特集

lead_grs15w

TEXT:河内香奈子

2015年2月28日(土)、ODYSSEY主催『GIRLS ROCK SPLASH!! 2015 WINTER』がZepp Tokyoにて行われた。今回で3回目の開催となる『GIRLS ROCK SPLASH!!』は、2014年の夏にスタートしたイベントで、タイトル通りガールズロックのバンドを集めた内容だ。第1回目は、2014年8月に赤坂BLITZで開催。第2回目は、2014年11月にShibuya eggmanで開催。そして今回の第3回目は、ZeppTokyoで開催。会場の規模にとらわれず、生きの良いバンドを出演させているイベントだ。次世代を担うであろうガールズロックバンドたちの競演が繰り広げた、その模様をここにお届けしよう。

【Opening Act】SEVEN★PLANET
『GIRLS ROCK SPLASH!!』は、毎回オープニングアクトを起用している。まずステージに姿を現したのは現役女子高生バンドSEVEN★PLANET。埼玉県にある中高一貫の私立、国際学院高校の軽音楽同好会の彼女たち。ステージングには、一生懸命さが感じられた。精一杯この場を盛り上げようと試行錯誤したことが伝わってくる。
 
緊張した面持ちながらもしっかりと前を向き「早速 聴いてください」と呟くと、柔らかなギターがそっと会場に響く。それに合わせてフロアが大きく手を振り暖かく始まった「Change the future」。透き通るような澄んだ歌声がじんわりと胸の底に溶け込んでくる。“わかった未来を生きてくよりも まだ見えない先を生き続ける方が楽だろう”という歌詞は今この場所で力強く輝こうとする彼女たちを象徴するようだった。
 
声を揃えて「セブプラです!」と高らかに名乗りを上げると、ベーシストが「左手で七を作りくるっと下にひっくり返す」“セブプラ”のポーズについて説明。すると、フロアもそれに合わせて手首をくるっと返す姿が見られた。続く2曲目は、ボーカリストが「恋バナ」をテーマに作詞・作曲を行ったという「君」。“君なんていなくなってしまえばいい”と恋に揺れる彼女のリアルな気持ちが綴られたミドルナンバー。アウトロでは「頭振りまーす!せーの!」という掛け声に合わせてヘッドバンギング。
 
自己紹介は愛称で呼び合い、あどけなく笑う姿に彼女たちの青春を覗き見たようであった。そこから、しなやかにピアノの音色が漂うと、先ほどまでと打って変わって大人の顔付きに。切なさと哀愁の漂う「偽り」へと流れ込む。伸びやかに歌い上げると、重厚感のあるベースソロで転調。フロアからは“オイ!オイ!”と声が上がり、会場は再び熱を帯びだす。ラストは、彼女たち初めてのオリジナル曲「SEVEN★PLANET」。“きっと試練があるけれど あたし達なら乗り越えられる”と歌う彼女たちに答えるように、会場からは「SEVEN★PLANET!!」と大きな声が上がる。
 
ライブ後の転換MCに、芸人のハグてっぺいが登場。「初のZeepはどうですか?」と尋ねられると、ボーカリストが「本当に緊張したけれど、みなさんのお陰です。ありがとうございます。高校二年生なので、あと一年……と言わず、死ぬまでバンドをやりたいと思っているので、セブプラを見かけたらライブに見にきてください!」とコメントした。

1-1
 

◆SEVEN★PLANET
国際学院高校軽音楽同好会
◆Setlist
M01. Change the future(未来がすべてではない)
M02. 君
M03. 偽り
M04. SEVEN★PLANET

 

grs

【1】がんばれ!Victory

AYAKI(Vocals)、RENA(Guitars)、MINAMI(Guitars)、SHINOBU(Bass)、MAYUKO(Drums)

トップバッターを務めたのは、がんばれ!Victory。SEが流れ、そのまま微睡(まどろみ)の中へと入り混んでしまうかと思いきや、突然パンキッシュなドラム&ギターが高らかに鳴り響き、強制的に彼女たちの世界へと引き込まれる。AYAKIが登場すると「締まっていこうぜー!」の掛け声と共に「I Go Everyday」へ。
 
明るくはじけるようなアグレッシブなステージングに早くも会場のボルテージは高まり始める。途中マイクの音が出ないというトラブルに見舞われるも、なんのその。と上手へ下手へと目まぐるしく動き回るAYAKI。続く「DEAR」では、疾走感あるメロディーに合わせ、ぐるぐると無数のタオルが宙を舞った。
 
MCのコーナーでは、AYAKIがスティックバルーンを手に拍子をとると、佐賀弁混じりにゆるゆるとメンバー紹介。爽やかな青春の風を感じる「青春ライフポップ」では、SHINOBUが体を折り畳み、激しいパフォーマンスを見せた。AYAKIMAYUKOのカウントに合わせて手拍子から始まる「ふらいはい!!」では、メンバーの「せーの」という声に対して、「かっ飛ばせVictory!!」と力強い檄(げき)が飛んだ。「まだ声でますよね?」の掛け声とともにラストは「KGSD」。「KGSD!」と叫ぶ声がフロアから上がる、最後は会場一体となってジャンプで締めくくった。

2-1s
2-22-3
2-42-5
2-62-7
2-82-9
2-102-11
 


◆がんばれ!Victory Official Website
http://anagashima.wix.com/victory-

 
◆Setlist
M01. I Go Everyday
M02. DEAR
M03. 青春ライフポップ
M04. ふらいはい!!!
M05. KGSD
 
◆Live Information
2015年06月13日(土)【東 京】渋谷eggman
2015年09月12日(土)【東 京】TSUTAYA O-WEST

 

【2】Caramel

るみ(Vocals)、ゆうみ(Guitars)、さゆき(Bass)、もも(Drums)

白い衣装に包まれCaramelがふんわりと登場。彼女たちのライブ定番曲「tkmkセンセーション」で幕が開けると、はじけるポップナンバーに、上手前方エリアでは早くもサークルモッシュが発生!続く「スナイパーガールZ」では、退屈な日々を過ごしていた女の子が、突然の恋の予感に動き出す様を、デジタルながらも淡いサウンドに乗せキュートに歌う。2曲続けて歌ったあとに、初めて見る方も多いだろうと自己紹介。即座にフロアから「今日も小さいよー!」と声が上がるも、これは彼女たちのライブでは定番!?のレスポンスなので驚くことなかれ。
 
そんな暖かな会場の中で迎えた3曲目は、学生時代の淡い恋心を歌う「LoversMoment」。好きな気持ちを隠し切れず、片思い相手を思って授業が上の空。そんな誰しも経験したことがあるだろう甘酸っぱい気持ちを澄んだ歌声でオーディエンスへそっと届けた。実は去年3月はお客さん0人だったという彼女たち。そのころから演奏していたという「月下のナミダ」はcaramelにとってとても思いの深い曲だ。赤い照明の元、ゆらゆらと揺れながらゆきが弦を叩く姿が印象的だった。
 
ユウミが、6/28に2ndワンマンを原宿ASTRO HALLにて行うとの告知を終えると、「サンキュー!」と力強く叫んだ。警告音が甲高く鳴り響き「恋愛少女2」に突入。“恋愛がない世界なんて 女の子には生きる価値ないよ”と歌う彼女たちの小柄な体系のどこからこんなパワフルさが出てくるのだろうか。
 
ラストの「恋愛少女」に限り写真撮影OK!とのことで、慌てて携帯を取り出す姿があちこちに。タテ振りのヘッドバンギングをする人や、力強く拳を天に打ち付ける人など、最後まで大盛り上がりを見せた。転換MCにはルミが登場し、平均身長149cmの彼女たちの小さい子あるあるエピソードを公開。ボディクリームが少なくて済む、夜行バスは伸び伸び使えるとポジティブな一面だけかと思いきや、身長が原因でバイトの面接に落とされた経験があるとネガティブな告白も。

3-1s
3-23-3
3-43-5
3-63-7
 

◆Caramel Official Twitter
https://twitter.com/caramel_149cm
◆Setlist
M01. tkmkセンセーション
M02. スナイパーガールZ
M03. LoversMoment
M04. 月下のナミダ
M05. 恋愛少女2
M06. 恋愛少女

 

【3】井上苑子

井上苑子(Vocals & Guitars)

白く淡い光とともに、バックバンドメンバーと制服姿の井上苑子が手拍子に迎えられ登場。オープニングナンバーは、長い夏を送る中で好きな人に会いたくなった時の気持ちをポップで爽やかなメロディーに乗せ歌った「線香花火」。透明感のある澄んだ歌声で圧倒的な存在感を示していた。夏の日の爽やかな気持ちを歌う「Fly Away」を軽やかに歌い上げ、MCにて「今日みなさん暖かいな!」と嬉しそうに声を上げた。同イベントは夏の開催以降2回目の出演。「前回共演者のライブを見ていたら格好良よくて涙がでた。素敵なイベントだと思ったので楽しみにきました」とコメント。
 
3曲目「グッディ」では、“君じゃないとダメなの”とフロアを指差し澄んだメッセージを届けた。マイクスタンドから、ハンドマイクに持ち替えてアッパーな「Stay with me」へ。フロア前方に迫り出し、下手・上手と問いかけるように覗き込むと、オーディエンスから力強いレスポンス。キーボードに駆け寄りピアノを弾くパフォーマンスをしたかと思えば、ドラム台に上りドラムスティックを取り上げるお茶目な姿も。更にはスカダンスも披露し天真爛漫な笑みを見せた。
 
その後、バックバンドメンバーが去ると井上苑子が一人、アコースティックギター片手に舞台に残った。ラストは親友と片思い相手の間で揺れる恋心を歌ったバラード「赤いマフラー」。オーディエンスは純粋すぎる空気に飲まれるように、時折体を揺らしながらじっと聞き入っていた。最後は再び元気いっぱいに挨拶した姿も印象的だった。そして、ハグてっぺいのラジオに出演しているという彼女。転換MCでは、関西のノリ全開で、掛け合いを見せた。「実はステージに出るまで日本史の勉強をしていたんです」と学生生活の模様も語った。

4-1s
4-24-3
4-54-4
4-64-7
 

◆井上苑子 Official Website
http://www.inoue-sonoko.com/
 
◆Setlist
M01. 線香花火
M02. Fly Away
M03. グッデイ
M04. Stay with Me
M05. 赤いマフラー

 
◆Live Information
2015年03月29日(日)【東 京】TSUTAYA O-EAST
2015年03月30日(月)【東 京】赤坂BLITZ
2015年04月01日(水)【東 京】渋谷eggman
2015年04月12日(日)【東 京】つばさレコーズ中野スタジオ
2015年04月19日(日)【東 京】日本工学院八王子専門学校
2015年04月29日(水)【兵 庫】神戸ワールド記念ホール

 

【4】つしまみれ

まり(Vocals & Guitars)、やよい(Bass & Chorus)、みずえ(Drums & Chorus)

“愛してるって言わなきゃ殺す”というインパクトの強いSEと共に、つしまみれが登場。もちろんこの程度のインパクトでは終わるはずもない。青く点滅する照明が毒々しい中、「はじまりのうた」でスタート。まりの雄叫びと、やよいの激しく髪を振り乱す色気たっぷりなパフォーマンスで、早くも会場を圧倒する。続く「おじいちゃんのズボン」では、おじいちゃんのズボンについて歌う。ひたすらおじいちゃんの名前を呼びおじいちゃんのズボンを紹介。そして勢いそのままに「PEPPLE」へ。ぐにゃぐにゃとしたサウンドに、発狂したかのように「ああ、愛したい」と訴えた。
 
流れるように3曲を歌い上げたまりは「最後まで楽しんでいってね」と一言告げると、「愛の夢」へ。重厚感のあるベースに合わせて自然と手拍子が起こる。“気持ちを繋いだって何時のまにか解けてしまう”と永遠に続かない関係を、しなやかに歌った。すーっと息を吸う音と共に、まりとみずえから吐き出された「空腹と空白」。まりの芯のある伸びのよい歌声と、やよいのコーラスとのユニゾン。つしまみれの世界観に飲み込まれる。ギターが高らかに唸りをあげると「J-POP」で再び会場を熱くし、“JPOP”に合わせて拳があがる。曲中、ステージ中心に迫り出て、美しい長髪を激しく振り乱すやよい
 
まりが「ラスト2曲楽しんでください!」と声を上げると、バカな元カレに捧げた「バカ元カレー」に突入。エッジの効いたサウンドで、まりが掻き鳴らすようにギターを弾いたかと思うと、フロアに向かって中指を突き立てた。更にはやよいが足を180度上に蹴り上げるなど激しすぎるステージングを見せつけると、イントロでまりやよいが向かい合って弾く「JAGUARE」でラストを迎える。ステージ中央で髪を振り乱すと、ギターを見せつけ笑顔を向けたまりが「ありがとうバイバイ」と告げ、軽く手を振り足早にステージを去った。
 
転換MCにはまりが登場。楽屋で美容師さんごっこをしているという、つしまみれメンバー。先ほどの狂気的なステージとのギャップをみせると、「日本武道館でワンマンライブ」をすることが憧れだと語るまり。「しょうがないから応援してやろうかなって感じになってくれたら嬉しいです」とコメントした。

5-15-2
5-35-4
5-65-5
5-75-8
 

◆つしまみれ Official Website
http://www.tsushimamire.com/
 
◆Setlist
M01. はじまりのうた
M02. おじいちゃんのおズボン
M03. PEOPLE
M04. 愛の夢
M05. 空腹と空白
M06. J-POP
M07. バカ元カレー
M08. JAGUAR

 
◆Live Information
2015年04月09日(木)【島 根】出雲APOLLO
2015年04月11日(土)【福 岡】BEAT STATION
2015年04月12日(日)【広 島】ナミキジャンクション
2015年05月23日(土)【北海道】苫小牧ROCK BAR JAM
2015年04月09日(木)【北海道】札幌DUCE

 

【5】Draft King

erica(Vocals)、MAO(Guitars)、NOHANA(Bass)、SHIHO(Drums)

ステージにキリンの人形と共に現れたのはDraft King。疾走感あるアップテンポな「エレクトリック」で会場に一気に火を着けると、自然と無数の拳が上がる。“誰にも負けないように続け”と高らかに歌い上げると、「まだまだこれからでしょー!」という煽りの勢いのまま「誓いの歌」へ。“どうにかこうにかなるさ”と笑い飛ばすと、サビでは会場が一体となって大きく揺れた。2曲終わった時点で早くも今日の盛り上がりに満足の声を上げるerica。しかし、ここからもっと盛り上げるとキュートに告げるとスタンドマイクを設置。
 
「みんな誰しも急に不安になり、素直になれなくて、葛藤することがあると思うんだ。私も上京してバンドを始めた時にそんな気持ちになりました」。そんな時に出来たという、「満月」。“本当は誰も知らない私がいるけれど 叫びたいんだよ 大丈夫なんかじゃないんだよ”と、透明ながらもハスキーさを併せ持った歌声で、大きく手を広げセンチメンタルに歌いあげた。そこから一転、ドラムカウントに合わせて手拍子、そのままジャンプをすると「真夜中メリーゴーランド」へ。曲中のギター、ベース、ドラムと自己紹介&パフォーマンスタイムでは、それぞれの持ち味を抜群の演奏力と共に披露した。
 
SHIHOが「会場全体のパワーよりも私たちのパワーの方が強いと思ってます。それに負けないようにかかってきてください!」とオーディエンスに熱を送った。続いて3/4にリリースしたばかり、彼女たち流にロックアレンジされた名曲「贈る言葉」のカバーを披露。馴染みのある曲だけに大きく肩を揺らす姿が多く見受けられた。間奏では“オイ!オイ!”と拳が上がるなど、ロックンロールな「贈る言葉」。ラストは「自分なりに楽しめ!」とタオルが舞った「アブラカタブラ」。ギュッと詰まった前方エリアで拳を高らかに上げるオーディエンス。最後はericaがタオルを投げて「ありがとー!」と叫ぶとステージを後にした。
 
転換MCにて、ステージに登場したキリンは”ドラキン”という五人目のメンバーだと説明。彼女たちの成長と共に大きくなるというドラキンだが、「最終的には本物を連れてきます」とericaが宣言!そんな彼女たちは「贈る言葉」を引っさげインストアツアーを決行中。ツアーファイナルは5/9にタワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」にて行われる。

6-16-2
6-36-4
6-56-6
6-76-8
 

◆Draft King Official Website
http://draftking.info/
 
◆Setlist
M01. エレクトリック
M02. 誓いの歌
M03. 満月
M04. 真夜中メリーゴーランド
M05. 贈る言葉
M06. アブラカタブラ

 
◆Live Information
2015年05月02日(土)【東 京】ESPミュージカルアカデミー

 

【6】LoVendoЯ

田中れいな(Vocals)、岡田万里奈(Vocals)、魚住有希(Guitars)、宮澤茉凜(Guitars)、小林香織(Support Drums)、Megu(Support Bass/from Zwei

SEに合わせ拳が上がる中、手を振りにこやかにLoVendoЯのメンバーが入場すると、会場にはちらほらと青いサイリウムが輝きだす。スタートは「この世に真実の愛が一つだけあるなら」。ハードなサウンドに岡田万里奈の力強いセクシーな歌声と、田中れいなの甘く伸びやかな声のユニゾンが重なり合いハーモニーを奏でた。鋭いギターが会場に響き渡り「Sweet Tweet」へ。岡田万里奈が上手へ、田中れいなが下手へと別れると、“もう一人じゃないから”と手を差し伸べた。ギターソロでは”おかまりん”を組む、岡田万里奈宮澤茉凜が背を預け合う姿も。
 
MCでは個人的にDraft Kingのファンだという岡田万里奈が熱い想いを語り続けていた。ダンサブルな「For The Feature」では、「フォー」という掛け声に合わせて無数の拳が付きあがる。曲中、ボーカル二人がサングラスをかけて歌うコミカルなパフォーマンスも登場した。魚住有希がステージ中央でアグレッシブなギターソロを見せつけると、そのまま「Stonez!!」へ突入。“つまづいて蹴っ飛ばされても笑ってやれ”と歌うと、田中れいなの煽りに対してオーディエンスから熱いレスポンス。
 
宮澤茉凜の表情豊かなギターソロから始まる「ホントノキモチ」では、等身大の自分を表現できる場所を求める気持ちをパワフルに歌い上げた。ラスト「イクジナシ」のサビでは、高まる気持ちを抑えきれずに激しくジャンプするオーディエンスも見受けられた。そしてツインギターの掛け合い。宮澤茉凜のギタープレイが“静”であれば、魚住有希のギタープレイは“動”であろうか。対照的な二人のプレイに温度の上昇は加速。最後は、物足りないと訴えるように、名前を叫ぶオーディエンスに手を振りステージを去った。
 
転換MCにて、魚住有希はケータリングのお菓子が気になると発言。あると嬉しいお菓子は?と聞かれると「チョコレートがあればなんでも出来ます」とコメント。また田中れいなは、「対バンするアーティストと話せない」と言う。心を開くまで時間がかかり、「5日会わないとマネージャーにすら緊張する」とのことだった。

7-17-2
7-37-4
7-57-6
7-77-8
7-117-12
7-97-10
 

◆LoVendoЯ Official Twitter
http://lovendor.jp/
 
◆Setlist
M01. この世に真実の愛が一つだけあるなら
M02. Sweet Tweet
M03. For The Feature
M04. Stonez!!
M05. ホントノキモチ
M06. イクジナシ

 
◆Live Information
2015年04月18日(土)【北海道】Zepp Sapporo
2015年04月21日(火)【東 京】TSUTAYA O-EAST
2015年04月29日(祝)【福 岡】DRUM LOGOS
2015年05月04日(祝)【愛 知】Zepp Nagoya
2015年05月09日(土)【大 阪】umeda AKASO
2015年05月15日(金)【東 京】TSUTAYA O-EAST
2015年06月20日(土)【北海道】開拓の村

 

【7】Gacharic Spin

F チョッパー KOGA(Bass)、TOMO-ZO(Guitars)、はな(Drums & Vocals)、オレオレオナ(Keyboards & Vocals)、まい(Performer)、ありさ(Performer)

この日トリを飾ったのはGacharic Spin。フロアからはSEに合わせて“G・ A・ C・ H”と手振りを交えながら血管が浮かぶ勢いで叫ぶ声。メンバーが登場すると各々ドラム、ベース、ギター、キーボード、ツインダンスと自己紹介替わりにソロを披露。その熱のまま「Across The now!!」。F チョッパー KOGAが激しいヘッドバンギングを見せつけ、はなが力強く歌いながらもドラムプレイする。前方ではガチャガチャダンサーズ1号まいと2号ありさが一糸乱れぬダンスを魅せていた。軽快な手拍子から始まる「More Power」へ。“熱血”と書かれたポスターを持つダンサーズの前で、F チョッパー KOGAが唸るようなベースソロを披露。最後はけん玉パフォーマンスを成功させ、歓声とともにフィニッシュ。
 
MCではF チョッパー KOGAがマイクを通さず肉声でGacharic Spinの名を叫ぶと、「熱く熱くいくので楽しんでいきましょう!」と宣言。2/15にリリースしたメジャー第一弾シングルは、両A面スプリットシングルになっており、バンド名義のシングルとは別に、ガチャガチャダンサーズの曲が収録されているとのこと。3曲目はガチャガチャダンサーズのデビュー曲「溶けないCANDY」を披露。愛らしくポップなメロディーに乗せ、大きく体全部を使って歌い踊り表現する。両手で丸を作る振付を真似るオーディエンス。この曲は、アニメ「テンカイナイト」のエンディングテーマにもなっている。
 
Gacharic Spinは全国ツアーの後、5/3に渋谷公会堂でツアーファイナルを行う。「他のスケジュールをキャンセルしてきても、来て良かったと思うライブにするので是非きてほしい」とF チョッパー KOGAが熱く告知。その後「赤裸ライアー」では、オレオレオナが足を高くあげるパフォーマンスで美脚を見せつけると、白く長い毛を被ったガチャガチャダンサーズが歌舞伎のように頭を大きく振り回すパフォーマンス。更にオレオレオナがキーボードの上に乗り上げ頭を大きく振り回すなど激しさ全開のステージングをみせる。ラスト「ダンガンビート」では、TOMO-ZOがエキセントリックにギタープレイをする姿に、オーディエンスからピンクのサイリウムが捧げられるように向けられた。激しさを増すフロアは肩を組合い大きく折り畳み。ラストは“オイ!オイ!”と一体となり喉を震わせた。
 
Gacharic Spinがステージを去っても、アンコールを求め大きく声を上げるオーディエンス。それに答えるように登場したF チョッパー KOGAが「今この場に居るみなさんの好きなジャンルや好きな音楽は分かりません。それでも音楽という括りでは一緒なので」と明言し、“最後は走ります!”と、5分間その場で腿(もも)上げ!そしてアンコール「WINNER」へ。ステージとフロアが耐久勝負。駆け抜けるダンサーズに、オーディエンスも食らいつくようにその場で腿上げ。畳みかけるようにサビで大きくジャンプすると、TOMO-ZOF チョッパー KOGAが広げたゴールテープを潜り抜け、見事完走した。最後は「GS Gacha2012」に合わせ“G!S!”と会場が一体となり、熱狂の舞台は幕を閉じた。

8-18-2
8-38-4
8-58-6
8-78-8
8-98-12
8-11s
8-108-13
8-148-15
 

◆Gacharic Spin Official Website
http://gacharicspin.com/
 
◆Setlist
M01. Across The now!!
M02. More Power
M03. 溶けないCANDY
M04. 赤裸ライアー
M05. ダンガンビート
M06. WINNER
 
◆Live Information
2015年03月29日(日)【宮 城】HooK SENDAI
2015年04月04日(土)【北海道】札幌Sound Lab mole
2015年04月05日(日)【北海道】旭川CASINO DRIVE
2015年04月09日(木)【千 葉】柏PALOOZA
2015年04月11日(土)【福 岡】BEAT STATION
2015年04月12日(日)【広 島】ナミキジャンクション
2015年04月17日(金)【大 阪】umeda AKASO
2015年04月19日(日)【愛 知】Electric Lady Land
2015年04月24日(金)【神奈川】Thunder Snake ATSUGI
2015年04月29日(水)【東 京】日比谷野外大音楽堂
2015年05月03日(日)【東 京】渋谷公会堂 TOUR FINAL

grs

会場が、数々の名演が繰り広げられたZepp Tokyoということで、出演バンドの様々な心情が伝わってくるイベントだった。初めてこの舞台に足を踏み入れるバンドもあれば、久々にこの舞台に立つバンドもいた。まさに、お台場の地に熱き嵐を呼ぶ宴だった。さて『GIRLS ROCK SPLASH!!』は、次回の開催が決定したようだ。第4回目は、第2回目と同じShibuya eggmanでの開催となり、出演バンドも発表された。まだガールズロックのバトルを体験していない方は、ぜひこの機会に足を運んでもらいたい。
次回開催決定!
 
GIRLS ROCK SPLASH!! 2015 SPRING
 
日時:2015年4月11日(土)開場16:00 開演17:00
   ※16:30からO.A有り
会場:Shibuya eggman
料金:スタンディング 3000円(税込み)
問合:ODYSSEY 03-5444-6966(平日11:00~18:00)
 
GIRLS ROCK SPLASH!! Official Website
http://girlsrocksplash.com/
 
 
出演
がんばれ!Victory
Chu’s day.
Split BoB
BAND-MAIDR
SORAMIMI
姫carat
O.A:葵ミシェル
◆関連記事
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第26弾アーティスト『Draft King
http://www.beeast69.com/feature/100038
【レポート】Draft King Oneman LIVE~2nd mission to the DK~
http://www.beeast69.com/report/102885
【PHOTOレポ】Draft King「1st mission to the DK」
http://www.beeast69.com/report/82983
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第30弾アーティスト『LoVendoЯ
http://www.beeast69.com/feature/114276
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.20 LoVendoЯ LIVE TOUR 2014-15 ~貴方の心を盗きます~
http://www.beeast69.com/feature/124136
【特集】大盛りレポ!ロック増量 Vol.13 LoVendoЯ LIVE TOUR 2014 SprinteЯ ~Bitter&Sweet~
http://www.beeast69.com/feature/107408
【PHOTOレポ】LoVendoЯ LIVE TOUR 2014-15 ~貴方の心(ハート)を盗(いただ)きます~
http://www.beeast69.com/report/115938
【PHOTOレポ】LoVendoЯ LIVE TOUR 2014 SprinteЯ ~Bitter & Sweet~
http://www.beeast69.com/report/111446
【特集】BEEAST太鼓判シリーズ第21弾アーティスト『Gacharic Spin
http://www.beeast69.com/feature/58857
【特集】密着レポート第9弾 Gacharic Spin 「Superガチャピ~ンチ!! ~サポートボーカル大集合~」
http://www.beeast69.com/feature/23467
【レポート】Gacharic Spin レコ発“Delicious”TOUR FINAL
http://www.beeast69.com/report/75257

 
 
 

 
 
  コラムニスト
YAASUU
2019年4月21日更新
COMING SOON!!!
EARTHSHAKER
EARTHSHAKER
2019年4月12日更新
第21弾「呉CAROUSELAMBRA」
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年11月14日更新
人生の宿題その3
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年12月7日更新
Progressive Man 第41話