連載

ロック一年生 エントリーNo.21 Quiet!!!!!

TEXT&PHOTO:鈴木亮介

Photo連日寒い日が続いていますね。受験シーズン真っただ中で、1年生、2年生は、「次は自分達か」と気持ちを新たにしている時期でしょうか。来年の、或いは再来年の今頃に向けて、そろそろ進路を考え始めているという人も多いことでしょう。「そんなことより学校の学年末試験がヤバい!」という人もいるかもしれませんが…。

さて、バンドを始めて間もないティーンエイジャーたちの声を掲載する連載「ロック一年生」。ロングインタビューを通して、彼らがなぜ音楽に魅せられ、どのような日常を過ごし、どういう展望を描いているのか、また、80年代のバンドブーム2世として親の影響はあったのか…など、現30~50代が気になる息子、娘たち世代の本音に迫ります。

今回ご紹介するのは横浜を中心に活動するQuiet!!!!!です。メンバーは福岡伶奈(Vocal)、高橋風也(Guitar)、大滝諄(Bass)、村上風人(Keyboard)、藤池玲央(Drums)の5名。同じ高校に通う同級生で結成しました。彼らはいったいどのようなきっかけでバンドを組んだのか…所属する神奈川県立藤沢総合高校の教室で、話を聞くことができました。

Photo

---まずはバンド結成のきっかけを教えてください。

藤池:最初にバンドを結成したのは高1の春です。最初は軽音楽部の先輩たちに指名されて、男5名で結成しました。その後、高1の秋頃にボーカルがしっくり来ず悩んでいた所に、別のバンドを脱退した福岡を試しに入れてみたところ、とてもいい感じになったので正式に入ってもらうことにして、その後前の男性ボーカルが抜けて現在のこのメンバーになりました。それが去年の3月です。
福岡:私は最初女の子6人バンドでボーカルをやっていたのですが、あまりうまく行かずに辞めてしまいました。それでもボーカルはやりたいなと思っていたところ、2010年の10月頃に藤池に誘ってもらい、Quiet!!!!!に入ることになりました。

---皆さんが音楽を始めたきっかけを教えてください。

Photo藤池:中3の頃に、既にバンドを組んでいた村上に誘われてドラムを始めました。家に電子ドラムがあったのですがすぐに壊れてしまい、音の出ない状態で練習を続けました。それから、軽音がさかんなこの高校を志望し、一緒に進学した村上らとともにQuiet!!!!!を結成し、今に至ります。僕はDream TheaterPink Floydなど80年代のメタルが結構好きなので、周りから見たらマニアックな音楽も結構聴きますね。

大滝:元々中学までは音楽をやっていませんでしたが、高校に入る前にべースがかっこいいと思い、親に頼んで買ってもらいました。その時はバンドを組もうと思っていなかったのですが、高校に入ったら軽音がさかんだということを知って、じゃあ自分もやってみようかなと思って入りました。なぜベースを選んだのかは自分でもよくわかりませんが、ベースがギターより輝いて見えたのです!ちなみに洋楽が好きなので、普段はMr.BIGBullet for My Valentineなどをよく聴きます。

Photo福岡:私は中学の時に吹奏楽部でトロンボーンをやっていました。その頃から、バンドを組んでいたというほどではないですが、仲の良い子たちでスタジオに入って、歌いつつ楽器やりつつ…といったことはやっていました。高校では吹奏楽部を続けるか、軽音楽部に入るか、で迷っていたのですが、入学当初に部活紹介を見たら先輩たちの演奏がかっこ良かったので、軽音楽部に入ることにしました。高校ではボーカル一筋です!普段聴く音楽は、J-POPからブルースのような静かな音楽まで、結構色んな音楽を聴きますね。あとは、私もこの人達に影響されて洋楽を聴くようになりました(笑)最近はPARAMOREをよく聴きます。

高橋:僕は家が武道好きの家系だったため、幼少期からずっと剣道をやっていて、音楽には縁がありませんでした。でも中2頃でしょうか、剣道が上達しなくてうまくいかないなと思ってた時に、たまたまUVERworldを聴いたらかっこいいなぁと思って、そこから自分も音楽をやってみたいと思うようになりました。最初はドラム志望だったのですが、部内で同学年にドラム経験者が多く、定員の関係でギターになりました。高校に入ってから始めたので、最初は大変でした。キーボード担当の村上がギターも弾けるので、彼に教わって何とか弾けるようになりました。

Photo村上:父がギタリストをやっていて、その影響です。3歳頃からピアノを習い始め、小4まで続けていました。その後も独学で続けています。中2の頃からギターやベースををやっている友達と仲良くなり、バンドを組んで演奏するようになりました。藤池と同じく、軽音の強豪校ということでこの学校を志望しました。ギターは若干いじる程度だったのですが、高1の夏頃から本格的に演奏したいと思い、本腰を入れてやり始めました。父に習いたかったのですが、単身赴任中のため叶わず。ギターも独学です。僕もDream TheaterPink Floyd、それにHerbie Hancockといったミュージシャンが好きで、ライブにも行きたいのですが現状お金がないので行けていません(笑)

---ボーカルのみ女性、キーボード入りと、高校生としては珍しい編成だと思うのですが、活動で苦労していることはありますか?

Photo福岡:コピーするときに、キーボードのいるバンドが少なく、いても男性ボーカルであることが多いので、選曲に苦労しています。先日の文化祭ではツインギターの洋楽をコピーしました。

藤池:あとはやはり人数が多いので、最初の一年間はまとまりがなく、練習も大変でした。でも色んな困難を経て、高2になってからは結束力も高まり、うまく練習できるようになりました。

大滝:夏休みはとにかく毎日会って練習していたね。楽しく部活やるというよりも、自分を追い詰めて本当に練習しまくった、という感じです。

福岡:朝もスタジオ入ったし!

photo
練習場所である視聴覚室の壁には賞状が!
2011年7月の関東大会で見事、優秀賞を収めました。

「たまたま運が良かっただけ」と語る彼らですが、
日々の猛練習に加え、「電車の中で自分のプレイを振り返る」
「夜中までメンバーの家で曲作りをする」
など、
たゆまぬ努力があったからこそ、
優秀賞受賞につながたのでしょう。

Photo

---Quiet!!!!!の魅力を自分達で分析すると、ズバリ何でしょうか?

藤池:関東大会では終了後に審査員からのコメントシートをもらいましたが、そこには「パフォーマンスが最高!」と書いてありました。頭振ったり腰振ったり(笑)

福岡:腰は振ってない!大会では、自分達で言うのはおこがましいのですが、強烈なインパクトを残せたのが勝因かなと考えています。5人統一の衣装、そして演奏時に「ここはそろえる!」という所でしっかりそろえられたのも良かったのかなと思います。

Photo村上:このバンドの特長と言ったら、やっぱり個性の強い5人がそろっているということですね。いつもはしゃいでいるので、周りの軽音部員からはうるさいと思われてるんじゃないかな。

高橋:あと、フウト(村上)のラーメン好きがみんなに伝染って、よくみんなでラーメンを食べに行きますね。

---実に仲の良い5人ですが、バンドとして今後の目標は何でしょうか?

藤池:大会で一つでも上を目指すことですね。来夏から秋にかけてまた大きな大会があるので、そこで良い結果を残せるように頑張りたいです。

---来年は3年生ということで高校最後の年ですが、一人ひとりの目標や、卒業後の進路なども教えてください。

Photo藤池:進路は今のところ色々悩んでいるので、早く方向を決めてそれに向けて進みたいと思っています。そして、もちろん音楽も頑張りたいですね。ドラマーがただつまらないリズムを刻んでいるというのではなくて、今までなかった個性的なドラマーを目指したいですね。決める所は決めて、後ろにいても派手で、すごいと言われるようなドラマーになりたいです。

大滝:高校卒業後は具体的に考えていませんが、何よりも今は音楽を頑張りたいですね。誰にも真似できないようなことをやって、リズムが適当にならないように、練習して…やっぱり自分も、真似できない人、「変な人」になりたいです!

福岡:進路は音楽と全然関係ないのですが、ウェディング系を志望しています。当面の目標としては、今のバンド活動に全力を注ぎたいと思います。最近Quiet!!!!!で洋楽のコピーも始めたので、邦楽だけでなく洋楽もしっかり声量を上げて、みんな音に負けないように歌いたいと思います!

Photo高橋:実は音楽よりも剣道よりもお菓子作りが得意なので、調理やフードデザインなどの専門学校に進みたいと思います。音楽も引き続き出来たらと思いますが、成績があまりよくないので、勉強も頑張らなければと思っています。ちなみに、人生で初めて作ったのはホットケーキです!

村上:卒業後の進路も将来の目標も、音楽関係の仕事に就くことしか考えていません。父親の影響もあるかもしれませんが、それ以上に、寺前甲というギタリストに憧れていて、その人の影響が大きいですね。先に進むための途中段階でやるべきことをこなす。今やっていることは(一過性の)部活というより、音楽の年々の上達の過程と考えていて、それ以外の勉強面も僕にとっては音楽の仕事に就くために必要な過程ですね。ただ、仕事の内容がまだ自分の中では漠然としているので、ひとまず今できることに全力を注ぎたいと思います!

「 “美しく、激しく” がバンドのキャッチコピーだ」と話してくれましたが、それは、Quiet!!!!!(=静かに!!!!!)というバンド名にも表れています(※「!」の数はメンバー5名分とのこと)。バンドなのに、静かにするという矛盾。そこには「静かにしようとしても抑えきれない音楽的衝動」があるようで、練習中も「1分でも多く音楽に触れていたい」という思いがにじみ出ていました。

バンドの特長は?という質問に「僕たちは変わっている」「ヘンタイだ」と答えるバンドは案外多いのですが、彼らこそ真のヘンタイ(もちろんいい意味で)なのでしょう。「俺達のバンドを一言で表すと『七味唐辛子』だ!(by村上君)」
そんな彼らの来シーズンの活躍が、今から楽しみでなりません!

photo
◆Quiet!!!!! ホームページ
http://51.xmbs.jp/quiet/

 
 
 
 

photo
【取材協力】
神奈川県立藤沢総合高校
http://www.fujisawasogo-ih.pen-kanagawa.ed.jp/


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話