ニュース
ロックインフォメーション

【NEWS】コロボックルズ(COLOBOCKLES)ミニレポート

2015年04月13日

『レディース&ジェントルメン出演』ミニレポート
2015/2/18 @吉祥寺 Planet K
TEXT:株本和美  

 


 
01
02

大阪発、寺田恵子(Vocals & Guitars:以下恵子)、石本幸景(Bass:以下石本)、rina(Drums)からなる3ピースバンド「コロボックルズCOLOBOCKLES)」が、2月18日に行われた吉祥寺 Planet Kの16周年イベント『レディース&ジェントルメン』に出演。ハイトーンで澄んだ声質のボーカルと、ポップでノスタルジックな歌詞、ストレートでダイナミックなサウンドが、ジャンルを超えて熱い支持を受けている彼らのライブレポートをお届けする。
 
童謡「森の小人」のSEにのって登場するなり、フロアへ爆音の洗礼を浴びせる3人。おなじみ、恵子の「コロボックルズです。こんにちは!!」のあいさつから一寸の隙も与えず、石本の重厚なベース音を皮切りに1曲目「チカリ」のイントロに突入すると、オーディエンスは一気にヒートアップ。恵子の突き抜けたボーカルとアグレッシブなギター、rinaのダイナミックなドラムが加わり、3人の個性が融合したパワフルな音は、一瞬にして空間を完全に支配した。この勢いのって3rd mini album『かざぐるまセレナーデ』の中から、ポップな楽曲「Twinkle Rollers」と「赤いスカートとワルツ」が放たれる。
 
この日は、久しぶりの新曲「レイニーレイニー」の発表も行われた。和やかなMCを交えつつ、静かに演奏がはじまると皆真剣な表情で聞き入る。切ない歌詞とシンガロングしたくなるサビは、早くもファンの間に浸透したようで恵子も笑顔で応えていた。
 
ライブも中盤を迎えたところで、ヒット曲「満月ロックンロール」が奏でられると、会場のテンションは最高潮に。映画「冴え冴えてなほ滑稽な月」(島田角栄監督)のエンディングテーマにも起用、盛り上がること間違いなしのキラーチューンだ。後半は、たたみかけるように「ダ・カーポ」「向日葵」「かざぐるま」で一気に駆け抜け、ステージは締めくくられた。疾走感あふれる、爽やかなロックンロールにやられた夜であった。
 
普段は関西を中心にライブを行っているコロボックルズだが、4月27日には新宿ロフトで行われる【新宿 LOFT PRESENTS SHINJUKU LOFT 16TH ANNIVERSARY 歌舞伎町爆音祭(其ノ十六)ラウドにいこうぜ!】にも出演決定。そして、まもなく「TOUR 2014 かざぐるまセレナーデ」ファイナル公演DVDの発売を控えており、詳細は後日発表予定とのこと。今後の活動からますます目がはなせない。

03
04
05
<撮影協力:田里弐裸衣>

 
コロボックルズ オフィシャルTwitter
https://twitter.com/colo_bockles
 
コロボックルズ オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/colobockles
 
■Setlist
M01. チカリ
M02. Twinkle Rollers
M03. 赤いスカートとワルツ
M04. レイニーレイニー(新曲)
M05. 満月ロックンロール
M06. ダ・カーポ
M07. 向日葵
M08. かざぐるま


 
LIVE INFORMATION
2015年4月27日(月)新宿LOFT 『SHINJUKU LOFT 16TH ANNIVERSARY 歌舞伎町爆音祭(其ノ十六)ラウドにいこうぜ!』

 


 
 
 
 


 
 
  コラムニスト
EARTHSHAKER
EARTHSHAKER
2018年12月14日更新
第9弾「12月9日 苫小牧ELLCUBE」
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年8月12日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第20回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年11月14日更新
人生の宿題その3
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年12月7日更新
Progressive Man 第41話