演奏

KISSAMAワンマンライブ

TEXT:岡田真理 PHOTO:KOJI

ソロのロッカーとして1986年にデビュー、1989年にBABY’S BREATHを結成、その後は多くのアーティストとのセッションなどで活動してきた宮原学(Vocal & Guitar:以下宮原)。1985年にROUGEでデビューし、解散後は新バンドKNiFeと並行して氷室京介清春などのサポートベーシストとしても活躍している西山史晃(Bass & Vocal:以下西山)。レベッカに3代目ドラマーとして在籍し、宮原とともにBABY’S BREATHにも参加していた小田原豊(Drum:以下小田原)。それぞれの個性溢れるバックグラウンドを引っ提げて、3ピースバンドKISSAMAは誕生しました。

そんな彼らのワンマンライブが、2009年11月4日、渋谷O-WESTにて開催。今夜はBABY’S BREATHのメンバーである高橋教之(Bass:以下高橋)、是永巧一(Guitar:以下是永)、そして柴田俊文(Keyboard:以下柴田)がゲストで登場し、BABY’S BREATHが一夜限りの復活ライブも披露するとのこと。期待が高まります!

PhotoPhoto

フロアに多く見られるのは、仕事帰りのビジネスマンや、アラフォー&アラサー世代の女性たち。渋谷とは思えないほど、そしてライブハウスとは思えないほど、現場は落ち着いたシックな雰囲気に包まれていました。暗転すると、まずはBABY’S BREATHのメンバーがステージに登場。初秋の寒さをかき消すような温かい拍手で、オーディエンスが彼らを迎えます。

PhotoPhotoPhotoPhoto

宮原がギターをかき鳴らすと、一曲目の「WISH I KNEW SATISFACTION」が始まりました。曲が進むにつれ、オーディエンスの表情がだんだんと晴れやかになっていきます。そしてスローなテンポに身を委ねるように、誰もがゆっくりと肩を揺らします。続いて柴田のキーボードと高橋のベースから「In The Moon」がスタート。宮原是永は二人並んで楽しそうに笑顔を浮かべ、演奏しながら手拍子を煽ります。曲が終わると、柴田の鮮やかなキーボードの音色に乗せて、宮原がメンバー紹介。

PhotoPhotoPhotoPhoto

そしてその音色が続いたまま、「SUN GOES DOWN〜時忘れて〜」に入ります。宮原はアコースティックギターに持ち替えて、一つ一つの言葉をそこにいるすべての人に届けるように歌詞をなぞっていきます。ステージを照らすのは、タイトルの通り、沈みゆく夕日のようなオレンジの光。切なげな宮原の声が、会場いっぱいに響き渡ります。すっかり心を奪われた様子で、じっと聴き入るオーディエンス。

PhotoPhoto

次に軽快なリズムで始まった「WEEKEND ON THE ROAD」で雰囲気はガラリと一転。楽しそうに音を奏でる5人のメンバーは、まるでバンド活動時の17年前にタイムスリップしたかのようです。ラストソングの「Long Way Home」が終わると、宮原は「またどこかで会いましょう」と言い残してステージを去りました。

BABY’S BREATH セットリスト

01. WISH I KNEW SATISFACTION
02. In The Moon
03. SUN GOES DOWN〜時忘れて〜
04. WEEKEND ON THE ROAD
05. Long Way Home

Photo

続いてはKISSAMAの登場です。宮原西山小田原がステージに入ると、歓声と大きな拍手が起こりました。小田原の合図でギターとベースが鳴り響くと、「Today’s the day」のスタートです。BABY’S BREATHの時の甘い声とは少し違った、力強い声でシャウトする宮原。ワイルドな空気がステージを包みます。

PhotoPhoto

曲が終わると、「こんばんは、KISSAMAです!」と宮原が挨拶。「今日は寒い中どうもありがとう!」と続けると、「KISSAMA!」と叫ぶ声が方々から上がりました。西山が「新曲いってみますか?」と言うと、待望のニューソング「Wangan」がスタート。メンバーの3人は向かい合い、互いを見つめて笑顔で演奏を続けます。

PhotoPhoto

続いては「Bマイナー」。宮原が「Say Yeah!」と煽ると、オーディエンスも「Yeah!」とそれに応えます。小田原のドラムビートがけたたましく響き、そこに西山のベースと宮原のギターが重なると、今度は「Four Round boy」。オーディエンスは一気に熱くなり、頭上で手拍子をしたり、拳を振り上げたりしています。ベースから始まった「夜をぶっ飛ばせ」では、西山がボーカルを担当。宮原との息の合ったハーモニーが心地よく響きました。

PhotoPhotoPhotoPhoto

そして次は「Seppan」。西山宮原も、オーディエンスに語りかけるように歌います。頷き合いながら、ぴったりと呼吸を合わせて音を奏でていく3人。「See “C”」が始まると、オーディエンスはリズムに合わせて肩を激しく揺らし始めました。ドラムビートが鳴りやまないまま、ラストソングの「Higher ground」へ。オーディエンスが宮原の合図で、「Yeah!Yo!」と一斉に拳を上げてシャウトします。宮原は最後にピックを投げ「Thank you!Good Night!」と手を振り、深くお辞儀をしてからステージをあとにしました。

PhotoPhoto

アンコールの手拍子が始まり、しばらくすると西山がステージに登場。「楽しんでいただけましたか?」の問いかけに、大きな拍手で答えるオーディエンス。すると後ろから、ろうそくのついたバースデーケーキを持った宮原が、小田原とともに登場。ライブ前日は、西山のバースデーだったのです。

PhotoPhoto

宮原の合図で、会場にいる全員でハッピーバースデーを大合唱。火を吹き消した西山は「どうもありがとう!」と叫び、メンバーとハグ。そしてもう一度、西山のボーカルで「夜をぶっ飛ばせ」が始まりました。先ほどよりも力強い声を張り上げる西山。その様子を宮原小田原が笑顔で見守ります。「Hey!Hey!」という掛け声とともに拳がフロア中から上がり、テンションは最高潮。最後は3人が手をつなぎ、オーディエンスに深く深くお辞儀をしてから、手を振ってステージを去っていきました。

PhotoPhotoPhotoPhoto

とにかく印象的だったのは、BABY’S BREATHKISSAMAも、すべてのメンバーがステージ上で最高の笑顔を見せて演奏していたこと。バンドメンバー自身が心からライブを楽しんでいる様子が、何よりもオーディエンスを最高にハッピーな気持ちにさせているようでした。演奏中、メンバーが何度もお互いの名前を紹介していた様子や、見つめ合ったり頷き合ったりしながら演奏する様子から、バンドメンバーの仲の良さもひしひしと伝わってきました。

PhotoPhoto

ライブを見ていてこんなに心が晴れやかになることはなかなかありません。そして、きちんと歌詞に耳を傾け、サウンドの一節一節を噛みしめるように聴いていたオーディエンスの姿もまた非常に印象的でした。さて、ライブ中に告知があった通り、KISSAMAは山梨(甲府)、愛知(名古屋)、東京(高円寺)でのライブを予定しています。間違いなく観客のハートを温かくしてくれるKISSAMAのライブ、絶対に見逃せません!

PhotoPhoto

【KISSAMA 公式サイト】
http://www.kissama.net

【インフォメーション】

2009/12/13(日) 甲府 CONVICTION
2009/12/16(水)名古屋 APOLLO THEATER
2009/12/28(月)高円寺 ShowBoat

【セットリスト】
01. Today’s the day
02. Wangan
03. Bマイナー
04. Four Round boy
05. 夜をぶっ飛ばせ
06. G-BALLAD
07. Seppan
08. See “C”
09. Higher ground
En1. 夜をぶっ飛ばせ

Photo Gallery(写真をクリックすると拡大します)
  • 宮原学
    Image4
  • 小田原豊
    Image4
  • 西山史晃
    Image4

  コラムニスト
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年8月12日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第20回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年11月14日更新
人生の宿題その3
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年12月7日更新
Progressive Man 第41話