演奏

TEXT & PHOTO:桂伸也

日本のヘヴィ・メタル・シーンでもトップ・クラスであることを誰もが疑わないCONCERTO MOON。彼らが、「炎の3番勝負」と銘打った特別イベントを敢行、第一弾の対決は何と人間椅子、今回の“対決”という企画もさることながら、この2バンドのジョイントを想像したものがいるだろうか?BEEASTでも両グループ共にコラム、ライブレポ、特集等の取材でとてもゆかりのあるアーティストだけに、非常に興味深い対決といえよう。

彼らはレコーディングで使用しているBAZOOKA STUDIOの繋がりが一つのきっかけになり、この日の対決が実現したという。この異種格闘技的な取り合わせ、その戦いの末に見えるものは一体何か?スタートを目前に、熱い戦いが繰り広げられるステージを心待ちにしたファンでフロアは埋め尽くされた…。

1.CONCERTO MOON
 
メンバーリスト:
島紀史(以下、:Guitar)、久世敦史(以下、久世:Vocal)、長田昌之(以下、長田:Drums)、三谷耕作(以下、三谷:Support Bass)
 
Photo Photo Photo Photo

突然会場にJudas Priestのナンバーが爆音で流れ、気持ちをかきむしられる観衆。やがてその音は、美しいハーモニーを持ったCONECRTO MOONの入場SEにオーバーラップした。そして長田、三谷、島、久世とメンバーが現れると、歓声がフロアから大きく鳴り響いた。SEのブレイクと共にけたたましいドラムと凄まじい音圧のギターが鳴り響く。それに合わせ「行くぜ!」と久世が叫ぶ。「VICTIM OF DESIRE」でオープニングから疾走感抜群の爆音サウンドをフロアに叩きつけ、観衆を煽っていく。CONCERTO MOONにとってはホームとも言うべきこのイベント、最初は様子見、などといった茶番は不要とばかりに初っ端から全力疾走だ。
 
Photo Photo

Photo Photo

「Oh,Yeah!皆さんようこそ“炎の三番勝負”へ!!」久世が観衆に向かって語る。その言葉からも、彼らのこのイベントに対する相当の気合いを感じる。その言葉に同調し大きな歓声で答える観衆。「まさに熱い戦いが始まった」と実感できる一瞬だ。ここから決して引こうとしない、落ち着くなんて愚行とばかりに押しまくる、これぞCONCERTO MOONの持ち味だ。
 
Photo Photo

Photo Photo

リズムはファースト、ミドルと変化しようが、CONCERTO MOONを象徴する久世のハイトーン・ヴォイスとのギターリフがあれば、そこは彼らの土壇場。更に重さと強さを持つ長田のドラムと、美しい“荒々しさ”を持った骨太な三谷のベースラインと、無敵ともいえそうなサウンドの完成度をこの日も披露していた。特に三谷のベースラインは、華麗に舞うのソロをしっかりと支えながらもその存在感をサウンドで十分にアピールする。プレシジョン・ベース特有のクセのある音色を、一番オイシイ形でこのサウンドにマッチさせている。サポートという形で存在しているのが非常に惜しいと思えるほどに、CONCERTO MOONのサウンドの重要な部分を担っていた。
 
Photo Photo

Photo Photo

この日のイベントに対し深い感謝の情を述べながら、後半のクライマックスに向けてのあおりを入れる久世。「明日になったら“首が痛いな”、“腕上がらないかな”なんて思うかもしれないが、大丈夫!首も曲がれば腕も上がる!肉体的なダメージを負いながら楽しんで帰ってください!!」そして、「一緒にフロアに歌ってほしい」という願いを込め、「LIVE TO WIN」へ。久世の観衆をあおる声に力が入る。ヘヴィ・メタルというカテゴリに居ながらも、シンプルでヘヴィなメロディは、思わず口ずさんでしまいそうになるくらいにキャッチーであるところが、CONCERTO MOONの持ち味の一つでもある。そこにの、有無を言わせぬ、絶対的な存在感をもつギターがあるだけで、一つの完成した世界が現れる。
 
Photo Photo

Photo Photo

先攻もすでにクライマックス。長田の叩き出すビート自体に相当のリキを感じさせるサウンドは、その相乗効果も相まって、ギターもベースも更にその輪郭を鮮明にし、かつ突き刺さるような鋭さを持ってフロアに襲い掛かる。「今日は本当にすっきりして帰ってくれよ!!」久世のMCにて、次回の三番勝負の告知より新たな出会い、戦いの予感で更に気持ちに武者震いを覚えさせるような興奮をもたらし、最後の「CHANGE MY HEART」まで一歩も引かない攻めの姿勢を貫き、ファンに文句を言わせぬ大満足のステージで幕を引いた。

2.人間椅子
 
メンバーリスト:
和嶋慎治(以下、和嶋:Guitar & Vocal)、鈴木研一(以下、鈴木:Bass & Vocal)、ナカジマノブ(以下、ノブ:Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

この日後手となる人間椅子の登場。Beatlesの「Come Together」を思わせる独特なリズムから、気持ちを不安にさせるようなオドロオドロシイカラーを乗せた「沸騰する宇宙」で、ステージは幕を明けた。パワー・コードで攻めるシンプルでストレートなメタルとは違い、サウンド、構成、そしてバンドのカラーと、独自の世界観を持つ彼ら。SEとして頭に響いた鈴の音と、その爆音のコントラストに、更に引き込まれていく観衆。次の瞬間、けたたましいドラムの音と共にギターとベースが同率でドライブするナンバー「死神の饗宴」のヘヴィさに観衆は既にやられてしまい、フロアは大きく波打つ。大昔の教会旋律等まったく無視したような凶悪なサウンド、そのサウンドは彼らだからこそ作り上げられるサウンド。その意味を言葉にしなくても、フロアで聴いているだけで感じ取れてしまう。
 
Photo Photo

Photo Photo

例えば先攻のCONCERTO MOONが、曲で観衆を圧倒する“剛”のタイプであるならば、彼ら人間椅子はもっとその曲の中に作られたウネリ感で、自然に聴くものを引き込んでしまう、“柔”のタイプと言えるだろう。ベース、ギター共に歪み度の高い強烈なサウンドが、脳天を切り裂かれるような激しくも妖しい魅力を醸し出し更に観衆の気持ちをステージに引き込んでいく。正にヘヴィ・メタルなサウンドの中でも、彼らが唯一無二の存在であることを示す、一筋縄ではいかない強烈な個性がこの日もフロアの注意を捉えて離さない。
 
Photo Photo

Photo Photo

「どうも、人間椅子です!CONCERT MOONファンの方、今日は途中で帰らないで聴いてくれてありがとうございます!!」鈴木が重々しい口調で軽快な言葉を語りだす。この対決をして、両バンドを象徴する島、和嶋というそれぞれのギタリストを、「西のさん、東の和嶋くん」「ギター魔人vsギター仙人」「リッチー・ブラックモアvsトニー・アイオミ鈴木がこの日の対決を称して、二人のギタリストを表現する。そこから楽屋裏話、そして今回対決に至った経緯等を、ユーモアを交えて鈴木和嶋のトークでアットホームな雰囲気を醸し出す。
 
Photo Photo

Photo Photo

しかし笑いだけではすまない和嶋の語り。近年頻発する猟奇事件を例に、生きることに伴う業のような内容を説き、「今昔聖」のプレイへとつなげる。おぞましいそのサウンド。彼らの音を聴いた人には、技術の良し悪しや理論的なものなど関係ない部分で、とても聴くことすら耐え難いと感じる人もいるかも知れない。「この世に地獄があるのなら、こんなものではないか?」そんなイメージすら目の前によぎる。その中で雄々しくも、人々の感情を揺さぶるように叫ぶ和嶋。サビの「進め」「笑え」「走れ」という言葉は、正しくMCで語られた、生きていく上の業をそのまま表した衝撃を打ち出してきた。
 
Photo Photo

 
Photo Photo

強烈なビートを叩き出すノブのドラムと、“おぞましさ”の根源となる鈴木のベースが和嶋のギターと絡み、印象の塊となってフロアに降り注ぐ人間椅子のサウンドは、時にそのテンポを速く、またあるときには遅く、そしてうねるようなラインを作り上げ変幻自在の様相を見せるが、その芯にあるものは、生々しいイメージを捉えた一つの世界観のようにも見える。そんな彼らのステージは、聴くものからすると文字通りにあっという間、程なく「針の山」へそしてアンコールの「相剋の家」へ。息をつく間もない衝撃と興奮を浴びながら、彼らがステージを去る頃には、恍惚とした表情を浮かべた観衆も見えた。

3.セッション
 
Photo Photo

Photo Photo
 
いよいよ最大の見せ場となるセッション大会。人間椅子のメンバーより、CONCERTO MOON久世が呼び込まれ、いよいよセッションスタート。曲はDEEP PURPLEの名曲、「Speed King」。バンド各々でこのプレイが聴けることもそうだが、この組み合わせでこの曲が聴かれることを誰が想像しただろうか?強烈なハイトーンを繰り出す久世のヴォイスに、対決と言う言葉がピッタリ来る和嶋のギター・バトル。最初は相手の出方を見るような静かな掛け合いが、徐々にヒートアップし超絶テクニックとラウドなサウンドを出しあう両ギタリスト。最後にはギターを肩の後ろに回す大技すら二人で見せ合う始末。更には鈴木久世が絡み合うパフォーマンス、そして最後には長田も登場し、最高潮の盛り上がりを見せたところで、ステージは終わりを迎えた。めったに見られない見事な瞬間に、観衆の大きな歓声と拍手が送られた。
 
Photo Photo

Photo Photo
 

◆セットリスト
CONCERTO MOON
M01.VICTIM OF DESIRE
M02.SAVIOR NEVER CRY
M03.RUN TO THE SKY
M04.CHEATING FORTUNE TELLER
M05.OVERTHE FEAR
M06.LIVE TO WIN
M07.FROM FATHER TO SON
M08.IT’S NOT OVER
M09.ANGEL OF CHAOS
M10.CHANGE MY HEART
 
人間椅子
M01.沸騰する宇宙
M02.死神の饗宴
M03.今昔聖
M04.冥土喫茶
M05.黒猫
M06.赤と黒
M07.地獄
M08.人面瘡
M09.針の山
Encore
E01.相剋の家
 
Encore(Session)
E01.Speed King(DEEP PURPLE)

 


 

Photo
◆ 公式サイト
 
CONCERTO MOON
http://concerto-moon.com/
 
人間椅子
http://ningen-isu.com/

 
第一戦より予想を上回る凄まじい戦いぶりだった。美しくメロディアスな旋律を奏でるCONCERTO MOONに対し、ダークで独特の世界観を持った人間椅子という不思議なバンドの取り合わせが、こうして繋いでライブを見てみると不思議なことに自身の音をプレイする一バンド達という同率の存在として見える。形は違っても、それぞれの持つサウンドに賭ける情熱の熱さに共通点があるということであろうか。メディアでの露出で普段大きな感情の変化を顔に表さない和嶋が、島とのギターバトルを行った際に見せた激しい表情がそれを物語っている様にも見えた。ロックという共通項でお互いを認めた二つのバンド。これからの彼らの動向も、引き続き見逃せないところだ。合わせて“三番勝負”、第二の勝負の行方やいかに…!?
 

東京音協主催 今後のライブ予定
 
1)It bites『TOUR OF THE PAST 2012』
日付・曜日:2012年10月3日(水) 19:00開演
会場:渋谷クラブクアトロ
席種料金:立見-7000円
詳細内容:
※入場時ドリンク代別途必要。
 
2)ACCEPT『STALINGRAD WORLD TOUR 2012』
日時及び会場
2012年11月25日(日)18:00開演 東京:品川プリンス ステラボール
2012年11月26日(月)19:00開演 名古屋:ボトムライン
2012年11月27日(火)19:00開演 大阪:梅田クラブクアトロ
席種料金:立見-7500円
詳細内容:
※スタンディング、入場時ドリンク代別途必要。
 
3)Dos a tres caidas ! ~コンチェルト・ムーン炎の三番勝負~
日付・曜日:2012年10月28日(日)18:00開演
会場:Shibuya BOXX
席種料金:立見4,500円(前売り)[出演及びメンバー]
UNITEDhttp://www.united-official.com/
ken-shin(Vocal)吉田”Hally”良文(Guitar)大谷慎吾(Guitar)横山明裕(Bass)Akira(Drums)
コンチェルト・ムーンhttp://concerto-moon.com/
島 紀史(Guitar)久世敦史(Vocal)長田昌之(Drums)三谷耕作(Bass ※サポート)
詳細内容:
※入場時ドリンク代別途必要。
 
お問合せ:
東京音協 03-5774-3030

 

★読者プレゼント★
CONCERTO MOON、人間椅子の見開きダブルネーム仕様のサインを、抽選で1名様にプレゼント!
 
ご応募方法は“BEEASTファンクラブ”の方にお届けする「週刊ビースト瓦版(無料メルマガ)」にて記載いたします。
 
BEEASTファンクラブ”はコチラの『BEEASTファンクラブ』ページより簡単登録(完全無料)可能!
 
※『ファンクラブ』ページにある登録内容を送信してください。携帯からアクセスされている方はコチラに空メールを送信していただくか、ページ上のQRコードを読み込みの上メールしてください。仮登録の登録画面のメールが届きます。
【重要】携帯電話のドメイン指定受信を設定されている方は、prius-pro.jpのメールを事前に受信できるよう設定してください。

こちらも是非ご覧ください。
 
CONCERTO MOON:
OUTBREAK7周年&長沢生誕記念 島紀史・長沢共同企画イベント
http://www.beeast69.com/report/17275
密着レポート第3弾Concerto Moon「ANGEL OF CHAOS」ツアーファイナル
http://www.beeast69.com/feature/2527
Let The Music Do The Talking ?テイク9「島紀史(CONCERTO MOON)」
http://www.beeast69.com/feature/113
CONCERTO MOON 関東5Days
http://www.beeast69.com/gig/462
人間椅子:
冬来たりなば春遠からじ ~人間椅子ワンマンツアー 2011年師走~
http://www.beeast69.com/report/8909
「浪漫派宣言」和嶋慎治コラム
http://www.beeast69.com/column/wajima

 


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話