連載

lead_simple

DAIDA LAIDA『FIVE SENSES』
TEXT:岡本恵里

「五感」を存分に刺激する、究極のジャパニーズメタルが登場!!
レジェンドの調べに酔いしれる珠玉の11曲がここに出揃った。

 
DAIDA_Syugo

今回3rdアルバム『FIVE SENSES』をリリースするDAIDA LAIDA。オープニングを飾る「創生のPresage」から、そのモダンな音作りとヘヴィネスなサウンドに心を持っていかれる。2曲目「薄氷のLogic」ではメロディアスなサビと、怒涛のベースフレーズにエモーショナルなギターソロ、まさにDAIDA LAIDA節が炸裂なナンバー!3曲目の「相殺のParadox」は、ライブで腕を大きくふるオーディエンスの姿が見えてきそうな、盛り上がることは間違いナンバーで、ベースソロの後のハーモニーからサビへの繋がりが最高!
 
4曲目の「蒼天のRefraction」はダークな雰囲気とキャッチーなメロディが共存するミドルテンポナンバー。歌から始まる5曲目の「疾風のDeparture」は、本作からのプロモーションヴィデオが先行発表されたシングル的な位置づけの、口ずさんでしまうナンバーだ。6曲目の「玲瓏のFive senses」は、タイトなドラミングと地を這うようなベースラインの上に、極上の歌がたまらない。7曲目はバラード調の展開をしながらロックを強く感じさせる「黎明のContradiction」。ハイテンポに迫ってくる8曲目の「永劫のChaos」は、怒涛という以外にない、ギターとベースのユニゾンプレイが圧巻で、開いた口がふさがらない!
 
9曲目のスローな「悠遠のSymmetry」は、壮大な構成と魂に響く歌声に涙がこぼれそう。ライヴでこのナンバーを聴いたら、本当に泣いてしまうだろう。本編最後の10曲目は「仮初のGod damn it!」。激しい2バスドラミングに拳がうずく!本作最速のナンバーで、難易度の高いテクニックやキメが細かく入っている。全体的に無茶苦茶ヘヴィなのに、なぜかとても聴きやすい!まさにDAIDA LAIDAマジック!聴き終えて、思わず「凄すぎる!」と声が出てしまう作品だ!
 
これだけのアルバムを作るDAIDA LAIDAは、言わずもがな、メンバーがとにかく凄い。URUGOMEMAKE-UPProject.R、元P.A.Fと華々しい経歴を持ち、アニメ「聖闘士星矢」の主題歌を手掛けたことでも知られるヴォーカリストNoBを筆頭に、GRAND SLAMなど名だたるハードロックバンドのメンバーとしての経歴を経て、多くのアーティストから参加を求められてセッション・サポートのレジェンドギタリストとしても名高い白田 一秀
 
ベーシストMASAKIは元アニメタルのメンバーにして、期間限定再集結中の聖飢魔IIルーク篁雷電湯澤と組んでいるCANTAでも活動中。さらに大ヒット楽器教則本”地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ”の著者達で組んだバンド地獄カルテットや、LIV MOONにも参加している多忙を極めるベーシストだ。そして元SEX MACHINEGUNS、現在はthe CYCLEDASEINをはじめこちらもセッション・サポートなど引く手数多のドラマーJOE
 
DAIDA LAIDAのデビュー時は、ハードロック・ヘヴィメタルファンの間で、大物な新人バンド登場と騒がれた。1st、2ndのアルバムを経て、今回の3rdアルバムは、音源を聴く前から期待と想像が膨らむ方も多いと思うが、想像を遥かに超える出来と言えるだろう。まさに「これこれ!!」と叫んでしまうような、まさに王道にして超ハイレベルなジャパニーズメタル。
 
そして特筆すべきは特別版特典として収録されている「ペガサス幻想」。この曲のカッコ良さは書くまでもなく、今まで数々のアーティストによってカバーされている伝説の名曲だが、前述のとおりNoBはまさにその“本人”。「ペガサス幻想」が初めてMAKE-UPからリリースされたのは1986年。それから約30年の時を経て蘇ったこの曲は、ハードロック・ヘヴィメタルファンならずとも胸を熱くさせてくれる。
 
アニメに夢中になった少年・少女のころに口ずさんだ、文句なしにカッコいいアニメソングを彷彿とさせるストーリーの浮かぶ歌詞も、欲しいところでしっかりキメてくれる魂が震える。超絶ソロも、ジャパニーズメタルの神髄とも言える美しい“泣き”のメロディも、まさに経験を積んだ大人たちが本気を出した一筋縄ではいかないハイクオリティながら、決してテクニックに溺れないとても聴きやすくて気持ちのいいストレートさで、コアなファンから初めてメタルに触れるリスナーまで皆が素直にカッコいいと思えるさすがの説得力である。
 
アルバムのリリースにあわせてツアー『~of the Five senses~』も決定しているDAIDA LAIDA。ファンとの距離が近いライブハウスを中心に約2か月をかけて全国を回るこのツアーは、プロ中のプロが織りなす至高のジャパニーズメタルの世界を堪能できること間違いなし!
 


 
◆リリース情報
DAIDA LAIDA 3rd Album『FIVE SENSES』
・2015年09月2日(水)発売
品番:DAIDA-0006 / DAIDA-0007
形態:CD[1枚組]
価格:¥3,000[税抜] / ¥3,240[税込]
<収録内容>
M01. 創生のPresage
M02. 薄氷のLogic
M03. 相殺のParadox
M04. 蒼天のRefraction
M05. 疾風のDeparture
M06. 玲瓏のFive senses
M07. 黎明のContradiction
M08. 永劫のChaos
M09. 悠遠のSymmetry
M10. 仮初のGod damn it!
M11. ペガサス幻想[特別盤のみに収録]
 
▼特別盤特典-
・ペガサス幻想~DAIDA LAIDA ver~収録
▼通常盤特典-
・メンバートレーディングカード1枚入り
[全4種/ランダム封入 ※当たりカード有り] ※メンバートレーディングカード全コンプリート特典
全4種コンプリートでスペシャル記念タテをプレゼント
※当たりカード特典:スペシャルポスター[非売品]をプレゼント
 
◆ライブ情報
3rd Album 『FIVE SENSES』 発売記念ツアー
『~of the Five senses~』

・2015年09月19日(土)【福 岡】LIVEHOUSE CB
・2015年09月21日(月)【広 島】CAVE-BE
・2015年09月22日(火)【岡 山】倉敷REDBOX
・2015年09月23日(水)【兵 庫】神戸Varit
・2015年09月26日(土)【東 京】渋谷GUILTY
・2015年09月27日(日)【東 京】渋谷GUILTY [ゲスト:e-ZUKA(GRANRODEO / Gt.) ]
・2015年10月10日(土)【北海道】札幌DUCE [DAIDA LAIDAプレゼンツ~猛獣達の叫び~act.6 / SIXRIDE、他]
・2015年10月11日(日)【北海道】札幌DUCE
・2015年10月17日(土)【宮 城】仙台HooK
・2015年10月18日(日)【埼 玉】西川口Hearts
・2015年10月31日(土)【長 野】LIVE HOUSE J
・2015年11月01日(日)【石 川】金沢LIVE HOUSE vanvanV4
・2015年11月03日(火)【愛 知】名古屋HOLIDAY NEXT NAGOYA
・2015年11月07日(土)【東 京】高田馬場CLUB PHASE
・2015年11月21日(土)【大 阪】OSAKA RUIDO [旅行参加者 優先入場]
・2015年11月22日(日)【兵 庫】淡路島 旅行イベント
 
◆DAIDA LAIDA Official Website
http://daidalaida.jp/
 




 


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話