を見せつける、どっしり構えたステージ。
PhotoPhoto

PARADE
Photo

◆セットリスト
M01. プリシア
M02. THE TIME
M03. Burn Me Tender
M04. みんなわるいんだ
M05. LAYNE

◆PARADE ホームページ
http://rollingblues.nobody.jp/

さあいよいよ審査結果の発表!今回はオーディエンス賞、準グランプリ、グランプリの3賞がもうけられました。オーディエンス賞は初出場のフラミンゴカフェ、準グランプリは2年連続出場の Blanc-Becがそれぞれ受賞!

PhotoPhoto

そして、ステージ中央には、トロフィーを手にしたYHMF2011保坂沙織委員長が登場!グランプリバンドの名を読みあげます。
グランプリは…10組目に登場した、BUZZ-BUZZ!!

PhotoPhoto

PhotoPhoto

Photo
◆グランプリ BUZZ-BUZZ
http://05.mbsp.jp/buzzbuzz/


嬉しいです!優勝できると思っていなかったし、夢のような気分です!!私たちは今高校3年生で、このメンバーで結成してちょうど1年です。これまで幾つかのコンクールにエントリーし、決勝進出まではできたのですが、優勝はなかったので、高校生として最後の大会の締めくくりに最高の結果がもらえて本当に嬉しいです。ここまで苦労してきたことは…音づくりで意見が割れることはなかったのですが、個々の演奏力を高めるのに努力を重ねてきました。4人とも卒業後は附属の大学への進学が決まっています。進路が分かれてしまうのでこのメンバーで今後も続けられるか分かりませんが、大学生になっても音楽はずっと続けていきたいです!!

そして、2011年大会委員長を務めた保坂沙織さんに、この半年間を振り返ってコメントをもらいました。ちなみに保坂さんはYH史上初の2年生での委員長!

YHMF2011保坂沙織委員長 コメント

Photo“YHMF2011の開催が危ぶまれている”という現実を知ったのは昨年の12月。絶対来年もスタッフをやろう!と思っていた私にとって、とてもショックなことでした。
そんな中、5月に過去のYH出場者による東日本復興支援ライブの開催が決定し、何らかの形でYHに携わっていたかった私はスタッフとして参加しました。今年の幹部は、このライブのスタッフをやった人達がほとんどです。この5月のイベントが、今年の開催に繋がる大きなきかっけだったかと思います。
復興支援ライブが終わるとすぐに、今年の副委員長である福北がYHMF2011開催に向けて動き始め、そこに私が加わり、急ピッチで新体制の組織作りを開始しました。
今年もYHを開催したい!とは言っても、場所も日程も決まっていないうえにスタッフはたったの2人・・・本当にまっさらな状態からのスタートでした。
そんな状況下でスタッフが集まるかが不安だったのですが、幹部含め、約120名のスタッフが集まり、多くの方々のご協力のもと、無事に開催日・会場も決まり、YHMF2011の開催が決定しました。
今年は自分達のやりたいことを最大限に盛り込み、高校生自身で1から作り上げるYHMFにするということが目標だったので、時間に余裕が無いなか何度も幹部ミーティングを重ねました。
スタッフ皆が熱い思いを持っていたので、時には意見がぶつかることもありました。
その度に意見をまとめること、イベントを1から制作することの難しさを痛感しました。
ただこのような経験があったからこそ、本番終了後の達成感が得られたのだと思います。
YH始まって以来初の2年生での実行委員長ということで、多々至らない点があったかと思います。
それでも、イベントを成功させるべく本番まで一緒に頑張ってくれた約120名のスタッフ、OB・OGさん方、このイベントに携わって下さった全ての方々に感謝致します。
2年間スタッフをやって思うことは、イベントを通じて得られる”繋がり”は一生ものだと思います。
私にとってYHMFは大切な居場所です!
来年、再来年とずっと続いていくイベントになることを祈っています!!

PhotoPhoto

PhotoPhoto

ステージとの距離感が近くなったこともあってか、昨年以上に出演者やスタッフの情熱を感じることができた、今回の大会。様々なドラマがありましたが、何よりもこれだけの短時間に出演者、スタッフ含めこれだけ多くの高校生が集まったということに感激!やはり高校生のネットワーク、絆は強い!!来年以降もきっとこの音楽の輪は広がっていくことでしょう。改めて、皆さんお疲れさまでした!!

Photo

◆YHMF2011 公式ブログ
http://ameblo.jp/yhmf11/


 
 
  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年8月4日更新
第7回「戦国好男子」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話