コラム
ROCK & ROLL Conversation
森重樹一
日本最高のR&Rバンド「ZIGGY」のヴォーカリスト。ソングライターとして“GLORIA”“I’M GETTIN’BLUE”“STAY GOLD”“ジェラシー”などのビッグヒットを手掛ける。ZIGGYの活動と並行してソロアルバム6枚を発表するなど精力的に活動をおこない、The DUST'N'BONEZやTHE PRODIGAL SONSといったバンドのヴォーカルも務めている。歌唱・ルックスの両面から、日本のロックシーンに多大な影響を与え続けている生粋のロックンローラー。

対談2:宮脇”JOE”知史


第2回目の対談は、宮脇”JOE”知史[以下JOE]をお届けします。
(聞き手:ライターUcchy@BEEAST)

まずはじめにZIGGY再始動のキッカケを聞かせてください。

森重ベースの人(戸城憲夫)が最初にやらない?って話しをThe DUST’N’BONEZの延長でしてて。JOEが忙しいんじゃね?と言ってたら、たまたまやれそうだというので。
JOEその時期、実は森重のソロをやるかもってことで、空けといてよって言われてた(笑)。物理的にスケジュールが入ったらできないんだけど、覚悟はしてました。それがZIGGYに代わってしまった。

三人でひさしぶりのZIGGY活動ですが、当時に比べて変わったと感じたことはありますか?

森重94年とか95とか、もう15年くらい前なんだけど、その間に色々(お互いに音を合わせて)やっていたので(特には)。基本的にこういう音楽をやるプレイヤーが年々減っているので、絶対数が減っていることもあるし。メンバーが入れ替わって何をやるというか。
JOE(15年前と比べて))経験値の変化はあるね。あとタロウカトウタロウ)がやるんで印象がまた違うと思うし。

ZIGGY(をやる上)で、普遍な部分ってありますか?

森重本当に紆余曲折があるバンドなので、この形こそが!というよりは、ZIGGYの曲をプレイするZIGGYの人達って感じですね。プレイヤーとしては色々な活動しているので、ZIGGYの名のもとに、三人(が居た)時代のナンバーをやるのは無かったから、その辺は忠実にやりたいですね。

(今回のツアーの)セットリストはどう決めてますか?

森重ベースの人(戸城憲夫)が(笑)。やっぱりこの三人でやってた時期をメインにしてます。若い時は(選曲に)独りよがりみたいなのもあったかもしれないけど、今は(自分達も)楽しめて意外性があって。
JOEあんな曲あったっけ?みたいな(笑)

森重さんにとって、JOEさんはどんな存在ですか?

森重いろんなカテゴリーのプレイヤーがいて、JOEは誰が聴いてもJOEってわかるスタイルでやってきて。自分の持っている物を皆に提供できる、たぐいまれな方だと思います。ZIGGYのドラムはJOEなんで。素晴らしいです。

JOEさんにとって、森重さんはどんな存在ですか?

JOE一緒にやってきて、何を観てても思うのは、良い意味でも悪い意味でも、森重樹一森重樹一でしかなくて、彼自身の存在自体が同時に商品であるような。どこに混ざってもきっと森重樹一。一本筋が通っていて、魅力的に観えるというのは、スターの仕事なんだろうなって気がします。

ツアーを経て、今後ZIGGYの活動はどうでしょうか?

森重このツアーが好評だとまた変わってくるかも(笑)。結局ZIGGYって、自分達(ZIGGYメンバー)の物って認識じゃなくて、自分達もZIGGYという一つの活動の中に参加しているワンピースって意識。JOEが居ないと成り立たないし、オレが居ないと成り立たないし。戸城君や宗仁松尾宗仁)が居てZIGGYだと思うし。そこには津谷君(津谷正人)や大山君(大山正篤)や、結成時からのメンバーの携わってくれた人もいるけど、ZIGGYとして何を世の中にしてきたかというと、戸城君と曲作ってきたのは凄く大きい。JOEがずっと支えてくれたのも。修行時代もあるので(笑)。JOEのキャリアを考えたら、俺らよりベテランなのに、イチ無名のバンドに参加してくれたような。手順を踏んで正規メンバーになってくれたし。

知り合いがZIGGYのカヴァーイベントをやっていまして、私(ライターUcchy)も出させてもらったんですが、何かメッセージをもらえますか?

森重JOEは(なかなか)コピーできないでしょ(笑)
JOEそういう風に楽しんでもらえるのはうれしいですね。最近すごく増えてるって聞きますし、良いことだと思います。音楽が趣味だと言う人がもっと増えてくるといいですね。忙しかったりお金がなかったりで、音楽好きだったのに辞めざるをえなかった人が、(音楽に)戻ってこれるなら。
森重子供を幼稚園のバスに送りに行ったらさ、娘の友達のお母さんが「昔バンドやってたんです!」みたいな(笑)。音楽って結局、よそいきの服じゃないんだよね。もちろんドレスアップしてライヴに来てくれるのもいいし、俺らもステージ達上で、それなりのカッコするけど、もっと日常の中に、普通にあるもんじゃないのかなって。年齢とか全然関係なく、音楽をプレイしている人は好きですね。若い人がどんなのやっても、年いった人がどんなのやっても。音楽の種類で音楽を聴いてるんじゃないので。その人が好きな物をやってるのがいいですね。

普段、ライヴ前はどのような感じで過ごされてますか?

JOE直前は眠くなることが多いですね。昔は緊張してましたけど、今は逆にリラックスしてます。

必ずやるジンクスみたいなのはないですか?

森重あまりげんをかつがない、というのがありますね(笑)。同じことを続けると、しないことが苦痛になるし。本当にステージ上がる直前は、何て言うか、あるよね(笑)。あそこ(ステージ)には何かいる。勝負しに行くんだよね。でも戦しにいく感じじゃないんだけど(笑)、何か絶対あると思います。

ツアー先で外に出歩くことはありますか?

森重電車乗って、違う駅で降りたりしますね。ブラブラするの好きなんで。古本屋とか古着屋とか。あと中古楽器屋とかで何か見つけられないかなって(笑)。
JOEツアー中は移動日で一日あっても、本当はどっか行くのが好きなんだけど、体力温存してます。歩き過ぎると、次の日疲れちゃうのが昔何度もあったので。ツアー最終日の後に時間があれば、その時は遊びますね。

今日はどうもありがとうございました。

BEEASTチャンネルの登録もぜひ!
▼Jyuichi Morishige column-2 video


携帯でアクセスの方はコチラからご覧ください。

◆森重樹一 公式サイト
http://www.morishigejuichi.jp/
◆森重樹一 LIVEインフォメーション
2011年03月22日(火)【横 浜】Lizard
2011年03月25日(金)【神 戸】VARIT
2011年03月26日(土)【山 口】LIVE rise SHUNAN
2011年04月01日(金)【大 阪】MUSE
2011年04月03日(日)【名古屋】QUATTRO
2011年04月09日(土)【千 葉】LOOK
2011年04月10日(日)【仙 台】Park Square
2011年04月16日(土)【新 宿】LOFT


  コラムニスト
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年8月12日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第20回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年11月14日更新
人生の宿題その3
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年8月27日更新
第十一回「スペインツアー2018」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年12月7日更新
Progressive Man 第41話