連載

lead_simple

Hurly Burly「Reason」
TEXT:桂伸也

BEEASTでも再三その活動を取り上げてきたイベント、WOMEN’S POWER。このイベントより発足したレーベル「WOMEN’S POWER LABEL」については、以前BEEASTの記事『Editor’s Note…PASSION Mind3(桂伸也)』でも取り上げたが、今回待望の第二弾リリースが行われることとなった。
 
アーティストは、WOMEN’S POWERでもすでに常連となっているガールズロックバンドHurly Burly。近年はWOMEN’S POWERイベントの中でも大きな盛り上がりを見せている彼女ら。今回はこのリリースシングル「Reason」を紹介する。また、合わせてミニインタビューにて、今回のリリースに込めた彼女らの思いを探る。
 
Hurly Burlyyumi(Vocal)、shin(Guitar)、らい(Guitar)、響輝(Bass)、(Drums)の5人からなるガールズロックバンド。キュートなルックスと可憐さを持ったファッションで強いアピールを放っているが、shin、らいのツインギターを中心としたサウンドは、その華麗なルックスからは意外とも思えるほどにハードで硬派なサウンドをベースとしている。さらに響輝、葵の作り出す安定感のあるリズムも重量感のあるサウンドを作り出すために欠かせない要素として機能しており、メロディアスでハード、メタルのような硬質な雰囲気すら感じさせる。
 
今回のシングルに収録された「Reason」と「螺旋」は、いずれも彼女らの得意とするタイプの楽曲と見られる。yumiのメロディアスな歌の後ろで奏でられる、歯切れのよいリズムに程良く融合したゴリゴリのギターもインパクトは十分、ロックファンならこの音に反応しないものはいないだろう。まさに近年のハードロックでは王道的なサウンドだ。その中でまるで流れに身を任せるように響くyumiの声も印象的だ。彼女の声は決して過大なアピールをするタイプのものではないが、実際に耳に入る以上にアクティブな張りを感じる声質であり、彼女らの個性を引き立たせるためには必要不可欠なファクターといえる。
 
今回収録された2曲は、あくまで「これぞHurly Burly」をとなえた、名刺代わりの音源だ。ロックサウンドを奏でる器は十分と見えるHurly Burlyだけに、今後音楽性をさらに広げ、その実力をますます拡大していくことも、予想に難くない。このシングルは、そのことを決定づけ、さらに大きな未来を開いていく、まさしく「Reason」(理由)となるシングルだ。その真価を、是非その耳で確かめてみてほしい。 


Hurly Burly コメント動画(2014/4/19 レコ発ライブ後に収録)

 


Hurly Burly ミニインタビュー
 
—バンドの簡単な自己紹介をお願いいたします。

Hurly Burly(以下、HB):バンドコンセプトとして、力強さの中に秘められた繊細さや儚さを、音楽で表現することを目標としています。Hurly Burlyとは、日本語で「大騒ぎ」という意味なのですが、このバンド名は結成当時のメンバーが通っていた高校の名前に由来しています。

学生時代にyumiの歌声に惹かれた葵がバンドを作ることを決心し、彼女を中心として友人のshin、そしてyumiに誘われた響輝が加入し、最後にらいが加わって現在の体制となりました。

—今回発表した楽曲のコンセプトとは、どのようなものなのでしょうか?

HB:「Reason」は「分裂」を主題としながら、その反面すべての一瞬を奇跡のように捉えることで、人生に希望を見出すことをテーマとした楽曲となっています。明るくキャッチーなメロディーと終始失われない疾走感によって、聴いた後に何ともいえない爽快な気持ちを与えられるよう意識しました。サビの重厚なコーラスで疾走感をより強く感じさせる一方で、儚い広がりを作っています。「螺旋」は、「秘めてしまった想いは誰の記憶(地上)にも残らない」というモチーフから、それが螺旋を描いて空に舞っていく様子をイメージしてタイトルを付けました。イントロのギターとベースの重く激しいユニゾンと、Bメロやサビの持つ叙情的な雰囲気の二面性を曲の中で展開させ、スリリングな感じを作ってみました。

—今回、WOMEN’S POWERレーベル第二弾として選ばれたことに関する思いなどがあれば教えてください。

HB:歴史あるガールズバンドイベントの名前を背負ってCDをリリースさせていただけたことは大変光栄に思っています。たくさんの常連バンドさんがおられる中、私たちが選ばれたことは喜びと同時に大きな責任も感じています。その名に恥じないよう日々精進し、WOMEN’S POWERがさらに熱いイベントとなるように頑張っていきたいと思います!

—今後への意気込みなどをメッセージとしてお願いいたします。

HB:いつも応援ありがとうございます!Hurly Burlyは、目標としている「力強くも繊細な音楽」をもっと皆さんに伝えることができるよう努力し、さらに楽しめるライブを目指して頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いいたします!


FTCS2597Hurly Burly「Reason」
発売中
WPLE-0002/1,200円(税抜)
収録曲
M01. Reason
M02. 螺旋
M03. Reason(Instrumental)
M04. 螺旋 (Instrumental)


オフィシャルサイト
http://www.hurlyburly-web.com/


 
 
  コラムニスト
The HIGH
2017年7月19日更新
第1回「初陣」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年7月2日更新
第14回「MIKI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話