演奏

SHOW-YA

TEXT:桂伸也

去年、結成25周年という、女性ロックバンドでは異例の記録を成し遂げたSHOW-YA。昨今巷で話題となっているギャルバンブームも、始まりは”彼女ら”であるといっても過言ではない。今でもその存在感を強く現しているその勇姿は、女性のロックする究極の姿に、かなり近づいているのではなかろうか?その長きに渡ってこのロックのシーンでトップを走り続けた彼女らの、衰えを知らぬパワーの秘密を、彼女らの今年最初のライブステージで探った。

SHOW-YA
寺田恵子 – Vocal (以下寺田
五十嵐”sun-go”美貴 – Guitar (以下五十嵐
中村美紀 – Keyboard (以下中村
仙波さとみ – Bass (以下仙波
角田”mittan”美喜 – Drums (以下角田

Led Zeppelinの「Immigrant Song」が轟く中、大きな拍手が鳴り響く。メンバーが一人登場する度に、”ワァッ”という歓声が上がる。そして、曲のブレイクでシンセサイザーの荘厳な響きが鳴り響く。

「Hello,Everybody!!今年も突っ走っていくぜぃ!!」寺田の叫びが、フロアの大歓声を呼び起こす。オープニングは、強力なギターリフの「BATTLE EXPRESS」で幕を開けた。寺田のパワフルでセクシーな魅力は、もう登場から既に、会場の隅から隅まで行き渡っていた。ブレイクから入る中村のシンフォニックなキーボードの中間メロ、そして凄まじい五十嵐のギターとキーボードのメロディの掛け合い。そこには既に、SHOW-YAの生み出すパワーが作り出した異空間が発生し、その雰囲気にフロアの観衆は酔いしれた。ステージはその勢いを留めたまま、「OUT OF LIMITS」に突入、オーディエンスたちは我を忘れたように腕を振り上げ、そのリズムに身を揺らしていた。

大きな拍手の中、寺田が叫ぶ。「明けまして、おめでとうっ!!外が寒かったんでね、なかなか体あっためるのに時間がかかる人がいるかもしれないけど、”ガッツンガッツン”今日も行くんで、最後まで楽しんでってよー!!」また、大きな歓声が上がる。

PhotoPhotoPhotoPhoto


PhotoPhoto


続いたナンバーは、シングルヒットした名曲「私は嵐」。もう定番のナンバーと化しているだけに、これで盛り上がらないはずはない。コーラスの”私は、ア、ラ、シ!!”と叫ぶフレーズをフロアでも叫ぶ男共も一人や二人ではない。疾走するこの瞬間を待っていた観衆は、ブレイクで鳴り響く仙波のベースソロに大きな雄叫びを上げた。

そして、ハードネスの中に妖艶さを鏤めた「BAD BOYS」、ヘヴィなミディアムテンポの「METALLIC WOMAN」と続いた。BOYSとWOMANというこの対比も彼女らならではのナンバーの続き方を思わせ、非常に興味深い。ハードでハンサム、タフでセクシーな寺田の様相を強く表すナンバーだ。

ひとしきり、親しみやすいMCを語る寺田。演奏の中で作り出す張り詰めた緊張感とは別に、そのフロアとの親近感すら作り上げてしまう余裕には、彼女らのキャリアから蓄積された貫禄すら感じる。ここで新曲を立続けに披露。中間部の、サブドミナントのフリジアン気味なギターソロが程よいアクセントを生む「SURVIVOR」、ストレートな彼女ららしいグルーブを守り立てる「GET MY BEAT」で、またフロアの熱が上がる。

更に「Thank You!どうもありがとう!!」、という寺田の一言を合図に、中村のKEYBOARD SOLOが始まる。シンフォニックでドラマチック。そのハーモニーには、あのKeith Emersonを彷彿させる味すら垣間見えたが、難解な方向に向かないロマンティックなメロディは、彼女の持ち味だろう。

PhotoPhotoPhotoPhoto


PhotoPhoto


そしてそのソロが終わると、今度は銅鑼の一鳴りを合図に、角田のDRUM SOLOが始まる。野太い16ビートのリズムから、感極まるリズムとフィル。一度ブレイクを置いて静かなロールからまた激しさを上げていく。フロアから大歓声が上がると、またも銅鑼を一撃。決して揺るがないSHOW-YAのリズムセクションの一端が、ここで垣間見られた。

ライブも中盤に差し掛かり、更に会場の空気は加熱していく。間髪入れずに続くナンバーは「FIRE」。SHOW-YA節ともいえるような、サビの寺田の歌声が耳に残るナンバーだ。その疾走感に、外は雪でも振りそうな寒さを見せていたが、その熱さは正しく会場は”熱い””暑い”空気となった。

ステージは一度照明を落とし、寺田にピンスポットが当てられた。シンフォニックなシンセサイザーのブラス、泣きのギターフレーズと共に、趣を変えてバラード「何故」をしっとりと歌い上げる。”何故 愛し合うの。何故 憎み合うの。” 寺田の声が、叙情感タップリに、観衆の胸に響く。フロアは静まり、その歌声に集中していた。

その静寂な空間を打ち破るように、「その後で殺したい」MCを挟み、「奪いとれ」「TROUBLE」「ギャンブリング」と、疾走感抜群のキラーナンバーを連発し、フロアを圧倒。”暑い””熱い”ステージは灼熱の戦場と化した。

PhotoPhotoPhotoPhoto


PhotoPhoto


そして、とどめを刺すかのようなラストナンバー、「FAIRY」で畳み掛ける。パワフルで、かつ揺ぎ無い角田仙波のリズムセクション、そして高貴さのハーモニーを作り出す中村と、ワイルドさを演出する五十嵐のギター、その上でカリスマ的とも言える妖艶さと力強さの象徴、寺田が会場全体を揺るがすパワーを放ち、観衆はそれに応じて「FAIRY!」とコーラスを叫ばざるを得ない。

「Thank You!どうもアリガトウ!今年も宜しく!」その一言を残し、大歓声の中SHOW-YAはステージを降りた。

いくつもの大歓声と拍手が鳴り続ける。どれだけ長いアンコールを待ち続けただろうか。それほどまでに、フロアは彼女らの登場を叫び続けた。

「みんなどうもありがとう!今年も最高だぜ!!」その叫びに、また大きな唸りが響く。その歓声に答えるべく、寺田がこれからの抱負、音楽に対する思い、ここまでの歩みへの思いを切々と語った。そして、SHOW-YAに戻ってこれた感謝の思いを遂げ、そっとフロアに語りかけた。「私は自分のお家を見つけました。みんなは、どんなお家を思い描いているかは分からないけど、帰るお家がなければ、”SHOW-YA”というお家にいらっしゃい。」

アコースティック・ギターを抱え、ボロンと鳴らしながら一人での歌を歌う。「うちにかえろう」。何か寂しげな哀愁感を持つ出だしから、強い希望感を与える響きを徐々に加えていく。最初は1人、そしてピアノの中村が加わり、遂には5人の演奏に変わっていく。まさしく寺田が歩んだ、”うちに帰った”その帰路を描いた、美しいバラードだ。スケール感豊かなアメリカン・ロックのようなその光景に、会場の視線全てが吸い込まれていく。

PhotoPhotoPhotoPhoto


PhotoPhoto


多くの人が、”SHOW-YAは我と共にある”と感じたことだろう。
静かなピアノの音色で終わりを迎えたその曲。”旅は続く 明日も 早くうちに 帰ろう”、涙すら見せるオーディエンスも少なくない。その大きな感動を与えてくれたSHOW-YAに惜しみない拍手がまた寄せられた。

だがしかし、SHOW-YAはこれでは終われない。ギターのロングトーンが鳴り響く中、寺田の歌が絡む。そして五十嵐のカウントで、「ONE WAY HEART」を演奏し始める。SHOW-YAの初期からのお馴染みの曲、まるでBon Joviの「Livin’ on a Prayer」を髣髴させるような、”打たれても、へこたれない”希望を強く湧き上がらせてくれるパワーナンバーだ。このとき、フロアの感情は最高潮に向かっていた。

そしてクライマックス「限界LOVERS」へ。日本に最もSHOW-YAを強くアピールした、ファイティングスピリッツ溢れるこの曲が飛び出すことを、観衆はどの位待っていただろうか?その思いを爆発させるように皆暴れだす。”限界まで 限界まで 諦めない! 天使よりも 悪魔よりも 刺激的な 愛が欲しい 昨日よりも 明日よりも 火花散らす 今が欲しい Back to the fire!”

そのフレーズを繰り返す度に、観衆は完全にノックアウトされた。この時を、この瞬間を、この日共有できたという充実感に観衆は狂喜し、その思いを体全体で表現した。「Thank you so Much!I love You!」興奮の絶頂の中、こうして2011年最初の感動のステージは、幕を下ろした。

一部の期間でのブランクはありつつも、驚異的な活動期間。その数字だけでも大いに賞賛に値すべき功績であるが、彼女らのパワーの矛先は、既に過去を見ていない。ステージ終了後、ある中年男性は「久々に”Back to the Fire”を連呼しちゃいましたよ!」と興奮も冷め遣らず大はしゃぎ、あるティーンエイジャーの女の子は呆然気味に「もう鳥肌が立ちっぱなし。もうカッコよすぎて憧れちゃう...」と呟いていた。この日のステージでも、彼女らSHOW-YAの時代を超えた変わらぬ魅力を放ち続けていることが分かる。

女性が作り上げるロックのスタイルを追及し、その求める姿は確立しつつも、更に新たな極致を求めて、走り続けているようにも見える。近年の女性ロックの台頭、そして地位の確立は彼女らの歩んできた険しく、そして逞しい道のりと大きく同期している。だが、まだ彼女らのゴールは、遥か先だ。更にSHOW-YAは進化する。更に大きなステージが、彼女らを待っているのだから。

Photo
◆SHOW-YA 公式サイト
http://www.show-ya.jp/
◆セットリスト
M01 BATTLE EXPRESS
M02 OUT OF LIMITS
M03 私は嵐
M04 BAD BOYS
M05 METALLIC WOMAN
M06 SURVIVOR(新曲)
M07 GET MY BEAT(新曲)
M08 KEYBOARD SOLO~DRUM SOLO
M09 FIRE
M10 何故
M11 その後で殺したい
M12 奪いとれ
M13 TROUBLE
M14 ギャンブリング
M15 FAIRY
M16 うちにかえろう(ENCORE)
M17 ONE WAY HEART(ENCORE)
M18 限界LOVERS(ENCORE)

◆インフォメーション
2011年03月20日【新 宿】BLAZE



  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話