演奏

V.V ROCK SHOW Vol.2

Text:法印堂沙亜羅 Photo:曲香-mageshang-

2009年7月19日、『V.V ROCK SHOW Vol.2』が開催されました。場所は大阪、「Club ALIVE!」。出演バンドはSUPPAINER、Pink Silverstar、OGAWA KOUIDHI’S Kingdom Saga、Secret JOKE、DRIVEの5バンド、そして真夏の夜のサプライズにもう1バンド。東京・名古屋・大阪各地から集ったアーティストたちの競演に、猛暑にも関わらずつめかけたオーディエンスで会場は大入り満員の盛況、外の熱気も吹き飛ぶようなアツいロックナイトとなりました。
 
オープニングアクトは完全シークレット。一体誰が登場するのか、オーディエンスの期待がふくれ上がる中、いよいよスタート。現れたのはなんと大御所ハードロックバンドACTION!の高橋ヨシロウ(Bass&Vocal:以下ヨシロウ)、秋田エイジロウ(Drums)、Takechiyo(Guitar&Chorus)の3人!! なんとこの日初めて『EROS→』というバンド名を披露したというこのスーパートリオユニットのサプライズな登場に、ライブハウスごと震撼の一瞬です。ミステリアスなSEから、「愛を感じて」「VIOLENCE」と頭の芯までシビれるような迫力を見せつければ、次はノスタルジックなメロディからはじまる「TEARS OF LOVE」がオーディエンスの心を切々と包みます。MCをはさみ最後は「THE PARTY」。ヨシロウ、Takechiyoが揃ってオーディエンスを煽り、のっけから大盛り上がりのオープニングアクトとなりました。
 
photophoto

photo

photo2番手はSUPPAINER。闇の中、三つの影が奏で出したのは「HARD TIME」。夜を疾走する感覚が期待を煽ったところでライトがつけば、BURNER OSAMU(Guitar)、EROMMY AGE(Bass)、OHYOI MINORU(Drums)の3人にOHKINNY RYU(Vocal)が合流。さあ戦闘開始とばかりに「OPEN THE ATTACK」、「眠れぬ夜」とアグレッシブにトバします。軽快なMCを挟みつつ、「HOW DO YOU FEEL?」「DRIVING YOU CRAZY NOW」と続き、ラストは「FIRE」。本家SNIPERの北尾”Kinny”茂久も登場してのダブルVocalにオーディエンスまで燃え上がりました。

photo

photo
3番手のPink Silverstarは3人が女性という華やかな構成。メンバーはShima(Vocal)、島田浩史(Guitar)、Marshi(Bass)、おいちゃん(Drums)の4人。1曲目はエネルギッシュな「Dancin’」、続いてグルーブ感に溢れた「Damaged」、「Slave」と続き、MCを挟んで「Pink Silverstar」。まさにバンドを象徴するかの元気を与えてくれる1曲に、オーディエンスもレスポンスで応えます。「One step」ではShimaの歌唱力でじっくり聴かせ、ラストの「Time stop」ではフロント3人揃ってのチャーミングなパフォーマンスにみんな笑顔。明日も頑張ろう! そんな気持ちを揺り起こしてくれるひとときでした。

4番手はOGAWA KOUIDHI’S Kingdom Saga。メンバーはMIKOTO(Vocal)、小川浩一(Guitar)、宇都宮”LEO”清志(Bass)、堀江睦男(Drums)、福岡里美(Keyboard)。ギターのフィードバックが幕開けを告げれば、激しい「Blood or Tears」からスタート。「Shoot Out」ではMIKOTOがオーディエンスを狙い撃ち。「Illusion」「From The Bottom Of My Heart」は映画のワンシーンを思わせる情趣にあふれ、続いて小川浩一のギタープレイが魅せる「Mighteryer」、そしてラストは「Wethering Heights」。前へ前へと乗り出すように熱唱するMIKOTOにオーディエンスも全力で応えていました。

photophoto

5番手はSecret JOKE。メンバーは森川健司(Vocal)、金谷幸久(Guitar)、多久博之(Bass)、村中”ろまん”暁生(Drums)、青木彰一(Keyboard)。クラシック楽曲「威風堂々」をSEに、まさに曲名通りの登場。登場するやいなや手拍子でオーディエンスと一体化。「黒い瞳のマリア」、「CAN’T YOU KILL ME TONIGHT」と勢いのある2曲で会場を沸かせ、囁きかけるかの歌いだしの「SAY GOOD-BYE」、ギターが聴かせるインスト「HORIZON」。森川健司がステージに戻れば、「Magical Bedroom Party」でファンキーに盛り上がります。ラストは「JAIL BREAK」、演奏後のメンバーの気持ち良さそうな笑顔が印象的でした。

photophoto

トリはDRIVE。メンバーは、北尾”Kinny”茂久(Vocal:以下Kinny)、林”Taichang”大樹(Guitar:以下Taichang)、村瀬”Rommy”呂美(Bass)、林”Lewis”塁(Drums)。1曲目は疾走感のある「Steal Dragon」。「(腕上げるのに)疲れてきたら手拍子でもいいよ」とKinny。こう言われてはむしろ盛り上がらずにいられないのがオーディエンス。「Our love will never die」、「Uncontrol Rocket」とフロントメンバーが激しく揺れれば、会場ごとリンクする勢い。陽気な「Sweet Sweet Angel」を経て、Taichangのギターソロ「Slow Blues」。「Winner Shining」は出だしがアカペラ!!『声』という楽器の威力に改めてゾクっとする瞬間。ラストは「Drive」。しかし熱気はまだまだ冷めません。

photo

オーディエンスの熱いアンコールに応えて、DRIVEのメンバーが再登場、「Under the Grand」を演奏しました。東名阪各地より個性豊かなメンバーが結集し、最後の最後まで盛り上がった『V.V ROCK SHOW Vol.2』。その結果はアンコールでKinnyが叫んだこの言葉に集約されているのではないでしょうか。
「V.V、大・成・功!!」

photo


  コラムニスト
EARTHSHAKER
EARTHSHAKER
2019年5月3日更新
第22弾「名古屋ELL」
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年11月14日更新
人生の宿題その3
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年12月7日更新
Progressive Man 第41話